【初心者編】スキーの滑り方と基本を徹底解説!正しい転び方も伝授

ボーゲンやターンなど初心者でもできるスキーの基本的な滑り方や転び方についてまとめました。初心者がスキーをする場合は基本の姿勢など滑り方を把握する事が大切。ボーゲンやターンの滑り方だけでなく転び方も覚えて初心者でもスキーを楽しみましょう。

【初心者編】スキーの滑り方と基本を徹底解説!正しい転び方も伝授

目次

  1. スキー初心者向け!滑り方を徹底解説
  2. スキー初心者の滑り方①基本
  3. スキー初心者の滑り方②滑り方
  4. スキー初心者の滑り方③転び方
  5. スキー初心者の滑り方④準備すべき物
  6. 初心者におすすめのスキーウェア
  7. 基本の滑り方をマスターしスキーを楽しもう!

スキー初心者向け!滑り方を徹底解説

ウィンタースポーツの代表格と言えばスキーです。冬が訪れると様々なスキー場がオープンし多くの人がスキーを楽しむ姿を見る事ができます。スイスイと気持ちよさそうにスキーをしている人を見ていると「自分もスキーをやってみたい!」と感じる方も多いのではないでしょうか。ゲレンデで上手にスキーをする事ができたら爽快感も大きいはずです。

初心者がスキーをする場合は様々な点で注意が必要。基本の滑り方や転び方について知らないと、スキーで危ない目に遭ってしまうかもしれません。スキーで危険な目に遭わないように、きちんと基本の滑り方・転び方についてチェックしておきましょう。基本の姿勢を覚えていれば、慣れれば慣れるほどスキーが上達していきます。

滑り方の基本をわかりやすく紹介

本記事では初心者におすすめしたい基本的なスキーの滑り方についてまとめました。ボーゲンやターンなど、スキーの滑り方において初心者が知っておくべき基本的な知識をご紹介するので、スキーをやりたい時の参考にしてみてはいかがですか。慣れていない初心者はスキーに対してハードルの高さを感じるかもしれませんが、きちんと基本を身につけていれば大丈夫です。

初心者がスキーをやる時は、周囲の人に対する気遣いも大切。スキー場には様々なコースがあり、初心者用から上級者用まで揃っています。初心者がいきなり上級者コースを滑ろうとすると失敗する可能性が大きく、他の上級者の迷惑になってしまうかもしれません。後ろから次々とスキーヤーが滑ってくる事を意識し、周囲のスキーの邪魔をしない事も大切です。

ボーゲンやターンといったスキーの基本的な滑り方を把握し、まずは初心者コースからスタートしていく事が重要なポイント。スキーは時間をかけて慣れていく事が上達の秘訣です。急に上級者にチャレンジするのではなく、ステップを踏みながら滑り方を学んでいくようにしましょう。そうする事で他の人に迷惑をかける事なくスキーを楽しむ事ができます。

初心者は転び方も重要!

スキーをする際には転び方も大切。転び方ができていないと、スキーをしている時に怪我をする事になってしまうかもしれません。滑り方だけでなく転び方も学んで、安全にスキーができるようにしていきましょう。初心者だったとしても基本の姿勢ができていれば、徐々に転ばずにスムーズにスキーを楽しむ事ができるようになります。

正しい転び方を知らないという事は、思わぬ事故につながる可能性もあるので注意が必要。正しい転び方をしない事で周囲の人に迷惑がかかってしまうかもしれません。スキーをやる時は自分だけでなく周囲の人もいる事を忘れないようにしましょう。せっかくの楽しいスキーが台無しになってしまう可能性もあります。

初心者でもスキーを楽しむ事ができるように知っておきたい滑り方・転び方を学んでいきましょう。思うように滑る事ができるようになれば、スキーの楽しさを更に深く知る事ができるようになるはずです。最初は難しく感じるかもしれませんが、ボーゲンやターンといった滑り方も慣れれば簡単になります。冬のゲレンデでスキーを満喫していきましょう。

