正月を英語で説明するには?大晦日や新年の表現と例文を紹介!

新年を迎える正月はとてもおめでたいイベントですが、お正月を英語で説明するにはどのように表現すれば良いのでしょうか。年末年始の風物詩には日本固有のものも多く、外国人に説明するのはとても難しいものです。ここでは正月を英語で伝えるための、表現をご紹介します。

正月を英語で説明するには?大晦日や新年の表現と例文を紹介!

目次

  1. 正月を英語で伝えよう!例文も紹介!
  2. 正月関連の英語表現を押さえよう【年末】
  3. 正月関連の英語表現を押さえよう【年始】
  4. 正月を英語で説明する文を考えよう
  5. 正月を英語で説明するときのポイント
  6. 英語で伝えたい日本独自の文化
  7. 英語で正月を紹介できるようになろう

正月を英語で伝えよう!例文も紹介!

今年も残りわずか。もうすぐ、楽しいお正月がやってきます。今年の年末年始は、どのようにして過ごしますか?年末年始を海外で過ごすという人も、最近では増えているようです。そこで今回は、お正月を英語で伝えるための挨拶や表現を例文を交えながらご紹介します。きちんと覚えて、英語でお正月を表現できるようになりましょう。

海外で説明できるようにしておこう

年末年始を海外で過ごす予定の人は特に、外国人に日本のお正月のことを聞かれる機会も多いでしょう。そんな時、しっかりと英語で説明できますか?今回は海外で日本のお正月について聞かれたときにしっかりこたえられるよう、お正月や大晦日に関連するイベントや風物詩を英語で表現できるように例文をご紹介します。

Thumb正月といえば何を思い浮かべる?食べ物や遊びなどの風習から過ごし方まで! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

正月関連の英語表現を押さえよう【年末】

それでは早速、お正月関連の英語表現を押さえていきます。まずは年末に関する英語の表現です。海外の人と年末の過ごし方の話になった時に、役立つ表現です。日本人なら普通に使う、年末の挨拶や大晦日のイベント、大晦日の風物詩である紅白歌合戦や除夜の鐘など、外国人に日本の年末年始を説明する時に役立つ単語やフレーズを集めました。

年末の挨拶

まずは年末の定番の挨拶である、「良いお年を」を英語で表現する方法です。これは「Have a happy new year!やEnjoy the holidays!」と表現されることが多いようです。英語でも年末に普通に使われる挨拶になります。

帰省する

続いては、「帰省する」という時の表現です。お正月には実家や地元に帰省するという人も多いと思いますが、帰省するを表現する英語は「go back to one’s hometown」です。直訳するとホームタウンに戻る、という意味になります。お正月の予定を聞かれたときに使える表現です。

大晦日

一年の終わりの日である12月31日のことを日本では「大晦日」と言いますが、英語ではどのように表現するのでしょうか。大晦日を英語で言うと、「New Year’s Eve」となります。eveには前夜という意味がありますので、この表現では新年の前夜という意味となります。

大掃除

日本では年末が近づくと家や部屋に感謝の気持ちを込めて「大掃除」を行いますが、これは日本ならではの風習なのだそうです。本来は大晦日の日に行うようですが、ほとんどの方はそれより前の日程に行っていることでしょう。大掃除は英語では「A major house cleaning」と表現します。ちなみに、アメリカでは春先に大掃除を行います。

年越しそば

大晦日の夜には「年越しそば」を食べる習慣がありますが、これはどのように英語で表現するのでしょうか。年越しそばは簡単に英語に直すと「Year crossing soba」になります。海外にはそもそも年越しそばという文化がないため、もし年越しそばを英語で表現するなら、年越しそばの持つ意味も一緒に説明した方が分かりやすいでしょう。

除夜の鐘

大晦日、年越しを迎えるにあたってお寺で鳴らされる「除夜の鐘」は年末の風物詩の一つです。除夜の鐘は大晦日の夜から始まり、新年を迎える時間を挟んで108回鳴らされる鐘のことで、108という数字には煩悩の数という意味が含まれています。英語では「Nightlight bell」と表現されます。

