猫に効果的なダイエット方法!体重管理しやすい優秀なフードも紹介

猫のダイエットにおすすめしたい方法やダイエットに最適なフードについてまとめました。栄養豊富で添加物が少ない低下カロリーダイエットフードを取り入れ、適度な頻度で運動をする事が猫には大切。猫にぴったりなダイエット方法を取り入れていきましょう。

猫に効果的なダイエット方法!体重管理しやすい優秀なフードも紹介

目次

  1. 猫のダイエット方法を徹底紹介!
  2. 計画を立てて無理なく減量
  3. 食事制限によるダイエット方法と注意点
  4. 運動によるダイエット方法と注意点
  5. 無理なダイエットによる体調不良
  6. 体重管理しやすいダイエットフード10選
  7. 猫用のダイエットグッズ5選
  8. 愛猫の体重管理は飼い主の役目

猫のダイエット方法を徹底紹介!

猫を飼っていると、子猫の時は痩せていたのに成猫になってから「太ってきたな」と感じる事はありませんか?可愛い猫だからこそ、ついついご飯をあげすぎてしまったり、おやつをたくさんあげてしまう事もあります。しかし、猫が太りすぎると心臓病や糖尿病など様々な病気の原因になってしまうので注意が必要。丸々とした猫は可愛いですが、ダイエットが必要です。

本記事では、猫におすすめのダイエット方法や低カロリーで栄養豊富なおすすめダイエットフードについてまとめました。健康的にダイエットをするためには、最適な頻度の運動と栄養満点で添加物の少ない低カロリーフードが重要になります。

猫は元々太りやすい動物

実は、猫は元々太りやすい動物です。その理由は、猫の起源にあります。猫の祖先は砂漠地帯で誕生しました。過酷な砂漠の環境下でも生き残る事ができるように猫はエネルギー代謝の低い省エネタイプの動物へと進化。その名残が現在も残り、他の動物と比べるとエネルギー代謝が低く太りやすい傾向にあります。また、歳を重ねるごとに運動をする頻度が減り太りやすくなるのも特徴。

そして、冬がやってくると寒さに備えるために猫は脂肪を蓄えるようになります。しかし、家猫の場合は厳しい寒さに晒される事はないので蓄えられた脂肪はそのままとなり、太る原因に。そのまま冬を越すと、太った状態で春を迎える事になります。こうした事が理由となり猫は太りやすいので、飼い主が意識してダイエットさせる事が大切です。

猫の肥満の原因とリスク

「太って丸々としている猫は可愛いから、このままでも十分では?」と思いがちですが肥満は様々なリスクを猫にもたらします。肥満になると心臓に負担がかかり、心臓病になりやすくなると言われているのが問題。また、糖尿病にもなりやすくなるとされています。こうした病気にかかる事で猫の寿命が短くなってしまうかもしれません。

猫が太っていると感じたら早めにダイエットをするのがおすすめ。猫は歳を取ると運動をする頻度が減るので、ダイエットもしづらくなってしまいます。若いうちから引き締まった体型を手に入れておく事で年齢を重ねても健康的な状態を保つ事ができるようになるため、ダイエットを行なっていきましょう。

愛猫が肥満かどうかの調べ方

猫の肥満度は体重だけでは測る事はできません。骨格がしっかりとした大型の猫と小型の猫とでは同じ体重でも肥満度は全く変わってきます。愛猫が太っているかどうか、まずはセルフチェックしていくのがおすすめ。

まずは、猫を真上から見てみましょう。真上から見た時に肩よりもお腹が出ていたら肥満のサイン。また、肋骨の付近を触った時に脂肪でどこにあるのかわからなかった肥満と言えます。猫に触れて、太っているかどうか確認してみてください。明らかに脂肪が多い場合はダイエットを行なっていきましょう。

Thumbかぎしっぽの猫は幸運を運ぶ?変わった形になる原因と理由は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

計画を立てて無理なく減量

愛猫のダイエットを決意したら、ダイエット計画を立てていくのがおすすめです。急にダイエットをさせようとしたとしても、猫にとってストレスになってしまうので注意が必要。猫にとってはダイエットという概念がないので、人間が無理をさせる事で猫のストレスになります。どのようにしてダイエットを行えば猫のストレスにならないのか考えながら計画をしてみてください。

