冬瓜の栄養について解説!低カロリーでむくみ解消レシピも!

冬瓜の栄養成分や効能、カロリーについてまとめました。煮物やスープに使われる事が多い冬瓜ですが、栄養や効能についても把握しておくと健康的な料理作りに役立ちます。冬瓜の栄養だけでなくカロリーもチェックして煮物やスープなどのレシピに使っていきましょう。

冬瓜の栄養について解説!低カロリーでむくみ解消レシピも!

目次

  1. 冬瓜の栄養と効能を紹介
  2. 冬瓜の基本情報
  3. 冬瓜の栄養成分①ビタミンC
  4. 冬瓜の栄養成分②カリウム
  5. 冬瓜の栄養成分③サポニン
  6. 冬瓜の栄養成分④その他
  7. 冬瓜の栄養を活かしたむくみ解消レシピ
  8. むくみ解消に役立つ野菜とおすすめレシピ
  9. 冬瓜の栄養成分でむくみを解消しよう!

冬瓜の栄養と効能を紹介

旬がやってくると八百屋やスーパーなどで見かける事が多くなる冬瓜。冬瓜を使って色々な料理を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。冬瓜を食べる時に知っておきたいのが栄養や効能です。冬瓜にはどのような栄養が含まれ、どういった効能があるのか把握しておく事で健康的な食卓作りに役立てる事ができます。

本記事では、冬瓜の栄養や効能、カロリーといった基本的な情報についてまとめました。冬瓜には体に嬉しい栄養が豊富に含まれており、旬がやってきたらぜひ食べておきたい野菜の1つです。冬瓜の栄養成分について詳しく学んで、効能を体に取り入れていきましょう。冬瓜を使った料理レシピもご紹介するので、冬瓜を食べる時の参考にしてみてください。

豊富な水分や栄養成分でむくみを解消

冬瓜には様々な栄養成分が含まれていますが、効能として有名なのがむくみ解消です。冬瓜にはむくみを解消する効能があると言われている栄養成分が含まれており、むくみが気になる方に最適。むくみは色々な要因で発生してしまいますが、むくんでいると体重が増えていないのに太って見えてしまうのが問題です。すっきりとした綺麗な体型を維持するためにはむくみ取りが必要不可欠。

むくみ解消のために冬瓜を食べて、理想の体型を目指していきましょう。フェイスラインや脚などのむくみを解消する事ができれば、理想のスタイルに近づく事ができるはずです。冬瓜の栄養成分や効能を把握して、それを生かすように料理で活用していく事が大切になります。

冬瓜は、全体の95%が水分と言われているくらい豊富な水分を含んでいるのも特徴です。この豊富な水分もむくみ解消に役立つと言われています。むくみが発生するのは体内の塩分と水分量のバランスが悪くなっているのが主な要因。冬瓜を食べて水分を補う事で塩分とのバランスを取り、むくみ解消に繋げる事ができるようになります。

このように、様々な理由によって冬瓜はむくみ解消に最適な野菜として知られるようになりました。また、むくみ解消以外にも様々な効能を期待する事ができる栄養成分も豊富に含まれているので、そういった栄養成分にも注目してみてください。冬瓜を美味しく食べて、むくみのない体型を目指していきましょう。

低カロリーでダイエットにも効果的

冬瓜は低カロリーなのも嬉しいポイント。冬瓜の100gあたりのカロリーは16kcalとかなり低くなっています。冬瓜が低カロリーなのは、その大部分が水分である事が理由。水分が多く含まれているため、カロリーが低くなりダイエットにも最適な食材として人気を集めています。「食事を楽しみたいけど、カロリーが気になる」という方にも低カロリーは冬瓜はおすすめ。

カロリーが低い冬瓜であれば、たくさん食べてもダイエットの妨げになりません。満足感の高い食事を楽しむ事によってダイエットのストレスを少なくする事ができるので、「ダイエットをしたいけど、きちんと満腹になりたい」という場合にも低カロリーな冬瓜が役立つのではないでしょうか。色々な冬瓜レシピを活用して、低カロリー料理を作ってみてください。

