飼いやすい猫の種類と選び方を解説!初心者が信頼関係を築くポイントは?

飼いやすい猫の種類や選び方、性格などについてまとめました。初心者にもおすすめの飼いやすい猫の種類は多くあるので、選び方のポイントをチェックしておきましょう。初心者でも飼いやすい性格の猫と一緒に楽しく暮らしていきましょう。

飼いやすい猫の種類と選び方を解説!初心者が信頼関係を築くポイントは?

目次

  1. 飼いやすい猫種ランキング
  2. 飼いやすい猫ランキング12位~8位
  3. 飼いやすい猫ランキング7位~4位
  4. 飼いやすい猫ランキング3位~1位
  5. 飼いやすい猫の選び方のポイント
  6. 猫を飼う前に確認したいこと
  7. 猫と信頼関係を築くコツ
  8. 飼いやすい猫を迎えて癒されよう

飼いやすい猫種ランキング

「猫を飼いたい!」と思ったとしても初心者だと「きちんと猫を飼う事ができるかな」と不安になる方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、飼いやすい猫の種類を把握しておくのがおすすめです。どういった種類の猫が飼いやすいのか事前に把握しておく事で、初心者に最適な猫を選びやすくなります。

本記事では初心者でも飼いやすい猫の種類や性格の特徴、おすすめの選び方についてまとめました。基本的な猫の選び方を知っていれば、飼いやすい猫と簡単に出会う事ができるようになります。猫との生活を楽しむ事ができるように、初心者におすすめの飼いやすい猫の種類をチェックしていきましょう。

猫を飼うことのメリット

まずは、猫を飼う事に対するメリット&デメリットについて見ていきましょう。猫を飼う事に対するのにはメリットやデメリットがあり、飼う前にそういった点を把握しておく事も大切になります。猫を飼うメリットとして挙げられるのが、癒しを得られるという事。猫に触れたり、一緒に遊んだりする事で気持ちがリラックスし、落ち着いた気持ちになれます。

普段の生活の中で何か嫌な事があったとしても、帰って猫に会えば気持ちが癒されて「また頑張ろう」という気持ちになれるのではないでしょうか。こうした癒し効果が猫を飼う大きなメリットとなります。また、猫を飼う事は家族の絆を強めるという事にも繋がります。普段はあまり会話がなかった家族も猫を飼う事で猫に関する話題が増えるのが大きなポイント。

猫を通して家族間のコミュニケーションが増える事で、家族が更に仲良くなる事ができると言われています。猫がいる時といない時とでは、家族の雰囲気も全く変わってくるのではないでしょうか。猫と一緒に寝るとよく眠る事ができるという説があるのも猫を飼うメリット。猫は暖かい場所を好み、人が寝ているベッドに潜り込んで一緒に寝る事が多いのが特徴です。

猫と一緒に寝る事で自然とリラックスした気分になり、快眠に入りやすくなると言われています。このように猫を飼うという事には様々なメリットがあるのが大きな魅力。猫と一緒に暮らす事で癒しをもらい、家族の絆も強める事ができるようになります。猫は一度飼い始めるとその魅力にハマる人が多く、猫なしの生活は考えられないという方も多いのではないでしょうか。

猫の魅力は一緒に過ごす時間が長くなればなるほど感じやすくなります。最初は「猫はそこまで好きではない」と思っていた方でも猫と一緒に暮らす機会を得る事で猫が大好きになるパターンも多数。それくらいに猫が人に与えてくれる物はとても大きいと言えます。

猫を飼うことのデメリット

猫を飼う事には様々なメリットがありますが、デメリットもあります。猫を飼う事は楽しい事ばかりではないので、その点を踏まえた上で検討するようにしましょう。猫を飼うデメリットは、長期間自宅を留守にできないという事です。猫を飼うと、ご飯や水をあげたり、トイレの掃除をしたり様々なお世話をしなければなりません。

長期間留守にするとこうした世話ができなくなるため、誰かに留守番を頼むなど、工夫をする必要があります。自宅を留守にする事が多い方は猫を飼うのは難しい可能性があるので注意しましょう。また、猫を飼うとソファなどの家具が傷つけられる可能性もあります。猫が布製品で爪研ぎをしたり、インテリア用品を落としたりといった事は日常茶飯事です。

家を常に完璧な状態に保ちたいと考えている方は、家のある家具の配置や素材などを猫に合わせて変えていく必要もあります。猫を飼うという事は、住環境もそれに合わせて変えていくという事。こうした手間がかかるのも猫を飼うデメリットと言えるでしょう。

