犬はキャベツを食べる?加熱と生はどちらがいいのか与え方を紹介

犬に対するキャベツの与え方や栄養についてまとめました。犬はキャベツを食べる事がありますが、加熱での与え方と生での与え方のどちらが良いのか把握しておく事が大切。キャベツの栄養をきちんと犬が取り入れられる与え方をしましょう。

犬はキャベツを食べる?加熱と生はどちらがいいのか与え方を紹介

目次

  1. 犬にキャベツを与える時のポイントを解説
  2. 犬も満足!キャベツを食べるメリット
  3. キャベツの与え方と注意点
  4. キャベツを使った犬用レシピ
  5. キャベツ以外にも!犬におすすめの野菜
  6. 注意点を守ってキャベツを与えよう

犬にキャベツを与える時のポイントを解説

愛犬の健康を保つために大切になるのが毎日の食事の栄養バランスです。どのような食事をしているかによって犬の健康状態も変わってくるので、愛犬にはなるべく栄養豊富な食事を与えたいのが飼い主共通の思い。そんな愛犬の食事で取り入れると良いと言われているのがキャベツです。

本記事では、キャベツの栄養や犬への与え方などについてまとめました。犬にとってキャベツはどのような栄養効果を発揮してくれるのか把握しておけば、日々の食事に取り入れる事ができるようになります。生・加熱など、犬が食べるキャベツの与え方にもこだわって食事を作ってみてください。

キャベツは犬に与えてもOKな野菜

キャベツを犬に与える時に食べる事ができるのかという事です。人間は食べる事ができたとしても犬は食べる事ができないという食べ物も多いため、注意する事が大切。色々な野菜がある中でキャベツは、犬が食べる事ができる野菜です。犬が食べたとしても特に問題はありませんが、与え方を工夫する事も重要なポイント。犬に最適な与え方でキャベツを食べるようにしましょう。

犬も満足!キャベツを食べるメリット

色々な食べ物がある中で、キャベツを食べるメリットにはどのような物があるのでしょうか。キャベツには様々な栄養が含まれており、犬が食べるのに最適な野菜と言われています。メリットがあるからこそ、キャベツを普段の食事に取り入れる飼い主も増えているのも事実。愛犬にキャベツを与えるメリットについて詳しくチェックしていきましょう。

豊富な栄養を摂取できる

犬にキャベツを与えるメリットとして挙げられるのが豊富な栄養を摂取する事ができるという事です。キャベツには様々な栄養が含まれており、犬の健康を維持するのにも最適。多くの栄養が含まれているからこそ、手作りご飯にキャベツを入れる人も多いようです。

キャベツに含まれている栄養は、抗酸化作用の高いビタミンC、胃腸の粘膜を強化し消化吸収をサポートするビタミンU、骨作りに欠かせないカルシウムなど。また、キャベツには食物繊維も含まれているので便秘気味の犬の食事に取り入れるのもおすすめです。

馴染みのある野菜だからこそ栄養について知らない事が多いかもしれませんが、このようにキャベツには豊富な栄養が含まれています。特にビタミンCは老化防止効果を期待する事ができるので、いつまでも愛犬に元気でいてもらいたい時に最適。胃腸の粘膜を活性化してくれるビタミンUは、お腹が弱い犬にもおすすめの栄養素になります。

こうしたキャベツの栄養を活かす事ができる与え方をしていく事が大切。犬が食べやすいように工夫をしながら、キャベツの栄養を日々の食事に活用していきましょう。

食事をかさ増しできる

普段の食事にキャベツをプラスすると、かさ増しをする事ができるのも嬉しいポイントです。キャベツは低カロリーな野菜なので、普段の食事にプラスしてもカロリーを大きく左右する事はありません。食欲旺盛な犬の場合、決められた食事だと物足りず、ご飯を催促する事もあるのではないでしょうか。そんな時こそキャベツの出番です。

キャベツをトッピングするだけで、普段の食事よりもボリュームアップして犬の満足度も高まるはず。肥満傾向にある犬や、食欲旺盛な犬はこのようにキャベツを使って食事の量を調整してみましょう。犬のダイエットにもキャベツは役立ちそうです。

キャベツの与え方と注意点

栄養豊富で食事のかさ増しにも使う事ができるキャベツですが、犬に与える場合は与え方が大切になります。どのような与え方をすれば犬にとって食べやすくなるのかチェックして、食事に取り入れていきましょう。与え方が間違っていると、栄養豊富なキャベツだったとしても思ったような効果が出ない事があるので気をつけてください。

生ではなく加熱して与える

キャベツは、生ではなく加熱をして与えるのがおすすめ。生のキャベツをそのまま与えると、消化に負担をかける事があります。消化への負担を減らすためにフードプロセッサーなどで細かくしなければならず、生のキャベツを与えうのには手間がかかるのが問題。加熱したキャベツは消化吸収しやすく、犬の胃腸へ負担をかけづらいと言われています。

