木内みどりさんが急性心臓死のため69歳で死去!公式ツイッターで発表!

女優の木内みどりさんが死去されたというニュースが入ってきました。木内みどりさんはまだ69歳だったということも分かっており、その死因は急性心臓死だったということです。公式ツイッターで知らされた木内みどりさんの死去について画像とともにまとめていきます。

木内みどりさんが急性心臓死のため69歳で死去!公式ツイッターで発表!

目次

  1. 木内みどりさん69歳で死去の旧姓心臓死について迫る
  2. 劇団四季から女優へ!木内みどりさんの経歴
  3. 公式ツイッターに投稿された木内みどりさんの死去
  4. 木内みどりさんが死去した急性心臓死とは?
  5. 69歳という若さで亡くなった木内みどりさんにファンの声は?
  6. 名女優・木内みどりさんの冥福を祈ろう

木内みどりさん69歳で死去の旧姓心臓死について迫る

名女優として政治への働きかけもしていた木内みどりさんが死去

2018年のNHK大河ラマ「西郷どん」にも出演していた女優の木内みどりさんが、11月18日未明に広島市内のホテルで死去したというニュースが飛び込んできました。木内みどりさんは、前日の17日には自身の画像を公式ツイッターで投稿し、その日の仕事内容を伝えていました。木内みどりさんが死去した死因の「急性心臓死」がどんなものなのかもまとめていきます。

また、日本のドラマや映画、演劇など芸能界で、名脇役で名女優とも言われてきた木内みどりさんの今までの経歴についても見ていきましょう。そして、女優業の傍ら、福島で起きた原発事故への再稼働反対運動や、政治では山本太郎さんの「れいわ新選組」への応援など、社会活動にも力を入れてきた人物でもありました。そんな木内みどりさんの今までを振り返ります。

そして、本当に急に亡くなられたということで、木内みどりさんの意思もあり、すでに家族葬で葬儀は終えているようです。今後のお別れの会などの状況や、木内みどりさんが死去したことに対しての家族のコメントや、ファンからの声なども後半でまとめていきます。まずは、木内みどりさんのプロフィールと経歴を、公式ツイッターや画像と合わせながら見ていきましょう。

木内みどりさんのプロフィール

愛称:???
本名:水野みどり(旧姓:木内)
生年月日:1950年9月25日-2019年11月18日
現在年齢:69歳没
出身地:愛知県名古屋市
血液型:O型
身長:167㎝
体重:???
活動内容:女優
所属グループ:ノルブリンカ・ジャパン
事務所:???
家族構成:水野誠一(夫)、水野頌子(娘)、水野成夫(義父)

劇団四季から女優へ!木内みどりさんの経歴

様々な演技でファンを魅了してきた木内みどりさんの画像

それではここからは木内みどり(きうちみどり)さんの経歴についてまとめていきます。木内みどりさんは、1950年9月25日に愛知県名古屋市の聖霊病院で生まれ、2019年11月18日に死去となりましたが、69歳という若さでした。その幼少期は、生命保険会社の支店長をしていた父の影響で、名古屋から千葉、岐阜や鹿児島と各地を転々としながら育った少女だったようです。

小学校1年で名古屋を後にした木内みどりさんは、中学時代は東京に移動していたようで、日大二高を中退しています。そして、知らない人もいるかもしれませんが、女優として長く活躍してきた木内みどりさんは、劇団四季の出身です。16歳の時に高校を中退した後、劇団四季に入団し21歳前後まで活動し、その1971年に『「されどわれらが日々―」より別れの詩』で映画デビューしています。

舞台や映画、ドラマなどにも出演の多かった木内みどりさんですが、若かりしころはCMにも出演しており、明治乳業「トーストソフト」や明治製菓のビスケットなどのCMで、1983年には好感度ランキングで7位に入っていました。また演技だけでなく、木内みどりバンドを結成しパーカッションを担当していたという過去もあるようです。

最近では役作りのために白い髪が印象的な木内みどりさんでしたが、ダライ・ラマ法王が来日した際に司会を務めたことから「ノルブリンカ・ジャパン」を坂本龍一と夫の水野誠一と設立しています。また、2011年に起きた福島の原発事故から、原発再稼働の反対運動にも力を注いでおり、木内みどりさんのスピーチなどを聞かれたことがある人も多いかもしれません。

また2019年は、第25回参議院議員通常選挙で「れいわ新選組」という山本太郎議員の率いる主要イベントで司会を務めたことから、木内みどりさんの公式ツイッターでは、その「れいわ新選組」の応援や支持するツイートが多く見られていました。原発に対しても、日本人が忘れないように、政治に関しては、きちんと意思表示することを世間に言い続けていた姿がとても印象的でした。

こうした社会活動を見た若者や、その活動をしている人たちとも積極的に関わっていた木内みどりさんは、公式ツイッターで沢山の人とやり取りしていました。今の日本を変えられるのは、そこで生活している私たちでしかない、という熱いメッセージは多くの若者にも影響を与えていました。全身全霊でその命を燃やしていたからこそ、69歳という若さで死去したのかもしれません。

公式ツイッターに投稿された木内みどりさんの死去

木内みどりさんの死去は公式ツイッターで知らされすでに家族葬済み

ここからは、女優木内みどりさんの死去の詳細についてまとめていきます。夫である元参議院議員で元西武百貨店社長の水野誠一さんと、2018年のNHK大河ラマ「西郷どん」に出演した話も、この年齢でも仕事があることがありがたいと話していたというエピソードがある木内みどりさんですが、11月18日に出張先の広島市内のホテルで、未明に死去されてしまいました。

