【全32種類】テリア犬で人気なのは?それぞれの性格や特徴・飼い方も紹介

人気を集めているテリア犬の種類や被毛の特徴、性格に合わせた飼い方についてまとめました。テリア犬には様々な種類があり、性格や特徴に最適な飼い方をする事が大切です。人気のテリア犬の種類をチェックして、特徴を踏まえた飼い方をしていきましょう。

【全32種類】テリア犬で人気なのは?それぞれの性格や特徴・飼い方も紹介

目次

  1. テリアの人気種類の特徴をご紹介!
  2. 全32種類!テリアについて
  3. テリアの人気種類①小型
  4. テリアの人気種類②中型
  5. テリアの人気種類③大型
  6. 全32種類!テリアの飼い方&ポイント
  7. 子犬を迎える準備リスト
  8. 32種類のテリアから合う犬を探そう

テリアの人気種類の特徴をご紹介!

世界的に人気を集めているテリアには、実は様々な犬種がいます。ジャックラッセルテリアやヨークシャーテリアなど日本でもお馴染みのテリアも多くいますが、珍しい種類のテリアも多くいる事をご存知でしょうか。テリアの部類に入る犬はテリア・グループとも呼ばれ、多くの犬種がグループに分類されています。どのようなテリアがいるのか学んでみませんか?

本記事では、テリアの人気犬32種類の特徴など様々な情報についてまとめました。名前を知っているテリア以外のも様々なテリアがいるので、テリアについて深く知る事で新たな魅力について知る事ができるのではないでしょうか。テリアの種類について詳しくチェックして、それぞれの特徴について見ていきましょう。

合わせてテリアの性格や飼い方も紹介

テリアの種類だけでなく、性格や飼い方についてもご紹介します。多くの犬種が存在するテリアですが、どのような性格をしているのでしょうか。種類としては異なっていたとしてもルーツは同じテリア・グループであれば同じような性格になる事も多くあります。テリアの性格について把握していれば、それに合わせた飼い方ができるのがポイント。

テリアに限らず、犬を飼う時は性格に合わせた飼い方をする事が大切になります。性格に合わせた飼い方をしていないとテリアのストレスになってしまうかもしれません。最適な飼い方を取り入れて、テリアと楽しく暮らしていくようにしましょう。

種類によって体のサイズや被毛も様々

テリアと言うと日本では小型犬が多い印象があるかもしれませんが、実は小型犬から中型犬、大型犬までテリアには様々なサイズがあります。こうした多様性もテリアの大きな特徴。サイズが異なる事によって印象が大きく変わるテリアも多くいるので、そういった点にも注目してみましょう。今まで想像もしていなかったようなテリアと出会う事ができるかもしれません。

テリアは被毛の種類のバリエーションが多いのも特徴になります。ふわふわとした被毛のテリアがいれば、ストレートで滑らかな被毛、短い被毛など、テリアの種類によって被毛が異なるため、印象も大きく変わるかもしれません。同じテリア・グループだったとしても被毛が違うと全く違う種類にも見えてきます。そんなテリアの被毛についてもチェックしてみてください。

全32種類!テリアについて

まずは、テリアについて基本的な情報を見ていきましょう。日本でも身近な犬であるテリアですが、どこからやってきてどのような歴史を経てきたのでしょうか。テリアの基本的な情報を知る事で、本来の性格や特徴について把握しやすくなります。現在では世界各国に様々な種類のテリアが存在していますが、そのルーツとなる情報についてご紹介するので参考にしてみてください。

名前の由来

テリア・グループに属するテリアには全て「◯◯テリア」という名前がついています。このテリアという言葉の由来はどうなっているのでしょうか。テリアとは、ラテン語で「terra(大地)」という意味の言葉が語源となっているのがポイント。大地という意味の言葉を語源としているのはテリアの歴史にも大きく関係しており、全てのテリアに共通しています。

テリア・グループは国際畜犬連盟によって、第3のグループに分類されているのが特徴。テリア・グループ以外にはダックスフントグループ、ポインターセターグループ、嗅覚ハウンドグループなど10のグループに犬は分類されてきました。テリアは、世界中にいる犬を構成する一大グループであると言え、その種類は現在44種類以上とも言われています。