猫にとって理想的な体型と体重

最初にチェックしておきたいのが猫にとって理想的な体重と体型です。ダイエットをする場合は、理想体重と体型を把握した上で、それを目指すように計画を立てるのがおすすめ。どんなにダイエットをする事ができたとしても栄養バランスが偏り、適正体重とは異なる値になってしまっては意味がありません。

猫にとって理想的な体型は、上から見た時に肩よりもお腹が出ておらず、くびれが出ているのがポイント。また、肋骨に触れた時に適度な脂肪を感じ、骨にも触れる事ができるのが理想です。もし、猫にくびれがなく脂肪しか触らない場合は太りすぎ。猫にとっての理想体重は3~5kg程度とされています。体重だけでなく体型もチェックしながらダイエットを行うと痩せすぎを防げます。

1ヶ月に体重の2~6%の減量がいい

猫のダイエットをしようとして無理に痩せさせようとするのはストレスになるのでおすすめできません。人間と同じように、過度なダイエットは猫にとって負担になってしまいます。猫のダイエットをする場合は、1ヶ月に体重の2〜6%を減量をする方法にしていきましょう。

このくらいを目安に最適な頻度の運動・栄養バランスの取れた食事を行う方法ならストレスが溜まらず猫の健康面においてもベストなダイエットになります。

1週間毎に体重の変化を確認する

猫のダイエットを成功させるためには、1週間ごとに体重の変化を確認する方法がおすすめです。1週間にどの程度ダイエットをする事ができたのかチェックして、記録を取っておきましょう。もし、ダイエット中に体重が落ち過ぎているようなら病気の可能性もあります。そういった時は動物病院に相談をしてください。ダイエット記録を取る事は猫の健康管理にも繋がります。

急激なダイエットはストレスの原因

「太っているから早くダイエットをしなければならない」と思って、急にご飯を減らしたし、無理に運動させたりするのはやめましょう。こうした過度なダイエットはおすすめできません。過度なダイエットを行う事によって猫のストレスとなり、健康面にも悪影響が出るかもしれません。ストレスを減らす方法を取り入れながらダイエットをする事が大切です。

ストレスがかかり過ぎると何らかの病気の原因になる事もあり、せっかくのダイエットも台無しです。猫のダイエットは健康のため。それなのにストレスで猫の健康を害するような結果となったら本末転倒です。そういった事にならないように、猫がストレスを感じない方法でダイエットをするようにしてください。ストレスフリーのダイエット方法なら心配なく続けられます。

食事制限によるダイエット方法と注意点

猫のダイエットは基本的に食事による方法がおすすめです。猫が肥満になる主な原因は、1日あたりのカロリーの摂取量が多過ぎという場合が多いため、カロリー制限を行う事で効率的なダイエットに繋げられるのではないでしょうか。カロリー制限を行いつつ、栄養バランスを整えた食事を猫に与える事がダイエットにおいては欠かす事ができません。

低カロリーかつ栄養豊富・無添加のダイエットフードを取り入れていけば、猫は自然と痩せる事ができます。こうした事を踏まえた上でカロリーを調整しながら猫のダイエットを行なっていきましょう。

愛猫に合った摂取カロリーを計算する

まずは、愛猫に合った摂取カロリーを計算していきましょう。どのくらいのカロリーであれば適正なのか把握しておけば、ダイエット中の食事の量やカロリーを調整しやすくなります。1日に必要な摂取カロリーは、計算式で出してください。30×理想体重(kg)+70をまずは計算しましょう。計算して出てきた数値が1日に必要な摂取カロリーとなります。

計算で使用する体重は理想体重なので間違えないようにカロリー計算をしていきましょう。ただし、カロリー計算はあくまで目安です。猫の体型や脂肪のつき方を見ながら柔軟に変えてみてください。無理なカロリー制限は猫の負担になるので注意が必要です。

栄養バランスに注意する

猫のダイエットで大切になるのが栄養バランスです。どんなにカロリーを減らしたとしても、栄養バランスが偏っていては意味がありません。栄養の偏りによって猫の健康が損なわれ、病気になりやすくなってしまう可能性があります。カロリーを減らすのと同時に、栄養バランスにも注意してください。毎日食べる物だからこそ、栄養を整える事が大切です。

