たけし事務所がパワハラ報道を否定!弟子兼運転手が損害賠償求め提訴?

たけし事務所が、パワハラによる損害賠償を請求され、事実を否定したことが話題となっています。被害者とされる弟子兼運転手の男性とはどのような人物なのでしょう。パワハラを行ったとされるビートたけしの愛人女性の情報と共に、たけし事務所の報道否定について紹介します。

たけし事務所がパワハラ報道を否定!弟子兼運転手が損害賠償求め提訴?

目次

  1. たけし事務所がパワハラ否定!まずはプロフィールから
  2. ビートたけしのたけし事務所がパワハラで告発された!事務所は否定?
  3. たけし事務所ではなくビートたけしの愛人に問題ありという噂も…?
  4. ビートたけしの離婚はこの愛人女性のため?再婚の可能性も
  5. 今後のたけし事務所と内容の否定が続く裁判の展開に注目

たけし事務所がパワハラ否定!まずはプロフィールから

ビートたけしと言えば、司会者としてはもちろん、映画監督や俳優としても活躍するお笑いタレントとして有名です。老若男女問わず、その名前を知らない人は日本では少ないのではないでしょうか。そんなビートたけしが運営するたけし事務所「T.Nゴン」が、先日パワハラによって損害賠償を請求されたことが話題となっています。

損害賠償を請求したのは、たけし事務所でビートたけしの弟子兼運転手として働いていた男性のようですが、どのような人物だったのでしょう。現在たけし事務所側が否定しているパワハラ報道の内容と共に、パワハラを行ったとされる人物についても具体的にご紹介していきます。

たけし事務所の開業者・ビートたけしのプロフィール

・愛称:たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ
・本名:北野武
・生年月日:1947年1月18日
・現在年齢:72歳
・出身地:東京都足立区島根
・血液型:O型
・身長:168㎝
・体重:???
・活動内容:お笑いタレント、司会者、映画監督、俳優
・所属グループ:???
・事務所:T.Nゴン
・家族構成:???

ビートたけしのたけし事務所がパワハラで告発された!事務所は否定?

幅広い活躍で有名なビートたけしですが、そんなビートたけしの運営するたけし事務所が告発されたことが話題となっています。パワハラの事実を否定しているたけし事務所ですが、たけし事務所を告発した弟子兼運転手の告発内容とはどのようなものだったのでしょう。たけし事務所が告発された一連の概要から否定の内容まで、詳しくご紹介していきます。

パワハラで損害賠償を請求したのはたけし事務所の弟子兼運転手

何度も既述した通り、ビートたけしが運営するたけし事務所をパワハラで告発し、損害賠償を請求したのはたけし事務所の弟子兼運転手として活動していた人物でした。名前は石塚康介といい、たけし事務所で運転手を務めながらビートたけしが監督を務める作品「アウトレイジ ビヨンド」「隆三と七人の子分たち」「アウトレイジ 最終章」などに出演していた人物です。

パワハラで損害賠償を請求した石塚康介のプロフィール

・愛称:???
・本名:???
・生年月日:1978年4月18日
・現在年齢:新潟県
・出身地:41歳
・血液型:???
・身長:???
・体重:???
・活動内容:俳優・タレント
・所属グループ:???
・事務所:T.Nゴン
・家族構成:???

パワハラをしていたのはビートたけしの愛人?

ビートたけしの弟子兼運転手としてたけし事務所に所属していた石塚康介が告発したのは、ビートたけしの愛人の女性でした。石塚康介は、ビートたけしの愛人女性からパワハラ行為を受けたことで自律神経失調症を患ったと告発しています。どのようなパワハラが行われたかについては報道されていないため、詳細は分かりませんが、報道に対して意見が様々分かれているようです。

たけし事務所側はパワハラを否定している

この告発に対し、ビートたけしが運営するたけし事務所側はパワハラの事実を否定しています。たけし事務所側が公表したコメントによれば、そもそも石塚康介側に問題行動があったとし、報道を否定しているようです。否定理由である問題行動についても詳細は明かされていませんが、最終的には石塚康介側から自主的に弟子を辞めるという選択をしたようです。

たけし事務所ではなくビートたけしの愛人に問題ありという噂も…?

石塚康介側のパワハラに対する訴えを完全に否定しているたけし事務所ですが、ビートたけしの愛人側にも問題があったのではという意見も少なくないようです。パワハラが否定されない理由は、ビートたけしの愛人に関する良くない噂が原因ではないでしょうか。そんなビートたけしの愛人女性に関する噂についても、ご紹介していきます。

パワハラは事実?愛人女性はたけし事務所の仕事にも口を出していた

一部関係者の話によれば、ビートたけしの愛人女性は、ビートたけしが運営するたけし事務所の仕事に関しても口を出していたようです。恋人の職場に女性が割り込んでわがままを通す、という話は物語の中ではよくあることですが、たけし事務所の場合は現実に起こっていたのかもしれません。

愛人女性は自身の思い通りにならないことが許せない性格だとも言われており、それだけでもパワハラの噂が立つに十分な要因と言えるでしょう。自分に都合のいい人物ばかりを残し、自分と合わないと感じた人物などは辞めさせるよう動いていたという噂もあります。

石塚康介以外にもパワハラで多くの人がたけし事務所を辞めていた?

