マルプーは成犬時のサイズや見た目は?価格相場や飼い方を解説

成犬になったマルプーの大きさの特徴や飼い方、性格についてまとめました。賢い成犬になると言われているマルプーは、性格に合わせた飼い方をする事も大切になります。マルプーの大きさなどの特徴をチェックして、賢い成犬になるような飼い方をしましょう。

マルプーは成犬時のサイズや見た目は?価格相場や飼い方を解説

目次

  1. マルプーについて徹底解説
  2. マルプーの基本情報
  3. マルプーの成犬時の見た目
  4. マルプーの飼い方のポイント
  5. マルプーを冬室内で飼う注意点
  6. 賢いマルプーと生活しよう

マルプーについて徹底解説

クリクリと可愛らしい瞳や飼うのにちょうど良い大きさから人気を集めているマルプー。TwitterやInstagramなどのSNSでもマルプーは高い人気を集め、「マルプーを飼ってみたい」と思っている方も多いのではないでしょうか。マルプーを飼いたいと思っている場合は、成犬になった時の大きさや性格、飼い方など基本的な情報を把握しておく事が大切になります。

本記事では、成犬になったマルプーの特徴や大きさ、飼い方といった総合的な情報についてまとめました。子犬の時も可愛いマルプーですが成犬になるとどのような雰囲気に成長するのかも要チェックです。賢い性格と言われているマルプーの飼い方も学んで、マルプーとの楽しい時間を満喫していきましょう。

マルチーズとトイプードルとのミックス

そもそも、マルプーとはマルチーズとトイプードルを掛け合わせたミックス犬です。マルプーという純血種がいるのではないので混同しないようにしましょう。近年はトイプードルと他の犬種を掛け合わせたミックス犬が人気を集めており、マルプーのそのうちの1つです。

他にはチワワとトイプードルのチワプーやダックスフンドとトイプードルのダップーなど様々なトイプードル系のミックス犬がいます。いずれのミックス犬も可愛い事で人気を集め、SNSでも注目されています。人気の犬種を掛け合わせているからこそ、多くの人が惹きつけられる愛らしいミックス犬が誕生していると考えられるのではないでしょうか。

マルチーズとトイプードルと掛け合わせたマルプーも例外ではなく、ミックス犬の中でも特に高い人気となっています。マルチーズとトイプードルはどちらも人気の犬種であり、それらの良い所を兼ね備えたマルプーだからこそ、多くの魅力を持ったミックス犬になったのかもしれません。犬を飼う事を検討している場合は、マルプーも選択肢に入れてみませんか?

マルプーは子犬の時はもちろんの事、成犬になってからも可愛く飼いやすいと評判です。初心者でも飼いやすいと言われているマルプーとの生活を楽しんでみましょう。基本的な飼い方やマルプーの特徴を押さえておけば、大切に育てる事ができます。

Thumbマルプーのヘアカット15選!バリカンを使った短めスタイルがおすすめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

マルプーの基本情報

まずは、マルプーの基本情報からチェックしていきましょう。マルプーの性格の特徴や成犬になった時の毛色、寿命など基本的な情報を把握しておく事でマルプーに最適な飼い方が見えてきます。

犬を飼う時には、どのような性格であるか特徴を知る事はとても大切。性格に合わない飼い方だとストレスになってしまうので、マルプーに関してもそうならないように基本情報を学んでみてください。

性格の特徴

マルプーの性格は、マルチーズとトイプードルの良い所を受け継いでいると言われています。マルチーズもトイプードルも人間に対してフレンドリーで社交的、とても飼いやすい性格である事で有名。また賢い性格なのでしつけもしやすいとされています。マルプーも賢い性格である事が多く、そういった点でもマルプーは高い人気を集めています。

マルプーの性格を更に深く知る上で大切になるのが毛色。犬は毛色によって性格の特徴が変わってくると言われています。マルプーはマルチーズとトイプードルの遺伝子を受け継ぎ、様々な毛色があるのが特徴。アプリコットやブラックといった毛色に合わせて性格もチェックしておくとマルプーについて分かりやすくなります。

マルプーの中で最も飼いやすいと言われているのがブラックの毛色です。ブラックのマルプーは賢いのに加えて温厚な性格で、穏やかな気質を持っています。大人しく無駄吠えが少ないのも魅力。アプリコットやレッドといった人気の毛色のマルプーは活発で明るい性格が良い所ですが、家族以外の人に対しては内弁慶になりがちです。