おやつは量を減らして回数を増やす

飼い主によっては、猫におやつを与えている場合もあるかもしれません。しかし、おやつによって1日のカロリー摂取量をオーバーしてしまう可能性があるので、ダイエット中におやつのあげ過ぎには注意が必要です。おやつをあげる場合は、普段の食事のカロリーと一緒に計算をして、カロリーオーバーにならないようにしてください。

ただし、いつもあげていたおやつの量をいきなり減らすと猫が十分な満足感を得られる事ができません。おやつの一回分の量を減らし、与える回数を増やしましょう。こうする事で猫がたくさんおやつを食べていると錯覚し、おやつの量を減らしても気がづきにくくなります。カロリーを抑えながら、猫が満足できる工夫をする事が大切です。

市販のダイエットフードへ切り替える

栄養バランスを整えながらカロリーを抑える時におすすめなのが市販のダイエットフードです。猫用のダイエットフードは様々なメーカーから出ており、効率的なダイエットに役立ちます。ダイエットフードを選ぶ時は、カロリー量と含まれている栄養、添加物についてチェックする事が重要。カロリー控えめで栄養豊富・添加物の少ないダイエットフードがおすすめです。

猫用のダイエットフードの中には嗜好性を高めるために添加物を使っている事がありますが、添加物が多いダイエットフードは健康にはあまり良くありません。なるべく添加物が少なく、猫に必要な栄養を摂取できるダイエットフードを中心に選んでいくようにしてください。無添加で栄養の高いダイエットフードはたくさんあるので、ぜひ取り入れてみましょう。

成長期の猫への食事制限はNG

成長期の猫にはダイエットはしないようにしましょう。猫は1歳前後に体が成熟し、最適な体重になると言われています。1歳未満の猫がダイエットをすると必要な栄養を摂取する事ができず、体の弱い猫になってしまうかもしれません。成長期は十分に栄養を摂取し、体を作る事が大切です。

成長期は猫によって異なり、2歳くらいまで続く事もあるので2〜3歳を目安に肥満になっていないかチェックしてください。肥満傾向が見られたら、ダイエットをしていきましょう。

Thumb手作りベッドを愛猫にプレゼント!簡単な作り方とアイディア集も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

運動によるダイエット方法と注意点

食事制限によるダイエットの他に、運動によるダイエットも猫には必要となります。猫は年齢を重ねるごとに体を動かす機会が減っていき、肥満の原因となるため注意が必要。若いうちは好奇心を刺激する事で動くようになるかもしれませんが、年齢を重ねた猫の場合は無理に運動させない事も大切です。食事と適切な頻度の運動で健康的にダイエットをするようにしてください。

キャットタワーで上下運動を増やす

猫に必要な運動として上げられるのが上下運動です。猫は上がったり下がったりといった運動を得意としており、そのきっかけを作ってあげる事で運動しやすくなるのではないでしょうか。上下運動におすすめなのがキャットタワーです。キャットタワーを設置する事で猫が自然と上下運動を行い、適切な頻度の運動をしやすくなります。

キャットタワーがない場合は設置してみてください。費用に余裕がある場合は、キャットウォークを設置するのもおすすめです。キャットウォークがある事で上下運動がしやすくなり、猫の好奇心も刺激する事ができます。

運動嫌いな猫へは飼い主からアプローチ

肥満傾向の猫は自分で動くのを面倒に感じる場合が多いです。そのため、運動の頻度が減ってますます太ってしまうので注意しておきましょう。そのような猫は、飼い主から遊ぶようにアプローチしていくのがおすすめです。猫の本能を刺激するように運動を促していけば、運動の頻度を増やす事ができます。

飼い主がおもちゃを持って猫の目の前で動かすなど、積極的に運動に誘ってみてください。猫が運動しやすいと言われているのが空腹時。お腹が空いている時は猫の狩猟本能が刺激されやすいので、運動の頻度がアップします。ご飯前の時間帯に運動に誘ってみてください。

毎日の運動は1回15分程度がいい

猫の集中力が続くのは15分程度と言われています。どんなに運動に誘ったとしても15分以上経過すると集中力が切れて思うように運動してくれません。集中力が続いていないのに無理に運動させようとすると猫のストレスになるので気をつけてください。1日あたり15分を目安に適切な頻度で運動を行うようにしましょう。そうする事で、効率的なダイエットになります。

