コーギーのお尻が食パンにそっくり!思わず食べたくなると話題!

短い脚ともふもふの長い毛がかわいいコーギーですが、お尻が食パンにそっくりで思わず食べたくなると今話題になっています。今回はそんなかわいいコーギーの食パンみたいなお尻の画像を、たっぷりご紹介します。コーギーのかわいいお尻を見て、癒されましょう。

コーギーのお尻が食パンにそっくり!思わず食べたくなると話題!

目次

  1. コーギーが食パンそっくりで可愛い!
  2. 食パンみたいなコーギーを紹介!
  3. 食べ物そっくりな動物たちをご紹介!
  4. コーギーの魅力をご紹介!
  5. 美味しそうでかわいいコーギー!

コーギーが食パンそっくりで可愛い!

コーギーは、ウェールズ原産の犬種でウェルシュ・コーギーとも呼ばれています。コーギーの特徴は長い胴体と短めの足、もふもふの毛で、ぷるんとしたお尻をふりふりして歩く姿は何ともかわいいです。そんなお尻が魅力的なコーギーですが、よく見ると食パンみたいだと話題のようです。かわいい食パンにそっくりなコーギーのお尻に、今回は着目してみました。

ふわふわの食パンのような画像も紹介

今回の記事ではかわいいコーギーの画像や、食パンにそっくりなコーギーのお尻の画像などを中心にご紹介していきます。コーギーはもふもふでぽちゃっとした体がとてもかわいいので、画像だけでなくぜひ本物のコーギーを抱っこするのがおすすめです。コーギーたちの、食パンそっくりなお尻や体で癒されましょう。

Thumbコーギーの性格や特徴を解説!ケア方法など飼い方のポイントや価格相場も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

食パンみたいなコーギーを紹介!

それでは早速ここからは、かわいいコーギーたちの画像をご紹介していきます。まずは、先ほどからご紹介しているお尻が食パンに見えるコーギーの画像をピックアップしました。また他の犬種ですが、コーギーのようにまるでパンみたいに見える犬たちもいますので、コーギー以外のパンそっくりなワンちゃんたちの画像をご紹介します。

もふもふのお尻が食パンみたい

こちらが、食パンにそっくりなコーギーのお尻の画像です。コーギーの毛色はキツネのような赤茶色で、体の内側が白い個体が多いので後ろからお尻を見るとスライスした食パンに見えます。ちょうど赤茶色の部分が、食パンの耳の部分です。もふもふのコーギーの毛が、食パンの柔らかそうな雰囲気を表現しています。

どちらが食パンか見抜けますか?

こちらの画像は、本物の食パンとコーギーのお尻を比較した画像です。ぱっと見では、どちらが食パンでどちらがコーギーのお尻なのかわからないほど似ています。お尻の上の部分がM字型に毛色が変化しているのも、食パンらしく見える理由の一つです。

こちらはお尻ではありませんが、横になった体全体が1斤の食パンのように見えるコーギーです。ぽちゃっとした体型ともふもふ感が、パン感を出しています。焼き立てでとても美味しそうです。

他にも!パンそっくりなワンちゃん

続いてはインスタグラムで見つけた、コーギー以外にもパンにそっくりなワンちゃんたちの画像をご紹介します。まずはこちら、まるでクロワッサンのような柴犬の画像です。柴犬の赤い毛色はちょうどこんがり焼けた美味しそうなパンの色にそっくりです。くるんと体が丸まっているのも、クロワッサンのような感じが出ています。

こちら、まるでパンのようなパグの画像です。あまりにもパン感が強すぎて、一瞬見ただけではパグだと気づかない人も多いのではないでしょうか。こちらのパグも体の上と下で毛色が異なるため、焼き上げた食パンにそっくりです。ちょうど体も四角くなっているので、本物の食パンと見分けがつかないほど似ています。

食べ物そっくりな動物たちをご紹介!

ここまでコーギーのもふもふのお尻が食パンに見える画像や、他の犬種でもパンのように見える画像をご紹介してきました。ツイッターやインスタグラムを見ていると、それ以外にも犬やねこなどのペットたちが食べ物にそっくりという画像を沢山見つけることが出来ます。ここでは、コーギー以外の食べ物そっくりな動物たちの面白い画像をご紹介していきます。

からあげに見えるトイプードル

まずご紹介するのは、まるでからあげのようなトイプードルたちです。トイプードルの人気カラーであるアプリコットの毛色がこんがり揚がったからあげそのものであるとして、SNS上で拡散されている画像でもあります。本物のからあげと並べてみると、そっくり度が高いのがよりわかります。とても美味しそうな、キツネ色に揚がったからあげにそっくりです。

