バセンジーは吠えないので飼いやすい?寒がりな犬と仲良く暮らすには?

吠えない犬として有名なバセンジーの性格や、子犬の時からの飼い方などについてまとめました。ブリーダーから手に入れる事が多い犬種であるバセンジーは値段も要チェック。子犬の頃から性格に合わせた飼い方をして、バセンジーを可愛がっていきましょう。

バセンジーは吠えないので飼いやすい?寒がりな犬と仲良く暮らすには?

目次

  1. バセンジーの特徴や性格を解説
  2. バセンジーの基本情報と特徴
  3. バセンジーの飼い方ポイント
  4. 寒がりな犬におすすめの防寒グッズ
  5. バセンジーは落ち着きのある犬

バセンジーの特徴や性格を解説

色々な犬種がいる中で、日本でもじわじわと人気を集めているのがバセンジーです。バセンジーは「吠えない犬」と呼ばれ、飼いやすいと評判。気になる方も多いのではないでしょうか。バセンジーを飼いたいと思ったら性格や子犬の時からの飼い方、値段など基本的な情報を把握しておく事が大切。バセンジーがどのような犬なのか学んでおけば、安心して飼う事ができます。

本記事では、バセンジーの性格や子犬の値段といった情報についてまとめました。バセンジーを飼う上で必要になる情報をまとめたので、バセンジーが欲しいと思った時の参考にしてみてください。性格に合った飼い方でバセンジーとの生活を楽しんでみてください。

飼いやすいと話題のバセンジー

子犬を飼う時に心配になるのが「自分にもきちんと犬を飼う事ができるかな」という事です。子犬から犬を飼うのが初めての場合、しつけなどができるか不安になる方も多いのではないでしょうか。そのような場合は初心者でも飼いやすい犬を選ぶのがおすすめ。様々な犬種の中でもバセンジーは特に飼いやすい犬として知られています。

初心者だったとしても、バセンジーとだったらきっと良い関係を築く事ができるはず。子犬の頃からバセンジーを飼い始めれば、強い絆を築く事ができます。飼いやすいと評判のバセンジーと共に楽しく暮らしてみませんか?

値段や子犬の入手方法もチェック

「バセンジーと飼ってみたい!」と思ったら、大切になるのがバセンジーの入手方法や値段。ペットショップやブリーダーなど様々な入手方法がありますが、バセンジーはどのような方法であれば飼う事ができるのでしょうか。バセンジーの子犬の値段も含めて、チェックしておきましょう。予算に見合った値段であれば、バセンジーを飼う事を検討してみてください。

バセンジーの基本情報と特徴

まずは、バセンジーの基本情報や特徴についてチェックしていきましょう。バセンジーはどこで生まれた犬なのか、性格はどうなっているのかなど基本的な情報を把握しておけば、バセンジーを飼う時のヒントになります。飼いやすいと評判のバセンジーですが、どういった点が飼いやすいのか特徴について学ぶ事で理解しやすくなるはず。バセンジーについて詳しくご紹介します。

中央アフリカ原産の犬

バセンジーの歴史は紀元前に遡ります。犬の中でも最古種と言われているバセンジーは、紀元前から中央アフリカを中心に繁殖してきました。中央アフリカのピグミー族がバセンジーを狩猟犬として飼い始めた事から、人間のパートナーとして活躍するようになります。

イギリス人の探検家がピグミー族に飼われているバセンジーを見つけ、イギリスに紹介した事からヨーロッパでも人気を集めるようになりました。1895年頃にはイギリスを始めとしたヨーロッパでもバセンジーが飼われるようになり、現在は狩猟犬から愛玩犬へと変わっています。バセンジーは日本にも渡り、愛好家も増加中。SNSでもバセンジーの愛らしい様子が注目を集めています。

体重は平均9.5~11kg程度

バセンジーの体重は平均9.5~11kgとなります。中型犬の部類に入り、飼いやすい犬種と言えるのではないでしょうか。バセンジーの体高はオスで43cm、メスで40cm程度。全体的に筋肉質で引き締まった体付きをしているのが特徴です。立て耳は尖り、顔は眺めなのもバセンジーのポイント。つぶらな瞳が可愛らしく、バセンジーの魅力に惹かれる人も多いです。

毛色はバリエーション豊富

バセンジーは毛色のバリエーションが豊富なのも特徴。ブラック&タン、レッド&ホワイト、ブラック&ホワイトといったような毛色が一般的になります。また、バセンジーは暑い地域原産なので、被毛はシングルコート。シングルコートは抜け毛が少なく、お手入れがしやすいのが魅力です。この事からもバセンジーは飼いやすいと言われています。

価格は平均23万円~

バセンジーの子犬の平均的な値段は23万円〜になります。バセンジーは日本では珍しい種類になるので、値段も若干高めになるのが特徴。バセンジー自体の値段だけでなく、子犬を飼うために必要な設備にかかる費用もあるため、全体の値段を考えながら飼うかどうか決めましょう。バセンジーの入手方法はブリーダー経由が一般的です。