公式ツイッターで知らされた死去の報告は、多くのファンや政治や原発問題に対する行動で繋がった人々に驚きと悲しみを与えました。上の画像は、木内みどりさんの公式ツイッターのものですが、日々の出来事などを動画で投稿したりもしており、積極的にTwitterを言う存在を駆使していたのも話題となっています。SNS時代といわれる今、69歳でありながらも新しいことを吸収していました。

本人の希望で通夜・告別式はなく家族葬で

30年間人生を共に歩んできた伴侶・木内みどりが去る11月18日未明、仕事先の広島で急逝いたしました。白洲次郎の遺言「葬式無用、戒名不要」を理想としていたみどりの予てからの希望どおり、お別れはすでに家族のみで済ませ、葬儀や告別式は行わないことといたしました。

69歳という若さで死去した木内みどりさんですが、生前から白洲次郎の遺言にもある「葬式無用、戒名不要」ということを理想としていたようで、すでに家族葬でお別れは済んでいるようです。その為、葬儀や告別式はせず、近親者のみの家族葬にしたということを夫の水野誠一さんがフェイスブックに投稿していました。家族葬を選んだのも木内みどりさんらしいと言えるでしょう。

本位の希望に沿って、家族葬にしたということですが、ファンや関わった人たちのために何か、お別れの会という形は考えているようです。今後、「木内みどり・お別れ会」についての情報は、詳細が決まり次第、公式ツイッターや、夫の水野誠一さんのフェイスブックでも、発表があるようですので、気になる方はチェックしてみてください。

最後の投稿となった公式ツイッターの木内みどりさんの画像

母が亡くなりました。でも、ひとり旅先ですっといなくなってしまうなんていかにも母らしく、70代にならず潔くいち抜けするところがかっこよくて、その見事さに少し笑ってしまったし、母のことをこれまで以上に大好きになりました。きっと母自身も「わたしも驚いた!」と言いつつも、この終え方を気に入っていると思います。よろしければ、お別れ会で、皆様から見た母のことを聞かせてください。水野頌子

また、この上の引用は、木内みどりさんの娘の水野頌子さんのコメントです。父親である水野誠一さんんおフェイスブック上で、親子で連ねたコメントでは、悲しみを書きながらも、その死に様は木内みどりという一人の女優らしいとも書いていました。お別れの会の際には、是非水野頌子さんに、木内みどりさんの今までを語る時間を持ってみるのもいいかもしれません。

木内みどりさんが死去した急性心臓死とは?

突然死で外因の要素が無いのが急性心臓死

現在も木内みどりさんの出演作である『夕陽のあと』が公開中ですが、ここでは木内みどりさんが死去された「急性心臓死」についても少しまとめていきます。「急性心臓死」とは、その名前の通り、瞬間死や急性症状が現れたあとに24時間以内に亡くなることです。その大半が、虚血性心疾患といわれており、臓器に血液が届かなくなって起きるようです。

この11月18日は、撮影があったようでしたが、そのままホテルに戻り、18日の未明に亡くなっていたということです。前半でも書きましたが、17日には仕事中の様子を画像とともに公式ツイッターに投稿していて、まさかその翌日に亡くなるとは本人も想像していなかったでしょう。先日も34歳の若さで亡くなった俳優がいました、こちらも心臓の突然死と言われています。

69歳という若さで亡くなった木内みどりさんにファンの声は?

最後にまとめていくのは、急性心臓死で69歳という若さで亡くなった木内みどりさんの死去のニュースに寄せられた世間やファンの声です。少し前に会って話をしていたという人も中にはいて、木内みどりさんの死は、驚きとともにいまだ信じられない人が多いようです。

政治に関する活動もしていた木内みどりさんですから、今の政治をまとめている側からすると反対意見を持っていたこともあり、病気での死去では無く、何かあったのではないかというコメントも多くありました。発言の自由とは言われていますが、反対運動はやはり注目となりますし、日本で暗殺ということは無いでしょうが、あってもおかしくない状況ではあるでしょう。

その死去にただ驚く人もいますが、やはり木内みどりさんというと福島原発の原発再稼働反対や、「れいわ新選組」への応援が印象強い人が多かったようです。それまでも個人的に様々な発言をしていたこともあり、また1人代表して主張しれくれる人物がいなくなってしまったという無念の声も多くありました。ですが、若者への気づきとなったのは言うまでもありません。

名女優・木内みどりさんの冥福を祈ろう

名女優・木内みどりさんの死去についての詳細と、今までの活動や経歴を振り返ってきました。残念ながら11月18日未明に、仕事の出張先であった広島市のホテルで死去されました。その死因は「急性心臓死」と報道されていますが、本当に急な症状で亡くなられたということが分かりました。

死去された後の公式ツイッターでは、上の笑顔の木内みどりさんの画像とともに「またね」というメッセージが添えられています。亡くなる寸前まで公式ツイッターで投稿していた木内みどりさんの作品や、ツイッターなども是非見てみてください。すでに家族葬が済んでいますが、年明けて落ち着いた頃にお別れの会があるようなので、情報をチェックし、冥福を祈りましょう。

その他の死去に関する記事はこちら

Thumbテニミュ俳優・滝口幸広が死去。実家はレストランで過去にはお手伝いも | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【競馬】馬主・近藤利一が死去。離婚や再婚・過去には武豊との確執も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb和田誠さんが死去。妻・平野レミさんと出会って1週間で結婚したエピソードとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-01-30 時点

新着一覧