長毛猫のサマーカット(ライオンカット)がかわいい!魅力と料金は?

長毛猫は日本の夏の暑さでバテてしまたり、皮膚病になってしまうことがあります。長毛猫には涼しく、被毛の清潔さを保ちやすいサマーカットがおすすめです。こちらでは、猫のサマーカットの料金や失敗しない方法についてご紹介していきます。

長毛猫のサマーカット(ライオンカット)がかわいい!魅力と料金は?

目次

  1. 猫のサマーカットについて紹介
  2. サマーカットの方法と料金
  3. サマーカットを自宅でするコツ
  4. 猫のサマーカットの魅力
  5. 猫のサマーカットの注意点
  6. サマーカットを動画で見よう
  7. 猫のサマーカットを検討しよう

猫のサマーカットについて紹介

日本の夏は湿度も気温も高く、長毛種の猫には辛い季節です。快適に夏を過ごすためにもサマーカットをするといいでしょう。サマーカットはイメージチェンジだけでなく、被毛に熱がこもるのを防いだり、皮膚病の予防になります。

ライオンカットは長毛猫におすすめ

長毛種の猫にはライオンカットがおすすめです。ライオンカットは人気のスタイルなので、サマーカット=ライオンカットのイメージも強いです。ライオンカットは顔周りやしっぽの先以外の被毛を短く刈り上げて、ライオンのような見た目にするスタイルです。長毛種の猫は顔周りの被毛がフワフワしているので、ライオン感が強く出てかわいいです。

サマーカットの方法と料金

自分で愛猫のサマーカットをする方もいますが、難しい場合はトリミングサロンや動物病院でトリミングをお願いしましょう。こちらでは、猫のサマーカットの方法と料金についてご紹介していきます。

実施時期とやってくれる場所

長毛種の猫のサマーカットをするのは室温22度、湿度50%を超えたあたりの時期を目安にするといいでしょう。寒さに強くても暑さに弱い猫も沢山います。人間は暑さを感じなくても、猫は不快に感じている場合もあるので注意しましょう。サマーカットをオーダー出来るのはトリミングサロンや動物病院です。

トリミングサロンはガラス張りになっているところも多いので、愛猫の様子を確認しやすいです。立ち合いが出来るトリミングサロンもあるので、初めてのトリミングは立ち会って様子を見るのもいいかもしれません。動物病院でトリミングする場合は、健康状態を見てもらってからシャンプーやトリミングをしてもらえるので、安心して愛猫を預けることが出来ます。

実施場所別の価格相場

トリミングの料金はお店や猫の種類などによっても異なりますが、シャンプーとカットで5000円~7000円くらいの料金がかかると覚えておくといいでしょう。動物病院よりもペットショップに併設されているサロンの方が料金が少し安い傾向にあります。

シャンプーのみの場合は料金が3500円~5000円くらいで出来て、耳掃除や爪切り、肛門嚢搾りなどもやってくれます。自宅のシャンプーでは難しいケアもお願い出来るので便利です。トリミングをお願いする前に、料金の確認をしておくといいでしょう。

サマーカットを自宅でするコツ

愛猫がトリミングサロンや動物病院に行くのを嫌がったり、少しカットする程度なら自宅でサマーカットにするのもいいでしょう。飼い主が行うトリミングの方が猫も安心する場合もあります。こちらでは、自宅でサマーカットする方法についてご紹介していきます。

バリカンを用意する

猫のトリミングはハサミとバリカンの両方を使います。ハサミだけでカットしようとすると長さがバラバラになってしまうので、動物用のバリカンを用意しましょう。バリカンはカットする毛の長さを設定することが出来るので、均一の長さにカットすることが出来るはずです。失敗するのが心配な場合は、長めの設定にするといいでしょう。

事前にはさみでカットする

最初からバリカンで毛を刈ろうと思っても、毛が流れてしまって上手く出来ません。まずは、ハサミである程度毛を短くしましょう。ハサミでカットした後にバリカンで仕上げるので、この時点では失敗に見えるような見た目でも問題ありません。あくまでもバリカンを当てやすくするためのカットです。トリミングを嫌がるようなら、ハサミとバリカンを別日にするのもいいでしょう。

毛を軽くつまんで剃る

バリカンを当てる時は、しっぽから頭に向かってゆっくり動かしていきましょう。毛の流れに逆らってバリカンを当てることで、綺麗に刈り上げることが出来ます。背中の毛はバリカンでカットしやすいのですが、お腹の部分の毛は柔らかくバリカンがうまく当たらない場合もあります。

柔らかい毛をカットする時は毛を軽くつまんで、ピンと張った状態でバリカンを当てるといいでしょう。綺麗にカット出来ない場合は、バリカンの長さ設定を調節してみましょう。長い設定でカットが上手くいかない場合は、少し短めの設定にするとすんなりカット出来ることもあります。