歴史

テリアにはラテン語で「terra(大地)」という意味の言葉の語源がありますが、これには「土を掘るもの」という意味も込められています。この名前の通り、テリアは元々地中にいる小動物(モグラやネズミなど)を狩猟するために生まれてきた犬種。イギリスやアイルランドを中心としてテリアは飼われ始め、1950年代の文献には既に「テリア」という名前が載っています。

テリアは品種改良が進められ、短い足のテリアと長い足のテリアが誕生するようになりました。短い足のテリアは本来の通り地中にいる小動物を捕まえるために飼育されます。一方で、長い足のテリアは俊足を生かして狐狩りに重宝されてきました。時代を経るごとにテリアは狩猟のためではなく愛玩用の犬として親しまれるようになり、日本でも人気の犬種となります。

性格

テリアは一般的に、活発で好奇心が旺盛な性格が多いと言われています。元々は狩猟犬だったため、様々な事に対して興味を持つのが性格の特徴。何か目標物を見つけたら一目散に飛び出していくのもテリアの特徴になります。怯えを知らない勇敢な性格である事も多いです。明るくムードメーカー的な一面もあり、テリアの無邪気な性格に癒される人も多数。

一方で、テリアには狩猟犬だった名残で興奮すると気性が激しい性格の一面を見せることがあります。警戒心から無駄吠えをする事も多いので、その点には注意した飼い方をしましょう。テリアは頭が良い性格で人の言う事もよく聞くので、きちんとしつけをしていれば飼いやすい犬と言えます。

迎え方

テリアの迎え方には3通りの方法があります。スタンダードな方法として挙げられるのがペットショップ。ジャックラッセルテリアやヨークシャーテリアなど、テリアの人気犬種であればペットショップでよく見かける事ができます。珍しい種類のテリアを購入したい場合は、ペットショップではなくブリーダー経由で購入するのもおすすめの方法。

ブリーダーに予約をしてから犬舎を見学し、気に入ったテリアを購入する事ができます。ブリーダーによっては珍しいテリアを飼育している事もあるので、チェックしてみましょう。また、あらゆる事情で飼い主がいなくなったテリアを里親として迎え入れる方法もあります。里親募集のサイトを見て、テリア犬がいるかリサーチしてみてはいかがですか。

テリアの人気種類①小型

テリアの性格や特徴に続いては、人気を集めているテリアの種類について見ていきましょう。現在、テリアには44種類以上いると言われていますがその中でも特に人気の32種類をご紹介します。まずは、人気の小型犬テリアについてチェック。テリアは一般的に小型犬が多く、人気の犬種もたくさんいます。日本でも人気の小型テリアも多いので、馴染みがあるかもしれません。

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、スコットランド原産のテリア。ふわっとした白い被毛が特徴的です。先端が尖った大きな耳もウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの魅力。アーモンド型のつぶらな瞳は、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの良さを引き立てています。スコットランド原産のテリアの中では足が短いのも特徴です。

ジャックラッセルテリア

日本でも高い人気を集めている小型のテリア犬として挙げる事ができるのがジャックラッセルテリアです。白をベースに茶色の模様が入っており、短い被毛が特徴。小型犬ですがとても高い運動神経に恵まれ、ハウンド犬や馬と同等のスピードで走る事ができると言われています。テリア犬の中でも飼い主に従順な性格であり、初心者でも飼いやすいテリアです。

スコティッシュ・テリア

スコティッシュ・テリアは、名前の通りスコットランド原産のテリアです。スコッティと言う愛称でも親しまれており、愛嬌のある顔立ちで世界中から人気を集めています。眉毛と口ひげを残したトリミングをする事が多く、おじいさんのような見た目が特徴的。黒く長い被毛のスコティッシュ・テリアが多い音でも知られています。フレンドリーな性格が魅力。

日本テリア

テリアの中には日本原産の種類もいます。日本テリアは、体は白、顔は黒い短い被毛が特徴。スマートで細い身の体型となっており、運動能力が高いテリアになります。日本テリアはとても寒さに弱い種類なので、寒い日の散歩には気をつけましょう。暖かい服を着せてあげるなどの工夫をしてください。屋内でも暖房を使うなど寒さ対策を万全にしてください。

オーストラリアンシルキーテリア

ヨークシャーテリアと見間違えそうなのがオーストラリアンシルキーテリアです。オーストラリアンテリアとヨークシャーテリアを掛け合わせて誕生したテリアである事から、このような見た目になりました。我慢強くフレンドリーな性格なので子供とも仲良くなりやすいのが特徴。とても活動的なので、散歩の時はリードをきちんと持って主従関係を確立しましょう。