冬瓜は低カロリーに加えて様々な栄養成分を含んでいるので、ダイエット中に栄養バランスを崩したくないという場合にも役立ちます。冬瓜にはどういった栄養成分が含まれているのかチェックして、健康的なダイエットに役立ててみてください。スープや煮物、あんかけなど様々な冬瓜料理を作っていけば、低カロリーかつ栄養豊富な食事を楽しむ事ができます。

冬瓜の基本情報

栄養成分の前に冬瓜の基本情報から見ていきましょう。冬瓜の産地はどこなのか、旬はいつなのか把握しておく事で冬瓜を良い身近に感じられるのではないでしょうか。栄養成分豊富な冬瓜を食べるためには旬の時期を逃さない事が大切になります。栄養豊富な冬瓜を美味しく食べるために、冬瓜について詳しく学んでみてください。

主な産地

冬瓜の産地は、沖縄県です。沖縄県は一年を通して温暖な気候が続くので、冬瓜を育てるのに最適な場所。沖縄に行くと、様々な所で冬瓜料理を目にする事ができるのではないでしょうか。沖縄県の中でも特に宮古島市と伊江村といった地域で冬瓜は盛んに作られています。また、愛知県も冬瓜の産地。愛知県には冬瓜の在来種があり、昔から冬瓜が作られてきました。

種類

冬瓜は一種類しかないと思いがちですが、実はいくつかの種類に分ける事ができます。冬瓜の種類について把握しておく事でそれに適した料理をする事ができるので、種類も意識して冬瓜を選んでいくようにしましょう。冬瓜の主な種類として挙げられるのが長冬瓜・丸冬瓜・琉球種・小冬瓜になります。それぞれに特徴があるのがポイント。

長冬瓜は細長い形の冬瓜、丸冬瓜は丸い形をした冬瓜になります。どちらの比較的大きなサイズで、スーパーマーケットではカットされて売られている事も多いのではないでしょうか。琉球種は沖縄で昔から作られてきた冬瓜。冬瓜が熟した時に出る白い粉(ブルーム)が出ないのが特徴です。小冬瓜は食べ切りやすいように品種改良されたミニサイズの冬瓜になります。

「冬瓜」という名前から冬に旬を迎える野菜というイメージが強いかもしれませんが、実は冬瓜は夏に旬を迎える野菜です。冬瓜がよく出回るようになるのは7月〜10月。冬瓜を食べたいと思ったら、このくらいの季節に八百屋やスーパーマーケットの商品をチェックしてみてください。旬の時期以外には手に入りにくい野菜として知られています。

なぜ冬瓜と呼ばれるようになったかと言うと、夏に収穫した物は冬まで保存する事ができるのが理由。冬瓜はカットされなければ長持ちする野菜なので、昔から重宝されてきました。旬を迎えた冬瓜を美味しく食べていきましょう。

冬瓜の栄養成分①ビタミンC

それでは、冬瓜の栄養成分について詳しく見ていきましょう。冬瓜は昔から栄養成分豊富な野菜として知られており、漢方にも用いられてきました。江戸時代の薬物辞典に冬瓜の名前が記載されている事からも冬瓜には栄養成分が豊富に含まれている事がわかるのではないでしょうか。薬膳料理にも使われる事が多い冬瓜には多種多様な栄養成分が含まれています。

冬瓜に含まれている栄養成分として挙げる事ができるのたビタミンC。ビタミンCは様々な効能を期待する事ができる栄養成分なので、冬瓜を食べて積極的に取り入れていきましょう。冬瓜に含まれているビタミンCの効能や含有量についてご紹介します。

含有量

冬瓜100gの可食部に含まれているビタミンCの含有量は39mgになります。この含有量は他の野菜と比べても多く、効率的にビタミンCを摂取したい場合は冬瓜を食べるのがおすすめ。ビタミンCは健康な身体作りや美肌作りに欠かす事ができない栄養成分なので冬瓜を食べて美味しく摂取していきましょう。様々な効能を期待する事ができます。