紅白歌合戦

大晦日の夜と言えば、自宅で「紅白歌合戦」を見るという人も多いでしょう。紅白歌合戦は簡単に英語で表現するのは難しく、歌のパフォーマンスを競う大晦日のテレビ番組という説明をする必要があるでしょう。具体的には、「Year-end Song Festival」と表現し、説明として「Music performance competition between male and female singers」と付け加えましょう。

年末年始

大晦日とお正月をまとめて「年末年始」と呼びますが、年末年始を英語で表現するとどのようになるのでしょうか。年末年始は、「New Year holidays」と表現されます。休暇という意味を含まず別の表現で「the end and beginning of the year」ということも出来ますが、これは一年の終わりと始まりという意味になります。

正月関連の英語表現を押さえよう【年始】

続いては年始に関連する、英語の表現をご紹介します。年が明けて新年を迎えると初日の出を見たり初詣に出かけたり、おせちやお雑煮を食べたり、子供たちはお年玉をもらったりと沢山のお正月イベントが目白押しです。これらの年始に関するイベントや風物詩を英語でどのように説明するのか、代表的なものをピックアップしました。

新年

まずは「新年」について、英語で何というのかご紹介します。新年は「new year」です。新年を迎えれば日本人なら、明けましておめでとうございますと挨拶をします。この挨拶は英語で表現すると、「Happy New Year」になります。これはよく使われる表現ですが「I hope you will have a great year!」などと言うと、気の利いた挨拶になります。

初日の出

大晦日から元旦へと日付が変わり最初の日の出を「初日の出」と呼び、縁起物として見に行く人も多いと思います。初日の出を英語で表現すると、「the first sunrise of the year」になります。海外ではほとんど初日の出を拝むという風習はなく、珍しいイベントになります。

初詣/初詣に行く

初日の出を見た後は、「初詣」へ行くことが多いでしょう。初詣とはその年に初めて神社へ参拝に行くということですので、英語では「first visit to a shrine」と表現されます。これも日本特有の文化ですので、初詣でその年の一年の無事や幸せを祈るのだということも併せて説明しましょう。

お年玉

子供たちにとって大好きなお正月の風物詩と言えば、やはり「お年玉」でしょう。お年玉は英語でもそのまま「otoshidama」と表現されることが多く、補足説明として「given as a New Year’s gift」という説明をするとわかりやすいでしょう。できれば元々は子供たちにお餅を配っていた風習があったというのも、加えて説明できれば外国人にも分かりやすいでしょう。

年賀状

日本の文化としてお正月には「年賀状」を贈りあう風習がありますが、これは英語で表現すると「New Year cards」となります。新年の挨拶を書いた年賀状は海外ではクリスマスカードと一緒になっていることがほとんどで、クリスマスからお正月にかけてまとめてお祝いをする表現で記載されます。

新年の抱負

お正月を迎えると、今年一年をどんな都市として過ごそうかと「新年の抱負」を立てる人も多いでしょう。中には書初めに記す人もいます。そんな新年の抱負は、英語でどのように表現するのでしょうか。新年の抱負は、「New Year’s resolution」と表現します。

おせち料理・餅

お正月には「おせち料理」や「餅」が食卓に並びます。これらの食べ物は、日本のお正月独特のものですが、英語ではどのように表現すれば良いのでしょうか。おせち料理は日本独自のものですので「Osechi」と言い、「a very special feast」と説明を加えましょう。餅は英語でも「mochi」ですが、「rice cake」と表現されることもあります。

正月を英語で説明する文を考えよう

ここまでお正月に関連するものやイベント、風物詩や習慣などを表現する英語をご紹介してきました。実際に外国人に日本のお正月について英語で説明をする時は、文章で説明しないとなかなか意味が 伝わらない部分もあると思います。そこでここでは、お正月を英語で説明する例文を考えてみましょう。

年末の風習を紹介する例文

まずは、年末の風習を紹介する例文を解説します。例えば、「日本では年末に良いお年をという挨拶をします」と説明するときは、「In Japan,we greet each other”yoi-otoshiwo!”means enjoy the holidays!」と言えばよいでしょう。

また、大晦日の過ごし方を聞かれたときに答える例文なら、「On New Year's Eve, we eat Toshikoshi soba while watching Year-end Song Festival」と言うのはいかがでしょう。意味は、大晦日の夜は、紅白歌合戦を見ながら年越し蕎麦を食べますということです。

