犬にグレープフルーツは気をつければ大丈夫!栄養抜群のおすすめレシピも

犬に与えても大丈夫なグレープフルーツの与え方や注意点、栄養についてまとめました。栄養豊富なグレープフルーツですが、犬に与える場合は量に気をつけ、皮を取り除くなどの注意点を把握しておく事も大切です。愛犬に美味しくグレープフルーツを食べてもらうようにしましょう。

犬にグレープフルーツは気をつければ大丈夫!栄養抜群のおすすめレシピも

目次

  1. 犬にグレープフルーツを与える方法を解説!
  2. グレープフルーツの成分・犬への影響
  3. 犬にグレープフルーツを与える時の注意
  4. 栄養抜群!犬向けグレープフルーツレシピ
  5. 犬には適量のグレープフルーツを与えよう

犬にグレープフルーツを与える方法を解説!

人が食べても大丈夫な食べ物だったとしても、犬にとっては大丈夫ではない食べ物もあるので、ペットフード以外を与える時は注意が必要です。甘酸っぱくて美味しいグレープフルーツは、犬に与えても大丈夫な食べ物の1つ。上手な与え方をする事で、グレープフルーツの栄養を犬に与える事ができます。本記事では、愛犬にグレープフルーツを与える時のポイントについてまとめました。適切な与え方で、犬にグレープフルーツをあげましょう。

与えても大丈夫だけど注意は必要

基本的に、犬にグレープフルーツを与えても大丈夫と言われていますが注意は必要。人間が食べるとの同じように犬にグレープフルーツを与えると、体調不良の原因になってしまうかもしれません。適量や注意点を守る事で、安全にグレープフルーツを犬に与える事ができるようになります。グレープフルーツの栄養を与えようとして、体調を崩す原因になってしまうと大変です。

どのくらいの量であれば犬の体の負担にならずグレープフルーツの栄養を取り入れる事ができるのか、基本をチェックしておきましょう。注意すべきポイントを学んでおく事で、心配する事なく犬にグレープフルーツを与えられるようになります。グレープフルーツの与え方のポイントだけでなく、犬が食べても大丈夫なグレープフルーツレシピもご紹介するので、参考にしてみてください。

グレープフルーツの成分・犬への影響

まずは、グレープフルーツの栄養成分と犬に与える影響について見ていきましょう。グレープフルーツには様々な栄養が含まれており、適切な与え方をする事で犬の健康に役立てる事ができるようになります。グレープフルーツの栄養を有効活用する事ができるように、愛犬にぴったりな与え方をしてみてはいかがですか。グレープフルーツの栄養について詳しくご紹介します。

抗酸化作用のある「ビタミンC」

グレープフルーツに含まれる栄養として挙げられるのがビタミンCです。ビタミンCは抗酸化作用がある事で知られている栄養素。老化の原因となる活性酸素を排出し、若々しい状態を保つのに役立つと言われています。また、ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする働きもあるため、健康的な皮膚の状態をキープするのにも最適な栄養素です。

ビタミンCは、免疫力を上げるのにも欠かす事ができない栄養素です。風邪をひかない元気な体作りにグレープフルーツのビタミンCを役立ててみませんか。ただし、ビタミンCは犬の体内で生成される栄養素でもあります。若いうちには過剰にビタミンCを与える必要はありません。高齢犬はビタミンCの生成量が減るので、そういった場合に与えると良いのではないでしょうか。

体液や筋肉の活動を助ける「カリウム」

カリウムは、体液のバランスを調整する栄養素です。カリウムと水分のバランスを取る事で、高血圧などの疾患を防ぐ事ができます。利尿作用を促し、不要な物を排出する事で体の回りを良くする事ができるのも嬉しいポイント。また、心臓周辺の筋肉の機能を正常化する働きがあるのも特徴です。神経の伝達をサポートし、健康的な体を作る下支えをしてくれます。

様々な健康効果を期待する事ができるカリウムですが、過剰摂取はNGです。食欲が落ちたり、栄養失調になったり、といった事が起きやすくなります。逆に、カリウムが不足するのも犬の健康にとって良くありません。同じように食欲低下や栄養失調を起こすほか、筋肉が痙攣してしまう可能性が出てきます。適量を守り、カリウムを含んだ食材を与えるようにしましょう。

癒し効果のある「リモネン」

グレープフルーツをカットすると、爽やかな良い香りが漂います。この香りは、リモネンと呼ばれる成分。グレープフルーツだけでなく、オレンジやレモンなどの柑橘類にも含まれている成分です。リモネンの香りには、リラックス効果があると言われています。気持ちをすっきりとさせ、リフレッシュする効果を期待できるので、ストレス軽減に役立つのではないでしょうか。

人間だけでなく、犬も様々な原因でストレスを抱えてしまう事があります。環境の変化など、犬にとってストレスとなるような事が起きた場合は、飼い主がケアをしてあげる事も大切。普段からスキンシップを取るのはもちろんの事、グレープフルーツのリモネンのようにリラックスする事ができる香りを活用するのも、おすすめの方法です。