エリンギに見えるフクロウ

こちらのフクロウ、よく見るとまるでキノコのエリンギに似ていませんか?このフクロウはメンフクロウという種類のフクロウで、顔がまるでお面のようになっているのが特徴です。顔が白く、体が茶色になっていてちょうどエリンギをカットした時のような色味と似ています。

大福に見えるハムスター

こちらは、大福に見えるハムスターの画像です。ハムスターもコーギーと同じように毛がもふもふしているのがとてもかわいい人気のペットですが、くるんと体を丸める姿がまるで大福のようだと話題です。白い毛に黒い眼が、豆が入った大福のように見えます。こちらの画像はややグレーっぽい毛のハムスターですが、真っ白い毛のハムスターならより大福感が出ます。

おにぎりに見える猫

次にご紹介するのは、おにぎりのように見える猫の画像です。猫の毛色には色々なカラーがありますが、こちらは白の毛並みにところどころ黒の毛が混じっているのが特徴の猫です。ちょうど背中を丸めてお尻をこちらに向けている姿ですが、しっぽが黒なので白いおにぎりに海苔を巻いているように見えます。白と黒のバランスも絶妙で、遠くから見たら猫とはわからないでしょう。

牡蠣に見えるパグ

パグはその色味から、剥いた牡蠣に見えると画像で比較しているのがこちらです。確かにパグのベージュの毛色と顔や耳だけが黒いのが、剥いた牡蠣の姿にそっくりです。パグはとても毛が短く、つるんとした見た目なので牡蠣のぷりっとした質感にそっくりに見えるのでしょうか。特にこちらの画像のように数匹並んでいると、本物の剝き牡蠣のようです。

コーギーの魅力をご紹介!

まるで食パンのようなかわいいお尻が魅力的なコーギーですが、好きな犬種ランキングでもいつもTOP10入りしているほど人気があります。そんなコーギーの魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。ここでは、コーギーがペットに人気の理由やその魅力、性格やおすすめの飼い方などについて詳しく解説します。

コーギーはもともと牧畜犬

コーギーの原産地はイギリスであり、元々は長い間牧畜犬として飼われていました。コーギーの特徴である短い脚は一見牧畜犬としては向かないようですが、実は足が短いからこそ牧畜犬としての力を発揮できたのです。コーギーは牛の群れを誘導するとき、牛の脚を噛んで誘導するので牛の脚の間を素早く動き回る必要がありました。

脚が短いコーギーは牛の足の間という狭い場所も俊敏に動き回れたため、牧畜犬としてはとても評価が高かったようです。そんなコーギーは、20世紀初期にドッグショーに出るようになります。それが王族の目に留まり、いつしか王室で飼育されるほど格式高い人気の犬種となったようです。

コーギーは飼い主に忠実

コーギーの魅力の一つに、飼い主に忠実であるという点があります。牧畜犬として重宝されていたことからも分かる通り、コーギーは飼い主の言うことをきちんと聞くことができます。またとても社交性の高い性格ですので、飼い主にすぐになついてくれます。忠誠心が高いので、しつけもしやすいためペット初心者さんでも飼いやすいでしょう。

成犬になってもコンパクトなサイズ

コーギーは、小型犬~中型犬に分類される犬種です。コーギーの平均体高はおよそ30cmで、犬の中では低めになります。これはコーギーの脚が短いことに由来しています。コーギーの体重は、8kgから18kgとされています。体重はコーギーの種類によって、異なるようです。成犬でも比較的コンパクトなサイズなので、集合住宅など日本の居住環境でも飼いやすくなっています。

コーギーは15年以上生きることもある

愛するペットとは、出来るだけ長く一緒にいたいでしょう。そこで気になるのが寿命ですが、コーギーの寿命は平均して13年前後と言われています。これは一般的な犬の平均寿命と同じくらいですので、安心してコーギーを飼えそうです。また健康管理をしっかりと行って大切に育ててあげれば、15年以上生きるコーギーも少なくありません。

好奇心旺盛で賢いコーギー

コーギーの魅力は、その生まれ持った性格にあります。コーギーは好奇心旺盛な面があり、色々な物に興味を持ちます。おもちゃを与えると、一生懸命夢中で遊ぶ姿が見られるでしょう。また、コーギーの知力は犬の中でも高い方で、飼い主の指示をしっかりと理解することができます。その昔牛たちを誘導できる程、賢い犬だったためきちんとしつけすれば色々なことを覚えてくれます。

美味しそうでかわいいコーギー!

今回はお尻がまるで食パンみたい!とSNSでも話題のコーギーについて、本当にお尻が食パンみたいなのかやかわいいお尻の画像、コーギーの魅力などをご紹介してきました。愛くるしいルックスが魅力のコーギーは、飼い主に忠実で賢いのでとても飼いやすい犬でもあります。美味しそうでかわいいコーギーに魅力を感じてしまったら、ペットとして迎え入れてみてはいかがでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