ブリーダーからの入手が主流

バセンジーはペットショップで販売されている事はあまりありません。バセンジーを飼いたいと思ったらブリーダーを探しましょう。バセンジーを取り扱っているブリーダーから直接購入するのが効率的な方法です。

ブリーダーから入手する場合の値段は平均23万円程度になりますが、バセンジーの血統などによっては値段が高くなる事もあります。ブリーダーとの交渉によって値段を決めていきましょう。

寿命は平均10~16歳

バセンジーの寿命は10歳〜16歳くらいになっています。中型犬の平均寿命と同じくらいで、きちんと健康管理をしていれば平均より長生きする可能性は高いのではないでしょうか。バセンジーは腎臓の病気であるファンコーニ症候群と、先天的に股関節の形に異常が現れる股関節形成不全に注意が必要。こうした病気に気をつけていれば長生きさせることは可能です。

穏やかで落ち着いた性格

バセンジーは穏やかで落ち着いた性格の犬です。吠えない犬として知られており、無駄吠えが少ないのが嬉しいポイント。家族に対しては深い愛情を示し、アイドル的な存在となってくれるでしょう。ただし、他人には警戒心が強くなる場合があるので初めて会う人や犬には注意してください。慣れてくれば仲良くなれるはずです。

バセンジーの飼い方ポイント

続いて、バセンジーの飼い方のポイントについてチェックしていきましょう。バセンジーを手に入れる事ができたら、特徴に合わせた飼い方をする事が大切。バセンジーが快適に過ごす事ができるように、飼い方を工夫していきましょう。

散歩は朝晩・30分~1時間が目安

バセンジーは筋肉質な体型で運動を好みます。運動不足だとストレスが溜まるので気をつけましょう。散歩は朝晩の2回、30分〜1時間を目安にするのが基本。同じ散歩ルートだと飽きてしまう可能性があり、日によって変えるのがおすすめです。時間がある時はドッグランで思い切り走らせてあげてください。

清潔で暖かい環境を整える

バセンジーは綺麗好きの犬です。部屋の掃除はきちんと行い、清潔な状態を保ちましょう。また、暖かい地域が原産なので寒さには弱いのもバセンジーの特徴。冬場は洋服を着せたり、毛布などで防寒対策をするようにしてください。

シャンプーは月1~2回を目安に行う

バセンジーはシングルコートなので、シャンプーは月1〜2回程度で十分です。シャンプーをした後はきちんとドライヤーで乾かしてあげましょう。濡れている部分が残っていると体が冷えて風邪を引いてしまうかもしれません。寒さに弱いバセンジーだからこそシャンプー後のケアは万全にしてください。

ファンコーニ症候群に注意

バセンジーが気をつけておきたいのが、腎臓の病気であるファンコーニ症候群です。ファンコーニ症候群は遺伝性の病気である事が多いので、子犬の時に病気にかかっていないかチェックしておく事が大切。もし何かしらの異変を感じたら早めに動物病院へ連れていきましょう。適切な治療をしていけば症状を軽減する事ができます。

寒がりな犬におすすめの防寒グッズ

バセンジーは寒がりな犬なので、防寒対策をする事が大切。特に冬場はバセンジーが寒がらないように暖かな環境を整えていくようにしましょう。防寒対策に最適なグッズについてもまとめました。ペット用の防寒対策グッズは色々あるため、お好みに合わせて選んでみてください。バセンジーに暖かな環境を提供して幸せに生活できるようにしてあげませんか?

ペット用ヒーター

寒がりなバセンジーにおすすめなのがペット用ヒーターです。電気式なので火傷の心配がなく、安心して使う事ができます。スイッチを入れればじんわりと暖かくなるのが魅力。人間は寒くなくても犬のために暖かくしたいという場合に役立つのではないでしょうか。

湯たんぽ

光熱費を節約したい時に役立つのが湯たんぽです。暖かいお湯が入っている事でじんわりと体が温まり、寒がりなバセンジーも快適に過ごす事ができるはず。バセンジーが寝ている毛布の中などに入れてあげて、防寒対策をしてみてください。

バセンジーは落ち着きのある犬

バセンジーはとても落ち着きがあり、飼いやすい犬です。初めて犬を飼う方にも最適なので、ぜひ検討してみてはいかがですか。適度な運動が必要な事、防寒対策が必要な事など基本的な飼い方について把握しておけば安心してバセンジーを飼う事ができます。バセンジーとの生活を満喫していきましょう。

犬に関連した記事はこちら

Thumbマルプーは成犬時のサイズや見た目は?価格相場や飼い方を解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbチワプーの成犬の大きさはどれくらい?特徴・性格と飼い方のポイントを解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【全32種類】テリア犬で人気なのは?それぞれの性格や特徴・飼い方も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-23 時点

新着一覧