ホワイトのマルプーは甘えん坊な性格で知られています。家族以外の人にも愛嬌を振りまく事が多く、みんなのアイドルとして愛される存在になるでしょう。賢い性格でもあり、しつけがしやすいとも言われています。このようにマルプーは毛色によって性格が変わってきます。どういった性格なら飼いやすいのかも考えながら選んでみてください。

成犬になると毛色が変わることも

毛色によって性格が変わると言われているマルプーですが、実は子犬の時と成犬になってからでは毛色が変わる場合があります。子犬の時はレッドの毛色だったとしても根元がクリーム色だったら成犬になるにつれてクリーム色のマルプーになる場合もあるので、成犬になるまでマルプーの本当の毛色は分かりません。

そのため、子犬の時に成犬になってからのマルプーの性格を推測するのは難しいと考えられます。また、「この色のマルプーが良い」と思っていたとしても、成犬になるにつれて毛色が変わる可能性がある事も念頭に入れておきましょう。

どのような毛色の成犬になるにせよ、マルプーが大切な家族の一員である事には変わりありません。飼い方によって性格が変わる事がありますし、どのような毛色でも可愛いと感じるのが飼い主としては当たり前の事です。

成犬になって毛色が変わっただけでガッカリしてしまうような方だとマルプーを飼うのは難しいと考えられます。毛色が変わっても大切な家族として育てていきましょう。

平均寿命

マルプーの平均寿命は12歳〜15歳程度と言われています。一般的な犬の平均寿命と同じくらいであり、飼い方によっては成犬になってから平均よりも長生きするマルプーはたくさんいるでしょう。日々の生活に気をつけ、適度な運動・栄養バランスの取れた食事を与えていけば健康的に長生きする事ができるようになります。

最近は動物病院の医療も発達してきているので、病気になったとしても早期発見・治療によって元気になる事は可能。毎日のケアの中で何かしらの異変を感じたらすぐに病院へ連れて行って診てもらいましょう。

マルプーは親であるマルチーズやトイプードルといった純血種よりも遺伝性の病気が少ないと言われています。ミックス犬は一般的に病気に強く、体も丈夫である事が多いのが魅力。丁寧に育てていれば年齢を重ねていっても元気でいてくれる事が多くなります。ただし、マルチーズやトイプードルがかかりやすいと言われている病気には気をつけておきましょう。

平均価格

続いて、マルプーの平均価格についてチェックしていきましょう。最近はミックス犬も人気を集めるようになり、ペットショップでもマルプーの姿を見る事ができるようになりました。マルプーの平均的な価格は15万円程度であると言われています。ちなみにマルチーズの平均相場は10万円〜25万円、トイプードルは20万円〜35万円。

マルプーの価格は、毛色や顔立ち、年齢など様々なポイントによって変わっていきます。アプリコットやレッドといった人気の毛色なら高くなりますし、年齢が高くなり成犬に近づけば安くなるでしょう。親になったトイプードルやマルチーズがドッグコンテストなどで優秀な成績をおさめていれば、価格はグッと上がります。こうした要素も加味して値段をチェックしてみてください。

マルプーの成犬時の見た目

子犬の時はとても可愛らしいマルプーですが「成犬になったらどうなるのだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。犬の中には子犬の時と成犬になった時とのギャップが大きい場合もあります。マルプーを飼う時は成犬になった場合の見た目についてもチェックしておくと安心です。成犬になったマルプーの特徴についてご紹介します。

成犬の大きさ

マルプーはトイプードルとマルチーズの遺伝子を受け継いでいるので、成犬になったからといって急に大きさが変わる訳ではありません。犬の中には成犬になると大きさがとても変わってくる場合もありますが、マルプーは小型犬の一種なので成犬になった後も子犬のような可愛らしい大きさを保ちます。体重は平均2〜3kg、体高は20〜30cm程度です。

成犬時の見た目

成犬になっても可愛らしい大きさを保つマルプーは、顔立ちも子犬のように愛らしい場合がほとんどです。トイプードル寄りになるか、マルチーズ寄りになるかは成犬になってみないと分かりませんが、共通しているのがアーモンドのようなつぶらな瞳。丸くい鼻もキュートです。体つきは華奢ですが適度に筋肉がつき、女性でも飼いやすい犬種になります。

毛質に関しても、マルチーズの特徴を受け継ぐか、トイプードルの特徴を受け継ぐかは成犬になってみないと分かりません。マルチーズの特徴を受け継いだ場合は艶やかなストレートヘアのような毛質になります。トイプードルの特徴を受け継いでいるマルプーはカーリーヘアに。成長によって変わっていく姿を見られるのもマルプーの魅力です。

