犬がくしゃみをする原因とは?病気とそうでない場合の見分け方を紹介

犬がくしゃみをする原因や健康への影響についてまとめました。犬がくしゃみをして鼻水が出るようなら、原因を把握して健康的に過ごす事ができるように対策をしてください。病気の疑いがある犬のくしゃみは病院へ行って健康維持に勤めていきましょう。

犬がくしゃみをする原因とは?病気とそうでない場合の見分け方を紹介

目次

  1. 犬がくしゃみをする原因を解説
  2. 犬がくしゃみをする2つの原因
  3. 健康面での心配がないくしゃみ
  4. 病気の心配があるくしゃみ
  5. 犬のくしゃみを対策する方法
  6. 犬の風邪を対策する方法
  7. 犬のくしゃみを見分けよう!

犬がくしゃみをする原因を解説

犬も人間と同様にくしゃみをする事があります。犬がくしゃみをすると「病気かな」「大丈夫かな」と心配になるかもしれませんが、犬の様子を見る事が大切。犬は病気以外にも様々な原因によりくしゃみをするため、原因に合わせた対策をしていくようにしましょう。犬のくしゃみに最適な対策をする事で、健康的な状態を維持しやすくなります。

本記事では、犬がくしゃみをする原因や健康のための対策方法についてまとめました。犬はどうしてくしゃみをするのか、主な原因について把握しておけば安心。犬がくしゃみをする原因について詳しく学んで、対策をしていきましょう。

病気かどうか見分ける方法もチェック

犬がくしゃみをして大量の鼻水を流しているといった症状が見られる場合は、病気の可能性もあるので要注意。犬のくしゃみが病気か否かの見分け方も学んで、犬がくしゃみをした時に役立ててみてください。もし、犬に病気の疑いがあるなら早めに病院へ行きましょう。病院に行って適切な処置をしてもらえば、再び健康な状態に戻る事ができます。

Thumb犬が震えるのには理由があった!震えの原因や対策方法を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

犬がくしゃみをする2つの原因

まずは、犬がくしゃみをする2つの原因についてチェックしていきましょう。犬はどうしてくしゃみをするのか、その原因を把握しておく事で対策がしやすくなります。

鼻に刺激物が入る事で出るのがくしゃみ。犬に限らず、人間も同じようなメカニズムでくしゃみが出ます。ウイルスや細菌、異物と行った物から体を守るのがくしゃみです。どういったものが鼻に入ったかによってくしゃみの種類も変わってくるので、メカニズムを理解した上で原因を探ってみてください。

生理的な反射

犬は生理的な反射によってくしゃみをする事がよくあります。よく起こりやすいのが、自分の毛が鼻の中に入った事によるくしゃみ。毛を異物立つ認識して、生理的な反射でくしゃみをします。また、暖かい部屋から寒い屋外へ出た時も冷たい空気が刺激となって、くしゃみが出るのも一般的なくしゃみの原因。刺激物や異物が入るくしゃみは一時的な物です刺激が収まれば止まります。

アレルギーや病気

アレルギーや病気も犬のくしゃみの原因となります。細菌やウイルスなどが鼻に入ると粘膜に付着し、それが刺激となって出てくるのがくしゃみ。風邪や鼻炎、副鼻腔炎といった病気の疑いが出てきます。

また、花粉やホコリなどのアレルゲンが入り込む事が原因となって出てくるくしゃみもあります。こうしたくしゃみの場合は注意が必要。花粉症やハウスダストのアレルギーを持った犬でであると考えられます。

健康面での心配がないくしゃみ

くしゃみには色々な原因がある事がわかりましたが、健康面において心配がないくしゃみである事が多いです。犬がどのようなくしゃみをしているのかチェックして、病気になっていないか確認してください。健康に問題がないくしゃみについてまとめました。犬の健康管理をするための参考にしてみてください。

単発で一時的

単発で一時的なくしゃみの場合、鼻に異物や刺激物が入った事による生理的な反射である可能性が高くなります。犬が1〜2回くしゃみをしたのみで続かないのであれば、一時的な反応と考えてよいでしょう。人間の鼻がムズムズした時にくしゃみをするように、犬も異物や刺激物によって鼻がムズムズしてくしゃみをしていると考えられます。

体調に変化がない

異物や刺激物が入った事によるくしゃみでも、それが犬の健康に悪影響を与える場合があります。犬のくしゃみが気になる場合は、しばらく様子を見てあげてください。犬がくしゃみをした後に特に何の変化もないのであれば、心配する事はありません。くしゃみの後も普段通りに過ごしていれば一時的な反応と考えて大丈夫です。犬の体調を観察して判断してください。

Thumbマズルコントロールは効果的なしつけ?愛犬と信頼関係を結ぶには? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

病気の心配があるくしゃみ

病気の心配がないくしゃみがある一方で、病気を疑うべきくしゃみもあります。犬は自分で病気か否かは判断する事ができないので、飼い主がしっかりと様子を見て判断する事が大切。犬のくしゃみの様子を見て、普段とは違う所がある場合は適切な対策をしていきましょう。

