犬にさくらんぼを与える前の注意点!手作りおやつの作り方も紹介

犬に与えるのはドックフードだけではありません。栄養のある野菜や果物を与えると喜ぶ犬も多いです。こちらでは、栄養豊富なさくらんぼを犬に与える際の注意点をご紹介します。さくらんぼを与えるメリットや、さくらんぼを使った手作りおやつの作り方もチェックしていきましょう。

犬にさくらんぼを与える前の注意点!手作りおやつの作り方も紹介

目次

  1. 犬にさくらんぼを与える時の注意点を解説
  2. 犬がさくらんぼを食べるメリット
  3. 犬のさくらんぼ摂取時の注意点
  4. 犬がさくらんぼの種を食べた時の対応
  5. 犬も喜ぶ!手作りさくらんぼおやつ
  6. 犬もさくらんぼを食べても大丈夫!

犬にさくらんぼを与える時の注意点を解説

犬が口にする食べ物には注意が必要です。人間が口にしても大丈夫な食べ物でも、犬にとってはアレルギー症状や中毒を引き起こす食べ物の場合もあります。野菜や果物を犬に与える飼い主も多いですが、たまねぎやにんにくなどはアレルギーや中毒を引き起こすことがあります。こちらでは、さくらんぼにスポットを当てて、犬に与える際の注意点や与える分量などをご紹介していきます。

さくらんぼは栄養も豊富

さくらんぼは栄養満点な果物です。さくらんぼの主成分は体内への吸収性の高いブドウ糖で、味覚が敏感な犬が喜ぶ甘さがあります。カリウム、鉄分、リン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、βカロテンなどの栄養素をバランスよく含んだ果物となっています。カリウムは細胞内のphを整える作用があるので、体内のナトリウムを排出してくれます。

利尿作用があるので、腎臓炎にも効果のある栄養素となっています。鉄分は貧血や冷え症などに効果があるので、寒さに弱い犬種やシニア犬が積極的に摂取したい栄養素です。被毛のツヤにも影響するので不足しないように摂取する必要があります。リンは筋肉や骨をつくる栄養素で犬の成長に欠かせない栄養素です。

さくらんぼに含まれるビタミンは、皮膚や粘膜の保護に効果的な栄養素なので、皮膚トラブルなどにも効果があります。βカロテンは抗がん、抗酸化作用のある栄養素でアンチエイジングにも役立ちます。このようにさくらんぼには犬の健康管理に必要な栄養素が沢山含まれているので、おやつやご褒美などの際に上手に犬に与えるといいでしょう。

犬に与える際は、アレルギーを引き起こす可能性がある種や葉、茎を取り除き、食べ過ぎないように分量を調節することがポイントです。最近はペット同伴OKのさくらんぼ農園もあるので、愛犬といっしょにお出かけして、一緒にさくらんぼ狩りを楽しむのもいいかもしれません。

犬がさくらんぼを食べるメリット

犬にさくらんぼを与える際は、毒性のある種や葉、茎を取り除いてさくらんぼの実だけを与えるようにします。種を取り除く作業などは少し手間だったり、間違って与えてしまった時のアレルギーなどを心配する飼い主もいるかもしれませんが、栄養素が豊富なさくらんぼを犬に与えることはメリットも多いです。こちらでは、犬がさくらんぼを食べるメリットについてご紹介していきます。

食物繊維で便通改善

さくらんぼは様々な栄養素がバランスよく含まれていて、食物繊維も豊富なので犬の便通改善にもおすすめの果物です。食物繊維は腸の働きを活発にする栄養素で、体内の善玉菌を増やす効果もあります。ただし、犬に与える際は適量にすることがポイントです。犬がさくらんぼを食べ過ぎてしまうとお腹が緩くなってしまい、下痢を引き起こすこともあるので注意しましょう。

ビタミン類で皮膚等を健康に保つ

さくらんぼはビタミンAやビタミンCなどの栄養素を含むので、皮膚や目の粘膜などの状態を整える効果があります。被毛の多い犬や、暑い季節に紫外線に長く当たった犬は皮膚炎を引き起こすことがあります。犬にさくらんぼを与えることで皮膚炎の防止になるので、皮膚の弱い犬にはおやつとして少量食べさせるのもいいかもしれません。

鉄分で血流改善

さくらんぼには鉄分が含まれているので、貧血防止や血流改善による冷え性防止の効果を期待出来ます。さくらんぼを犬が口にすることで、血行が良くなって身体がポカポカと温まります。寒さに弱い犬種や血流が悪くなるシニア犬などに少量さくらんぼを与えると体質改善になっていいかもしれません。

抗酸化作用で老化を防ぐ

さくらんぼにはアントシアニンというポリフェノール類に属する栄養素が含まれています。アントシアニンは体内の活性酸素を取り除く抗酸化作用があるので、視力や体内の老化を抑える効果が期待出来ます。加齢やストレス、紫外線などの影響で発生する活性酸素は病気を引き起こします。

