ハッカ油は猫にとって危険な影響がある?使ってはいけない理由を解説!

ハッカ油が猫に与える影響や危険な理由についてまとめました。猫にハッカ油を与えると中毒などの危険性・悪影響があると言われています。ハッカ油を猫よけに使う場合の注意点もチェックして、猫に危険な影響が出ないようにしていきましょう。

ハッカ油は猫にとって危険な影響がある?使ってはいけない理由を解説!

目次

  1. ハッカ油が猫に危険な理由を解説!
  2. ハッカ油とは
  3. 他にもある!猫にNGなアイテム
  4. ハッカ油に関するQ&A
  5. 食べ物にも注意!猫に危険な物質
  6. 猫にハッカ油は禁物!

ハッカ油が猫に危険な理由を解説!

爽やかで気持ち良い香りで人気を集めているハッカ油は、常備している方も多いのではないでしょうか。人間にとってハッカ油は便利なアイテムですが、猫にとっては危険性があるので注意が必要です。猫を飼っている家庭の場合にハッカ油を使う時には、猫にどのような影響が出てくるのか危険性について知る事が大切。

ハッカ油について何も知らないと、猫が体調不良になる原因を作る事になります。ハッカ油による悪影響で愛猫が何らかの病気になったら大変。そういった事を防ぐためにハッカ油について詳しくチェックしておきましょう。

猫に及ぼす影響もチェック

本記事では、ハッカ油が猫に及ぼす影響や、危険と言われている理由についてまとめました。日常生活で使う場合もあるハッカ油だからこそ、猫にはどのような危険があるのか学んでおきましょう。もし、ハッカ油を常備して家に猫を飼っている場合は、なるべく猫に影響を与えないように使用する事が大切になります。

基本的な知識を身につけておけば、ハッカ油が大きな影響を与える事はありません。飼い主として猫の健康を維持する事ができるように、ハッカ油の危険性について参考にしてみてください。

ハッカ油だけでなく、他にも猫の毒になるような物をご紹介します。人にとっては大丈夫だったとしても、猫にとっては有毒である物は意外と多くあるので気をつけましょう。何が有毒で危険性があるのか、理由も含めて把握しておけば猫から遠ざける事ができます。何も知らずに猫の悪影響になるような事をしないように、知っておきたい情報を学んでいきましょう。

ハッカ油とは

まずは、ハッカ油とはどのような物なのか見ていきましょう。ドラッグストアなどでも見かける事ができるハッカ油ですが、具体的に何であるのか知る事で猫への影響や危険と言われている理由を明確にする事ができます。猫に対して使わなければハッカ油は人にとって日常生活で役立つ物でもあるので、有効活用ができるようにしてみてはいかがですか。

ペパーミント油ともいわれる精油

ハッカ油とは、別名ペパーミント油とも呼ばれる精油です。植物のハッカからオイルを抽出した物がハッカ油となっており、スーッとするような爽やかな香りが特徴。精油なのでさらっとした質感で、1〜2滴垂らすだけでもハッカ油の爽やかな香りが広がります。ドラッグストアやアロマオイルショップなどで手に入れる事ができるのでチェックしてみましょう。

ハッカ油は、気分を一新したい時に良いと言われています。ハッカ油独特の爽やかな香りが気持ちをリフレッシュしてくれるのが精油としての効果。気分が停滞している時や、ストレスが溜まっている時などにハッカ油を入れたお風呂に入ったり、ハッカ油を染み込ませた布の香りを嗅ぐと良いと言われています。

ハッカ油は鼻詰まりにも良い効果を発揮してくれます。コットンなどにハッカ油を染み込ませた物をマスクの下に入れておくと、ハッカ油の爽やかな香りが鼻詰まりを解消すると言われているのが特徴。花粉症の時期などはハッカ油を使って乗り越えている、という方も多いのではないでしょうか。このようにハッカ油は人間の生活で身近なアイテムと言えます。

猫はハッカ油を分解できない

人は気軽に使う事ができるハッカ油ですが、猫には悪影響を与えるとされているのが問題。ハッカ油が猫に危険と言われている理由は、ハッカ油を始めとした精油に含まれている物質です。ハッカ油に限らず、精油は植物性・脂溶性の化学物質と言われる物質が含まれます。この物質は体内で分解する事ができなければ毒となるのが特徴。

人間は、精油に含まれる化学物質を肝臓で分解する酵素を持っているので使用しても問題ありません。しかし、猫は精油に含まれる化学物質を分解する酵素を持っていません。この理由のために、ハッカ油が猫の体内に入ると危険性が高まります。

