豆柴の成犬について解説!普通サイズとの価格相場や大きさの違いは?

成犬になっても小さめのサイズ感がかわいいと人気の高い豆柴ですが、普通の柴犬の成犬とはどれくらいの大きさの違いがあるのでしょうか。今回は、豆柴と柴犬の成犬のサイズの違いや、価格の違い、寿命の違いなどを比較してご紹介します。

豆柴の成犬について解説!普通サイズとの価格相場や大きさの違いは?

目次

  1. 豆柴の成犬と柴犬の成犬の違いを解説
  2. 豆柴の成犬について
  3. 豆柴を購入する際のポイント
  4. 豆柴の成犬に!おもちゃの選び方
  5. 豆柴の成犬について理解して飼育しよう

豆柴の成犬と柴犬の成犬の違いを解説

和犬の中でも特に人気の高い犬種の柴犬ですが、その柴犬の種類には成犬になっても体の小さい「豆柴」という種類があります。小さな体の豆柴ですが、成犬になっても本当に小さいままなのでしょうか。また、普通の柴犬との違いは大きさ以外に何があるのでしょうか。今回は豆柴の成犬と柴犬の成犬の違いについて、詳しくリサーチしてみました。

豆柴の犬種は柴犬

豆柴という名前が広く知られるようになって久しいですが、実は犬種として豆柴というものはありません。豆柴は柴犬の元々小さい個体同士を繁殖してできたものであり、豆柴の犬種は柴犬なのです。もちろんそのため日本の犬種登録団体であるJKCや日本犬保存会も、豆柴という犬種を認めていません。単に体の大きさが小さい柴犬を、豆柴と呼んでいるだけです。

成犬でも小さいので初心者におすすめ

犬種としては柴犬と同じ豆柴ですが、豆柴は成犬でも体が小さめサイズですので犬を飼うのが初めての方やペット初心者さんにおすすめの犬です。体の大きさが大きいとどうしても扱いづらかったり、育て方が分からないことも起こりがちです。豆柴ならサイズ的には成犬でもトイプードルよりやや大きいくらいですので、抱っこもしやすく飼いやすいでしょう。

Thumb豆柴カフェで癒されよう!東京の人気店舗を紹介【料金・システム】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

豆柴の成犬について

柴犬と比較して成犬になってもコンパクトなサイズ感が人気の豆柴ですが、具体的に豆柴の成犬とはどのようなものなのでしょうか。ここでは豆柴の成犬の具体的な大きさや体重、寿命、価格の相場など一般的な柴犬と比較してどうなのかも含めて、詳しく解説していきます。

大きさ

まずは、豆柴の成犬の大きさについてご紹介します。豆柴の体高はオスで30cm~34cmが一般的なサイズです。メスになるともう少し小さく、体高28cm~32cmくらいです。ちなみに一般的な柴犬の成犬の体高はオスが38cm~40cm、メスが35cm~37cmと言われていますので、豆柴のほうが一回り小さめのサイズになります。

他の犬種と比較すると、例えば小型犬のトイプードルの体高が28cm以下と言われていますので、トイプードルの大きさより少し豆柴の方が大きなイメージです。豆柴の中でも小さな体のメスなら、トイプードルとさほど変わらないかもしれません。

体重

では、豆柴の体重はどれくらいの重さなのでしょうか。豆柴の体重の平均は、4kg~6kgとされています。柴犬の成犬の体重は、オスが9kg~11kg程度でメスは7kg~9kgになります。オスの豆柴なら、一般的な柴犬の平均体重と倍くらい違うものもあります。ちなみに豆柴の中でも一回り小さい、小豆柴という個体もいます。

この小豆柴は小さい子なら2kgくらいしか体重がないものもいて、とても軽くて小さな豆柴になります。体高も21cm~24cmで、豆柴の成犬よりもさらに一回り小さくなります。

寿命

豆柴を飼う上で気になるのが、寿命ではないでしょうか。豆柴は体のサイズが小さいので、一般的な柴犬よりも寿命が短いのでは?と考える人もいるようです。しかし実際のところ、柴犬と豆柴とは寿命に差はなく、どちらも平均12~15歳くらいまでは生きるようです。なかには20年以上生きている柴犬もいますので、大切に育てて長生きさせましょう。

価格相場

ここまで豆柴の大きさや体重、寿命について確認しました。では豆柴の値段の相場は、いくらくらいなのでしょうか。豆柴の値段は、20万円~40万円と言われています。一般的な柴犬の値段相場は10万~20万と言われていますので、なんと倍くらいの価格差があります。

特に豆柴の場合には、体のサイズが小さければ小さいほど高くなる傾向にあり、中には50万円以上の値段が付いている個体もあります。またその他にも毛色や性別、購入時期や購入場所によっても値段は大きく異なります。

