川井梨紗子が嫌がらせを告白!会長から言われた発言やその内容とは?

オリンピック選手の川井梨紗子が嫌がらせを受けていたと告白しました。その嫌がらせを受けていた人は、レスリング協会の会長との噂ですが本当なのでしょうか。川井梨紗子が嫌がらせを受けていたことを告白について、またその内容について見ていきましょう。

川井梨紗子が嫌がらせを告白!会長から言われた発言やその内容とは?

目次

  1. オリンピック選手・川井梨紗子はどんな人?
  2. 気になる川井梨紗子の経歴とは
  3. 川井梨紗子が嫌がらせを告白!会長の発言内容とは
  4. 嫌がらせを告白した川井梨紗子に階級下げた噂も話題
  5. 嫌がらせを告白した川井梨紗子の今後に注目!

オリンピック選手・川井梨紗子はどんな人?

川井梨紗子のプロフィール

・愛称:???
・本名:川井梨紗子(かわいりさこ)
・生年月日:1994年11月21日
・現在年齢:25歳
・出身地:石川県津幡町
・血液型:???
・身長:160cm
・体重:58kg
・活動内容:女子レスリング選手、オリンピックレスリング選手
・所属事務所:ジャパンビバレッジ
・所属グループ:???
・家族構成:妹(女子レスリング選手・川井友香子)

気になる川井梨紗子の経歴とは

レスリングを始めたきっかけとは

川井梨紗子の両親は元レスリング選手で、その影響があって川井梨紗子はレスリングを始めました。母親はレスリングクラブをしており、そこでコーチをしていたため、そこに小学二年生の時に入部し本格的に習うことになった模様です。なかなか親子でレスリングクラブに行くということは人目も気にするようで、贔屓しないように母親は川井梨紗子に対して厳しく指導していたようです。

小中学校で好成績を残していた

小学二年生からレスリング始めた川井梨紗子は、小学六年生の時には全国少年少女レスリング選手権大会で準優勝を取りました。両親からの遺伝もあるのでしょう。レスリングの基礎やコツ、そして体力をものにした川井梨紗子はすぐさまその実力を発揮した模様です。中学三年生の時には、全国中学生選手権で優勝を勝ち取りました。

高校時代は世界選手権代表に抜擢

中学を卒業した川井梨紗子は、レスリングで有名な至学館高校へ進学しました。高校二年生の時には全国高校女子選手権で優勝、世界カデット選手権でも優勝した経歴を持っていました。また。これまででは終わらず、川井梨紗子は高校三年生の時に世界選手権代表に選ばれました。若い頃から川井梨紗子は、大舞台に立っていました。

大学時代でも大活躍していた

高校時代も好成績を残していた川井梨紗子でしたが、大学時代も大活躍していました。エスカレーター式に至学館大学に進学した川井梨紗子は、全日本選手権や世界ジュニア選手権に出場し好成績を残していました。実はこの時に、後にライバルとなる伊調馨と戦っていました。テクニカルフォールで川井梨紗子は伊調馨に敗れてしまいました。

オリンピックにも出場し金メダル

2015年にワールドカップで優勝し、翌年のアジア選手権でと優勝を勝ち取った川井梨紗子は、見事にリオオリンピックの内定を獲得することが出来ました。するとどんどん立ち上っていき、見事に優勝し金メダルを獲得し知名度を上げました。また東京オリンピックも因縁の伊調馨に全日本選手権で勝ち取り、オリンピック出場が決定しました。

川井梨紗子が嫌がらせを告白!会長の発言内容とは

川井梨紗子が嫌がらせを受けたと告白に話題

女子レスリング選手の川井梨紗子が嫌がらせを受けていたと告白し、今話題になっています。これまでもスポーツ選手のセクハラ問題が浮上していたさ中の事だっただ、川井梨紗子の嫌がらせ告白に注目が集まった模様です。

誰から嫌がらせを受けていたのかというと、石川県レスリング協会の会長からだと言います。一体いつにどのような内容を石川県レスリング協会の会長は川井梨紗子に放ってしまったのか、またそれについて会長からはどのような回答が来ているのかまとめていきましょう。

贈呈式後のインタビューで突然に告白

2019年11月27日に川井梨紗子は、石川県スポーツ特別賞を受賞し、それの贈呈式に出席しました。その式典では、贈呈式の後にインタビューが行われたようです。すると、川井梨紗子の口から思いもよらぬ発言がありました。

その発言というのが石川県レスリング協会の会長からの嫌がらせを受けていたということでした。川井梨紗子はこれまで受けてきた嫌がらせの内容、そしてパワハラとも捉えられるような会長の発言内容を告白していました。

嫌がらせの内容①川井家を嫌っている発言

川井梨紗子曰く、石川県レスリング協会の会長は川井家を嫌っているような発言をしたとコメントしていました。どのような理由で川井家を嫌っているのかは判明しませんでしたが、石川県レスリング協会の会長である下池新悟は、川井梨紗子の他に、その家族とも関わりたくないという発言をした模様です。