猫は元々肉食動物であったのが植物性・脂溶性の化学物質を分解できない理由。動物性であれば分解する事ができますが、植物性だと分解する事ができません。また、ハッカ油を始めとした精油は分解されずに蓄積されます。一見すると平気そうに見えても、蓄積の許容量がオーバーしたら急に危険な状態になる可能性があるので要注意。

もし、猫を飼っている自宅でハッカ油を使う事がある場合は、猫がいない場所で使うようにしましょう。知らない間にハッカ油が猫に悪影響を及ぼし、ある日突然体調不良になる可能性が出てきます。

中毒を引き起こす恐れがある

体内でのハッカ油の蓄積が許容量を超えると、猫に様々な悪影響が出てきます。中毒症状を引き起こす他、肝機能障害も出てくるので気をつけましょう。肝機能障害が起こると体に有害な物質を解毒する事ができなくなり、様々な合併症が起こる理由にもなります。猫によって中毒症状が出てくる時期は異なるため、いつの間にか体調が悪くなっている事があるかもしれません。

ハッカ油の中毒症状が起こると、嘔吐や発熱などの症状が引き起こされる危険性があります。健康そうだった猫が急にこうした中毒症状を見せ始めたら、すぐに動物病院へ行きましょう。適切な処置をすれば、健康な状態に戻る事ができます。

普段の生活で何気なく使う事も多いハッカ油だからこそ、猫にとっての危険性を知らない人も多くいます。大切に飼ってきた愛猫が知らないうちに体調不良になるような原因を作り出してしまわないように注意をしましょう。人間が使用に気をつければ自宅にハッカ油があっても問題はありません。猫の体内に入らないようにきちんと管理するようにしてください。

Thumbハッカ油は使い方次第!薬局いらずのオイルの効果と効能とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

他にもある!猫にNGなアイテム

ハッカ油が猫にとって有毒になる理由について見ていきましたが、ハッカ油の他にも気をつけておきたい物はあります。知らずに猫が触れてしまわないように、有毒性のある物についても詳しくチェックしておきましょう。知らないで使用していると、猫が急に体調不良になってしまうかもしれません。猫の健康を守るためにも知る必要があります。

アロマオイル

ハッカ油以外に猫に対する有毒性を気をつけておきたいのがアロマオイルです。ハッカ油のような精油は100%天然のオイルですが、アロマオイルは合成香料などを添加して100%天然ではないオイルの事を指します。前述した通り、精油は猫が分解する事ができない化学物質を含んでおり、アロマオイルにもこれが含まれているのが猫にとって危険な理由。

普段のリラックスタイムなどでアロマオイルを使う事も多いかもしれませんが、誤って猫が触れないように気をつけましょう。好奇心旺盛な猫の場合、アロマオイルの香りに誘われて興味を持ってしまうかもしれません。アロマオイルを使う時は猫がいない所で使うようにしましょう。また、保管する場所も猫の手が届かないような場所にする事が大切です。

犬を対象とした虫除けグッズ

犬を対象にした虫除けグッズにも気をつけましょう。犬の場合、人間と同様に精油の化学物質を分解する酵素を持っています。そのため、犬用の虫除けグッズには犬への影響がない精油が含まれていう場合があるのが猫が注意すべき理由。精油には虫除け効果のある物があり、ハッカ油もその1つです。こうした物が入っていると、犬には影響がない虫除けでも猫にとっては有害になります。

犬と猫を両方飼っている場合、「犬も使えるから大丈夫か」という気持ちでうっかり犬用の虫除けグッズを使ってしまうかもしれません。しかし、犬と猫は別の動物です。犬にとっては大丈夫だったとしても猫にとっては危険性があるという事はよくあるので、まずは成分を確認しましょう。猫も使っても大丈夫な物なのかをきちんと確認する事が大切になります。

ハッカ油に関するQ&A

続いて、ハッカ油に関するQ&Aをチェックしていきましょう。ハッカ油は猫よけに使えるのか、猫以外にもハッカ油がNGな動物がいるのかなど、基本的な情報を把握しておくと役立ちます。ハッカ油について詳しく把握して、それが与える影響を学んでみてください。

猫よけにハッカ油は使える?

