犬に卵を与える時は必ず加熱して!愛犬の好みに合わせて調理しよう!

今回は、犬に卵を与える時の注意点や栄養効果、卵のおやつレピシについてまとめてみました。タンパク質やビタミンが豊富な卵ですが、アレルギーや与える量、加熱処理などを把握した上で愛犬に与えることが大切です。栄養満点の卵を愛犬の好みに合わせて調理してみましょう。

犬に卵を与える時は必ず加熱して!愛犬の好みに合わせて調理しよう!

目次

  1. 犬に卵を与える時の注意点を解説
  2. 犬に卵を与える際に守るべき注意点
  3. 卵の栄養素と犬への効果
  4. 愛犬におすすめ!卵レシピ
  5. 卵はビタミン・ミネラル補給に最適

犬に卵を与える時の注意点を解説

良質な栄養分を含む卵ですが、犬が食べても大丈夫なのか気になりますよね。犬に卵を与えるには、量や調理方法、アレルギーについての注意が必要です。今回は、卵の栄養素と犬への効果、また犬に卵を与えるときの注意点について解説します。また、犬におすすめの卵レシピもご紹介します。卵を使った愛犬の健康維持にお役立て下さい。

栄養素や犬に与えるメリットもチェック

卵は、完全栄養食と言われるほど、ビタミンCや食物繊維以外の栄養素を含む高栄養素食品として知られています。良質なたんぱく質が含まれるのはもちろんのこと、犬に不足しがちなビタミンやミネラルも含まれ、犬の健康維持に欠かせない基本な栄養素が含まれています。今回は、卵に含まれる栄養素にも注目して犬に与えるメリットをチェックしていきます。

犬に卵を与える際に守るべき注意点

栄養素が高い卵ですが、犬に与えるには、調理方法や与える量、アレルギーについても注意する必要があります。また、これらの注意点を把握することで、卵の栄養素を十分に活用した犬への与え方が可能になります。ここでは、犬に卵を与える際に守るべき注意点ついて見ていきましょう。

必ず加熱して与える

犬に卵を与える時に注意をしたいのが、必ず加熱処理をしてから食べさせることです。生卵には、稀にサルモネラ菌に汚染されていることがあり、犬が生卵を食べると、下痢を起こす心配があります。スーパーで販売されている卵は、殺菌処理されているので食中毒例は少ないですが、生卵を室温に長時間置いておくとサルモネラ菌が増えたことが原因で食中毒を起こすケースもあります。

サルモネラ菌は加熱によって死滅するので、必ず加熱処理してから犬に与えるようにしましょう。ゆで卵や目玉焼きなど調理方法は何でも良いですが、調味料を使わないことがポイントです。また、卵を初めて与える場合には、アレルギーも考慮して、少量ずつ様子を見ながら与えるようにしましょう。与える量は、体重1kgあたり7gが目安です。

生の卵白の過剰摂取に要注意

犬に卵を与える時、生の卵白の過剰摂取に注意をする必要があります。その理由は、卵白に含まれるアビジンという酵素が関係しています。アビジンは、犬の皮膚や被毛を健康に保つために必要なビタミンの1種、ビオチンを破壊する作用を持っています。ビオチンが不足すると、湿疹や皮膚炎、貧血などの無気力の症状を起こす可能性があります。

ビオチン欠乏症にならない方法として、アビジンは熱に弱いので必ず加熱処理をすること、また、卵黄にはビオチンが含まれるので、卵白だけでなく全卵で調理して与えることです。人間が一度に10個以上の生卵を食べ続けた場合、ビオチン欠乏症にると言われるので、犬には毎日1~2個以上の生卵を食べさせなければ、ビオチン欠乏症にはならないでしょう。

アレルギーに気をつける

卵は犬に与えても大丈夫な食品ですが、稀にアレルギー反応を示す犬もいるので、初めて食べさせる場合は、まず、少量与えてから様子を見てあげるようにしましょう。特に鶏肉に対してアレルギーがあるワンちゃんの場合、卵にもアレルギー反応を起こす恐れがあります。アレルギーがあるワンちゃんには、卵を与えても大丈夫か獣医師に相談することをおすすめします。

加工品は材料に注意する

基本的に、卵を使った加工食品を犬に与えても大丈夫です。しかし、犬には中毒症状を起こす食材があるので、材料にそれらが含まれていないかを注意してあげましょう。例えば、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンは、中毒症状を引き起こし震えや嘔吐を繰り返すことがあります。加工食品にチョコレートやココアが含まれるプリンやおやつなどは与えないようにしましょう。

その他に、ネギやニラ、にんにくに含まれるアリルプロピルジスフィドやアリシンも犬にとって有害なので、それらが加工商品に含まれていないか、確認してから与えましょう。

チョコレートやココアが入っていない卵ボーロやプリンでも、砂糖が大量に使用されていることから、与えると肥満につながる可能性があるので避けましょう。卵豆腐は、メーカーによっては酒精やみりんなどのアルコールを含んでいることがあるので、食べさせないほうが良いでしょう。

Thumbチョコレートは犬が食べたら危険?症状や致死量・誤飲した時の対処法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