グレンオブイマールテリア

グレンオブイマールテリアはアイルランドで誕生した人気のテリアです。縮れたような被毛や短くて可愛らしい尻尾が特徴的。つぶらで黒い瞳もグレンオブイマールテリアの人気を集めている理由です。グレンオブイマールテリアはとても運動をするのが大好きな犬種。運動不足にならないようにドッグランなどで十分に走らせてストレス発散させましょう。

ケアーンテリア

イギリス原産であるケアーンテリアは、世界中で愛されている童話「オズの魔法使い」に登場する犬・トトのモデルとなって犬種です。この事から多くのファンがいる人気の犬種となりました。ムク毛の被毛が特徴的で、ダブルコートになっているので毎日のブラッシングが大切です。とても頭が良い性格なのでしつけがしやすく、飼いやすいテリアとしても人気を集めています。

シーリハムテリア

シーリハムテリアは、19世紀後半にウェールズ地方で生まれたテリアになります。頭の部分は四角くを帯び、短い足が特徴的。縮れたような被毛に覆われていて、可愛らしさを感じられるテリアです。社交性のあるテリアなので、他の犬とも仲良くなりやすいのが魅力。番犬としての役割もはっきしてくれます。運動が好きなので散歩の時間は長めに取りましょう。

シェスキーテリア

シェスキーテリアはチェコスロバキアの遺伝子学者がスコティッシュテリアなどを掛け合わせて生み出した種類です。垂れた耳や短い足が特徴的。長く黒い被毛に覆われているので分かりにくいかもしれませんが、とても筋肉質な体型をしています。飼い主に従順で活発な性格なのも大きな魅力。ただし、肥満になりやすいので運動時間を増やすようにしてください。

ジャーマンハンティングテリア

ジャーマンハンティングテリアはフォックステリアをベースとして18世紀にドイツで生まれたテリアとして知られています。頑丈な顎と歯で狩猟本能にも優れた種類。ブラックやブラウンの被毛が多く、耳は垂れています。狩猟本能が強く残っているので、他の動物に対しては警戒心を見せるかもしれません。運動不足にならないように散歩をする事も大切なポイントです。

チベタンテリア

チベタンテリアは、その名前の通りチベットで生まれたテリアです。チベットのラマ僧の間では幸運を呼ぶ犬種として人気を集め、現在でも多くの人に親しまれています。ふんわりとした被毛で、ブラウンや白など様々な毛色が多いのもチベタンテリアの特徴。優しく人見知りをする性格です。小型犬ですがしっかりとした体型なので運動の時間はきちんと取りましょう。

トイマンチェスターテリア

トイマンチェスターテリアは、マンチェスターテリアを小型化したイギリス原産の犬です。黒をベースとした被毛で、胸や頰の部分はブラウンやマホガニーの色がついているのが特徴。好戦的な一面があるので、初めて接する犬には気をつけましょう。飼い主には従順で、番犬としての一面も見せてくれます。広い所で走るのが好きなのでドッグランに連れて行ってあげてください。

ミニチュアフォックステリア

ミニチュアフォックステリアはイギリス原産のテリアですが、オーストラリアの方で古くから親しまれてきました。小動物を狩猟する為のパートナーとして活躍してきたのも特徴です。活動的で好奇心旺盛なので日々の散歩でストレスを溜めないように楽しい時間を過ごさせてあげましょう。様々な工夫をして刺激のある日々にすれば、飼い主との距離も縮まります。

アメリカンテリア

アメリカンテリアはイングリッシュトイテリアなどとチワワを掛け合わせたアメリカ原産の犬です。ネズミ捕り用の犬として飼われていましたが、フレンドリーな性格が人気を集めて愛玩犬となりました。優しい性格の犬として知られ、目が不自由な人を誘導する特殊犬としても活動しています。寒さには弱いので、防寒対策はしっかりと行うようにしてください。

ワイヤーフォックステリア

ワイヤーフォックステリアは、イギリスで古くから愛されてきた伝統的なテリアとして知られています。ふわふわとした被毛とアーモンドのようなつぶらな瞳、小さくて可愛らしい耳が特徴的。元々は狐の狩猟で使われてきましたが、現在はコンパニオンドックとして高い人気を集めています。太りやすいので運動を行い、無駄吠えをしないようにしつけをする事が大切です。