そして、猫の寿命は人間よりも早く来るのが一般的。最期まできちんとお世話をしなければならないという義務も飼い主に課せられます。猫が病気になったら医療費がかかりますし、病気によって介護が必要になるかもしれません。こうした状況においても最期までお世話をする責任を持たなければならない事も意識しておきましょう。

初心者は飼いやすい種類を選ぼう

猫と一口に言っても種類によって性格や体型など様々な特徴が異なります。初心者の場合は、飼いやすい猫の種類を把握しておく事が重要。警戒心が強かったり、攻撃的な猫は初心者が飼うのには向いていません。穏やかでおとなしい性格の猫の種類であれば、初心者でも飼いやすいと言えます。飼いやすい猫を最初に選んで猫の飼育に慣れていきましょう。

初めて猫を飼う時は何かと戸惑う場面もあるかもしれません。飼いやすい猫であればそうした困難も乗り越えやすくなります。猫との楽しい生活を過ごす事ができるように、自分にぴったりな猫の種類を選んでいきましょう。初心者でも飼いやすいと言われている猫の種類は色々あります。その中でお気に入りの猫を見つけて、猫との暮らしを満喫してみてください。

飼いやすい猫ランキング12位~8位

飼いやすい猫の種類をランキング形式でご紹介します。猫には様々な種類があるので、飼いやすい猫にはどういったタイプがあるのかチェックしていきましょう。まずは、12位〜8位までのランキングをご紹介します。それぞれの猫に個性があり、どれも飼いやすい性格と言われているので猫を選ぶ時の参考にしてみてください。

12位:ベンガル

飼いやすい猫の種類の12位となったのはベンガルです。ベンガルは、イエネコとヤマネコを掛け合わせたアメリカ原産の猫。見た目はワイルドな雰囲気ですが、温和で穏やかな性格が特徴です。そのため、初心者でも飼いやすい猫の種類として人気を集めています。甘えん坊で飼い主の側を離れないという場合も多いでしょう。

被毛はヒョウ柄やスポッテッド柄など多種にわたり、抜け毛が少ない短毛種。大きさは平均的な猫と変わりません。お手入れのしやすさもベンガルが飼いやすい理由の1つ。活発な性格でもあるため、家の中で十分に運動できるような環境を整えましょう。猫の障害物になるような物は置かず、キャットタワーなどの運動ができるアイテムを揃えておくのがポイントです。

11位:ペルシャ

飼いやすい猫の種類の11位はペルシャです。コンパクトな体型ですが、被毛がふわふわとした長毛なので一見すると大き目に見えるかもしれません。穏やかで静かな性格なので初心者でも飼いやすく、人に懐きやすいのも魅力です。長毛種のため、毎日のブラッシングは欠かせません。また、おとなしい猫なので騒がしい場所は苦手です。落ち着いて過ごせる場所を作りましょう。

10位:エキゾチックショートヘア

ペルシャの短毛種として知られているのがエキゾチックショートヘアになります。短毛種なので長毛種と比べるとお手入れしやすいのが魅力です。飼い主に対して深い愛情を見せ、穏やかな性格であるのも飼いやすいポイント。短毛種なのでブラッシングの手間はかかりませんがブラッシングが好きなので定期的にやってあげましょう。

体型は平均的な猫と同じくらいで、丸い顔立ちが特徴的。また、鼻が短いため目やになどがつきやすいのも注意しておきたい点。湿らせた布などで優しく拭いて、綺麗な状態を保ってください。ペルシャ同様に静かでゆっくりする事ができる場所を確保する事も大切です。

9位:ロシアンブルー

ロシアンブルーは、大人しく飼いやすい猫の種類として知られています。「サイレントキャット」と呼ばれている通り、あまり鳴かないのも特徴。グレーの美しい毛並みの短毛種でブラッシングの手間がかかりません。全体的に飼いやすい猫と言えるでしょう。ただし、スキンシップが好きなので週に3〜4回はブラッシングをしてあげましょう。

大きさは平均的な猫と変わらず、しなやかな体型が魅力です。またロシアンブルーは他の猫の種類よりも平均寿命が13歳と短いのも特徴。適切な運動や食事を心がけ健康管理をする事も大切です。きちんとお世話をしていれば平均よりも長く生きる事は可能になるので、意識してみてください。