主な効用

ビタミンCの効能として挙げられるのが免疫力アップです。ビタミンCを摂取する事で免疫力が上がり、風邪をひきにくい身体作りに役立てる事ができると言われているので、風邪をひきやすいという方には冬瓜を食べるのがおすすめ。体調が悪いという時も冬瓜を食べてビタミンCを摂取して、健康的な身体作りに活用していきましょう。

冬瓜は肌のハリを保つのにも良いと言われています。タミンCにはコラーゲンの働きをサポートする効能を期待する事ができるのが主な理由。コラーゲンは肌の弾力を保ち、ハリを出すのに欠かす事ができない栄養成分です。そんなコラーゲンの働きをビタミンCがサポートする事で美肌作りに役立てる事ができます。肌のハリを保ちたい時にも冬瓜を役立ててみましょう。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあるのも嬉しいポイントです。メラニンが多く生成されるとシミの原因になってしまうため、こまめなケアは必要不可欠。スキンケアでシミを予防する事も大切ですが、日々食べる物によってもシミを防ぐ事ができます。冬瓜を食べてビタミンCを摂取し、身体の内側からシミ予防をしていきましょう。

ThumbビタミンCの効果・効能まとめ!美肌作りから風邪予防、疲労回復にも! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

冬瓜の栄養成分②カリウム

冬瓜には色々な栄養が含まれていますが、カリウムも冬瓜を語る上で欠かす事ができない栄養成分です。カリウムは身体の水分と塩分のバランスを取るのに必要不可欠な栄養成分。身体にうれしい効能を期待する事ができるので、冬瓜を食べて積極的に栄養を摂取していきましょう。冬瓜に含まれているカリウムの量や主な効能について詳しくご紹介します。

含有量

冬瓜に含まれているカリウムの量は100gあたり200mg。このカリウムの量はとても多く、他の野菜と比較しても冬瓜は豊富なカリウムを含まれていると言われています。カリウムもきちんと摂取したい場合には冬瓜を食べるのがおすすめ。カリウム豊富な冬瓜を食べる事で、様々な効能があると言われています。むくみ解消など、様々なカリウムの効能について見ていきましょう。

主な効用

カリウムの主な効能はむくみ解消です。そもそも、むくみは体内の水分と塩分バランスが崩れる事で起きやすくなると言われています。お酒を飲んだ翌日に顔がむくみやすのは、アルコールによって水分が失われ、体内のバランスが崩れている証拠。また、塩分を多く含んだ食事が続くと体内の塩分量が多くなりむくみやすくなると言われています。

体内の塩分・水分量は意外と崩れやすいので、日々の食事で気をつけていく事が大切になります。冬瓜に含まれるカリウムは不要な塩分や水分を排出し、バランスを取る効能があると言われているため「最近、むくみやすいな」と感じている方に最適。むくみを感じている時や、むくみを予防したい時はカリウム豊富な冬瓜を食べるようにしてみてください。

カリウムが豊富な冬瓜は夏バテ防止にも良いと言われています。夏場は汗をたくさんかき、脱水状態になりやすいのが注意すべきポイント。そのような状態が続く事で夏バテしやすくなります。冬瓜に含まれるカリウムは塩分と水分のバランスを整えるだけでなく、ミネラルとして夏バテを防止する働きも期待する事が可能。また、水分も豊富なので水分補給にも役立ちます。

Thumbカリウムはむくみ解消に効果がある?食べ物や適切な摂取量について調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

冬瓜の栄養成分③サポニン

低カロリーかつ栄養成分豊富な冬瓜はダイエットにも役立つと言われています。ダイエット中の方が注目しておきたいのが冬瓜に含まれているサポニン。サポニンはダイエットに良い効能を期待する事ができると言われている栄養なので、冬瓜を食べて摂取していくようにしましょう。冬瓜でカロリーを抑えつつ、サポニンを摂取して理想の体型を目指してみてください。

