愛犬がいちごを食べても大丈夫?安全な与え方や栄養素を解説!

冬から春にかけて旬を迎えるいちごですが、美味しくてついつい愛犬に与えていませんか?いちごは犬に食べさせても、大丈夫なのでしょうか。今回は愛犬にいちごを与えても大丈夫なのかや、安全な与え方や注意すべき点、栄養素などを解説します。

愛犬がいちごを食べても大丈夫?安全な与え方や栄養素を解説!

目次

  1. 犬へのいちごの与え方や栄養を解説
  2. いちごの栄養素
  3. 犬にいちごを食べさせるときの注意点
  4. 愛犬といちご狩りに行くときのポイント
  5. いちごをあげる時は量に気を付けよう

犬へのいちごの与え方や栄養を解説

甘くて美味しいいちごは子供から大人まで人気の果物ですが、かわいい愛犬にも食べさせてあげたいと考える人も多いのではないでしょうか。犬と人間は同じ哺乳類ですが体の構造上、人間には安全でも犬には食べるとお危険が及ぶ食べ物もあります。果たして、いちごは犬に与えても良いのでしょうか。今回は、犬へのいちごの与え方や栄養を解説したいと思います。

いちごは犬に与えても大丈夫

そもそも、犬にはいちごを食べさせても大丈夫なのでしょうか。結論から言うと、犬がいちごを食べても基本的には問題ありません。いちごの主成分はビタミンCやカリウム、葉酸、キシリトールなどでこれらの成分は犬にとって有害な成分ではありません。むしろ摂取することで、メリットもあります。

ただしこれからご説明するように、犬にいちごを食べさせたいと思っても、いくらでも食べさせても良いというものではありません。犬にいちごを与える時には、いくつかの注意点もあります。今回はいちごを犬に与える時に気を付けたいことや、犬と一緒にいちご狩りに行くときの注意点などをご紹介します。

Thumbみかんは犬用のおやつにおすすめ!与える時の注意点や適量は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

いちごの栄養素

犬に与えても基本的に問題のないいちごですが、いちごの栄養素とはどのようなものでしょうか。いちごは人間にとっては、美容に良いともいわれていますが犬にとってはどうなのでしょう。ここではいちごに含まれる主な栄養素の種類やその役割、犬がいちごを摂取した時のメリットやデメリットなどをご紹介していきたいと思います。

ビタミンC

いちごの栄養素として最もよく知られているのが、「ビタミンC」です。いちごのビタミンCの量は、レモンと同等クラスであるとも言われています。いちごに含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成に重要な役割を果たす成分で、血管や皮膚、粘膜などを丈夫にしてくれる役割があります。

さらに免疫力を高めて風邪を予防し、新陳代謝も活性化する働きがあります。人間でいうといちごを1日10粒ほど食べれば、1日に必要なビタミンCの量を摂取出来ます。犬の場合はこれほど多くのビタミンCは不要ですが、ビタミンCは摂取しすぎても体外に排出されるためビタミンCの過剰摂取は特に問題ありません。

カリウム

いちごにはカリウムという成分も、多く含まれています。カリウムには、体内にある余分なナトリウムを体外に排出する働きがあります。適量のカリウムを摂取することで、むくみを改善することができるというメリットがあります。犬がいちごを食べると、同じように体内にカリウムが取り込まれナトリウムを排出できます。

ただしカリウムの撮りすぎには、注意が必要です。カリウムの過剰摂取は腎不全などの腎疾患の原因になったり、不整脈が起こることもあります。いちごによるカリウムの過剰摂取に気を付けながら、犬にいちごを与えてください。

キシリトール

犬にいちごを与える上で食べすぎに注意したいのが、キシリトールです。いちごには、キシリトールが含まれています。このキシリトールは、犬の低血糖を起こすリスクがあります。もし糖尿病を患っている犬がキシリトールを過剰に摂取すると、命の危険に関わることもあり注意が必要です。ここで、具体的にどれくらいのいちごを食べると危険なのかをご紹介します。

10kgの犬が1,000mg以上のキシリトールを一度に摂取して、低血糖を起こし中毒症状に陥ったという事例が報告されています。いちごで1,000mg以上のキシリトールを摂取するためには、小粒いちごなら20粒以上、大粒いちごなら10粒以上を食べなければならないため、さほど危険はないと言えます。犬にいちごを食べさせる時には数粒を目安に、食べ過ぎに注意しましょう

犬にいちごを食べさせるときの注意点

いちごは過剰摂取にさえ気を付ければ、成分的には愛犬に与えても大丈夫な食材です。しかし成分以外にも、犬にいちごを食べさせるときの注意点があります。ここでは愛犬にいちごを与える時に、気を付けたいいくつかの注意事項をご紹介します。