Thumbスキー検定の完全版!受験資格や難易度・合格率など徹底解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スキー初心者の滑り方①基本

まずは、初心者が知っておきたいスキーの基本的な滑り方をご紹介します。スキーでは、基本を大切にする事が重要。基本の滑り方が分かっていないと、いつまで経っても初心者から上達する事ができません。基本をきちんと身に付ける事でスキーが滑りやすくなるので、徐々にステップアップしていきましょう。滑り方に慣れれば簡単にスキーを楽しめるようになります。

基本の姿勢

まずは、スキーの基本の姿勢からチェックしていきましょう。スキーをする時には姿勢を意識する事が大切です。姿勢が間違っていると、正しい滑り方をしようとしても思うような滑り方にならない可能性もあるので気をつけてください。初心者がスキーの滑り方に失敗するのには基本の姿勢が間違っている可能性があります。基本の姿勢を忘れずにスキーをしていきましょう。

スキーでは、軽く腰を下ろすようにするのが基本的な姿勢です。腰を下ろすと言っても、お尻がかかとよりも出ないようにしてください。お尻を出しすぎる姿勢だとスキー中に尻餅をつく原因になります。軽くしゃがむようなイメージで腰を下ろし、スキーの姿勢を整えましょう。

腰を下ろす事で姿勢が安定し、雪の上でも滑りやすくなります。この姿勢を忘れないようにしておけば、本格的な滑り方に入った時もマスターしやすくなるので姿勢はきちんと覚えておく事が大切。姿勢が整ったら、続いては基本の歩き方について見ていきましょう。

歩き方「開脚歩行」

スキーの基本の歩き方は「開脚歩行」になります。スキーの姿勢を整えたら、スキー板の前の方を開き、内側のエッジを雪に食い込ませるようにして歩きましょう。エッジを雪に食い込ませないとスキー板が滑ってしまうので、この点には注意をしてください。いきなり坂道で開脚歩行をするのではなく、平地で練習をするのがおすすめです。

開脚歩行に慣れてきたら、もうワンステップ進んでいきましょう。片足を軽く持ち上げ、もう片方に重心を向けてください。こうする事でスケートをするような感覚で滑り歩きをする事ができます。最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れてくればこの歩き方の方が早く進む事ができるのでスキーの滑り方の一環として覚えておくと良いでしょう。

スキー初心者の滑り方②滑り方

基本の姿勢・歩き方についてチェックする事ができたら、続いてはスキーの滑り方について見ていきましょう。スキーの基本的な滑り方としてはボーゲンとターンを挙げる事ができます。スキーでは、ボーゲンとターンさえ覚えていれば初心者でも簡単に滑る事ができるようになるのがポイント。

最初は初心者用コースできっちりとボーゲンとターンの滑り方を習得していきましょう。ボーゲンとターンに慣れてくれば、徐々にステップアップしていく事ができます。初心者の方は無理をせずに少しずつ滑り方に慣れていくようにしてください。

ボーゲンのやり方

初心者の滑り方で大切になるのがボーゲンです。ボーゲンをするために、まずはスキー板を八の字にしましょう。八の字にしたスキー板の先端は拳が1〜2個入るくらいに空けて、スキー板同士が当たらないようにします。腰は軽く落とし、後ろに重心を持っていくようにしてください。前に重心を持ってくると滑る速度が上がり危険なので、必ず重心は後ろにします。

このようにボーゲンの姿勢を取ると、スキー板が進んでいきます。最初は怖いと感じるかもしれませんが、初心者用の平らなコースであれば簡単にボーゲンをする事ができるようになるので頑張ってみましょう。スキー板の裏側で雪をとらえるような感覚で滑っていくと滑り方のコツを掴みやすくなります。