含有量

冬瓜に含まれているサポニンの量は、100gあたり50mg程度とされています。サポニンを含んでいる野菜は多くはなく、そういった意味でも冬瓜は貴重な存在と言えるのではないでしょうか。低カロリーなだけでなくダイエットにも役立つと言われている冬瓜を活用して、健康的な食生活を楽しんでみましょう。サポニンの効能についても詳しくご紹介します。

主な効用

冬瓜に含まれる栄養・サポニンの主な効能は中性脂肪やコレステロールの減少。サポニンは油を溶かす効能があると言われており、これが中性脂肪の減少に繋げる事ができます。冬瓜によってサポニンを摂取する事で、蓄積さえやすい中性脂肪を減少させていきましょう。また、悪玉コレステロールの低下にも役立つので生活習慣病が気になる方にも冬瓜はおすすめです。

中性脂肪や悪玉コレステロールが多いと、動脈硬化や心筋梗塞など様々な病気の原因になります。健康診断などで中性脂肪や悪玉コレステロールが多いと言われて場合は早めに対策をする事が大切。中性脂肪や悪玉コレステロールが蓄積される事で、取り返しのつかない病気になってしまうかもしれません。冬瓜のサポニンを利用して、健康体を目指していきましょう。

冬瓜に含まれているサポニンはブドウ糖と脂肪が結合するのを防ぐ働きもあると言われています。ブドウ糖と脂肪の結合を防ぐ事で脂肪が蓄積されにくくなるのが嬉しいポイント。効率的にダイエットをしたい場合は冬瓜を食べてみましょう。冬瓜なら低カロリーなので、カロリーを気にしなくても良いのが魅力です。冬瓜の栄養を有効活用してダイエットをしてみてください。

冬瓜の栄養成分④その他

ビタミンCやカリウム、サポニンなど冬瓜には様々な栄養が含まれて言う事がわかりましたが、冬瓜にはまだ他に様々な栄養成分が含まれています。冬瓜の栄養成分について更に詳しくチェックして、健康的な食卓作りに役立ててみてください。冬瓜に含まれている食物繊維などの栄養成分・効能についてご紹介するので冬瓜を使う時の参考にしてみてください。

食物繊維

冬瓜は食物繊維が豊富な野菜として知られています。食物繊維は冬瓜100gあたり1.3g含まれており、他の野菜と比べても多いと言えるでしょう。食物繊維は健康的な身体作りに欠かす事ができない栄養素。腸内環境を整え、老廃物を排出しやすくなります。食物繊維が不足していると腸内の働きが悪くなり、老廃物の排出も滞ってしまうので注意が必要です。

老廃物を排出する事ができない便秘の状態が続くと体内の巡りが悪くなり、肌荒れに繋がるのが大きな問題。老廃物をスムーズに排出する事ができれば肌に必要な栄養もきちんと体に巡っていくので、綺麗な肌を維持しやすくなります。便秘による肌荒れが気になる時には冬瓜を食べるのがおすすめです。

老廃物の排出がスムーズになるという事はダイエットにも役立ちます。老廃物が排出できない状態が続くと代謝が低下し、ダイエットも妨げになってしまうので気をつけましょう。冬瓜を食べて便秘を解消する事ができれば代謝がアップし、効率的なダイエットに繋げる事ができます。

ダイエット中はカロリーを気にして栄養が偏り、便秘になりがち。しかし、便秘になると代謝が落ちて体重が落ちにくくなってしまうので便秘になる事は避けなければなりません。食物繊維を始めとした栄養が豊富な冬瓜を食べて便秘を防ぎ、理想の体型を目指していきましょう。

