山本昌平さんが肺炎のため82歳で死去!悪役俳優として数々の出演作!

悪役俳優として沢山の作品に出演してきた名脇役山本昌平さんが死去したというニュースが飛び込んできました。山本昌平さんが死去したのは肺炎で10月30日の事だったようで、すでに親族でお別れは済ませたようです。今までの山本昌平さんの活動や水戸黄門の悪役までまとめます。

山本昌平さんが肺炎のため82歳で死去!悪役俳優として数々の出演作!

目次

  1. 名悪役としても有名な山本昌平さんが死去!その今までを総まとめ
  2. 悪役俳優として活躍した山本昌平さんの経歴
  3. 『水戸黄門』など時代劇で活躍した山本昌平さんの悪役
  4. 山本昌平さんの娘は女優の柴田時江さん
  5. 肺炎死去!82歳で亡くなった山本昌平さん
  6. 悪役で大活躍した山本昌平さんの冥福を祈ろう!

名悪役としても有名な山本昌平さんが死去!その今までを総まとめ

82歳まで俳優の悪役として生きた山本昌平さんとは?

俳優という職業には、主役をメインで活躍して行く人もいますが、その存在を支えたり光らせるために居るのが名脇役であり、主人公を際立たせるのに必要不可欠なのが「悪役」です。そんな名悪役の数々を演じてきた俳優・山本昌平さんが死去したというニュースが入ってきました。悪役も脇役ではあるので、その名前を聞いてもいまいち誰なのかわからない人もいるかもしれません。

それでも、『暴れん坊将軍』や『水戸黄門』などの時代劇でも、山本昌平さんはいい味を出す悪役として活躍し、物語の面白さを引き立たせていた一人です。そして、古い時代から本当に沢山の映像作品に出演していました。82歳という年齢で亡くなってしまいましたが、その存在感などからファンも多く、この死去に悲しみの声や悼む声が多く届いています。

悪役ということで、あまり山本昌平さんが演技している動画や画像などがなく、出演していた作品自体を細かく見ないと分かりにくいのですが、その中でもどんな作品に出演していたのかまとめていきます。さらに、山本昌平さんの娘は現在も女優をしているようなので合わせてまとめていきます。後半では死因となった肺炎についてやファンの声もまとめました。

82歳で亡くなった山本昌平さんのプロフィール

愛称:???
本名:山本昌平(やまもとしょうへい)
生年月日:1938年1月17日-2019年10月30日(死去)
現在年齢:82歳(没)
出身地:台湾の澎湖島、熊本県育ち
血液型:???
身長:168㎝
体重:76Kg
活動内容:俳優、声優、ナレーター、タレント
所属グループ:元、浅草フランス座
事務所:オフィス山本
家族構成:妻、娘(柴田時江・女優)

悪役俳優として活躍した山本昌平さんの経歴

『水戸黄門』から懐かしい作品への出演も多い山本昌平さん

まずここでは、山本昌平さんの経歴を少し振り返りながら、代表作とも言える『水戸黄門』などの時代劇や、戦隊ものでの悪役などもまとめていきます。山本昌平さんは、1938年1月17日生まれの82歳となっていた人物で、亡くなられたのは2019年10月30日だったと報道されています。82歳というだけでも高齢で長生きですが、惜しむ声が多い名悪役でした。

俳優としてだけでなく、声優やナレーターとしても活動していた山本昌平さんは、台湾の澎湖島で生まれたとに日本へと渡り熊本で育っています。高校は東京都立江戸川高等学校を卒業していることから、学生時代に東京へと転居しているようです。そして、1957年の19歳の時に劇団七曜会の研究生になり、そこから劇団三期会の演出部門で経験を積みました。

その後は、浅草フランス座に移った山本昌平さんは、コメディアンとして活動し3年間を過ごしました。そして1963年の25歳の時にフリーとなって活動して行きました。フリーになった後は、ピンク映画といわれる大手以外の映像制作会社が製作したり配給したアダルト映画に出演していましたが、それを経て一時的に俳優業を辞めています。

36歳の時の1974年に俳優復帰をした山本昌平さんは、映画の『暴力街』に出演し、『女必殺拳』や『ルバング島の奇跡 陸軍中野学校』という作品以外にも『太陽にほえろ!』や『大江戸捜査網』などテレビドラマにも出て行くようになっていきました。その頃も含めて山本昌平さんは、悪役として登場し作品を盛り上げることに一役買っていました。

1970年代後半になると、『プロレスの星 アステカイザー』という特撮のテレビドラマや、『スターウルフ』、そして1985年には戦隊ものの作品の初期でもある『電撃戦隊チェンジマン』にも悪役としてレギュラーで登場していました。今でもこの辺りの山本昌平さんの悪役の印象は強い人も多く、追悼のTwitterコメントでも作品名や役名があがっていました。

『電撃戦隊チェンジマン』への「ギルーク司令官役」という悪役出演が影響しているのかどうかは分かりませんが、山本昌平さんの娘で女優でもある柴田時江さんは、同じ役者の道に進み、初期の方ではアイドル女優としてデビューし、親子共演で『電撃戦隊チェンジマン』にも出演していたようでする。その後も『超電子バイオマン』や『宇宙刑事シャイダー』にも出演していました。