マルプーの飼い方のポイント

適度な大きさかつ賢い生活で知られているマルプーは飼いやすい犬として人気を集めています。そんなマルプーの飼い方のポイントについてチェックしていきましょう。飼いやすい犬種だったとしても、日頃の飼い方が悪いと思ったように成長してくれません。きちんと管理を行い、マルプーが健康的に育つ事ができるようにしましょう。

成犬でトリミングは1~2か月に1回

成犬になったマルプーのトリミングは月に1〜2回行いましょう。マルプーは毛が伸びるのが早いので、定期的にカットをしないと毛が絡まるなどの異変が出てきてしまいます。マルチーズとトイプードル、どちらの毛質を受け継ぐかによってトリミング方法も変わってきますが、色々なトリミングを楽しめるのもマルプーの魅力です。

成犬でシャンプーは月に1~2回

成犬のマルプーのシャンプーは月に1〜2回行いましょう。シャンプーをきちんと行う事で皮膚を清潔に保ち、毛質の良さもキープする事ができます。シャンプーを怠っていると皮膚病などのリスクも高まるので、マルプーに合ったシャンプーを使って洗ってあげてください。

ブラッシングは毎日

マルプーのブラッシングは毎日行いましょう。特にカーリーヘアのマルプーの場合はブラッシングをしていないとすぐに毛玉ができてしまいます。春と秋の換毛期は抜け毛が多くなるので、よりブラッシングを意識して行なってください。

過保護にならない

賢い性格のマルプーはしつけしやすいですが、可愛らしさゆえに過保護になりがちです。過保護にし過ぎる事で調子に乗ってわがままになってしまうので気をつけましょう。また、過保護によって神経質かつ他の人に対して非社交的な性格になる可能性もあります。賢いマルプーだからこそ、しつけをする時はきちんとしつけをして、良い子に育てる事が大切です。

マルプーを冬室内で飼う注意点

マルプーを飼う時に気をつけておきたいのが冬です。冬の体調管理をきちんと行なっていないとマルプーの体調不良に繋がってしまうかもしれません。快適にマルプーが過ごせるように注意していきましょう。

寒さに弱いので寒さ対策が必要

マルプーは、寒さに弱い犬種として知られています。室内で飼っている場合も気温が低くなると体調が悪くなるきっかけを作る可能性があるかもしれません。寒さ対策をして、暖かい環境を作ってあげましょう。

もし、飼い主が出かけていたとしてもマルプーのために暖房をつけておいてあげるなど、寒さ対策は1日を通して行なってあげてください。飼い主がいないからといって寒さ対策を怠っていると、知らない間に寒さによって体が弱まってしまうかもしれません。

オススメの寒さ対策

寒さ対策としておすすめなのがエアコンです。エアコンを使って、常に暖かい気温を保つようにしましょう。エアコンであれば付けっ放しにしても安心なので、飼い主がいない間の温度管理にも役立ててください。

次におすすめしたいのがホットカーペットです。最近はペット用のホットカーペット用品も出てきており、マルプーのために取り入れるのも良いかもしれません。体をじっくりと温めて寒さからマルプーを守ってくれます。

なるべく火を使わない

なるべく火を使わないようにする事も大切。火がつくタイプのストーブをつけていると、暖かさに誘われてマルプーはストーブに密着する事が多くなります。密着する事でいつの間にか火傷をしてしまう場合があるので注意しましょう。

また、火を使う暖房器具は毛が焦げる可能性もあります。温まっているうちに毛が焦げてしまっては大変。火を使う暖房は避けて、火を使わずに暖まる事ができる暖房器具を使うようにしてください。

空気の乾燥に気をつける

冬は湿度が低くなり、室内も乾燥しがちです。室内が乾燥するとウイルスなどが繁殖して体調不良の原因にもなってしまいます。湿度もきちんと管理して、マルプーが過ごしやすいようにすると安心ではないでしょうか。

快適な湿度の目安は40%〜60%になります。湿度が低くなっている時は加湿器などで対応しましょう。加湿器付きの空気清浄機であれば、同時に犬の匂い対策もする事ができます。お好みに合わせて選んでみてください。

賢いマルプーと生活しよう

適度な大きさで飼いやすいマルプーはとても人気の犬種です。賢い性格なのでしつけもしやすく、家族の良いパートナーとなってくれるでしょう。マルプーに合わせた飼い方をして、犬との生活を楽しんでみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-08-04 時点

新着一覧