また、アントシアニンは抗炎症作用や血管を強くして血液をサラサラにする効果もあるので、シニア犬の健康管理として摂取したい栄養素です。さくらんぼを毎日買ってアントシアニンを愛犬に摂取させる必要はないですが、飼い主が食べる際に少量犬に分けてあげるといいかもしれません。

犬のさくらんぼ摂取時の注意点

栄養満点なさくらんぼは基本的には犬に与えても大丈夫な果物ですが、犬に与える際には注意が必要です。知識がないままさくらんぼを犬に与えてしまうとアレルギー症状を引き起こすこともあるので注意しましょう。こちらでは、犬がさくらんぼを口にする際の注意点や分量などをご紹介していきます。

種は必ず取り除く

さくらんぼの実は犬に与えても大丈夫ですが、さくらんぼの種には注意が必要です。さくらんぼの種にはアミグダリンと言う青酸配糖体が含まれています。アミグダリンはアレルギーや中毒を招く成分で、体内に入ることで犬が呼吸困難や意識障害、落ち着きがなくなったりチック症状を引き起こす可能性があります。

人間はさくらんぼを食べたら種を出すということが分かっていますが、犬は気にせず種を食べてしまうこともあります。さくらんぼの種は丸飲みすればアミグダリンが体内で分解されることがありませんが、消化器官を傷つけたり詰まって出てこない可能性もあります。

また、種だけでなくさくらんぼの葉や花、未熟な実などにも毒素があると言われているので注意が必要です。さくらんぼの柄も喉に引っかかったり、消化不良を引き起こす可能性があるので犬に与えないようにしましょう。愛犬がアレルギーや中毒にならないようにするためにも、少し手間ですがさくらんぼの実をきちんと取り除いてから与えることが大切です。

与える量やカロリーに注意する

さくらんぼは果物だから大丈夫と犬に過剰摂取させないようにしましょう。犬にさくらんぼを与える際は量やカロリーに注意することが大切です。品種にもよりますが、さくらんぼは一般的に1粒5gくらいの重さでカロリーは5kcal程です。1粒あたりのカロリーは高くありませんが、過剰摂取すると糖分の高さから肥満を引き起こしたり、お腹を緩くしてしまう可能性もあります。

犬にさくらんぼを与える分量は、体重3㎏に対してさくらんぼ7g、体重5㎏でさくらんぼ11g、体重10㎏でさくらんぼ18g、体重15㎏でさくらんぼ25gくらいを目安にしましょう。さくらんぼは品種によって含まれる栄養素の量が異なるので、目的別に成分を確認するといいかもしれません。

老化防止などの目的でさくらんぼを与えるのなら、アントシアニンが豊富に含まれたアメリカンチェリーを選ぶといいでしょう。皮膚病防止の目的ならビタミンが豊富な日本のさくらんぼがおすすめです。さくらんぼは必ず犬に必要な食べ物という訳ではないので、体質改善などのために少量与えたり、ちょっとしたおやつとして与えるのがいいでしょう。

アレルギーに注意する

さくらんぼは一般的には種を取り除いて実だけを犬に与えれば大丈夫な果物ですが、犬の中にはアレルギー症状を起こす子もいます。犬が食べ物でアレルギーになると、嘔吐や下痢、目の充血、元気消失、身体を掻いたり発疹が出るなどの症状を引き起こします。

さくらんぼに限らず、犬に初めて与える食べ物は少量にしてアレルギー症状が出ないかを確認することが大切です。アレルギー症状が見られる場合は自己判断で処置せず、動物病院に連れていきましょう。

犬がさくらんぼの種を食べた時の対応

注意していても犬がさくらんぼの種を口にしてしまうことがあります。犬は床に落ちたものを拾い食いしたり、飼い主が食べて欲しくないものを誤飲することが多いです。こちらでは、犬がさくらんぼの種を食べてしまった際の対処法についてご紹介していきます。さくらんぼの種に限らず、愛犬が誤飲してしまったら冷静に対処していきましょう。

動物病院に連絡する

愛犬がさくらんぼの種を口にしてしまった時は、飲み込んでいなければ口に手を入れて取り出しましょう。さくらんぼの種を飲み込んでしまった時に無理に吐かせようとするのは危険です。素人判断で犬に吐かせようとすると飼い主が噛まれてしまったり、犬の身体にも負担をかけてしまいます。

さくらんぼの種を飲み込んでしまった時は動物病院を受診するといいでしょう。獣医さんに状況を伝える時は、丸飲みしてしまったか、ガリガリと噛み砕いて飲み込んだかを伝えられるようにしましょう。ガリガリと噛み砕いた場合は、さくらんぼの種に含まれるアミグダリンという青酸配糖体が体内で分解されてしまうので、中毒を引き起こす可能性があり処置が必要になります。