キャベツを加熱した後は、しっかりと冷ましてから犬に与えるようにしましょう。加熱したキャベツを食べやすい大きさに刻み、普段の食事にトッピングしてみてください。

メインの食事として与えるのはNG

とても栄養豊富なキャベツですが、キャベツのみをメインとして与えるのはNGです。キャベツだけだと栄養に偏りが出て、犬に必要な栄養を摂取する事ができません。普段の食事にかさ増しとしてキャベツをトッピングするのがおすすめ。食欲旺盛で普段の食事では足りない、という犬には加熱したキャベツをプラスして満足度を高めていきましょう。

加熱したキャベツをおやつとして与えるのも良いでしょう。食事と食事の間で犬がお腹を空かせているようなら、加熱したキャベツを与えてみてください。低カロリーなキャベツなら肥満の原因にはなりません。また、誕生日などの特別な日の犬用ご飯にキャベツを取り入れるのもおすすめです。このように工夫をしてキャベツを与えてみてください。

与える量に注意する

キャベツの食べ過ぎはお腹がゆるくなったりといった事が起きてしまいます。犬の体重に合わせて量を調整する事も大切。犬の体重が5kgなら35g、10kgなら60g、15kgは85gといった量が目安となります。自分の犬の体重はどのくらいかチェックして、与えるキャベツの量を調整していきましょう。適切な量を守っていれば、安心して犬にキャベツを与えられます。

甲状腺疾患を持つ犬には与えない

甲状腺疾患を持っている犬にはキャベツを与えないようにしましょう。キャベツには、ヨウ素の吸収を妨げる甲状腺腫誘発物質が含まれています。キャベツを与える事で甲状腺疾患が悪化する場合があるので気をつけてください。健康体であればキャベツを食べても大丈夫ですが、予防として海藻類を始めとしたヨウ素を含んだ食べ物を一緒にあげるのがおすすめです。

甲状腺疾患を持った犬は、キャベツだけでなく白菜や大根、ブロッコリー、小松菜といった野菜にも気をつけましょう。キャベツと同じようにヨウ素の吸収を妨げる可能性があります。一般的には栄養豊富と言われている野菜も特病を持った犬にとっては体に悪い事があるので、その点を意識して普段の食事を決めてみてください。

キャベツを使った犬用レシピ

続いて、キャベツを使った犬用レシピをチェックしていきましょう。特別な日などは、普段のドライフードではなくキャベツを使ったスペシャルフードにしてみるのもおすすめ。犬の食欲を刺激する美味しい料理を作ってみましょう。

お魚のロールキャベツ

キャベツは加熱しておきましょう。白身魚をミンチ状にし、加熱したキャベツで包みます。刻んだトマトをお湯の中に入れて加熱し、ロールキャベツを入れてください。中まで熱が通るように加熱をしたら完成です。

キャベツ以外の野菜もたっぷり玄米ご飯

キャベツ、ほうれん草、人参を食べやすいように細かくカットします。ささみも食べやすい大きさにカットしましょう。鍋にお湯を沸かしたら、野菜とささみを入れて加熱します。玄米も入れて加熱した後、冷ましたら完成です。

キャベツ以外にも!犬におすすめの野菜

キャベツ以外にも犬におすすめの野菜は色々あります。いつも同じ食事だと飽きてしまう事があるので、犬に最適な野菜を取り入れて変化をつけるのも良いかもしれません。犬が喜んでくれる美味しい野菜を食事に使ってみましょう。

食物繊維が豊富な「サツマイモ」

食物繊維が豊富なサツマイモは、便秘気味の犬におすすめです。加熱をした後、冷まして食事にトッピングしてみましょう。甘くて美味しいサツマイモは犬にとってもご馳走です。ただし、糖質が多いので与えすぎには注意してください。

抗酸化作用がある「カボチャ」

かぼちゃは、抗酸化作用があると言われているビタミンCやビタミンEを豊富に含む野菜です。また、犬に必要なビタミンAも多く含み、日々の健康を保つのに最適。かぼちゃも甘くて犬も食べやすいのが大きな魅力です。

ビタミンCが豊富な「ブロッコリー」

食物繊維とビタミンC豊富なブロッコリーもおすすめの野菜です。ビタミンCは抗酸化作用だけでなく免疫力アップ効果も期待できるのが特徴。ただし、ブロッコリーは与え過ぎると甲状腺機能が低下するので甲状腺疾患がある犬には与えないようにしましょう。

注意点を守ってキャベツを与えよう

キャベツは犬にとっても豊富な栄養を含んだ優秀な野菜です。与える時は生ではなく加熱するなど、基本的な注意点を守って与えるようにしてください。キャベツで美味しい食事を作って、犬に喜んでもらいましょう。

犬に関連した記事はこちら

Thumb愛犬がいちごを食べても大丈夫?安全な与え方や栄養素を解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbみかんは犬用のおやつにおすすめ!与える時の注意点や適量は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb犬の名前は和風がかわいい!名付け方のポイントは名字との組み合わせ? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-11 時点

新着一覧