卵の栄養素と犬への効果

卵は、犬の健康を維持するのに必要な栄養素が含まれる高栄養食品です。ビタミンCと食物繊維以外の栄養素が卵から取れるので、手作りご飯の材料やタンパク質、ビタミン、ミネラルの補給目的のトッピングとして、愛犬に与えるのもいいでしょう。ここでは、卵に含まれる栄養素とその働き、また犬への効果について見ていきましょう。

体づくりに役立つ「タンパク質」

卵の栄養素としてまず着目したいのがタンパク質です。タンパク質は。卵白に約4.4g、卵黄に約2.8g、卵1個では約7g含まれています。犬にとってタンパク質は、皮膚や筋肉、被毛など、全身のあらゆる健康維持に必要な栄養素です。犬がタンパク質を摂取すると体内でに分解されます。体を作るために使われる20種類のアミノ酸のうち、食物からしか摂取出来ないものを必須アミノ酸と言います。

卵には、犬が食事から取る必要がある10種類の必須アミノ酸が含まれています。この必須アミノ酸は、免疫力をアップする手助けもしてくれます。また、動物性たんぱく質は消化吸収されやすいのもメリットです。

エネルギー源となる「脂質」

卵の栄養素の中でタンパク質に次いで多いのが脂質です。卵白には含まれず、卵黄は約6g含まれています。脂質は、体温保持やエネルギー源として、また、皮膚や粘膜の健康維持にも役に立つ栄養素です。成犬が1日に必要とする脂質の割合は、5.5%以上と言われています。

脂質は過剰に取ると肥満の要因にもなりますが、脂溶性ビタミンの吸収や必須アミノ酸の供給源にもなるなど犬の健康に大切な役割を担っています。

抗酸化作用を持つ「セレン」

AAFCO(米国飼料検査官協会)は、犬に必要な12種類のミネラルの摂取基準を定めており、セレンもそのミネラルの1種です。セレンは、卵白に約9μg 卵黄に約10μg、卵全体で約19μg含まれています。強い抗酸化作用を持ち、犬の老化速度を緩和して癌発生の抑制にも期待が出来ると言われています。

酵素の働きをサポートする「ビオチン」

ビオチンはビタミンB群の1種で、卵白に約3μg、卵黄に約11μg、卵1個には役14μg含まれています。水溶性のビタミンであるビオチンは、消化や代謝をサポートする補酵素の役割を持ち、犬の皮膚や粘膜、神経を健康に保つ大切な栄養素の一つです。

愛犬におすすめ!卵レシピ

栄養バランスの良い卵は、是非トッピングで愛犬に与えたい食材です。ゆで卵や加工食品を与えても良いですが、量やカロリー、糖分などが気になります。卵を使った手作りおやつなら、愛犬の体重や好みに合わせて与えることが出来るのでおすすめです。ここでは、愛犬におすすめの卵を使ったおやつレシピをご紹介します。

さつまいもボーロ

まずご紹介するのはさつまいもボーロです。栄養分が豊富な卵ですが、食物繊維は含まれないので、さつまいもを使うことで栄養バランスの取れたおやつが作れます。材料は、さつまいも80g、ゆで卵の黄身10g、片栗粉25g、水12㏄~15㏄を準備します。作り方は、皮をむき柔らかくゆでたさつまいもに、その他の材料を少しずつ入れ混ぜます。

さつまいもを潰しながら練る様に混ぜるのがポイントです。出来た生地を小さく丸めてくキングシートを敷いた鉄板の上に並べます。160~170℃の温度でオーブンで10分焼き、焼き具合が同じになるように転がして、更に5~10分焼きます。薄く焼き色が付いたら完成です。

ふんわりホットケーキ

ホットケーキは簡単に作れて、食べ応えもあるのでおすすめです。材料(約4枚)は、薄力粉120g、豆乳(無調整)100g、卵1個、バター少々、はちみつ(お好みで)を準備します。材料をボールに入れてまとまるまで混ぜます。フライパンにバターを敷いて、焼き色がつくまで焼きます。お好みではちみつをかけたら完成です。

ヤギのミルクプリン

次にご紹介するのは、ヤギのミルクプリンです。犬に牛乳を与えるとお腹を壊しやすいと言われますが、ヤギミルクは、犬の母乳の成分に近く牛乳よりも栄養が豊富なので、手作りおやつの材料としてもおすすめです。準備する材料は、ヤギミルク50CC,卵1/2個だけです。

作り方は、まず、ボールに卵を入れ泡立てないように混ぜます。卵の中にヤギミルクを少しづつ入れよく混ぜます。カップ6~8分を目安に流し込んで蒸し器で15分ほど蒸します。表面が固まったら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やして完成です。

Thumb犬はさつまいもを食べて大丈夫!調理方法や与え方まで徹底紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

卵はビタミン・ミネラル補給に最適

今回は、犬に卵を与える時の注意点から卵を使った手作りおやつレシピまでご紹介して参りました。卵は必ず加熱処理し、始めは少量与えてアレルギー反応を起こさないか確認してから与えることをおすすめします。栄養が豊富な卵は、ビタミン・ミネラル補給に最適の食材なので、おやつやトッピングとして愛犬に与えましょう。

Thumb犬はトマトを食べても大丈夫!栄養抜群な愛犬に喜ばれる必見レシピとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-08-12 時点

新着一覧