運動させる場所の床に注意する

運動によるダイエットで気をつけておきたいのが、運動をする時の床です。床が滑りやすいフローリングの場合、運動に夢中になっている猫が滑って関節などを痛める原因になるかもしれません。また、何かしらの障害物が床に置いてあると猫が走った時に当たってしまう可能性もあります。床は滑らないようにマットを敷き、障害物は取り除いておくのがおすすめです。

無理なダイエットによる体調不良

猫がダイエットをする場合に気をつけておきたいのが無理なダイエットです。食事やおやつの頻度を急に落としたり、無理な運動をする事でストレスとなり猫の健康を害してしまうかもしれません。

猫の健康を気遣ってダイエットしたとしてもストレスが溜まっては意味がないので、その点には注意をしてください。無理なダイエット方法による体調不良についてチェックしていきましょう。その上で適切なダイエット方法を取り入れて、ストレスのない健康的なダイエットにしていく事が大切です。

急激な食事制限による脂肪肝

猫のダイエット方法ではカロリー制限をする事が多いかもしれませんが、食事を減らし過ぎると脂肪肝の危険性が出てきます。食事の量を極端に減らすと体内のインシュリン値が下がり、肝臓内に脂肪を蓄積しやすくなるのが問題。肝臓内に脂肪が蓄積された状態を脂肪肝と呼び、悪化すると肝機能不全を引き起こす可能性が高くなります。猫の命に関わる事にもなるので気をつけてください。

慣れないダイエットフードによる下痢

新しいダイエットフードを取り入れた場合に起きやすいのが、慣れないフードによる下痢です。急に全く新しいフードに変えると、体に合わず下痢になってしまうかもしれません。急にフードを変えるのではなく、既存のフードに少しずつ混ぜて様子を見るようにしてください。

少しずつ新しいフードの量を増やし、体調に問題がなければ続けて大丈夫です。もし、下痢のような体調不良が見られたらそのフードは体に合わない可能性が高いので、他のフードを探すようにするのがおすすめ。

栄養不足による体調不良

猫のダイエットで特に注意しておきたいのが栄養不足です。カロリー制限をして食事の量を減らすと、十分な栄養を取る事ができません。ダイエットをする場合は栄養を最優先に考え、適切なカロリー量を守るようにしてください。添加物が少なく栄養豊富なダイエットフードであれば、カロリーを抑えても必要な栄養を取りやすくなります。

Thumbハチワレ猫が縁起がいい理由とは?かわいい画像と性格・特徴も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

体重管理しやすいダイエットフード10選

続いては、ダイエットにおすすめしたい猫用のフードについて見ていきましょう。体重管理に役立つ栄養豊富なダイエットフードは色々あるので、猫の体調に合わせて選んでみてください。最適なフードを見つける事ができれば、健康的なダイエットに役立つはずです。

無添加オーガニックが魅力の「アーガイルディッシュワトル・キャット」

まずおすすめしたいのが無添加オーガニックが魅力的なアーガイルディッシュワトル・キャット(100gあたり365kcal)です。ラムやカンガルーの低カロリーな赤身肉をメインに使い、オーガニック食材にこだわったフード。チアシードを始めとした栄養豊富な食物繊維も含み、健康管理に役立ちます。

グレインフリーでおすすめ「サーモンブルーキャット」

サーモンブルーキャット(100gあたり400kcal)は、保存料・着色料といった添加物を使用していない体に優しいダイエットフード。オメガ3脂肪酸が豊富な天然サーモンを始めとした栄養豊富な食材を使い、食物アレルギーの猫でも安心なグレインフリーです。

栄養豊富な「ナウフレッシュ ウェイトマネジメント」

ナウフレッシュ ウェイトマネジメント(100gあたり325kcal)は鴨肉や七面鳥、サーモンといった良質なタンパク質を用いた栄養豊富なフードとして人気です。オメガオイルやタウリンも含まれ、シニア猫の健康を維持するのにも役立ちます。

添加物を極力使用しない「ニュートロ 穀物フリーアダルトサーモン」

ニュートロ穀物フリーアダルトサーモン(100gあたり380kcal)は、着色料や合成酸化防止剤といった添加物を使用しないのが魅力のフード。リノール酸やビタミンC、食物繊維といった栄養も豊富で猫のダイエットに最適です。