『水戸黄門』など時代劇で活躍した山本昌平さんの悪役

1976年代の『水戸黄門』での悪役から2011年まで登場

山本昌平さんの悪役と言えば、どのメディアもあげているのが『水戸黄門』で、始まりは1976年の第7部22話「つけ馬連れた若旦那-新潟-」で太兵衛という役でした。書きあげればきりがないのですが、これは2011年の第43部第18話の「上様、長屋で叱られる-江戸-」での大貫屋まで続きます。計算してみると、この『水戸黄門』だけでも35年という長い間、登場しています。

『水戸黄門』での悪役は、毎回出てしまうと同じ顔だということも分かってしまうので、飛び飛びでの出演ではありましたが、その他の時代劇で言えば、『暴れん坊将軍』シリーズにも、山本昌平さんは出演していました。時代劇だけで言っても『遠山の金さん』、『桃太郎侍』や『銭形平次』と、有名どころだけでもこれだけ出演していることが分かりました。

その他の山本昌平さんの悪役作品とは?

時代劇だけでなく任侠ものやなどにも多く出演していた山本昌平さんですが、中には警視庁が作成した、暴力団者の映像に出演していた事もあるようです。その容姿を見ただけでは悪役という感じはしないのですが、はまり役だったのかもしれません。そして、子の悪役を演じる時には山本昌平さんなりの悪役のポリシーがあったと言います。

そのぽりしーとは、映像の中では移らないような、悪役の裏側やその心の中にある情だったり魂を演じるということだったようです。そして、どんなに人気のアルスター俳優が相手であっても演技をする上では遠慮はせず、さらに若手俳優にも尊敬の念を持ちながら、相手よりも上回るような演技をすることを往来度として持っていたと言います。

山本昌平さんの娘は女優の柴田時江さん

娘のうちの一人は女優として同じ道を志している

山本昌平さんの経歴の所で少し紹介しましたが、山本昌平さんには2人の娘がおり、その1人が女優の柴田時江(しばたときえ)さんです。10代でデビューした時には、父と同じ作品の『電撃戦隊チェンジマン』にも出演していましたが、現在も女優としての活動はしているようです。そんな山本昌平さんの職業をと同じ道を志した柴田時江さんについても少しまとめていきます。

1969年4月19日に東京都で生まれ育った柴田時江さんは、2019年現在50歳となっています。Twitterをやっているようで、その姿が投稿されていましたが、現状については舞台を中心として活動しているようです。また、結婚しているという情報や子供がいるというような内容が見られないので、独身ではないかとされています。山本昌平さんが82歳なので32歳の時の子供です。

また、デビュー当初はアイドル女優という括りだったようですが、清純派アイドル女優というイメージを壊す必要があったのか、1990年代になると2時間もののドラマに出演するようになり、そこからVシネマにも出演して行ったようです。父親である山本昌平さんの背中を見ていた事もあり、悪役の良さやイメージの払拭をしたのかもしれません。

肺炎死去!82歳で亡くなった山本昌平さん

気になる山本昌平さんの死因は?闘病生活をしていた?

山本昌平さんの経歴や出演作を見ていくと、驚きなのが『笑っていいとも!』にレギュラー出演していたり、『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』などにも出ていたことが分かります。そんな悪役からタレントとしても活動していた山本昌平さんの死去した死因についても最後にまとめていきます。

山本昌平さんが10月30日に死去したという原因は肺炎とされていました。82歳という年齢でしたが、その他の報道では、特に肺炎で入院していたという事実もなく、病気で闘病していたというような情報もありませんでした。82歳ともなると、少しの気温差で肺炎になりやすいと言いますので、この死去の死因については、年齢的なものがあったのかもしれません。

山本昌平さんの死去を惜しむ声続々と

そして、ここでは山本と昌平さんの死去を惜しむ声を少しまとめていきます。悪役俳優ということで、印象深い人にはその名前は当たり前に記憶に残りますし、悪役を演じられる人というのも限られているものなので、山本昌平さんの演技は沢山の人の心に載っているようです。

山本昌平さんが演じた善人役が記憶に残っている人もいたり、子供の頃に見た作品での思い出を書いている人も多くいました。ここでは、著作権の影響で山本昌平さんの画像があまり掲載できなかったのですが、印象深かった役どころの画像とともにツイートしている人も多いので、気になる人は検索してみてもいいかもしれません。

悪役で大活躍した山本昌平さんの冥福を祈ろう!

名悪役だった山本昌平さんの死去についてまとめてきました。82歳で亡くなったその死去の原因は肺炎でしたが、何か病気だったということではなく、年齢的なものだったと予想されます。また、10月30日に亡くなられましたが、すでに家族でお見送りは済んでいるということです。山本昌平さんの冥福を祈りながら、機会があれば出演作品を観てみましょう。

その他の死去に関する記事はこちら

Thumb木内みどりさんが急性心臓死のため69歳で死去!公式ツイッターで発表! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbテニミュ俳優・滝口幸広が死去。実家はレストランで過去にはお手伝いも | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb元KARAク・ハラさんが死去。親友のソルリの自殺と関係はあるの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-12 時点

新着一覧