体調を経過観察する

さくらんぼの種を丸飲みした場合は、動物病院を受診しても経過観察になることも多いです。さくらんぼの種は噛み砕かなければ毒素が体内に回らないからです。体内で消化されることもないので、数日中にウンチに混ざって出てくる可能性もあります。

大型犬の場合はウンチと一緒に体外へ排出される可能性が高いですが、身体の小さな小型犬の場合は体内に留まり消化器官を傷つけたり、詰まってしまうことがあるようです。大丈夫と思っていても、愛犬の身体には負担がかかっていることもあります。

数日のうちにウンチと一緒に体外に排出されない場合は、手術になることもあるので注意しましょう。経過観察になった場合も、犬の体調や行動などをよく観察し、いつもと様子が違うようなら病院を受診しましょう。

犬も喜ぶ!手作りさくらんぼおやつ

さくらんぼはドックフードのように毎日の食事として犬に与える必要はありませんが、おやつとして適量与えると甘みがあるので犬も喜びます。しつけやブラッシング後のご褒美などに与えるのもおすすめです。さくらんぼの実をそのまま与えるのではなく、少し手を加えて手作りおやつにするのもいいでしょう。

ただし、さくらんぼで手作りおやつを作る際は、種を取り除いた生のさくらんぼにしましょう。さくらんぼの缶詰やお菓子作りに使うドレンチェリー、ジャムなどは犬に適しません。加工品は人間にとっては便利ですが、犬に与えると糖分が高すぎるので注意しましょう。こちらでは、さくらんぼを使った手作りおやつの作り方についてご紹介していきます。

さくらんぼのヨーグルト

さくらんぼのヨーグルトは整腸作用があり、犬の健康管理に役立つおやつなのでおすすめです。ヨーグルトは適量であれば、犬に与えても大丈夫な食べ物です。ただし、犬に与える際は生乳100%の無糖ヨーグルトを選びましょう。ヨーグルトを食べたことがない場合は、ティースプーン1杯くらいを与えて大丈夫かを確認してからがいいでしょう。

さくらんぼのヨーグルトの作り方は、まずさくらんぼの種を取り除き、食べやすい大きさにカットします。カットしたさくらんぼをヨーグルトに混ぜ込んだら完成です。ヨーグルトとさくらんぼを混ぜた後に冷凍庫で冷やして、シャーベットにすると冷たくて美味しいです。

整腸作用のあるバナナのヨーグルトにするのもおすすめです。バナナを犬に与える時は皮を与えないように注意しましょう。バナナの皮は消化しづらいので犬に適しません。また、犬の体格によってバナナをつぶしたり、細かくカットするといいでしょう。

さくらんぼのゼリー

さくらんぼゼリーも犬におすすめの手作りおやつです。さくらんぼゼリーの材料は、さくらんぼ10g、生乳100%の無糖ヨーグルト50g、豆乳50cc、粉ゼラチン3g、冷たい水大さじ1杯です。まず、冷たい水に粉ゼラチンを入れて混ぜます。ダマにならないように溶かしましょう。

ダマが出来るようなら、少しレンジで加熱してもOKです。ただし、加熱しすぎると固まるので注意しましょう。種を取り除いたさくらんぼとヨーグルト、先ほどのゼラチンをミキサーにかけて、綺麗に混ざったら容器に移しましょう。後は冷蔵庫で2時間くらい冷やし、プルプルになっていたら完成です。与える量は犬のサイズによって調整しましょう。

多めに作って小分けに与えるのもおすすめです。ミントを添えると、犬の口臭予防の効果にもなるので、犬がミントの匂いを嫌がらなければ与えるのもいいかもしれません。手作りおやつは食いつきがいいと愛犬にたくさん与えたくなってしまいますが、おやつの量が多すぎるとお腹を緩くしたり、肥満に繋がるので注意しましょう。

犬もさくらんぼを食べても大丈夫!

さくらんぼは犬に与えても大丈夫な果物です。栄養が豊富なので、便通改善やアンチエイジングにも役立ちます。ペット同伴OKの農園にさくらんぼ狩りに行くと、犬と過ごすいつもの時間に変化があっていいかもしれません。

ただし、犬に与えても大丈夫な果物だからと言って、過剰に与えるとお腹を緩くすることもあるので注意しましょう。愛犬の健康管理やご褒美として上手にさくらんぼを与えることが大切です。たまに手作りおやつにして与えると犬も喜ぶかもしれません。

犬に関する記事はこちら

Thumb犬にくるみを与える時の注意点!食べてはいけないナッツ類も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb犬にネギは少量でも危険!可愛い愛犬を守るために気をつけるべきこととは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb犬はさつまいもを食べて大丈夫!調理方法や与え方まで徹底紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-27 時点

新着一覧