ダンディディンモントテリア

イギリス原産のダンディディンモントテリアは小型の犬ですが頭が大きめになっているのが特徴です。長めの被毛に大きくキュートな瞳が魅力的なテリア。小動物の狩猟に使われていた関係で土を掘るのが得意です。庭の土を掘って柵の外に出てしまうダンディディンモントテリアもいるので気をつけましょう。また、散歩中にリードを放すと帰ってこなくなる可能性があります。

パーソンラッセルテリア

パーソンラッセルテリアは、イギリスで生まれたテリアとして世界中で親しまれています。足はやや短めですが、しっかりとした体つきをしており運動能力にも優れているのが特徴。茶色と白の被毛で垂れた耳が可愛らしいです。フレンドリーで飼い主に従順な性格なのもパーソンラッセルテリアの魅力。走るのが好きなので、思い切り走れる環境を作ってあげましょう。

スカイテリア

スカイテリアは16世紀には既に存在していたと言われるテリアグループの中でも古い犬種として知られています。原産国はイギリス。耳は直立しているタイプと垂れているタイプの2種類があります。長くてストレートな被毛になっており、ブラックやクリームなど様々な色があるのも特徴。家族を守る番犬としての性格を備えています。運動好きなので散歩を重視してください。

ノーフォークテリア

ノーフォークテリアは20世紀頃に生まれたイギリス原産のテリアです。ずんぐりむっくりとした体型で愛らしい顔立ちをしているのがポイント。長めの被毛でブラウンやブラック&タンといった毛色がいます。子供や他の犬種にもフレンドリーな姿を見せる事が多く、多頭飼いにも最適。運動能力に優れているので、たくさん運動ができるように散歩してください。

オーストラリアンテリア

オーストラリアンテリアは、19世紀のオーストラリア開拓で人々のパートナーとなった犬種。オーストラリアの人達の間では古くから親しまれており、働き者として知られています。体が長めなのが特徴で、足は短めになっているのが特徴。長めの被毛でシルバーブラックやブラウンといった毛色があります。勇気のある性格で活動的なのでドッグランで走らせるのがおすすめ。

Thumb頭が良いジャックラッセルテリアの性格と特徴を解説!飼い方のコツは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

テリアの人気種類②中型

小型犬の次は、中型犬で人気を集めているテリアについて見ていきましょう。小型犬が多いテリアですが、中型犬にも魅力的な犬種が多くいます。中型犬ならではの良さを感じられる人気の種類をチェックしていきましょう。バリエーション豊かな中型犬のテリアがいるので、テリアの購入を検討している時の参考にしてみてください。

ケリー・ブルー・テリア

アイルランドのケリー州で生まれたのがケリー・ブルー・テリアです。元々は、カワウソやネズミを狩猟する犬種として親しまれてきました。フレンドリーな性格で人懐っこいので、初心者でも飼いやすいと言われています。カーリーな被毛は、子犬の頃はブラックですが成長するとブルーへと変化するのが特徴。運動不足にならないように散歩を行うのが飼い方のポイントです。

ミニチュア・ブル・テリア

ミニチュア・ブル・テリアはブル・テリアを小型化したイギリス原産のテリアです。ブル・テリアは昔から闘犬として使われてきた事から、ミニチュア・ブル・テリアもブル・テリアのようなしっかりとした筋肉といった体格を受け継いでいます。運動が好きなので長時間の散歩を心がけましょう。また、水で泳ぐのが好きな犬種としても知られています。

アイリッシュテリア

アイリッシュテリアはその名前の通り、アイルランドで生まれたテリアになります。アイリッシュテリアをベースとして様々なテリア犬が生まれてきました。頭部は四角い形をしており、優しいつぶらな瞳が特徴的。飼い主には従順ですが警戒心が強い面もあるので、散歩の際には他の犬との関係に注意しましょう。運動が好きなのでドッグランへ連れて行くのもおすすめです。

スタッフォードシャーブルテリア

スタッフォードシャーブルテリアは、見た目からして強そうなイギリス原産の犬です。スポーツ闘犬として繁殖されていた経緯から、筋肉がたくましく骨太の体格になっています。見た目は怖そうに見えるかもしれませんが、優しくフレンドリーな性格で子供との相性も良いのが特徴。散歩をする時はリードをしっかりと持ち、勝手な行動をしないようにしてください。

アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリアはアメリカ原産のテリアで闘犬としても活躍してきました。骨太で筋骨隆々なのが特徴の犬種。ブラックやブラウンなど様々な毛色があり、垂れ耳も特徴です。飼い主に従順な優しい性格で知られ、飼い主の気持ちを素早く察してくれます。運動不足になると太りやすいので長時間の散歩をきちんと行うようにしましょう。

ウェルシュテリア

ウェルシュテリアは、イタチやうさぎといった小動物を狩猟するのに使われてきたイギリス原産の犬種です。垂れた耳と厚くて硬い被毛が特徴となっています。様々な人と仲良くなる事ができる素質を持っており、みんなのアイドルとして多くの人に愛される犬と言えるでしょう。人と察するのが好きなので、一緒に遊ぶ時間をなるべく多く作ってください。

ソフトコーテッドウィートンテリア

ソフトコーテッドウィートンテリアは200年以上前からアイルランドで飼われてきた犬種です。狩猟犬として活躍していましたが現在では愛玩犬としての人気が高く、小さくて可愛らしい瞳に惹きつけられる人も多くいます。テリアの中でも攻撃的な一面がほとんどなく、老若男女問わず友好的に接するのが特徴。長時間の散歩をしたり、思い切り走らせる飼い方をしましょう。

アイリッシュソフトコーテッドウィートンテリア

家畜の管理や小動物の狩猟などで使われてきたアイリッシュソフトコーテッドウィートンテリアはアイルランド原産のテリアです。穏やかな性格で愛情深いのが魅力的。家族と仲良く暮らす事ができる代表的なテリアの種類と言えるでしょう。ただし、先天性の病気を持っている場合が多いので飼う時にはその点のチェックを怠らないようにしてください。

アメリカンピットブルテリア

アメリカンピットブルテリアはヨーロッパから渡ったテリアをアメリカで改良し、闘犬として活躍してきた種類です。闘犬として改良された事もあり、闘争心が旺盛なのが注意点。きちんと運動をさせてストレスを発散させておかないと思わぬ行動に出る場合があります。頭はとても良いので、ちゃんとしつけをすれば問題行動を起こさない犬種です。

Thumbアメリカンスタッフォードシャーテリアの性格は?特徴と飼い方を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

テリアの人気種類③大型

テリアには大型の犬種も多くいます。大型のテリアは中型や小型にはない迫力があり、それもテリアならではの魅力ではないでしょうか。小型犬が多いテリアの中で大型は珍しいため、大型のテリア愛好家も多くいます。人気を集めている大型のテリアの種類についてチェックしていきましょう。

エアデール・テリア

エアデール・テリアはテリアグループの中でも最も大きい犬種として知られています。原産国はイギリス。その大きさから「キング・オブ・テリア」と呼ばれる事もあります。大型犬ですが性格は優しく、可愛らしい顔立ちをしているのが特徴。イギリスではカワウソの狩猟でも活躍しており、運動能力が高いです。十分な散歩でストレスを発散させましょう。

ブル・テリア

ブル・テリアは、ブルドッグとイングリッシュ・ホワイト・ブル・テリアを交配して改良されたイギリス原産の犬種です。面長でユニークな顔立ちが人気を集め、漫画や映画のキャラクターとして登場する事も多数。飼い主にとても従順な犬種なので、飼いやすいとも言われています。筋肉質で警戒心が強い面もあるので、散歩時には他の犬との喧嘩に注意してください。

ブラックロシアンテリア

ブラックロシアンテリアは、19世紀頃にロシアの犬愛好家達によって交配・改良された犬種です。骨太で筋肉のあるたくましい体格が特徴的で、ジャイアントシュナウザーに間違われる事もよくあります。狩猟犬としても知られ、自分よりも大きなクマにも勇敢に立ち向かう性格。運動好きなので、毎日長めの散歩時間を取るようにしましょう。

全32種類!テリアの飼い方&ポイント

ここまでテリアの人気の種類について見ていきましたが、続いては飼い方についてチェックしていきましょう。テリアは同じルーツを持っているので、飼い方にも共通があります。どういった点に気をつけた飼い方をすれば良いのか意識しながらテリアを飼うようにしていきましょう。きちんとした飼い方なら、テリアはとても良いパートナーになってくれます。