トリテルペン

冬瓜にはトリテルペンという栄養成分も含まれています。あまり聞き慣れないトリテルペンという栄養成分ですが、実は抗ガン作用があると言われているのがポイント。命にも関わる大病されるガンに良い作用があるので、健康的な身体作りをしたい時に最適です。この冬瓜の栄養成分は昔から薬膳でも注目されており、薬用として冬瓜を取り入れる事もあったようでした。

このように、冬瓜には多くの栄養成分が含まれています。美肌作りやダイエット、便秘解消、むくみ解消、抗ガン作用など身体に嬉しい効能ばかりなので、ぜひ冬瓜を食べてみませんか?冬瓜の旬が訪れたら積極的に食べて、冬瓜の効能を取り入れていくようにしてみてください。昔から薬膳として使われてきたのも納得の効能を発揮してくれるはずです。

冬瓜の栄養を活かしたむくみ解消レシピ

「冬瓜には栄養が豊富に含まれている事はわかったけど、どのように食べれば良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。続いては、栄養豊富な冬瓜を使ったおすすめのレシピをご紹介します。冬瓜は基本的に淡白な味わいなので、しっかりと味付けをする事が美味しく調理するポイント。味付けにこだわっていけば、栄養満点の冬瓜料理を作る事ができます。

煮物やあんかけ、スープなど代表的な冬瓜料理についてまとめました。栄養豊富な冬瓜は味が染み込みやすいので、煮物にして美味しく食べたり、スープで栄養成分を摂取していくのがおすすめ。お好みの料理レシピを活用して、栄養をたっぷり含んだ冬瓜を堪能してみてください。

あんかけ

栄養豊富な冬瓜料理としてまずおすすめしたいのがあんかけです。ふんわりと優しい味わいのあんかけは、冬瓜の美味しさを楽しみたい時にぴったり。冬瓜のあんかけの場合は、挽肉を使うのがコツです。冬瓜は淡白な味わいなので、挽肉でコクをプラスすると美味しくいただく事ができます。まずは冬瓜の皮をむいて種を取り出していきましょう。

食べやすい大きさに冬瓜をカットしたら、鍋で挽肉を炒めます。挽肉の色が変わってから冬瓜を加え、全体に油が回るように軽く炒めてください。水・醤油・酒・塩・だしの素を混ぜ合わせてお鍋に入れ、一煮立ちさせます。蓋をして15分ほど煮込みましょう。冬瓜が柔らかくなったら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。栄養を多く含み、気軽に作れるのが魅力。

煮物

続いておすすめしたい栄養豊富な冬瓜料理は煮物です。冬瓜は水分が多く味が染み込みやすいので煮物にするのに最適。煮物は多めに作っておく事で栄養満点の常備菜にもなるので、その点でもおすすめしたい料理です。冬瓜を煮物にする場合は豚バラ肉を合わせると良いでしょう。豚バラ肉が入る事でボリュームがアップし、更に美味しく栄養満点な冬瓜を食べる事ができます。

冬瓜は皮を剥いて、種を取り除いてカットしておきましょう。豚バラ肉は食べやすい大きさにカットします。生姜とニンニクは千切りにしてください。鍋に油を敷いたらニンニクと生姜、豚バラ肉を炒めます。豚バラ肉の色が変わったら冬瓜をプラスしましょう。水と白だし、砂糖、醤油を加えて煮立たせ、蓋をして煮込みます。

冬瓜が透き通るまで煮込んだら煮物の出来上がり。しっかりと味付けをする事でご飯との相性もバッチリな煮物に仕上げる事ができます。煮物を作る時は豚バラの塊肉を使うのもおすすめ。角煮のような煮物に仕上げる事で食べ応えのある栄養満点な冬瓜料理にする事ができます。色々なアレンジをしながら栄養豊富な冬瓜の煮物作りを楽しんでみてください。

スープ

煮物にすると美味しい冬瓜ですが、栄養満点のスープにしても美味しくいただく事ができます。冬瓜のポタージュスープはホッとできるような優しい味わいが魅力。冬瓜の栄養成分も余す事なくいただけるので、栄養豊富なスープ作りも楽しんでみませんか?スープ用の冬瓜の皮を剥いて適当な大きさにカットしたら透き通るまで茹でましょう。