ヘタを取ってあげる

犬にいちごを与える時には、いちごのへたは外してから与えましょう。いちごのヘタに悪い成分が含まれているというわけではありませんが、いちごのへたは固くて食べにくいため取ってからあげるのが無難です。

いちごアレルギーがある場合は与えない

人間も食べ物や植物にアレルギー反応を起こして蕁麻疹が出たり、体調を崩す人がいるように、犬の中にも特定の食べ物にアレルギー反応を示すものもいます。もし愛犬にいちごアレルギーがあるのであれば、いちごを与えるのは控えましょう。

交差反応アレルゲンといって、種の近い動植物のタンパク質にもアレルギー反応を示すこともありますが、いちごの場合この交差反応はありませんのであまりアレルギーに過敏にならなくても大丈夫です。

与える量に気を付ける

いちごは犬に食べさせても比較的安全な食べ物ですが、与える量には気を付けましょう。適量であれば犬にとって有害な食べ物ではありませんが、過度にいちごを摂取すると体調不良に陥る場合もあります。特に取りすぎに注意したいキシリトールやカリウムが含まれていますので、犬にいちごを与えるなら数粒程度を目安に与えてください。

愛犬といちご狩りに行くときのポイント

冬から春にかけて人気のいちご狩りは、いちご好きな人にはたまらないアクティビティです。農園によって色々な種類のいちごが栽培されており、味の違いを楽しんだりいちごを摘む楽しさもあります。最近ではペット同伴OKないちごの農園もありますので、ペットの愛犬と一緒に出掛けてみてはいかがでしょうか。ここでは、愛犬といちご狩りに行くときのポイントを解説します。

犬との移動手段を調べておく

いちご狩りにペットと同伴で行くときは、まず犬の移動手段を調べておきます。いちご狩りの出来る農園へ行くときには電車か自家用車での移動がほとんですが、もし電車で行くつもりであれば犬の乗車規則について調べておく必要があります。いちご狩りへ愛犬と同行するときは、移動の手間を考えると自家用車がおすすめです。

自家用車なら飼い主も愛犬も自由度が高くなり、動きやすくなります。もし愛犬が車に乗ると興奮して運転の邪魔になるようなときは、ゲージに入れると良いです。愛犬を連れてドライブするなら、いつも以上にこまめに休憩をとるようにします。車から降りて休憩をさせる時には、必ずリードを付けておくことをお忘れなく。

持って行くものを準備する

愛犬といちご狩りに行くときには、事前にしっかりと持ち物の準備をしておきます。いちご狩りに行くからと言って特別に必要になるものというのは特にありませんが、いつものお出かけグッズを忘れ物の内容に準備します。具体的に持ち物を挙げると、リードやハーネス、水飲み容器、トイレシーツ、ティッシュやウェットティッシュ、ごみ袋、おやつなどです。

ペットOKの農園かどうか確認する

愛犬と一緒にいちご狩りへ出かけるなら、どのいちご農園へ行こうか悩むところですが、ペット同伴OKないちご農園をリサーチしてその中から選びましょう。最近ではペット同伴でもOKという農園は増えてきていますが、中にはNGな農園もあります。農園だけでなく他のお客さんにも迷惑になりますので、必ずペット同伴可能かどうかを調べてから出かけましょう。

またペット同伴OKのいちご農園でも、どのような形で犬を農園に入れて良いかは異なります。例えば、犬はキャリーバックかカートを利用すれば入園可能というところもあれば、リードでつないでいればOKのところもあります。その農園によって必要なものも異なりますので、事前にしっかりと調べるか問い合わせをしておきましょう。

トイレのしつけはしっかりと行っておく

ペット同伴が許可されているいちご農園であっても、気になるのがペットのトイレではないでしょうか。食べ物を扱っている農園ですので、トイレは決まった場所でするというしつけがしっかりなされている子をつれていきたいものです。もし愛犬がトイレに自信がないのであれば、他のお客さんの迷惑にならないようマナーパンツを穿かせるなど工夫をしましょう。

いちごをあげる時は量に気を付けよう

今回はかわいい愛犬にいちごを食べさせても大丈夫なのかやどれくらいの量が適量なのか、愛犬と一緒にいちご狩りへ出かける時の注意点などをご紹介してきました。いちごはビタミンCやカリウムが豊富で栄養価の高い、食べ物です。犬も好む味なので与えても問題ありませんが、愛犬の健康のためにもいちごをあげる時にはその量に注意して、食べさせすぎないようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-13 時点

新着一覧