勝間和代がパートナー解消を報告!原因は増原裕子に新しい相手が・・・

沢山の著作も多い勝間和代が交際していることを発表していたLGBT活動家の増原裕子とパートナー解消したことを発表しました。勝間和代と増原裕子の間に何があったのか、パートナー解消のその原因や理由についてまとめていきます。また、2人のプロフィールも見ていきましょう。

勝間和代がパートナー解消を報告!原因は増原裕子に新しい相手が・・・

目次

  1. 勝間和代が増原裕子とパートナー解消!原因やLGBTについて調査
  2. 著述家で評論家!勝間和代の経歴
  3. パートナー解消となった勝間和代のお相手・増原裕子とは?
  4. LGBTと勝間和代と増原裕子のパートナー解消とは?
  5. 勝間和代と増原裕子がパートナー解消となったその原因は?
  6. 今後の勝間和代の活躍をチェックしていこう

勝間和代が増原裕子とパートナー解消!原因やLGBTについて調査

増原裕子と勝間和代のプロフィールから経歴をチェック!

評論家やプロ雀士としての顔を持ち、著述家としても活動している勝間和代が、両性愛者の増原裕子とパートナー宣言をし同棲していることを公表したのが2018年5月28日の事でした。LGBTという性的少数者(セクシャルマイノリティ) についての認識は、現代社会でも徐々に認識も広まってきていますが、そのLGBT活動家だった増原裕子との関係は、話題性があり注目されていました。

勝間和代自身がLGBTという発表も驚きだったかもしれませんが、相手が増原裕子だったから同棲していたということのようでした。勝間和代の発表時、仲の良さも伝わってきていた2人のパートナー解消に、勝間和代と増原裕子それぞれがコメントを発表しています。また、人生を共にすると決めた増原裕子とのパートナー解消に、勝間和代は相当落ち込んでいるようです。

勝間和代のパートナー解消の理由については、増原裕子の心変わりと言うことのようですが、そうなる前兆はあったのか、また何がパートナー解消につながってしまったのかまとめていきます。そして、LGBTとは一体どういうものなのかについても見ていきましょう。まずは勝間和代のプロフィールや経歴を見て行きながら、後半には増原裕子について、そして2人が離れた原因についてまとめます。

勝間和代のプロフィール

愛称:???
本名:勝間和代(かつまかずよ)
生年月日:1968年12月14日
現在年齢:50歳(2019年11月現在)
出身地:東京都葛飾区
血液型:B型
身長:158㎝
体重:50Kg
活動内容:著述家、評論家、プロ雀士、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授、株式会社監査と分析(取締役)
所属グループ:???
事務所:???
家族構成:姉2人、兄、3人の娘

著述家で評論家!勝間和代の経歴

LGBTと公表し同棲報告に話題だった勝間和代

勝間和代(かつまかずよ)のプロフィールについては簡単にまとめましたが、ここからは経歴についてや人物像も見ていきましょう。勝間勝代は1968年12月14日に東京都で生まれ育ちました。2019年11月現在は50歳です。勝間和代は、著述家や評論家としては有名かもしれませんが、プロの雀士でもあります。また、株式会社監査と分析では取締役をしています。

11歳年上と10歳年上の姉と、勝間和代の8歳年上に兄がいる4人姉兄の中で育った勝間和代は、実家は町工場でした。そして、葛飾区立住吉小学校を卒業後、慶應義塾中等部と慶應義塾女子高等学校を卒業したのち、慶應義塾大学の商学部に入学し卒業しました。また、勝間和代は早稲田大学の大学院へ進み、ファイナンス研究科で専門職の学位課程を修了し、ファイナンス修士を取得しています。

勝間和代は、19歳の時には公認会計士の2次試験に合格し、当時の最年少記録出会ったり、23歳の時には公認会計士として認定されるの試験に合格したけいけんがあります。また、勝間和代は最初からLGBTだと認識していたわけでないようで、大学在学中には出産をしていて現在も3人の娘の母親です。そして、2015年には、麻雀のプロ試験に合格しており、プロの雀士でもあります。

ITや政治の世界にも通じている勝間和代

勝間和代の経歴に関しては、太田昭和監査法人での会計士補から始まり、アーサー・アンダーセンでの会計士やシステムコンサルタント、ケミカル銀行(現在のJPモルガン・チェース)での金利トレーダーやリサーチャー、そしてマッキンゼーの経営コンサルタントなどそうそうたるものです。そして、現在は中央大学大学院戦略経営研究科では客員教授もしています。

内閣府では男女共同参画会議議員の経験もあったりしますが、勝間和代のインスタグラムなどを見ていくと、猫好きであったり、料理の腕前も凄く、同棲していた時の増原裕子もその食事に感謝をしていたと言うコメントを残しているほどです。頭がいいだけでなく、料理も凄腕ということです。それでは次からは、勝間和代とパートナー解消した増原裕子についても見ていきましょう。

Thumb増原裕子と勝間和代が交際!元パートナーとの離婚理由や彼女の経歴は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

パートナー解消となった勝間和代のお相手・増原裕子とは?