玉ねぎはみじん切りにして透き通るまで炒めます。玉ねぎを取り出したら、細かくカットしたベーコンも炒めてください。生クリーム・牛乳・玉ねぎ・冬瓜をミキサーに入れてスープ状にします。鍋に流し入れたらコンソメを加え、温めましょう。ベーコンを入れたらスープの完成です。スープには他の食材を入れても美味しいので、色々な栄養満点冬瓜スープを作ってみてください。

サラダ

冬瓜は煮物やスープなど加熱をして食べる事が多いですが、生で食べる事もできます。煮物やスープに飽きてきたらサラダにして冬瓜をいただくのもおすすめ。冬瓜の新たな美味しさを発見する事ができます。おすすめしたいのが冬瓜のソムタム風サラダ。エスニックな味わいが冬瓜によく合い、美味しくいただく事ができます。

冬瓜は皮を剥いて細切りにしたら塩を振っておきましょう。しばらく置いて水気を絞ります。人参は千切り、サヤインゲンは茹でておいてください。ビニール袋に桜海老とピーナッツ、赤唐辛子を入れたら綿棒で叩いて砕きます。しっかりと砕いてから冬瓜・人参・サヤインゲンを加え、ライム・蜂蜜・ナンプラーを混ぜたドレッシングを加えてください。

全体に味が馴染むようにドレッシングを揉み込んだら冬瓜のソムタム風サラダの完成。エスニック感を増したい時はパクチーを加えても美味しくいただく事ができます。お好みに合わせて食材をプラスして、栄養満点な冬瓜サラダにしていきましょう。

むくみ解消に役立つ野菜とおすすめレシピ

冬瓜はむくみ解消にぴったりな食材ですが、他にもむくみ解消に役立つ野菜は色々あります。むくみが気になる時におすすめしたい食材とレシピについてチェックしていきましょう。色々な料理のレパートリーを揃えておけば、むくみ知らずの状態になる事ができます。美味しく食べてむくみ対策をしてみてください。

長いも

むくみ解消におすすめしたいのが長芋です。冬瓜と同様にカリウムを豊富に含み、体内のバランスを整えてくれます。また、ビタミンB群も豊富に含んでいるため代謝を促進するのもむくみ解消のポイント。代謝が上がる事で血流が良くなり、むくみが解消しやすくなります。そんな長芋を気軽に食べたい時は浅漬けがおすすめです。

長芋を適当な大きさにカットしたらビニール袋に入れ、きざみ昆布と浅漬けの素を入れて揉み込みましょう。冷蔵庫で30分程度寝かせたら長芋の浅漬けの出来上がり。ご飯との相性が良く、とても美味しくいただく事ができます。長芋だけでなくキュウリやオクラなど、他の野菜も一緒に浅漬けにするのもおすすめです。

長芋をすりおろして丼にするのもおすすめのレシピです。納豆・キムチ・茹でたオクラ・すりおろした長芋をご飯に乗せましょう。お好みに合わせて海苔をトッピングしたら簡単な丼の出来上がりです。長芋以外にも栄養豊富な食材を組み合わせていけば、簡単なのにバランスの取れた食事を楽しむ事ができます。長芋は全部すりおろすのではなく、刻んだ物を入れるのもおすすめ。

きゅうり

きゅうりもカリウムを豊富に含んでいるので、むくみを解消したい時に役立ちます。水分も豊富に含み、夏バテ防止にも役立つのが嬉しいポイント。冬瓜と合わせて食べれば、むくみ解消に大きな効果を発揮してくれるのではないでしょうか。きゅうりも長芋と同様に浅漬けにするのがおすすめ。塩昆布と一緒に浅漬けにしても美味しくいただけます。