年越しそばを食べた後は家族で初詣に出かけますと加えるなら、「I am going out to family for the first visit to a shrine,after eating Toshikoshi soba」と説明すれば良いでしょう。

年始の風習を紹介する例文

続いては、年始の風習を外国人に説明するときに使える例文をご紹介します。年始の風習には色々な物がありますが、それぞれ日本独自の意味を持っていることも多いので合わせて説明できるとよりニュアンスが伝わりやすくなります。ではどのような例文を使えばよいのか、見ていきましょう。

まずは年始の挨拶について、明けましておめでとうございますには新年への願いが込められていますと言う時の例文として、「"Akemashite-omedetou-gozaimasu"are greetings wishing for the best in the new year」と説明しましょう。この挨拶は年賀状にも書く表現ですと加えるには、「This greeting is writeen on New Year's cards」とすると良いです。

お正月の過ごし方として家族と集まっておせち料理を食べますと説明するなら、「We eat New Year dishes called Osechi with family」という例文を覚えておきましょう。さらにお餅もお正月によく食べる食材ですと加えるなら、「We often eat rice cakes during the New Year」と表現します。

正月を英語で説明するときのポイント

お正月について英語で外国人に説明したいなら、相手にしっかりと伝わるよういくつかポイントを押さえて話す必要があります。ここでは、正月を英語で説明するときに大切なポイントをご紹介します。

一文を短めにする

英語で日本のお正月について説明したいときのポイントとしては、一文を短めにするということが挙げられます。お正月の風習やイベントは日本独自のものが多く、簡単には英語に英訳できないことも多いでしょう。説明をしながらお正月の風習を表現するとどうしても長い文章になりますので、出来るだけ短い文章で表現すれば理解してもらいやすいです。

例えば、正月は子供や孫にお年玉というお小遣いをあげるという文を英語で伝える時です。まず、お正月に子や孫へお年玉をあげると表現し、その後お年玉とは、お金のギフトですと加えます。「we give “otoshidama” to our children or grandchildren during new year holidays」で一文にして、「Otoshidama is a kind of pocket money」とすると分かりやすいです。

簡単な文法を使う

お正月のことを英語で伝えるなら、難しい文法を使う必要はありません。むしろ簡単な文法を使うほうが、外国人にも伝わりやすいでしょう。例えば、お餅を食べ過ぎて太るという表現は「gain weight as a result of eating too much」と言えますが、「eat too much and gain weight」と表現する方がシンプルで分かりやすいです。

単語の説明は後から加える

お正月に使う日本語は英語では表現できないためそのまま使われることがありますが、その単語の説明をする時はあとで加えるのがポイントです。例えば、子供がお正月に凧揚げを楽しむという時にはまず「Children enjoy "takoage"」とした上で、「Takoage is kite-flying」と説明をすると分かりやすいです。

英語で伝えたい日本独自の文化

お正月以外にも外国人へ日本独自の文化を伝える機会は多いですので、日本独自の文化を英語で伝えたいときの例文や表現をご紹介します。

寿司/刺身

まず日本食を代表するのが寿司や刺身ですが、この2つに関しては「sushi」や「sashimi」でほとんど通じるほど世界的によく知られる食べ物です。あえて説明するなら寿司は「rice topped with a raw fish」、刺身は「sliced raw fish」で伝わります。

天ぷら

天ぷらも「tempura」で世界的に通じるワードではありますが、詳しくどんな料理かを説明するなら「deepfried fish and vegetables」で良いでしょう。deepfriedには、油をたっぷり使って揚げるという意味があります。

温泉

外国人が興味を持つ日本の文化には、温泉もあります。温泉は「Hot spring」もしくは「Spa」と表現されます。その違いは、Hot springは火山などの力で温泉が湧いているニュアンスが強いので、天然温泉を指すことが多いです。反対にSpaは、100%の自然なものではなくお湯を沸かして作られている温泉の場合に使われることが多いようです。

英語で正月を紹介できるようになろう

今回は、日本のお正月について英語で外国人に説明するときに使える表現や例文をご紹介してきました。お正月の文化や風習は日本独自のものも多く、細かいニュアンスまで説明するのは難しいですが簡単な表現でも覚えておくと伝えやすくなります。英語を覚えて、外国人の方に日本のお正月のすばらしさを伝えましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