豆柴を購入する際のポイント

もし豆柴を実際に購入したいと思ったら、何か気を付けるべきポイントがあるのでしょうか。豆柴は犬種として認定されている者ではないので、購入の際には他の犬種よりも注意が必要です。ここでは、豆柴を購入する際のポイントや注意するべき点について具体的に解説していきます。

迎え入れる準備をしておく

豆柴を飼う時には、事前に迎え入れる準備をしておきます。ここでは豆柴を飼うのに最低限必要なものをピックアップしていますので、事前にそろえて子犬を迎えましょう。まずは、子犬を部屋の中で飼う時に必要な、サークルを準備します。選び方としては天蓋の開閉が出来、出来るだけ広いスペースを確保できるものがおすすめです。

続いてえさを食べる皿と水を飲む器、フードを準備します。えさは子犬用のものを選びましょう。そしてトイレとトイレのシーツ、毛をとかすブラシやつめを切るカッター、おもちゃも準備しておきましょう。基本的にすべて、ペットショップで揃えることが出来ます。

信頼できるブリーダーから購入する

豆柴は犬種として認定されているわけではないので、豆柴の基準がはっきりしていません。しかし豆柴はとても人気がある犬種であるため、それを利用した悪徳ブリーダーがいるのが現状です。豆柴と言われて購入したのに、成長するにつれてどんどん大きくなって実は普通の柴犬だったという苦情が絶えないともいわれています。

それだけではなく、豆柴は小さければ小さいほど人気で高値が付くため無理に小さくすることで病弱な豆柴になっていることもあります。豆柴を買ったのものの、病院に行く回数がとても多くひと月に病院代が10万円近くかかったという方もいます。そんな悲しい目に合わないためにも、豆柴は信頼できるブリーダーから購入することをおすすめします。

犬用の保険に加入する

もし豆柴を実際に購入する場合、できれば犬用の保険に加入することをおすすめします。犬に限らずペットには人間のような健康保険はありません。ですので動物病院へかかった場合には、実費負担になります。豆柴の場合子供の頃は特に病院にかかる機会も多いので、人間の健康保険のような犬用保険に加入しておくととても安心です。

子供のころからしっかりしつけをする

豆柴に限らずペットを飼う時には必ず注意しておきたいことですが、いくらかわいいと言っても最低限のしつけはしておく必要があります。豆柴は柴犬特有の頑固な性格がありますので、大人になってからしつけをしてもあまり聞いてくれません。しっかりと幼犬の時期にしつけをして、外出時に他の犬や人に迷惑をかけることの内容にしておきましょう。

豆柴の成犬に!おもちゃの選び方

豆柴を飼うならおもちゃも準備してあげたいところですが、犬用のおもちゃは意外と値段が高いので出来れば失敗したくありませんね。豆柴の成犬には、どんなおもちゃが喜ばれるのでしょうか。ここでは豆柴の成犬におすすめの、おもちゃの選び方をご紹介します。

大きめを選ぶ

犬用のおもちゃにはいろいろなデザインのものがありますが、選ぶポイントとしては大きめのサイズのおもちゃを選ぶのが正解です。犬は、大きめのおもちゃが好きです。大きめのおもちゃは、犬が飽きにくく長く遊んでくれるそうです。またはサイズが大きめで重みがずっしりとあるものが良いそうです。

豆柴に限らず、犬には征服欲求というものがあります。小さいおもちゃですとすぐにそのおもちゃを思い通りに動かして遊べるようになるので、征服欲求が満たされて飽きてしまうそうです。大きいおもちゃならなかなか自分の思い通りに動かせないので、なかなか征服できず飽きずに遊んでくれるようです。

少し固めを選ぶ

さらに豆柴のおもちゃを選ぶポイントとしては、固めのおもちゃを選ぶということも挙げられます。豆柴がおもちゃで遊ぶ遊び方のメインは、おもちゃを噛むということです。単に噛むだけでなく、噛んでおもちゃを振り回したり、持ち運んだり、噛みちぎろうとしたりします。豆柴はこの遊びの中で、狩猟本能を満たそうとしているのかもしれません。

もし柔らかいおもちゃだと、噛んでいるうちにすぐ壊してしまったりちぎれてしまうので豆柴は飽きてしまいます。だからと言ってまったく歯が立たないものもあきらめて、遊ばなくなります。豆柴が噛める固さで、簡単にはちぎれない固めのおもちゃを選ぶのがポイントになります。

豆柴の成犬について理解して飼育しよう

今回は小柄な体格が人気の豆柴について、成犬したときの大きさや寿命、性格などについて普通の柴犬との違いをご紹介してきました。豆柴もそもそもの犬種は柴犬ですので決定的な差や違いというのはありませんが、豆柴の成犬と普通の柴犬の成犬との小さな違いもしっかりと理解して、愛情をもって育てましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