きゅうり料理のレパートリーを増やしたい時は冷や汁にするのもおすすめの方法。焼いたアジの干物・豆腐・刻んだミョウガ・青じそ・スライスしたきゅうり・だし・練りゴマを混ぜ合わせる事で簡単に作る事ができます。シャキシャキとしたキュウリやミョウガなどがアクセントになり、ご飯を美味しく食べる事ができるのが大きな魅力。

夏場はしっかりと冷やしていただけば、夏バテ防止にも繋げる事ができるはずです。キュウリだけでなく、長芋をプラスしても美味しく食べられるのではないでしょうか。刻んだネギをトッピングするのもおすすめの方法です。この他にサラダなど様々な料理にきゅうりを使っていきましょう。カリウム豊富なきゅうりがむくみ解消に良い効果を発揮してくれます。

ほうれん草

ほうれん草もむくみを解消したい時におすすめの食材。ほうれん草にはカリウムが豊富に含まれ、むくみを取るのに良いと言われています。また、ほうれん草はカリウムだけでなく鉄分が含まれているのもポイント。鉄分は血液を作る働きがあり、血流アップにも繋がります。血流が上がる事でむくみ予防になるため、むくみやすいという方におすすめ。

美味しくほうれん草を食べたい時におすすめなのがナムルです。ほうれん草を軽く茹でたら水気を絞り、食べやすい大きさにカットしましょう。ボウルにほうれん草・ごま油・塩・すりごまを入れて混ぜ合わせます。これでほうれん草のナムルの出来上がり。とても簡単に作る事ができるので、一品プラスしたい時にもぴったりです。

また、ほうれん草の胡麻和えもおすすめ。茹でて適当な大きさにカットしたほうれん草に醤油とすりごま、練りごまを混ぜ合わせたら完成です。お好みの方法で調理して、ほうれん草を副菜に役立ててみてください。栄養バランスが気になる時もほうれん草の副菜があれば安心です。常備菜としても役立つので、ぜひ取り入れてみましょう。

手軽にほうれん草の栄養を摂取したい場合はスムージーにするのも良いのではないでしょうか。茹でたほうれん草・キウイ・バナナ・牛乳をミキサーなどで撹拌すれば簡単に作る事ができます。忙しい朝もスムージーできちんと栄養を摂取してむくみを解消していきましょう。

トマト

トマトもむくみ解消に役立てていきましょう。トマトに含まれているクエン酸は代謝を促進し、血流をアップさせる働きがあると言われています。血流が良くなるとむくみが解消されやすくなるので、トマトを食べるのもおすすめしたい方法。

トマトは卵と一緒に炒め物にすると美味しいです。くし切りにしたトマトを軽く炒めて溶き卵を加え、鶏ガラスープの素とオイスターソース、塩胡椒で味付けをしましょう。

トマトを使ったパスタも栄養満点なのでおすすめ。トマトの水煮缶を刻んだ玉ねぎと一緒に煮込み、塩胡椒で味付けをしてソースを作りましょう。茹でたパスタにトマトソースを絡めたら完成です。お好みでエビやマッシュルームなどをソテーしてソースに加えるのがおすすめ。トマトソースはパスタ以外にも色々な方法で使う事ができるのでストックしておくのも良いでしょう。

多めにトマトソースと作って冷凍保存しておけば、いざという時に役立ちます。簡単に栄養満点の食事を作りたい時に役立ててみてください。ドリアやグラタン、ハンバーグ、オムレツなど様々な料理で栄養豊富なトマトソースを使ってみてはいかがですか。

冬瓜の栄養成分でむくみを解消しよう!

夏がやってくると出回る事が多くなる冬瓜は、実はとても栄養豊富な野菜。カリウムやビタミンC、食物繊維、サポニンなど体に嬉しい効能を期待する事ができます。特にむくみ解消に効果的なカリウムが豊富に含まれているので、むくみが気になる時は冬瓜を食べてみてください。煮物やスープなど色々な料理にアレンジして、冬瓜を堪能してみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-08 時点

新着一覧