パワハラがあったという確たる証拠があるわけではありませんが、愛人女性がたけしと出会ってから、ビートたけしの周囲の人物が大きく変わったという話は有名です。以前報道されたものを挙げれば、その中のひとりとして、20年以上ビートたけしのスタイリストを務めていた女性が解雇されたものが有名でしょう。

そのスタイリストの女性は、ビートたけしのイメージをつくりあげてきた陰の功労者と言われる人物だったそうで、現場でも潤滑油的存在として貴重な存在だったようです。しかし、そんなスタイリストの女性が突然クビになったことで、ネット上でその事実が報道されるまでに至りました。

そんな女性の解雇理由は、なんと愛人女性のほぼ独断によるものだったようです。話によれば、スタイリストとしてビートたけしの採寸などを行っていたスタイリスト女性に対し、「たけしの体に触るな!」と激怒し、一方的に契約解除を言い渡したと言われています。

スタイリストが採寸を行うことは業務の一つであり、必要な行動ですが、愛人女性にはその行為すら耐えられない程嫉妬を感じたようです。オフィス北野時代からの重鎮が間に入り、説得したようですが、それでも愛人女性の意見が変わることはなく、スタイリストの女性は解雇させられてしまいました。

ビートたけしの離婚はこの愛人女性のため?再婚の可能性も

前述した通り、あまり良い噂のないビートたけしの愛人女性ですが、そんな彼女にビートたけしはベタぼれだという情報は少なくありません。過去に報道された元妻・幹子との離婚の原因としても、この女性の名前が挙げられるほどのようです。最後に、元妻・幹子についてと共に、愛人女性についてもさらに詳しくご紹介していきます。

ビートたけしの元妻・幹子とは?

ビートたけしの元妻・幹子は1970年代には自身もお笑い芸人として活躍していた女性です。『大正テレビ寄席』という番組で共演したことをきっかけに同棲を経て結婚に至りました。そんな元妻・幹子のことを、周囲は「明るい」「気づかいの人」と慕っていたようです。

長期間離婚を拒んでいたのは妻・幹子の方だった

しかし、40年近く離婚を拒み続けていたのは、元妻・幹子の方だったと報道されています。過去には二度も離婚を申し込まれたこともあり、すでに別居している関係でしたが、元妻・幹子は離婚に同意することはなかったのだそうです。

長年離婚に同意しなかった理由について、詳しくは明かされていませんが、ビートたけしは金銭面に関する要望を全て元妻・幹子の言うとおりに受け入れるつもりであったため、お金以外に理由があったのでしょう。離婚後、ビートたけしに残された資産は世田谷にある愛人と暮らしている家のみだったそうです。

とはいえ、何度も述べた通り、元妻・幹子の要求が金銭面が目的であればとっくに元妻・幹子との離婚は成立していたことも事実ですので、元妻の立場として、やはり離婚に対し思うところがあったことは間違いないでしょう。

ビートたけしの息子は愛人女性に対しいい印象を持っていない

そんな元妻・幹子との間に生まれた子供は、当然ながらビートたけしの愛人女性に対し、あまり良い印象を抱いてはいないようです。前述した通り、愛人女性との交際が始まってからビートたけしの周囲の人間が大きく変わったことは事実であり、息子自身もそのことについて語っていたようです。

具体的には、「父とはもう2年近く連絡を取れていない」「父の周囲の人の良くない噂を聞くようになった」などといった内容を口にしています。息子としては、両親が離婚したとしても父親であることに変わりはなく、心配する気持ちがあるのでしょう。

ビートたけしにとって愛人女性はまさに理想の女性だった?

しかし、そんな周囲の噂をものともせず、ビートたけしは現在も愛人女性と共に生活しています。一部の制作関係者の話によれば、周囲から「殿」としてあがめられているビートたけしに対し、その愛人女性の態度は全く異なるものだったそうです。

ビートたけしを叱る、罵るという様子も見られる一方で、ビートたけしに靴下を履かせてあげるなど、身の回りの世話を甲斐甲斐しくする姿も見せたと語っています。この愛人女性の様子は、まさにビートたけしの亡き母・さきを思わせるものであり、理想の女性だったのではと言われているようです。

今後のたけし事務所と内容の否定が続く裁判の展開に注目

ビートたけしが運営するたけし事務所が弟子兼運転手にパワハラで損害賠償を請求されたことについて、それを否定するたけし事務所側の意見やパワハラを行ったとされる愛人女性に関する情報など、詳しくご紹介していきました。

ビートたけしという影響の大きい人物が関わっているだけに、たけし事務所のパワハラ告発は大きな話題となっていますが、今後どのような展開するのでしょう。ビートたけし自身の今後の活躍と共に、裁判の展開についても注目しましょう。

関連する記事はこちら

Thumbたけし所属事務所が『週刊新潮』報道に法的処置!原因の掲載内容とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbビートたけしが北野幹子と離婚!財産はほぼ元妻に?再婚の予定は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