特に子犬は免疫力が弱く、病気にかかりやすいのが特徴。子犬が頻繁にくしゃみをしている場合は病気の可能性が高くなるため早めに病院へ連れて行ってください。

長期間止まらない

単発で一時的なくしゃみであれば問題ありませんが、長期間くしゃみが続くようであれば注意が必要。くしゃみが連続で止まらないといったように、普段とは違うくしゃみの出し方をしている場合は病気を疑った方が良いでしょう。普段から犬の様子を確認しておく事が大切。なんどもくしゃみをする状態が続いた時には適切に対処して、犬の健康を維持するように努めてください。

大量の鼻水が出る

犬がくしゃみをした時に大量の鼻水が出てくるのも病気である可能性が高くなります。くしゃみをして少しの鼻水が出るのであれば問題ありませんが、鼻水がどんどん出てきて止まらないという場合は病気と考えてください。病気の症状によって鼻水の種類は変わります。サラサラの鼻水もあれば、どろっとした鼻水もあるので、病院で相談する場合は鼻水の様子も伝えてください。

下痢等その他の異常が見られる

くしゃみだけでなく、下痢や嘔吐といった症状も見られたら病気である可能性が高くなります。犬がくしゃみを連続した後に下痢が起きたり、嘔吐をしてしまってはいませんか?こうした症状が出る場合は、風邪などの病気が疑われます。早めに病院へ行って処置をすれば問題ありませんが、放っておくと重症化する事もあるのできちんとした対策を行ってください。

犬のくしゃみを対策する方法

犬が病気ではないのにくしゃみをする事が多い場合は、最適な対策をしていきましょう。対策をしていく事で、犬のくしゃみを減らす事ができます。犬をくしゃみから解放して、快適な状態で過ごす事ができるようにしてあげてください。

部屋の掃除を徹底する

犬が室内でくしゃみをする場合、ホコリなどのハウスダストが刺激となっている場合があります。また、犬の毛もくしゃみの原因となるため部屋の掃除を徹底していきましょう。しっかりと部屋を掃除し、ハウスダストや毛が少ない状態にする事が大切です。

犬を刺激臭から遠ざける

犬を刺激臭から遠ざける事も大切。調理で使用するスパイスは、犬にとって刺激臭となるのでくしゃみの原因となります。また、柑橘系の香りも犬にとっては刺激臭。柑橘系の果物が近くにあるとくしゃみをする原因になる場合もあるので気をつけましょう。

病気の疑いがある場合は病院へ

もし、対策をしてもくしゃみが止まず、病気の疑いがある場合は早めに病院へ行きましょう。病院へ行けば、どのような病気なのかすぐに知る事ができます。病院のアドバイスに従って適切に処置をしていけば健康的な状態を取り戻す事ができます。

Thumb犬はぶどうを食べられない!万が一の時の動物病院の選び方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

犬の風邪を対策する方法

犬は風邪をひくと頻繁にくしゃみを出しやすくなります。そういった状態を防ぐために、しっかりと対策をしていく事が重要なポイント。犬が風邪を引いたらくしゃみだけでなく様々な症状が出て、苦しむ事になってしまいます。風邪予防をしておけば、犬も安心して過ごせるのではないでしょうか。犬が風邪を引かないように行っておきたい対策をご紹介します。

温度・湿度管理を徹底する

温度・湿度を徹底管理する事が犬の健康維持には大切です。寒すぎたり、暑すぎたりといった環境は犬の体の負担になります。また、冬場は乾燥にも注意。乾燥した状態だとウイルスが蔓延しやすくなるので、加湿器を使って乾燥を防いでください。

気管への負担を軽減する

犬は気管が弱っていると風邪をひきやすくなります。元々気管が弱い犬は特に注意が必要。首輪で気管を圧迫して負担をかけないようにしましょう。また、無駄吠えが多いと気管への負担も大きくなるので、無駄吠えをしないようにしつける事も大切です。気管を健康的な状態に保てば、風邪を引きにくい健康的な犬へと育ってくれます。

犬のくしゃみを見分けよう!

犬のくしゃみは病気の場合と、そうではない場合があります。大切なのは、犬のくしゃみの種類を見分ける事。一時的なくしゃみであれば、ホコリや花粉などが入った事によるくしゃみであると考えられます。一時的なくしゃみなら特に気にする事はありませんが、刺激や異物が入らないように掃除をして管理する事も大切。

病気であれば、すぐに病院へ行って処置を行ってもらってください。しっかりと処置をすれば、くしゃみがなくなり健康体へ戻る事ができます。連続したくしゃみや大量の鼻水を放置しておくと、犬の病気が悪化する場合もあるので注意が必要です。普段から犬の様子を見て、くしゃみの原因を把握していきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-24 時点

新着一覧