免疫力を高める「ナリンギン」

グレープフルーツを食べた時に感じる苦味の正体は、ナリンギンと呼ばれる栄養素。苦味と聞くと体に悪いイメージがあるかもしれませんが、ナリンギンは免疫力アップ効果を期待する事ができる栄養として知られています。病気を防ぎ、健康的な状態を保ちたい時に最適。犬の健康維持に役立ててみてはいかがですか。

粘膜や皮膚を強化する「βカロチン」

グレープフルーツに含まれるβカロチンは、粘膜や皮膚を強化する働きを期待する事ができます。鼻や口などの粘膜が弱るとウイルスが入りやすくなり、病気の原因となってしまうため、βカロチンで栄養補給をする事が大切。

また、皮膚病を防ぐのにもβカロチンが効果的と言われています。βカロチンは、この他にもアンチエイジング効果など様々な健康効果がある犬とっても嬉しい栄養です。

犬にグレープフルーツを与える時の注意

犬にとって良い栄養が豊富に含まれているグレープフルーツですが、与える場合は注意点を踏まえておく事が大切です。どのくらいの量を与えても良いのか、皮は与えても大丈夫かなど、基本的な注意点をチェックしてグレープフルーツを与えるようにしてください。

消化に悪い皮はNG

硬い皮は消化不良を起こし、下痢などの原因になってしまいます。また、皮にはソラレンと呼ばれる成分が含まれているのも注意ポイント。皮に含まれるソラレンは過剰摂取する事で中毒症状が起きます。グレープフルーツの皮はしっかりと取り除いた上で犬に与えるようにしてください。

与えすぎは嘔吐・下痢の原因に

栄養豊富なグレープフルーツですが、多量摂取は嘔吐や下痢の原因になります。1日の摂取カロリーの20%以内の量を目安にして与えるようにしましょう。グレープフルーツを主食として与えるのではなく、おやつとして少量ずつ与える事も大切です。しつけのご褒美などで、グレープフルーツを与えてみてはいかがですか。

様子がおかしくなったら病院へ

もし、グレープフルーツを与えた後に異変が起きたらすぐに動物病院へ行ってください。グレープフルーツは犬が食べても大丈夫ですが、皮を与えたり、多量摂取をすると病気の原因になる場合があります。適切に処置してもらえば大事には至らないので、動物病院に相談してください。

栄養抜群!犬向けグレープフルーツレシピ

そのままグレープフルーツを与えるのも良いですが、工夫をプラスして手作りおやつを作るのもおすすめです。気軽に作る事ができるグレープフルーツのおやつレシピをまとめました。特別な犬へのご褒美として、チャレンジしてみてはいかがですか。

さっぱりとした「寒天」

粉寒天と水を鍋に入れて火にかけましょう。粉寒天が溶けたら、100%果汁のグレープフルーツジュースを加えて混ぜます。お好みの型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めたらグレープフルーツ寒天の完成です。ジュースは必ず100%果汁を選んでください。砂糖などが入っているジュースは犬の体に負担をかけるので、避けるようする事がポイントです。

簡単に作れる「フルーツケーキ」

皮をむいたサツマイモを加熱し、柔らかくしたらマッシャーで潰します。ケーキ型に潰したサツマイモの半量を敷き詰め、上に刻んだ人参を乗せましょう。残りのサツマイモを上にかぶせ、ケーキの形を作ります。

水切りした豆腐を滑らかになるまで混ぜてクリーム状にし、サツマイモのケーキをデコレーションしてください。豆腐は絹豆腐を使うと口当たりが滑らかになり、愛犬も美味しくいただく事ができます。皮を取り除いたグレープフルーツやイチゴをトッピングしたらフルーツケーキの完成です。愛犬の誕生日などで作ってあげてみてはいかがですか。

犬には適量のグレープフルーツを与えよう

グレープフルーツは犬が食べても大丈夫な食材ですが、与え方には注意が必要です。過剰摂取は体調不良の原因となってしまうため、少しずつ与えるようにしましょう。おやつとして与えたり、普段の食事にトッピングする方法もおすすめです。いつも同じ食べ物を与えるより、グレープフルーツをプラスして味に変化を与えると、犬も楽しく食事ができるのではないでしょうか。

与え方の注意点を踏まえた上であれば、グレープフルーツの栄養を犬の健康に役立てる事ができます。皮は与えないようにするなど、気をつけておきたいポイントをチェックしてグレープフルーツを与えてみましょう。甘酸っぱくて美味しいグレープフルーツを、犬もきっと喜んでくれるはずです。

犬に関連した記事はこちら

Thumb犬にヨーグルトは無糖ならOK!ケーキやシャーベットにして愛犬にご褒美を | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb犬に卵を与える時は必ず加熱して!愛犬の好みに合わせて調理しよう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb犬がにんにくを食べると命に関わる!もしもの時の対処法を知っておこう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