8位:スコティッシュフォールド

丸顔が可愛らしいスコティッシュフォールドは、日本でも高い人気を集めている猫の種類です。大きさは平均的ですが筋肉質な体型で運動を好むのが特徴。穏やかで優しい性格として知られ、初心者でも飼いやすくなっています。短毛種なのでブラッシングの手間がかかりにくいのも魅力。甘えん坊で賢いのもスコティッシュフォールドの良い所です。

スコティッシュフォールドは骨に異常が出やすい猫と言われているため、フローリングで足を滑らせないようにマットを敷くなどの工夫が必要。また、折れ耳のスコティッシュフォールドは耳が汚れやすいので定期的に耳掃除をしてあげましょう。

飼いやすい猫ランキング7位~4位

続いて、初心者でも飼いやすいおすすめ猫の7位〜4位までを見ていきます。初心者におすすめの猫の種類はまだ色々あるので、飼う時の参考にしてみてください。猫は種類によって性格も特徴も異なります。どういった猫なら飼いやすいのか考えながら選んでいきましょう。

7位:アメリカン・ショートヘア

アメリカン・ショートヘアは、元々ネズミ退治のために飼われていた猫なのでしっかりとした体型で運動能力が高いのが特徴。四肢が丈夫で健康的な個体が多いです。短毛のためブラッシングの手間がかかりにくいのも魅力。賢いのせ飼い主の言う事をよく聞くのが飼いやすいポイントです。穏やかな性格で、飼い主との時間を好みます。

慎重な一面もあるため、初めて会う人に対しては警戒心を見せるかもしれません。攻撃的になる事はありませんが、お客さんが来る時は猫が緊張し過ぎないように落ち着いて過ごせる場所を確保しておきましょう。

6位:マンチカン

マンチカンは様々な猫の種類の中でも被毛の色や柄のバリエーションが多く、様々な見た目の猫に出会う事ができるのが魅力です。全体の2割程度で足が短いマンチカンが生まれ、その可愛らしい姿から人気を集めるようになりました。陽気で明るい性格なのでとても飼いやすく、家族のムードメーカーになってくれます。短毛でお手入れがしやすいのも嬉しいポイント。

大きさは平均的な猫よりも少し小さめになっています。短足のマンチカンの場合は骨に異常をきたしやすいので、フローリングが滑らないようにするなど対処していきましょう。足が長いマンチカンでも先天的に骨の病気になりやすい可能性があるため、住環境には注意が必要です。

5位:ノルウェージャン・フォレスト・キャット

ノルウェージャン・フォレスト・キャットは、北欧で生まれた大型の猫です。他の猫と比べると大きな体型となっており、長毛なのも特徴。大柄の猫らしく、落ち着いた穏やかな性格が飼いやすいポイントです。何事にも動じる事なく、どっしりと構えている事が多いので一緒にいるだけで安心感があるのではないでしょうか。

長毛種なので、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。また、木登りが好きなのでキャットタワーなど高い場所に行けるようなアイテムを設置しておくと喜びます。

4位:ブリティッシュ・ショートヘア

ブリティッシュ・ショートヘアは、イギリス原産の猫の中でも最も古い種類と言われています。ふっくらとした丸い顔立ちが可愛らしく、日本でも人気。マイペースで自由気ままな性格なため、長時間のお留守番も苦になりません。家を空ける事が多い飼い主でも飼いやすいと言えるでしょう。時には甘えん坊な一面を見せてくれるのも魅力です。

大きさは平均的な猫と同じくらいですが、筋肉質な体型をしているのが特徴。食事管理をきちんと行っていないと太りやすくなります。キャットタワーやおもちゃなどを揃えて運動環境を整えましょう。被毛は短毛種ですが、春と秋の換毛期には抜けやすくなるのでブラッシングは定期的に行ってください。

飼いやすい猫ランキング3位~1位

続いて、飼いやすい猫の種類の3位〜1位までを見ていきましょう。様々な猫の種類の中でも特に初心者におすすめしたい飼いやすい猫なので、どの猫を飼うのか迷った時の選び方のポイントにしてみてください。きっとお気に入りの猫を見つける事ができるはずです。

3位:茶トラのミックス

初心者におすすめの飼いやすい猫の種類3位に入ったのが茶トラのミックスです。ミックスとは、異なる種類の猫同士を交配して生まれた猫の事。ミックスにはキジトラやサバトラといった様々な色・柄の種類がありますが、中でも飼いやすいと言われているのが茶トラ猫です。茶トラ猫は性格が陽気で穏やかなため警戒心が低く、初心者におすすめ。