それは今も嫌がらせが続いていると川井梨紗子はコメントしていました。川井梨紗子の両親にも嫌がらせをしているようです。こちらも具体的な嫌がらせの内容は分かりませんでしたが、川井梨紗子は証言していました。

嫌がらせの内容②嫌っているから欠席

嫌がらせの証拠にこの度の川井梨紗子の贈呈式にも会長は出席をしていないと言います。石川県レスリング協会の会長ならば、この度の石川県スポーツ特別賞の贈呈式に出席するはずです。しかし、下池新悟は理由も言わず欠席をしました。これも川井梨紗子は嫌がらせを受けていると思っているようです。

このような特別な式典にも不満を募らせていたようです。川井梨紗子によるとリオオリンピックで初の金メダルを獲得したのにも関わらず、壮行会を開いて貰えなかったようです。それは会長からの嫌がらせではないかとコメントしていました。

嫌がらせの内容③連絡や祝いコメントがない

最後に川井梨紗子は、会長である下池新悟の関係性についても告白していました。それは川井梨紗子から連絡しても連絡くれないということや、オリンピックといった大きな舞台で好成績を残しても祝いのコメントをくれないと言いました。

会長という立場なら、一言二言あっても良さそうですが、それがないというのは信頼関係が崩れてしまっているということが伝わってくるでしょう。そのようなことに川井梨紗子は嫌がらせを受けていると解釈していることでした。

会長の発言内容は女性差別?

会長である下池新悟の発言内容にも波紋を寄せていました。それは男女差別とも捉えられるような発言でした。石川県レスリング協会の会長である下池新悟は、公の場で「石川県にはオリンピック内定者がいる。しかし、残念ながら女」と話したようです。「残念ながら女」という言葉は、パワハラとも捉えられる発言でしょう。

それについて川井梨紗子は耳を疑うような発言があった、そのため嫌がらせを受けていると感じ取ったようです。これが本当ならば、会長という人物が言っていい発言か、川井梨紗子のように耳を疑うようなことでしょう。

会長は全否定をしていた

川井梨紗子の発言内容について、石川県レスリング協会の会長である下池新悟は全否定をしていました。下池新悟は、川井梨紗子がオリンピックで金メダルを獲得した時は祝賀会も開いたとコメントしていました。そのため、川井梨紗子の発言内容は事実無根であるとコメントしているようです。

さらに下池新悟は逆に川井梨紗子からお礼の言葉がなかったと反発していました。普通ならば会長の激励をくれてもいいが、そのようなコメントがなかった、自分の方が嫌がらせを受けているとコメントしたようです。二人の話が食い違っているように捉えられるでしょう。

嫌がらせを告白した川井梨紗子に階級下げた噂も話題

川井梨紗子が階級を下げた?

川井梨紗子が石川県レスリング協会の会長から嫌がらせを受けていると告白した内容と共に、彼女が試合階級も下げたと噂になり話題になりました。リオオリンピックに出場していた時、川井梨紗子は63kg級の試合で金メダルを獲得していました。

しかし、ここ最近の試合では、57kg級の試合で戦っています。リオオリンピックから3年も経つため、少しは変わることもあるかもしれませんが、試合階級を下げるのにはある理由があったからだと言われていました。

階級を下げた理由とは

川井梨紗子が試合階級を下げた理由は、同じ女子レスリング選手の伊調馨が関わっているのではないかと言われていました。女子レスリング選手の伊調馨と言えば、オリンピックで四連覇を果たした絶対王者です。

その伊調馨と戦うために階級を下げたようです。リオオリンピックで金メダルを獲得したことから自分に自信がついたのか、四連覇の絶対王者にも勝てると思ったようです。そのため、川井梨紗子は階級をあえて下げて挑戦した模様です。

川井梨紗子と伊調馨の関係性とは

川井梨紗子と伊調馨の関係性はというと、2人はこれまで階級が違っていたため、ライバル同士ではありませんでした。しかし、川井梨紗子が階級を下げたことで伊調馨とはライバル同士となりました。先程も上記で少し触れていきましたが、オリンピック内定をかけた試合を二人は対戦しました。

ガチンコとかちんこのぶつかり合いで、川井梨紗子が優勝しオリンピック内定を勝ち取りました。今後、2人はどのような試合を見せてくれるか分かりません。川井梨紗子と伊調馨の今後にも注目が集まることでしょう。

嫌がらせを告白した川井梨紗子の今後に注目!

女子レスリング選手の川井梨紗子が石川県レスリング協会の会長から嫌がらせを受けていたことを告白しました。それに対して会長は全否定し、反発している模様です。お互いの内容がズレていることから、今後の行く末に注目が集まっているもようです。一体、どっちの内容が正しいのでしょうか。

さらに読みたい記事はこちら!

Thumb織田信成が関西大学に反論!監督辞任はモラハラや嫌がらせが原因だった? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb清水圭が吉本・岡本社長からの恫喝告白!その内容や現在の仕事は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb高倉健さん養女の小田貴月とは何者?最後に愛した人の告白本の内容は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbご当地アイドル大本萌景の死はパワハラが原因?母親が告白したラインの内容とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-12 時点

新着一覧