桂三金さんが死去。突然亡くなった死因は?嫁・雅子さんと2013年に結婚

桂三金といえば、落語家として有名な人物です。そんな桂三金が、先日死去したと報道がありました。死去に至った死因とはどのようなものだったのでしょう。嫁・雅子や桂三金自身のプロフィールなどと共に、桂三金の死去報道について詳しくご紹介します。

桂三金さんが死去。突然亡くなった死因は?嫁・雅子さんと2013年に結婚

目次

  1. 桂三金に死去報道…プロフィールは?
  2. 桂三金が死去…死去が明かされた経緯や死去した日は?
  3. 桂三金の死因はなんだった?
  4. 桂三金の嫁は「雅子」で一般人?
  5. 桂三金の冥福を祈ろう

桂三金に死去報道…プロフィールは?

桂三金という人物をご存知でしょうか。舞台出演も多い、落語家として有名な人物です。そんな落語家・桂三金が、先日死去したと報道されました。まだ死去するには若すぎる年齢と言える桂三金ですが、その死因は一体どのようなものだったのでしょう。

また、桂三金が結婚した嫁・雅子という人物についても気になる人は多いのではないでしょうか。そんな桂三金について、死因や嫁の情報もご紹介します。まずは桂三金のプロフィールから見ていきましょう。

桂三金のプロフィール

・愛称:???
・本名:奥野武志
・生年月日:1971年1月6日
・現在年齢:48歳
・出身地:大阪府東大阪市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:落語家
・所属グループ:???
・事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
・家族構成:妻

桂三金の経歴

上記プロフィールでご紹介した通り、現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し、落語家として活躍していた桂三金ですが、大学卒業後には八光信用金庫に就職していた経歴を持つ人物でもあります。また、八光信用金庫で勤務している際にも業務の一環として落語に関わっていたほどの落語好きだったそうです。

そんな落語好きが極まり、最終的には夢を捨てきれず八光信用金庫を自主退職し、1994年に桂三枝に入門することとなりました。そんな桂三金の芸名である「三金」は、金融機関で働いていたことに由来しているのだそうです。

そんな桂三金は、2013年には自身の母校である関西大学人間健康学部で非常勤講師として「ユーモアコミュニケーション論」について教鞭をふるったこともあり、2019年にも関西大学校友会では「笑いは心のゆとりから」をテーマに講演も行った経歴の持ち主です。

桂三金が死去…死去が明かされた経緯や死去した日は?

落語が大好きであると同時に、幅広い分野で活躍した桂三金ですが、先日死去が報道されてしまいました。そんな桂三金が亡くなったのは、具体的にはいつ頃のことだったのでしょう。また、どのようにして公表されたのでしょうか。死去報道に至った経緯について、公表した人物のプロフィールと共に触れていきます。

桂三金の死去は同期のブログにて明かされた

桂三金の死去が公表されたのは、桂三金の同期である桂米紫2019年11月10日に更新・投稿したブログとTwitterによってでした。現在ブログは削除されていますが、このブログによって桂三金の死去は多くの人に知られることとなったようです。

また、桂三金の師匠である桂文枝は桂三金の名前を出すことはありませんでしたが、2019年11月10日に、「昨日は大変な日でした」「落ち着かなければいけないのと」「慌てふためいたのと」といった内容でブログを更新しています。

桂三金の同期・桂米紫のプロフィール

・愛称:???
・本名:林嘉晃
・生年月日:1974年3月20日
・現在年齢:45歳
・出身地:京都府京都市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:落語家
・所属グループ:???
・事務所:米朝事務所
・家族構成:???

桂三金が死去したのはいつ?

桂米紫が公表していた情報によれば、桂三金が死去したのは2019年11月9日21時30分頃とのことであり、前日まで一緒に仕事をし、馬鹿な話題もしていたとのことでした。そんな楽しい雰囲気から一転、翌日朝に倒れたことで病院へ搬送され、そのまま息を引き取ったそうです。

桂三金は死去する当日の2019年11月9日の午前3時にはブログを更新していたとの情報もあるため、亡くなる直前までは本当に元気だったことが窺えます。これほど突然の死ということもあり、ファンや関係者、家族は全く心の準備をする暇が無かったのではないでしょうか。桂三金の死に驚き、悲しんだことでしょう。

桂三金の死因はなんだった?