短毛種か長毛種かは交配した猫の種類によりますがミックスの茶トラの場合は短毛種が多いため、ブラッシングのお手入れは簡単と言えるでしょう。大きさは平均的な猫と変わりありません。飼い主と遊ぶのが好きな猫が多いので、おもちゃを取り入れて遊ぶ時間を確保してください。

2位:メイン・クーン

メイン・クーンは様々な猫の中でも特に大きな猫として知られています。メスで3〜6kg、オスは6〜9kgとかなり大きな体型なのが特徴。ピンっと尖った耳もチャームポイントです。大柄の猫特有の落ち着いた穏やかな性格で、お客さんに対しても警戒心を見せる事はありません。誰に対してもフレンドリーなので初心者でも飼いやすい猫と言えるでしょう。

がっしりとした健康的な体型を作るために、食事の管理と十分な運動を心がけましょう。食事が多いと太ってしまうかもしれません。キャットタワーを設置する場合は、メイン・クーンの体重に耐え切れるきちんとした物を設置してください。また、被毛が長くオイリーな毛質なので1ヶ月に1回はシャンプーをするようにしてください。

1位:ラグドール

初心者におすすめの飼いやすい猫の1位となったのがラグドールです。英語で「ぬいぐるみ」という名前がついたラグドールは、その名前の通り愛らしく可愛らしい猫の種類として有名。穏やかで温和な性格として知られ、賢いので飼い主の言う事もきちんと聞いてくれます。警戒心が低く、まさに初心者が飼いやすい猫と言えるでしょう。

ラグドールは長毛種なので、春と秋の換毛期にはブラッシングを欠かさないようにしましょう。また、食事管理ができていないと太りやすくなってしまうのも注意しておきたいポイント。普段の食事の量を守り、おやつは控えておいた方が良いでしょう。食事とブラッシングに気をつけていれば、とても飼いやすい猫になります。

飼いやすい猫の選び方のポイント

初心者でも飼いやすい猫の種類にてチェックする事ができたら、選び方のポイントについても見ていきましょう。初心者でも飼いやすい猫を選ぶためには選び方のポイントを押さえておく事が大切になります。選び方のポイントを参考にしながら、自分にぴったりな猫を選んでみてください。きっと素敵な出会いがあるはずです。

「被毛」は短毛がおすすめ

猫はブラッシングや汚れやすさが種類によって異なります。一般的に言われているのが、短毛種の方が飼いやすいと言う事。短毛種は抜け毛が少ない種類が多く、ブラッシングの手間がかかりません。また長毛種のように汚れにくいため初心者でも飼いやすいと言われています。ただし、短毛種だったとしても抜け毛が多い種類はいるので注意が必要。

お手入れしやすい被毛のポイントになるのがダブルコートかシングルコートのどちらであるのかという事。ダブルコートとは、下毛と上毛に分かれた被毛で抜け毛が多いのが特徴です。シングルコートは下毛と上毛には分かれていないのが抜け毛は少ないのが特徴。猫の種類によって被毛のタイプは異なるため、短毛・長毛以外の点にも注意して選んでみてください。

「大きさ」は小型が飼いやすい

大柄の猫は飼育する上である程度の場所の確保をしなければならないので、こだわりがないのであれば小柄の猫を選ぶのもおすすめです。小柄の猫は大柄の猫と比べて大きなスペースは必要ないと言われています。ただし、活発な性格で運動が好きな猫の場合は小柄だったとしてもある程度のスペースは必要となるので、その点には注意をするようにしましょう。

小柄の猫は小さな子供や女性でも扱いやすいというのも飼いやすいポイントです。体重管理が簡単な事も多く、食事面での健康管理も苦になりません。小柄の猫には色々なタイプがいるので、性格などをチェックしながら最適な猫を探してみてください。

「性格」がおとなしい子を選ぶ

おとなしい性格の猫である事も選び方では大切なポイントになります。猫の種類によって大体の性格が決まってきますが、実際の性格は成長してみないとわからないかもしれません。おとなしい猫を求めているのであれば、子猫からではなく成猫から飼うという選択肢もあります。性格が完成されている状態であれば、どういった性格なのかわかりやすいのがポイント。