ビタミンと食物繊維豊富「オソピュア グレインフリーフィーラインサーモン&ガルバンゾー」

オソピュア グレインフリーフィーラインサーモン&ガルバンゾー(100gあたり386kcal)は、食物繊維やビタミンを豊富に含んだプレミアムペットフードになっています。トウモロコシや小麦を含んでいないので、アレルギーが気になる猫も安心です。

動物性タンパク質を数種類配合「オリジン フィット&トリムキャット」

タラやニシン、卵、七面鳥など様々なタンパク質を含んでいるのがオリジン フィット&トリムキャット(100gあたり375kcal)。筋肉の成長を促進し、適切な頻度の運動を行う事で引き締まった体つきへとダイエットをする事ができます。

チキンやサーモンをたっぷり使った「ジャガーキャットフード」

ジャガーキャットフード(100gあたり383kcal)は、サーモンや鶏肉などのタンパク質が全体で80%以上含んだ良質なペットフードです。また、朝鮮人参やマルベリーなどの健康食材を使用しているのも嬉しいポイント。

乳酸菌配合で腸内環境が整う「ウェルネス室内猫用サーモン」

ウェルネス室内猫用サーモン(100gあたり310kcal)は天然由来の酸化防止剤を使うなど、添加物に気を使っているのが魅力。良質なタンパク質の他に4種類の乳酸菌を配合し、お腹の調子を整えてくれます。便秘気味の猫にもおすすめ。

契約農家から仕入れた安全な食材使用「ワイルドプレイリーキャット」

ワイルドプレイリーキャット(100gあたり377kcal)は契約農家から仕入れた良質な食材のみを使用しているのが特徴です。穀物を使用せず、フルーツや野菜で栄養バランスを整えているのが特徴。上質なタンパク質も豊富に含みます。

チキンやサーモンオイルで健康的にダイエット「カナガンキャットフードチキン」

カナガンキャットフードチキン(100gあたり360kcal)は消化に良く高タンパクな鶏肉とサーモンオイルを配合する事で健康的なダイエットをサポート。少量ずつ生産しているので常に新鮮なフードを提供してくれるのも大きな魅力です。

猫用のダイエットグッズ5選

猫がダイエットをするためには適切な頻度の運動も重要になります。猫がなかなか運動をしてくれない時は、好奇心を刺激するおもちゃを使っていきましょう。ダイエットに最適なおすすめのおもちゃをご紹介します。

猫が遊ぶ頻度が高くなる「じゃれ猫 びょ〜ん」

猫の遊ぶ頻度が高くなると評判なのが、「じゃれ猫びょ〜ん」です。ワイヤーがついている事で予測不能な動きをするのがポイント。手で持って動かすだけで、猫の好奇心を刺激するような動きをしてくれます。

好奇心をくすぐる「カシャカシャぶんぶん トンボ」

「カシャカシャぶんぶん トンボ」はトンボの人形がついた釣竿のようなおもちゃです。トンボの人形を動かす事で猫の狩猟本能が刺激され、活発に運動してくれると評判。トンボの羽が音を出すのも猫の興味を引くポイントです。

猫の狩猟本能をくすぐる「ネズミ型ラジコン」

猫の狩猟本能をくすぐりたい時には、「ネズミ型ラジコン」を使ってみましょう。ネズミ型のラジコンをリモコンで操作する事で猫の運動を促す事ができます。色々な方向に動かす事で猫が楽しく遊べるので、工夫してみてください。

多頭飼いにもおすすめ「にゃんとも気になるドーナツ」

「にゃんとも気になるドーナツ」はドーナツ状のケース中でボールが動くおもちゃです。ボールに興味が惹かれ、猫が楽しく運動する事ができます。同時に何頭か遊ぶ事ができるので、多頭飼いの家庭にもおすすめ。

おとなしい猫も夢中になる「けりぐるみ」

おとなしい猫も夢中になって運動したと話題なのが「けりぐるみ」です。猫に与えると、前足で抑えて後ろ足でケリケリ運動をします。ケリケリ運動をしている様子も可愛いので、見ている飼い主も癒されるのではないでしょうか。

愛猫の体重管理は飼い主の役目

猫が肥満になっていると感じたら、早めにダイエットをするのがおすすめです。適正体重をチェックし、適切な摂取カロリーを把握しておきましょう。栄養バランスに気をつけ、適度な運動をする事で健康的にダイエットができるので心がけてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-07-02 時点

新着一覧