嫌がったらやめる 

自宅でトリミングをする場合は、嫌がったらすぐにやめるようにしましょう。特に、初めてトリミングする時は猫も飼い主も慣れていないので時間がかかってしまいます。嫌がる猫に無理やりトリミングを続行してしまうと、今後のトリミングにも影響します。トリミングは毎日10分くらいずつにして、数日に分けてサマーカットを完成させるのもいいでしょう。

猫のサマーカットの魅力

サマーカットの方法が分かったところで、次はサマーカットの魅力をご紹介していきます。サマーカットは見た目の可愛さだけではなく、病気の予防など猫の健康管理にも役立ちます。サマーカットの魅力をチェックして愛猫のトリミングを検討しましょう。

魅力①暑さ対策になる

サマーカットは長毛種の猫の暑さ対策に役立ちます。長毛種の猫は寒さには強くても、暑さには弱い猫がほとんどです。サマーカットにすることによって被毛に熱がこもりにくくなるので、涼しく快適に過ごすことが出来ます。熱中症が心配な夏は愛猫をサマーカットにしてみましょう。

魅力②病気対策になる

被毛が長いということは、毛が絡まったり毛玉になりやすいです。また、被毛に熱がこもることで蒸れて皮膚病を引き起こす場合もあります。普段から定期的にシャンプーやブラッシングで被毛を清潔に保つと共に、気温の高い季節はサマーカットで猫が過ごしやすくするといいでしょう。サマーカットすることで毛球病、皮膚病の対策になります。

魅力③抜け毛対策になる

長毛種の猫は抜け毛が目立ちます。フローリングやソファ、抱っこした後の服などに被毛がつくことも多いです。また、長い被毛は汚れも付きやすく、食べ物が毛につくこともあります。サマーカットをすれば抜け毛の量も少なくなるので掃除も簡単になり、被毛の清潔さも保ちやすくなります。

魅力④見た目がかわいい

サマーカットはイメージチェンジになり、見た目もかわいいのでおすすめです。長毛種の猫がサマーカットにすると、身体も少し小さく見えてスッキリとした印象になるので新鮮さがあります。被毛全体をカットせずに、部分的にサマーカットするのもおすすめです。顔周りの被毛をカットするだけでも雰囲気が変わります。

猫のサマーカットの注意点

猫のサマーカットには沢山の魅力がありますが、注意点もいくつかあります。かわいい愛猫にサマーカットをする時は、注意点も踏まえた上で被毛をカットしましょう。こちらでは、猫のサマーカットの注意点をご紹介していきます。

注意点①日光による炎症

猫の被毛は皮膚を守る役割があります。サマーカットで被毛を短くしすぎてしまうと、日光皮膚炎になってしまうこともあります。日光皮膚炎とは、被毛の薄い部分や色素の薄い部分に紫外線が当たることで皮膚が赤くなったり、フケや脱毛などを引き起こす病気です。日向ぼっこが好きな猫の場合は、被毛を短くカットしすぎると皮膚にダメージを与えてしまうので注意しましょう。

注意点②失敗する可能性

サマーカットはライオンカットなどかわいいスタイルが多いですが、失敗する可能性もあることを知っておきましょう。トリミングサロンでカットをお願いしても、イメージと違った仕上がりになって失敗に終わることもあります。

自分で愛猫のカットをしようとして失敗することもあるので注意が必要です。猫が暴れてハサミで肌を傷つけてしまったり、最後までカット出来ずに背中だけ、上半身だけ、下半身だけなどカットが中途半端に終わって失敗することもあります。

注意点③カットによるストレス

サマーカットのメリットを考えてトリミングに踏み切っても、猫にとっては迷惑な場合もあります。猫は人に触られること自体があまり好きではない動物なので、トリミングの行為自体がストレスになることもあります。また、毛を舐める癖のある猫はサマーカットをすることで思うように舐めることが出来なくなって、ストレスを感じることもあるようです。

サマーカットを動画で見よう

サマーカットを自宅でやってみたいと思っても、カットの方法がピンと来ない方もいるかもしれません。愛猫のサマーカットをする前に、まずはカットの方法を動画でチェックしてイメージトレーニングしてみましょう。

マンチカン

こちらは、マンチカンのトリミングです。猫が動き回らないようにリードを付けて固定しています。最初は全体を短くカットしていきます。全体を短くカットしたら、バリカンを6mmに設定して毛の流れに沿って全体を刈っていきます。ライオンカットにする場合は、顔周りの被毛としっぽの毛先だけを残します。すきバサミで綺麗に形を整えて完成です。

猫のサマーカットを検討しよう

長毛種の猫のサマーカットの魅力やカット方法をご紹介しました。暑い夏はかわいいサマーカットにすることで、長毛種の猫がかかりやすい皮膚病を予防することが出来ます。注意点を踏まえた上で、愛猫のサマーカットを検討してみましょう。

猫に関する記事はこちら

Thumbマルチーズのカットスタイル集!トリミングを家でする方法と道具! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbポメラニアンがたぬきソックリ?かわいいヘアカット集まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbチワワをサマーカットすると可愛い!人気スタイルや注意点を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