成猫は里親募集などで出会う事ができます。里親の譲渡会などに行って、様々な猫と触れ合ってみましょう。大人しく穏やかな性格の猫もたくさんいるはずです。猫を飼う時は子猫からという意識が強いかもしれませんが、成猫には成猫ならではの魅力もあります。「この子だ!」という子に出会う事ができれば、成猫の方が飼いやすい可能性があるのではないでしょうか。

「雑種」は体が丈夫な子が多い

ランキングでは純血種を中心にご紹介していきましたが、純血種へのこだわりがない場合はミックス(雑種)を選ぶのもおすすめの選び方です。ミックスは様々な種類の猫を掛け合わせているので先天的な病気にかかりにくく、健康体である事が多いのが魅力。丈夫で元気な猫にこだわりたい時はミックスも飼いやすい猫としておすすめです。

ミックスには様々な毛色・柄があるのも魅力となります。特に飼いやすいと言われている茶トラの他に、サバトラやキジトラ、ホワイト、ブラックなど多種多様なミックスがいるので、好みの色・柄を選べるのも嬉しいポイント。ミックスは里親譲渡会などで出会う事ができます。地元の里親譲渡会の情報をチェックして、猫との出会いを楽しんでみてください。

猫を飼う前に確認したいこと

選び方に続いて、猫を飼う前に確認しておきたい事についてもみていきましょう。猫を飼う前にどういった点に気をつけておけば良いのか把握する事が大切です。必要な事項を確認しておかないと、猫を飼うのに十分な環境を整える事ができないかもしれません。いざという時に困らないように、選び方だけでなく確認事項についても忘れないようにチェックしてください。

迎える猫の性別を考える

まずチェックしておきたいのが猫の性別です。猫は性別によって性格が異なる場合があるため、選び方においても大切な要素になるでしょう。オス猫の場合は、活発で元気な性格になる事が多くあります。一方でメス猫はおっとりとした穏やかな性格であるという場合が多いので初心者でも飼いやすいのではないでしょうか。また、子猫を飼う時は手術も性別選びのポイントになります。

猫の繁殖を望まない場合は、オスは去勢手術、メスは避妊手術をする必要があります。一般的に、去勢手術よりも避妊手術の方が費用がかかるので、猫を飼う時は手術費用についても意識しておきましょう。もし去勢手術や避妊手術を行わない場合は発情期を迎えた猫をきちんとお世話する事が大切です。こうした事も踏まえてオス・メスを選んでみてください。

自分の在宅時間を確認する

猫は犬と比べると自立しているのでお留守番が得意な動物でありますが、あまりにも長い時間家を空けていると猫のストレスになってしまう可能性があります。特に甘えん坊な性格の猫の場合は飼い主の不在が負担となって精神的な重荷を負ってしまうかもしれません。そうならないように自分の在宅時間がどのくらい取れるのか考えておきましょう。

どうしても留守にする時間が長くなってしまう場合は、お留守番をしても平気な猫を選ぶのがおすすめ。自立心が強く、マイペースな性格な猫なら長時間のお留守番でもストレスが溜まる事はあまりありません。こうした事も踏まえた選び方をする事が大切。猫と人間、どちらも快適に生活ができるように飼いやすい猫を選んでいきましょう。

獣医が近くにいるかどうか

猫を飼うという事は、突然の病気にも対処しなければならないという事です。また、ノミ・ダニといったリスクも負っています。こうした事にすぐに対処するために近くに獣医があるかどうかもチェックしておきましょう。ペットショップで購入した場合は近くの獣医を紹介してくれる事がありますが、里親などになった場合は自分でかかりつけの獣医を決める事が大切です。

獣医を選ぶ時は近いだけでなく質の高い獣医が揃っているかどうかも重要なポイント。せっかく獣医へ行ったのに獣医師の腕が伴っていないと、病気に上手に対処する事ができないかもしれません。獣医を選ぶ時はネットなどで口コミをチェックして良い評判の病院を選ぶようにしましょう。猫の健康を左右する事なので、気をつけてください。

ペットホテルが近くにあるか

家を長期間空けなければならない時に役立つのがペットホテルです。一泊二日程度であればお留守番をさせても大丈夫な猫が多いですが、長期間の留守になると誰かにお世話をしてもらわなければならなくなります。そのような時に近くにペットホテルがあると安心。預けやすいペットホテルを見つけて、長期間の不在に備えるようにしてください。