このように突如として死去が報道され、驚く人も少なくなかった桂三金の死去ですが、桂三金を襲った不運とは一体なんだったのでしょう。次は、最も気になるであろう桂三金の死因について見ていきましょう。また、先日行われた桂三金の告別式についても併せてご紹介していきます。

桂三金の死因は「脳幹出血」

死去報道の少し後になって、桂三金の死因についても報道されることとなりました。数時間前まで元気でブログを更新していた桂三金の死因ということもあり、気になっている人は少なくなかったことでしょう。桂三金の死因は「脳幹出血」という病気によるものだったようです。

桂三金の死因となった「脳幹出血」とはどんな病気?

桂三金の死因となった「脳幹出血」とは、名前からも連想できる通り、脳で出血が起きる病気のことです。正確には脳の血管が切れることで脳内に血液が流れ込み、血が固まることで(血腫)脳を圧迫し、傷つけると言われています。

この「脳幹出血」の主な原因は高血圧や「動脈硬化」であるため、患者の多くは肥満である場合が多いのだそうです。お酒やたばこは嗜むことが無かったものの、桂三金は上方落語界で最重量と言われる存在であったことから、肥満が直接の原因となったと言われています。

告別式はいつ?師匠の桂文枝が号泣する姿も…【プロフィール】

そんな桂三金の告別式が営まれたのは、2019年11月13日のことでした。場所は大阪の斎場で営まれ、弔辞は師匠である桂文枝が務めたそうです。

・愛称:???
・本名:河村静也
・生年月日:1943年7月16日
・現在年齢:76歳
・出身地:大阪府堺市
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:落語家
・所属グループ:???
・事務所:吉本興業
・家族構成:???

そんな桂文枝が呼んだ弔辞の中には、「三金帰ってきてくれ。おまえがおらんと寂しいねん。」という言葉と共に号泣する姿も見られたとのことです。また同時に、「僕を師匠に選んでくれてありがとう。」とも口にし、「三金のアホ」と涙に言葉を詰まらせながら挨拶を締めくくりました。

桂三金の嫁は「雅子」で一般人?

師匠である桂文枝の弔辞からも、周囲の人に愛されていた様子が窺える桂三金ですが、そんな桂三金にはすでに嫁がいたことも有名な話です。また嫁の名前が「雅子」であるという情報までネット上で知られています。そんな桂三金の嫁・雅子や二人の馴れ初めなどについて、最後にご紹介していきます。

桂三金の嫁は一般人?雅子という名が知られている理由は?

桂三金の嫁は一般人であるため、あまり多くの情報は公開されていません。しかし、2019年8月19日には桂三金と共に「痛快!明石家電視台」に出演しており、その際、座席の下に名前が記載されていたことから、「雅子」という名前のみが知られることとなったようです。

この番組出演も、桂三金が亡くなるつい3か月前のことであり、当然嫁も桂三金の死去を予想していなかったことでしょう。この時出演した番組のテーマは「実際どうなん!?落語家夫妻」であり、「衝撃的な出会いで結ばれた夫婦」他6組と共に出演していました。

嫁・雅子と結婚したのは約6年前

上記で紹介した番組内で、桂三期は嫁との出会いについて語っています。二人の出会いは、嫁である雅子夫人が桂三金のファンだったことから始まったそうです。ファンであったために桂三金に対し、優しくしてくれる嫁・雅子夫人に対し、桂三金が勘違いをしてしまったことから交際、結婚に発展することとなりました。

そんな二人が入籍したのは2013年10月であり、大阪天満宮で結婚式を挙げたとも語っています。また、そんな二人の結婚報告は半年ほど遅れた2014年4月17日ごろだったそうで、式を挙げたのが報告の前日である2014年4月16日だったのだことから、少し遅れての報告となったようです。

また、正式には語られていませんが、2015年10月14日に「結婚2周年」とブログを更新していたことから、入籍した詳細な日付は2013年10月14日ではないかと言われています。そんな二人には、公表された情報ではありませんが、ブログなどで全く触れられることがないことから、おそらく子供はいないとされているようです。

桂三金の冥福を祈ろう

先日死去報道のあった桂三金について、死因や亡くなった日、また嫁の情報についてもご紹介してきました。前述の通り、亡くなる当日の早朝まで元気にブログを更新していたため、おそらく周囲にいた大多数の人は、この日桂三金が亡くなるとは考えていなかったことでしょう。

師匠の弔辞からも分かる通り、周囲から愛されていた人物だからこそ、突然の死を受け入れるのに時間が掛かる人は多いのではないでしょうか。そんな桂三金の冥福を祈りつつ、今後の一門の活躍に注目しましょう。

関連する記事はこちら

Thumb立川談志の名言集!天才落語家が遺した人生や酒の名言とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb落語家立川談志の弟子は何人いる?後継者となるのは志の輔?談春? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-15 時点

新着一覧