スピードが出てきたらスキー板の前の先端を閉じるようにし、内側のエッジに立てるようにしましょう。こうする事でボーゲンのスピードを調整する事ができます。初心者だとボーゲンをしている時にスピードが出過ぎてしまう事が多いので調整をしながら自分に最適なスピードになるようにしてみてください。

ターンのやり方

ボーゲンの滑り方を習得する事ができたら、続いてはスキーに欠かす事ができないターンについて学んでいきましょう。ターンも初心者が覚えておきたいスキーの滑り方の1つです。ターンをする事で綺麗に止まる事ができるので、ターンの基本をきちんと習得していきましょう。ターンをしたい時は、ターンをする方向にスキー板のエッジを立てます。

例えば、右側にターンをしたい場合は右側のエッジを立てるようにしましょう。そうして両方のスキー板を近づけるようにします。前屈姿勢をしながら、曲がる方向に重心を倒していくようにしてください。次に、反対側のエッジを立てるようにして重心を移動させターンをつなげていきます。重心を倒しすぎるとバランスが崩れるので、その点は調整しながら慣れていく事も大切です。

止まり方

初心者がスキーをする時に困るのが上手に止まれないという事です。ボーゲンで滑る事ができたとしても止まる事ができないと大変。最悪の場合、転んで止まるという事も初心者には多いですがせっかく滑るのであれば綺麗に止まれるようにする事が重要になります。ボーゲンをしながら止まる場合は、スキー板の先端を閉じるようにして内側のエッジを立てるようにしてください。

こうする事で徐々にスピードが減速し、止まる事ができます。初心者は緩やかな場所でボーゲンをし、止まる練習を繰り返し行うようにしてください。練習をする事で体が慣れていき、簡単に止まる事ができるようにします。

ターンによって止まる事もできます。スキー板を左右どちらかの方向に向けて、平行の形になるようにしてください。雪の斜面に対してスキー板を横に向ける事で止まれるので、ターンも基本の止まり方として習得するようにしましょう。斜面が急な場合やボーゲンの止まり方では止まりにくい時などはターンをして止まるようにすると止まりやすくなります。

Thumbニセコのスキー場は魅力たっぷり!特徴・おすすめの楽しみ方を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スキー初心者の滑り方③転び方

スキーをする時は格好良く滑り降りていきたいですが、初心者はどうしても転んでしまう事がよくあります。姿勢が崩れてしまったり、スピードが出過ぎてしまったり、といった事があった場合は転んで止まるのも1つの方法。無理をして滑るよりも正しい転び方で転んだ方が事故や怪我の心配がありません。基本の転び方を覚えて、安全にスキーができるようにしましょう。

お尻から横に転ぶ

スキーをしている時に転びそうになった場合は、お尻を左右どちらかに向けて転ぶようにしましょう。初心者の場合、お尻を後ろに向けた転び方になってしまいがちですが、それはNGです。右か左、どちらか転びやすい方にお尻を向けるようにしてください。滑り方を練習している時に正しい転び方も練習しておくと、いざという時に役立ちます。

地面は雪になっているので、転んだとしても痛くはありません。転ぶのを怖がってそのまま加速して滑り降りていく方が危険なので、スピードが制御できなくなっている時は臆せずに転ぶようにしましょう。正しい転び方をしていれば、怪我をする事なく止まる事ができます。

初心者はスキーでスピードの制御ができない事がよくあるため、止まる事ができなければ転ぶようにしてください。転び方を覚えていれば、いざという時も安心して止まる事ができます。

転んだ時の起き上がり方

基本的な転び方をマスターする事ができたら、次は立ち方についてもチェックしていきましょう。転んでしまった場合は、ストックを両脇に立てましょう。スキー板は斜面に対して横向きになるようにしてください。縦向きにすると、立った時にそのまま滑ってしまいます。ストックを体の支えにして立ち上げるようにすれば、簡単に立つ事ができるのではないでしょうか。