同性パートナー証明書の取得第1号だったLGBT活動家の増原裕子

勝間和代とパートナー解消となった増原裕子ですが、その名を聞いてディズニーリゾートでの同性挙式を思い出す人もいるかもしれません。増原裕子は、2013年に元タカラジェンヌの東小雪と同姓結婚式を挙げた人物です。そして、2015年4月に施行された東京都渋谷区での「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」て発行される「パートナーシップ証明書」の第1号でした。

「パートナーシップ証明書」で、晴れてLGBTの人でも、交際相手とパートナーとしての証明をして、幸せいっぱいの2人でしたが、東小雪とも2017年にパートナー解消となって話題となりました。何かとお騒がせとも言える増原裕子ですが、2018年の5月には勝間和代との交際を両者それぞれのSNSなどを通して公表し注目となっていたのも記憶に新しいかもしれません。

ディズニーでの同性挙式に力を注いでいましたが、勝間和代と増原裕子のディズニーでの挙式はありませんでした。そんな増原裕子は、今年の7月に参院選に立憲民主党京都選挙区で立候補しており、結果落選してしまっていました。この間のサポートも勝間和代はしていたようですが、多忙を極めていた増原裕子に余裕が無かったためか、2人の間にはすれ違いが起きていたといいます。

LGBT活動家・増原裕子のプロフィール

愛称:???
本名:増原裕子(ますはらひろこ)
生年月日:1977年12月27日
現在年齢:41歳(2019年11月現在)
出身地:神奈川県横浜市
血液型:???
身長:???
体重:???
活動内容:LGBT活動家、社会起業家、文筆家、経営コンサルタント
所属グループ:立憲民主党
事務所:???
家族構成:???

LGBTと勝間和代と増原裕子のパートナー解消とは?

勝間和代のプロフィールから経歴、そして増原裕子のプロフィールもまとめてきましたが、ここでは、勝間和代とパートナー解消とはどういうことか、そしてLGBTについて知っていきましょう。2人がをて「パートナーシップ証明書」を取得していたかはわかりませんが、基本的にこの証明書において結婚や離婚という認識はありません。ですので戸籍上の問題は何も変わりません。

そもそもLGBTとはどんな人のことを指す?

そして、近年良く聞くようになった「LGBT(エルジービーティー)」とは、セクシャルマイノリティーという性的少数者の事を指しているのですが、その英字の頭文字を取った造語です。レズビアン(Lesbian)は女性同性愛者、ゲイ(Gay)は男性同性愛者、バイセクシャル(Bisexual)は両性愛者、そしてトランスジェンダー(Transgende)は、性別越境者の事を言います。

性的少数者と言われるLGBTの人たちを表すカラーもあり、その特性を表すのにぴったりな虹色(レインボー)となっています。一言にLGBTと言っても様々あり、生まれた時の身体の性から心が認識している性、そして好きになる相手の性と、さらに分かれていきます。さらにLGBTだけでは語れない無性愛者や非性愛者、そして異性の洋服を好む人など、本当に様々な人がいます。

また、こうした性的指向は思春期の時期に多くの人が気づくものではありますが、日本は特に周りと足並みをそろえて教育されてきたり、飛び抜けたり変わっていると叩かれるという習性があるため、気づいていてもカミングアウトできず、親元を離れてから実感したり、後天的に変化して気づくという人もいます。それでは、続いてはパートナー解消した原因についてまとめていきます。

勝間和代と増原裕子がパートナー解消となったその原因は?

過去にもパートナー解消していた増原裕子

11月6日の夜、ひろこさんから好きな人が他にできたので、その人と付き合いたいので、私とのパートナーシップを解消したいという申し出を受け、悩みましたが、修復は不可能と考え、その申し出を受諾することにしました。本当に悲しいです。まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません。

11月11日にそれぞれのSNSに、パートナー解消したことを投稿した勝間和代と増原裕子ですが、この上の引用は勝間和代のものです。原因は亜k妻和代では無く増原裕子の方にあるようで、選挙活動中に気になる人ができ、その人と人生を共にしたいという気持ちになったことから別れを切り出したようです。そして、薄々違和感を感じていた勝間和代は、悩んだ末に受諾したようです。

【プライベートなご報告:勝間さんとお別れしました】月曜朝からプライベートなことで恐縮ですが、おつきあいしていた勝間和代さんとお別れしました。原因は私にあります。夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました。

最初のパートナーであった東小雪ともパートナー解消していた増原裕子ですが、ネット上のニュースでは猫のように気まぐれな人だという書き方をしている人もいました。同性同士だけでなく、心変わりがあるのは仕方ないことですが、それでも勝間和代の傷心はしばらく続きそうです。落ち込んで話す気力もないという勝間和代の今後がどうなるのか心配の声もあります。

今後の勝間和代の活躍をチェックしていこう

勝間和代と増原裕子のパートナー解消についてまとめてきました。その原因は増原裕子の心変わりで、好きな人が他にできたからということでした。LGBT公言から約1年という期間で別れることになった2人ですが、今後はあまり公言しない方がいいとの見解もあるようです。傷心で落ち込んでいるというの勝間和代を見守りながら、その活動も応援して行きましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