飼い主をリーダーとして認識させる

テリアの飼い方で大切になるのが飼い主をリーダーと認識させるという事。テリアは狩猟犬として飼われていた経緯もあり、飼い主に従順な性格です。一方で、単独行動をする事ができる自由気ままな一面もあるのでリーダーと認識していない人に対しては言う事を聞かないかもしれません。そうならないように飼い始めた頃から主従関係を築くしつけが大切になります。

散歩中は飼い主とは違う方向へは行かないようにする、おすわりや伏せといった基本的なしつけを行うなどを心がけていきましょう。こうして飼い主に従うようにする事で、言うことを聞く飼いやすいテリアへの成長してくれます。

しっかり運動させる

テリアは狩猟犬として飼われていた事もあり、運動能力が高いのが特徴です。愛玩犬となった現在も多くの運動を必要とし、長時間の散歩が飼い方のキーポイントになります。散歩時間が十分でないとストレスを溜めてしまうテリアも多いので気をつけましょう。また、好奇心旺盛なテリアや定期的にドッグランへ行ったり散歩コースを変えるなど刺激を与える事も大切です。

定期的にトリミングする

テリアは定期的なトリミングが必要な犬種がほとんどです。月に1回の頻度でトリミングを行なって清潔な状態を保ちましょう。テリアの種類によっては、ナイフを使ってカットを行うクリッピングという特殊なトリミングを行う場合もあります。信頼の置けるトリマーさんを見つけて、理想の状態にできるようにトリミングをしてもらってください。

子犬を迎える準備リスト

気に入ったテリアを見つけたら、子犬を家族として迎え入れる準備をしていきましょう。テリアに限らず、子犬を迎えるためには様々な準備が必要です。子犬が来る前に必要な物を揃えておかないと後で慌てることになってしまうので気をつけてください。基本的な準備を整えていれば、安心して子犬を迎える事ができます。

子犬を迎えるために準備しておきたいアイテムについてまとめました。子犬に快適に過ごしてもらうためにも、工夫をしながら様々なアイテムを選んでいきましょう。こうしたアイテムを選ぶのも子犬を飼う楽しみの一つでもあるので、ぜひ準備を楽しんでみてください。

食器と水飲み

まず準備しておきたいのが食器と水飲みです。食器と水のみの選び方で大切になるのが、飼う犬の体高に合っているかという事。子犬のうちは低い食器や水飲みでも大丈夫かもしれませんが、大きくなるタイプの犬種だと徐々に器が小さく&低くなってしまいます。最初は子犬用の器を準備し、成長に合わせたサイズへと変えていくようにしてみてください。

首輪とリード

お散歩のために首輪とリードも欠かせません。ワクチンが終わらないとまだお散歩デビューをする事はできませんが、その日に向けて可愛い首輪とリードを準備してください。テリアの場合、好奇心旺盛で運動が好きなので緩い首輪やリードだと外れて犬がどこかへ行ってしまう危険性があります。そうならないように機能性もきちんと備えたアイテムを手に入れてください。

総合栄養食のフード

総合栄養食のドッグフードも欠かせません。子犬を迎える時は、子犬用のドッグフードを準備してください。年齢に合わせたドッグフードを変えていく事で健康的な体を保ちやすくなります。どのようなドッグフードが良いのか迷った時は、かかりつけの医師に相談するのもおすすめ。毎日食べる物だからこそ犬によって良い栄養を含んだドッグフードにしてみてください。

ゲージ&ハウス・ベッド

犬と一緒に移動をするためのケージも最初に準備してください。また、飼い主が留守の時に犬を入れて置けるようにハウスも準備しましょう。ケージもハウスも犬の成長に合わせて新調する必要が出てくるので、少し大きめを買っておくと良いかもしれません。犬用のベッドも必要不可欠。大きいサイズの犬に成長する場合は、人間用の毛布などで代用するのもおすすめです。

32種類のテリアから合う犬を探そう

テリアには多くの種類があり、それぞれの魅力があるのが人気を集めている理由です。日本ではお馴染みのヨークシャーテリアやジャックラッセルテリアなどの小型犬の他にも中型犬から大型犬まで様々なサイズのテリアがいるので、お好みに合わせて選んでみてはいかがですか。個性豊かな人気の32種類は、世界中で愛されているのも納得の魅力が詰まっています。

テリアを飼う時はしつけをきちんと行い、運動をする時間を確保する事も大切。テリアと仲良く暮らす事ができるように、こうした事を意識した飼い方をしてみてください。テリアとの楽しい生活を満喫してみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-21 時点

新着一覧