立ち上がる事ができたら、再び滑る姿勢を整えていきましょう。基本のボーゲンをするためにスキー板を八の字に曲げて滑り始めます。初心者の場合は滑る、転ぶ、滑る、といった事を繰り返す事も多いですが諦めずに続けていく事が大切。正しい滑り方・転び方を覚えていれば安心して滑る事ができるようになるので、失敗しても続けていくようにしてみてください。

後ろに転んではいけない理由

スキーでやってはいけないのが後ろにお尻をつける転び方です。初心者の場合、つい間違った転び方をしてしまう場合もあるので気をつけてください。なぜ、この転び方がNGなのかと言うと、後ろにお尻をつける事でどんどん滑っていってしまうからです。左右のどちらかにお尻をつけていれば滑る事はありませんが、後ろにお尻をつけると滑りやすくなるので注意してください。

お尻は後ろにはつけず、左右どちらかに下ろしつつスキー板は斜面に対して横になるようにしましょう。スキー板が斜面に対して縦方向になった状態でお尻を後ろにつける転び方をするのは危ないので避けてください。

もし、後ろにお尻をつけてしまった場合は早めに体を左右どちらかに倒すようにします。最初は慣れない方もしれませんが練習すれば転び方もマスターする事ができるでしょう。

スキー初心者の滑り方④準備すべき物

基本の滑り方・転び方の次はスキーに必要な道具についてチェックしていきましょう。初心者だとスキーに必要な物を忘れてしまいがちですが、事前に準備リストを作っておけば安心です。スキー場ではレンタルをする事ができる場合がほとんどなので、初心者ならレンタルで道具を揃えるのもおすすめ。やりやすい方法で道具を集めてみてください。

スキー板

まずは、スキー板を選んでいきましょう。スキー板には、従来の長さのタイプと最近主流となりつつある短めのカービングタイプの2種類があります。操作がしやすいのはカービングタイプと言われているので、初心者にもカービングタイプのスキー板がおすすめ。自分の体型に合わせて長すぎないスキー板を選ぶ事で初心者でも滑りやすくなります。

スキーブーツ

スキーブーツには柔らかいタイプと硬いタイプがあります。スキーブーツに数字が表示されているので、履きやすいタイプを選んでいきましょう。数字が低いほど柔らかいスキーブーツになります。初心者には80〜100くらいのスキーブーツがおすすめ。スキーブーツを選ぶ時は必ず試着をしてください。試着をして自分の足にフィットしているか確かめる事が大切です。

ストック

体のバランスを取ったり、転んでしまった時に体を支えるのに使うのがストックです。ストックにも様々な種類があり、カーボン製やアルミ製、グラスファイバー製などの素材が一般的。上級者用には長さを調整する事ができるストックもあります。初心者ならアルミ製で固定式のストックで十分。ストックの長さは身長に対して70%くらいが丁度良いと言われています。

ウェア

とても寒いスキー場では専用のウェアが欠かせません。ウェアもレンタルされている場合が多く、初心者ならレンタルウェアを利用するのも良いかもしれません。ウェアは目立つのでデザインと機能性の両方をチェックするのがおすすめ。好みのデザインのウェアを見つけたら、必ず試着をしてください。動きやすさと確認し、スキーがしやすい状態を整えるようにします。

ゴーグル

雪は紫外線を置く反射するので、影響を避けるためにゴーグルをするのがおすすめです。上級者はサングラスをかける人もいますが、初心者がスキーをする場合は転倒して取れてしまう事がほとんどなので、固定をする事ができるゴーグルが最適。ゴーグルは試着をし、鼻周りや顔にフィットしているかチェックします。隙間があると空気が入って曇ってしまうので気をつけてください。

グローブ

スキーをする時には専用のグローブを準備するのがおすすめです。通常の手袋だと転倒した時に雪が入り込み、すぐに濡れてしまいます。防水性が高いスキー用のグローブであればそういった心配がないので、防水性にはこだわってください。また、手先が冷たくならないように保温性のあるグローブを選ぶのもポイント。必ず試着をし、手にフィットするか確認します。