ペットホテルを選ぶ時も評判をチェックしておく事が大切になります。大切な猫を預けるからこそ、信頼関係を築ける事が重要なポイント。ネット上で実際にペットホテルを利用した人の口コミを見るなど、きちんとしたペットホテルなのかを見ていきましょう。衛生面の状況なども加味して、猫が快適に過ごす事ができるペットホテルを選んでください。

猫と信頼関係を築くコツ

適切な選び方でお気に入りの猫を見つける事ができたら、信頼関係を築く事が大切になります。どんなに飼いやすい猫だったとしても、信頼関係を築く事ができなければ仲良く暮らす事ができません。

猫はどのような飼い方をすれば信頼関係を築く事ができるのか、基本的なコツをチェックして生活をするようにしてください。信頼関係が築ければ、きっと良いパートナーになってくれるはずです。信頼関係を築くのにおすすめのコツをご紹介します。

大きな音をたてない

猫は音に対して敏感な動物です。大きな音を急に立てると、猫にとってかなりの負担になってしまいます。生活をする上でうっかり何かを落として大きな音を立ててしまう事があるかもしれませんが、故意に音を立てるような事は避けるようにしてください。家族間での大声での喧嘩や大きな生活音は猫のストレスとなり、精神衛生上良くありません。

お客さんが来る事が多い家庭の場合も大きな音には注意してください。本来、猫は静かに過ごすのを好む動物です。お客さんが来て騒がしいと、猫が落ち着いて過ごす事ができません。そういった場合でも猫がゆっくり過ごせるように、人間が集まる場所とは違う場所に寝床を準備しておくのもおすすめです。騒音には注意して、猫が快適に暮らせるようにしましょう。

慣れるまではそっと触る

慣れていない猫に対して急に触れると、驚いて警戒心が強まってしまうかもしれません。人間側はフレンドリーに接したいと思っていても猫に心の準備ができていないと意味がないので気をつけてください。猫が家に来たばかりで慣れていない時は、優しくそっと触れるようにします。猫の様子を見ながら、ゆっくりと丁寧に撫でてあげましょう。

猫が寝ている時に急に触れるのはNGです。寝ている時は無防備になっているので、人間が触れる事で驚いてしまいます。特に人間に慣れていない猫にとっては大きなストレスになってしまうのではないでしょうか。猫に触る時は、猫が起きている時のみにしましょう。猫が慣れてくれば自ら撫でて欲しいと要求してくるので、その時が来るまで辛抱強く信頼関係を築いてください。

おもちゃを使って遊んであげる

猫を飼い始めたら撫でたり抱っこしたいと思うかもしれませんが、急にベタベタと触れるのは猫にとって負担になってしまう可能性があります。猫との距離を縮めるのにおすすめしたいのがおもちゃを使って遊ぶ方法。猫が好きなおもちゃを事前に準備して、遊んであげましょう。そうする事で猫との距離が縮まり、コミュニケーションを取りやすくなります。

おもちゃで遊んでいくうちに猫の警戒心が溶けて、仲良くなりやすくなります。猫を飼う前に色々なおもちゃを選んでおきましょう。バリエーション豊かな猫のおもちゃがペットショップでは販売されているので、そこを意識してみてください。お気に入りのおもちゃがあれば猫もリラックスする事ができます。猫との距離を縮めて信頼関係を作るようにしましょう。

飼いやすい猫を迎えて癒されよう

猫を飼う時に重要になるのが猫の性格を始めとした特徴です。初心者の場合は、穏やかでおとなしい性格の猫の方が飼いやすいので、その点を意識した選び方をしていきましょう。ラグドールやメイン・クーンなど飼いやすい猫の種類はバリエーション豊かです。どういった顔立ち・毛並みの猫が好みなのも考えながら飼いやすい種類の猫を選んでみてください。

猫を選んだ後は、猫を飼うために必要な環境を整えていく事も大切になります。猫の特徴に合わせて住環境を整える事で、ストレスなく健康的な猫に育てる事ができるのではないでしょうか。フローリングを滑りにくくしないようにする、猫と楽しく遊べるおもちゃを準備するなど、基本的なポイントを踏まえて猫を迎え入れる用意をしましょう。

猫に関連した記事はこちら

Thumbハチワレ猫が縁起がいい理由とは?かわいい画像と性格・特徴も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb三毛猫の性格・特徴と飼い方のポイント!オスが珍しいのはなぜ? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb顎の下や口の周りの猫ニキビ!原因や悪化を防ぐケア方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-27 時点

新着一覧