猫を飼っていない場合、野良猫が家の敷地内に入ってきて迷惑に感じる事があるかもしれません。猫よけの方法は色々ありますが、「猫が苦手なハッカを猫よけに使おう」と考える場合もあります。ハッカ油の香り自体を猫が嫌いなので、猫よけに使えるかもしれませんが、猫にとって有毒なものであるという事を忘れないようにしましょう。

猫よけのために気軽にハッカ油を使ったとしても、それが理由となって猫が病気になってしまう可能性があります。敷地内に入ってくるのは迷惑だったとしても、猫よけのために有毒な物を使うのは、動物愛護の観点から間違っていると言えるでしょう。もし、猫よけをしたい時はハッカ油ではなく専用の道具を使ってください。猫に悪影響がない道具を使う猫よけが最善です。

猫以外のハッカ油NGな動物は?

猫以外にもハッカ油がNGな動物は他にもいます。ペットとして飼われている動物も多いので、気をつけましょう。ハッカ油がNGなのは、ハムスターやフェレット、ハツカネズミといった動物になります。これらの動物も猫と同じようにハッカ油に含まれる物質を分解できず、毒として溜まってしまうので注意してください。また、小鳥もハッカ油に悪影響を受けます。

ネズミ除けのためにハッカ油を使った所、ネズミではなく小鳥の方が死んでしまったという例も少なくないようです。鳥を飼っている場合は、ハッカ油を近くで使用しないようにしましょう。ちなみに、犬に関してはハッカ油は大丈夫なようです。そのため、犬以外の動物を飼っている場合はハッカ油の使用に十分な注意をするのがおすすめ。

猫がOKなハッカはある?

ここまで猫に対するハッカ油の危険性について見ていきましたが、精油に含まれる物質がダメなのであって、ハッカ自体が猫に悪影響を与えるという訳ではありません。そのため、精油ではない植物の状態のハッカであれば大丈夫な事が多いです。特に猫が好むと言われているのがハッカの一種であるキャットニップ。西洋マタタビとも呼ばれる植物です。

キャットニップは西洋マタタビと呼ばれているように猫が大好きな植物。キャットニップを近くに持っていくと、匂いを嗅いだり、顔をすりつけたりといった様子が見られます。キャットニップには猫が気持ち良くなる成分が含まれているので、このような行動に出るのでしょう。猫の嗜好品としてキャットニップを育てるのも良いかもしれません。

Thumbハッカ油はスプレーが使いやすい?ゴキブリなど虫除けや様々な使い方まとめ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

食べ物にも注意!猫に危険な物質

猫を飼っている時は、食べ物にも十分に気をつけましょう。猫に良かれと思って与えた食べ物も実は有毒だったという事があり得ます。猫を飼う上で気をつけておきたい食べ物を参考にして、安全に暮らせるようにてください。

魚介類に含まれる「チアミナーゼ」

イカやタコ、ハマグリといった魚介類にはビタミンB1を破壊するチアミナーゼが含まれています。猫は体の大きさに対してビタミンB1が必要な量が多いので、チアミナーゼを含む魚介類を食べるとビタミンB1欠乏症という病気になるとされているので注意したいポイント。

ビタミンB1欠乏症が重症化すると歩けなくなるなど様々な異変が出てきます。また、サバや秋刀魚、イワシといった青魚にも要注意。青魚に含まれる不飽和脂肪酸は分解のためにビタミンEを多く消費します。これによりビタミンE不足で黄色脂肪症などになる可能性があるので要注意です。

チョコレートに含まれる「テオブロミン」

チョコレートの原料であるカカオに含まれるテオブロミンにも注意。中枢神経を刺激し、猫が興奮状態になります。摂取量によっては、急性心不全を起こす可能性があるので気をつけましょう。

テオブロミンを含んだ食べ物を食べると、嘔吐したり、不整脈、血圧の著しい上昇といった症状が出てきます。自宅でチョコレートなどを食べる時には注意しましょう。食欲旺盛な猫の場合は、知らない間に食べそうになる事があります。

みかんの皮に含まれる「リモネン」

みかんも猫に与えていけない食べ物の1つです。猫はみかんに含まれるリモネンを分解する酵素を持っていないため、中毒症状が出てしまいます。みかんを食べる時も猫が近寄らないようにしましょう。

嘔吐や麻痺、痙攣といった症状が出てくるので異変が出てきたらすぐに動物病院へ行きましょう。猫は元々柑橘類の香りは嫌いなので近寄る事はあまりないかもしれませんが、十分に注意をして取り扱うようにしてください。

猫にハッカ油は禁物!

猫にとってハッカ油は有毒になるので、触れないように気をつけましょう。人間にとっては良い効果をもたらしてくれるとしても、猫には危険性が高くなります。ハッカ油を猫よけに使う事もおすすめできません。猫にとって有毒ではない方法で猫よけをするようにしてください。猫はハッカ油以外にも気をつけたい物は色々あるので、飼う前にチェックしておくと安心です。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