その他

スキーをする場合は、その他にも準備しておきたいグッズが色々あります。帽子はニット製がスキーにおすすめ。耳まで隠れるようなニット帽にすれば、スキーで滑っている時に耳が冷たくなるのを防ぐ事ができます。初心者の場合は転んですぐに濡れてしまうので、傷んでも構わないタイプのニット帽を選ぶと良いのではないでしょうか。

スキーをする上で欠かす事ができないのがビンディング。これは、スキー板とスキーブーツを固定するための道具になります。初心者の場合は、スキー板とビンディングがセットになった物を選ぶと間違いがありません。上級者になってくると自分好みのビンディングを取り付ける事もありますが、まずはセットから初めて滑りに慣れるようにしてみてください。

Thumb札幌近辺のおすすめスキー場10選!無料送迎バスのあるゲレンデも | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

初心者におすすめのスキーウェア

最後に初心者におすすめのスキーウェアについてチェックしていきましょう。スキーの楽しみの1つと言えばスキーウェア選びでず。上手に滑れるようになるのはもちろんの事、おしゃれなスキーウェアでコーディネートを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。そんな時にぴったりなスキーウェアをご紹介するので参考にしてみてください。

スキーウェアの選び方

スキーウェアでは機能性がとても大切になります。初心者は転んで濡れてしまう事が多いのに加えて、急な悪天候によって吹雪が起こる事もあるので、耐水性・保温性に優れたスキーウェアを選ぶようにしてください。機能性の低いスキーウェアを選ぶと体がすぐに濡れて風邪をひくリスクも高まります。楽しくスキーをするために機能性にはこだわってみましょう。

動きやすいかどうかもスキーウェアを選ぶ時の基準になります。スキーウェアを試着し、体を動かしてみましょう。スムーズに体を動かす事ができれば大丈夫です。また、スキーウェアはデザインも大切。どんなに機能性が高くても好みのデザインでないとスキーをする時の気分が盛り上がらないかもしれません。好みのタイプのデザインをじっくり探してみてください。

DESCENTE

スキーウェアとしておすすめしたいのがDESCENTEです。日本で1935年に創業した老舗のスキーウェアメーカーとして知られており、オリンピック選手のスポンサーのスキーウェアにも指定されているのが特徴。品質の高いスキーウェアが揃い、スキー上級者からの人気も高いです。

快適性や運動性を追求したDESCENTEのスキーウェアはどれも着心地が良く、スキーをする上で必要な機能性を全て兼ね備えていると言われています。スキー初心者の場合もDESCENTEを選んでおけば間違いがないでしょう。様々なデザインが揃っているので、お好みに合わせて選んでみてください。

phenix

phenixも日本のスキーウェアメーカーで、1952年に創業しました。ノルウェーアルぺンスキーチームのオフィシャルサプライヤーでもあり、ハイクオリティなスキーウェアは世界中のスキー愛好家から人気を集めています。機能性が高いだけでなくおしゃれなスキーウェアが充実しているのが嬉しいポイント。

GOLDWIN

なるべくリーズナブルな値段で高品質なスキーウェアを手に入れたい場合はGOLDWINを利用してみましょう。機能性を兼ね備えつつ、上記2つのブランドよりも安めの値段でスキーウェアを販売しています。初心者でまずスキーウェアを揃えたいという場合はGOLDWINを選んでみるのも良いかもしれません。

基本の滑り方をマスターしスキーを楽しもう!

初心者がスキーをする場合は、基本の滑り方をマスターする事が大切になります。最初は難しいと感じる事があるかもしれませんが、基本をマスターしていけば徐々に慣れていくのではないでしょうか。ボーゲンやターンといった基本の滑り方を覚えておく事で、様々な滑り方に応用する事ができるようになります。

初心者は転び方もスキーでは大切。安全な転び方も学んで、心配なくスキーができるようにしましょう。ぜひお好みのゲレンデでスキーを満喫してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