GLAY・HISASHIが交通違反トラックに警告!激怒ツイート「近づくな」

GLAY・HISASHIが交通違反トラックに激怒して警告したと話題になっています。トラックはどのような状態で運転されていたのでしょう?気になるGLAY・HISASHIが警告したツイートや、「近づくな」の真意について調べてみることにしましょう!

GLAY・HISASHIが交通違反トラックに警告!激怒ツイート「近づくな」

目次

  1. GLAY・HISASHIプロフィール
  2. これまでのGLAY・HISASHIの経歴を追ってみた
  3. GLAY・HISASHIが交通違反トラックに激怒し警告!
  4. 警告ツイートでもGLAY・HISASHIはツッコミをいれている
  5. まとめ:警告ツイートで交通違反が減ることを祈るGLAY・HISASHI

GLAY・HISASHIプロフィール

愛称:トノ
本名:外村 尚
生年月日:1972年2月2日
現在年齢:47歳
出身地:青森県
血液型:O型
身長:168センチ
体重:???
活動内容:GLAYギタリスト
所属グループ:GLAY
所属事務所:LSG
家族構成:???

これまでのGLAY・HISASHIの経歴を追ってみた

交通違反されたトラックに対し、激怒したツイートを投稿されたGLAY・HISASHIですが、まずはどのような経歴を持っている人物なのか調べていくことにしましょう。

自宅にあったオーディオルームが現在の基礎になった

GLAY・HISASHIといえばGLAYには欠かせないギタリストですが、現在の様になるにはどのような人生をたどってきたのでしょう?GLAY・HISASHIの自宅には、父親がオーディオルームを作っており、両親からは子供の頃からその部屋にはは言ってはいけないと警告されていました。

しかし、GLAY・HISASHIは好奇心旺盛だったこともあり、親の目を盗んではオーディオルームに入っていたそうです。たくさんのオーディオにGLAY・HISASHIは音楽に興味を持っていきました。

バンドに興味を持ったのは中学生からだった

小学生の頃はそれほどバンド自体に興味がなかったようですが、中学生ともなると同級生たちも音楽だったりロックバンドなどに興味を持ち始め、GLAY・HISASHIも同じようにバンドに興味を持つようになりました。とくにラジオを良く聞いており、中学2年生の頃になると通販でギターを買われたそうです。

音楽に没頭していたGLAY・HISASHIでしたが、この頃に音楽を好きになるきっかけとなった父親が他界されてしまったそうです。

同じ高校に通っていたことが縁でGLAYが結成された

高校に入ってからはバンドを結成したものの日の目を見ることはありませんでした。解散された後にちょうど現在もメンバーであるTAKUROがツインギターの相棒を探していることを聞き、GLAYに加入することになりました。

インディーズ時代はとにかくアルバイトに明け暮れていた

高校を卒業された後は上京し、バンド活動を続けながらアルバイトに明け暮れていたそうです。学生時代の先生にはバンド活動はできないだろうと言われていましたが、GLAY・HISASHIはその言葉を受け入れることなくバンド活動を続けています。

もし、GLAY・HISASHIが先生の言葉を聞き入れていたら、GLAYというバンドはここまで売れることはできなかったかもしれません。

ギタリストとして様々な活動をされている

一時期GLAYではベーシストがいなかったこともあり、ギタリストだったGLAY・HISASHIがベースを担当されていたこともありました。ギタリストとして作曲などにも力を入れており、GLAYのアルバムの中には、GLAY・HISASHIが作詞作曲された曲が入っています。

2012年7月には期間限定でEXILE・TAKAHIRO、ドラムに宮上元克、ベースにTOKIEとともにロックバンドを結成されていました。きっかけとなったのは、EXILEとGLAYがコラボしたことで企画が実現したそうです。現在ではほとんど活動はされていません。

意外にもアニメや漫画が好きでバイクやパソコンをいじるのも好き

GLAY・HISASHIの印象として寡黙なギタリストだと思われている人が多く、話してみると意外と気さくでおしゃべりな男性という印象に変わるそうです。なので、趣味がアニメや漫画が好きというのは、意外に思われる人が多かったようです。GGLAY・HISASHIのインスタグラムやツイッターでは、自分が好きな漫画やアニメなどの画像を投稿されていることもあります。

小さな頃から機械をいじることが好きだったそうで、バイクやパソコンなども好きですが車も大好きで白のポルシェ・911が愛車なんだそうです。

TAKUROはGLAY・HISASHIにとってライバル

高校生時代からずっと一緒にいるTAKUROですが、GLAY・HISASHIにとってはライバルだと思われているそうです。GLAY・HISASHIとTAKUROの好きな音楽は正反対であることが多く、基本的にTAKUROが提案することに反対するのがGLAY・HISASHIなんだそうです。

正反対の感性なのにこれまでずっと一緒にやって来れたのは、やはりお互いに認めあっているからこそ解散せずに活動を続けられているのでしょう。

1999年に結婚されていたGLAY・HISASHI

意外と知られていませんが、GLAY・HISASHIは1999年に結婚されています。当時、ライブで骨折してしまい、熱心に看病してくれたのが現在の奥様だったそうです。結婚された時期は人気絶頂期とも言える時期でしたが、ファンからは祝福されていたそうです。

GLAY・HISASHIが交通違反トラックに激怒し警告!

GLAY・HISASHIが交通違反トラックに激怒されていると話題になっていますが、どういった経緯で激怒されてしまったのでしょう?気になるGLAY・HISASHIの激怒や警告について調べてみることにしましょう。

深夜のツイートで交通違反トラックに激怒した

GLAY・HISASHIが激怒ツイートを投稿されたのは、深夜のことでした。GLAY・HISASHIはSNSの更新をよくする人であり、その時感じたことを素直に投稿されています。今回の警告ツイートの他にもギタリストとして楽しかったライブの感想などもつぶやいています。

他にもファンがGLAY・HISASHIの自画像を書かれたりしているツイートを発見したときは、リツイートなどもされています。そういったことでファンとの交流を持っているようです。

交通違反したトラックに対しツイートには「近づくな」

さて、現在話題になっている警告ツイートというのは、こちらになります。ツイートの中に「近づくな」という言葉が入っており、警告されているのがよくわかります。GLAY・HISASHIは車を運転することも好きなので、こういった違反されている運転者を見るといらっとするのでしょう。

いずれにしても「近づくな」という言葉はとても強く警告されているように感じてしまいますが、大事故につながらなくて安心されたファンもたくさんいらっしゃることでしょう。

交通違反したトラックはどのような状態だった?

GLAY・HISASHIが「近づくな」と警告されたトラックは、どのような状況だったのでしょう。警告されたツイートによれば、どうやらトラック運転手は右車線に入るためにウィンカーをあげたようです。しかし、あまり車間距離がない状況であげられたのではないでしょうか?

危ない状況だったからこそ「近づくな」という発言になり、GLAY・HISASHIが気をつけていたからこそ事故にはならなかったようですが、車間距離を守って車線変更されていたのであれば、このような警告ツイートはしなかったのかもしれません。

ツイートコメントでもこんな意見が…

GLAY・HISASHIが「近づくな」ツイートにはたくさんのリツイートや、返信をしている方が多くいました。その中でどういった意見が出ているのか、気になるツイートを集めていますので、見ていくことにしましょう。

警告ツイートに様々な意見が飛び交っていますが、やはりトラック運転手が危ないという意見が多かったようです。ハザードをあげていても、車線に入る直前すぎると事故の元になるので車間距離をしっかりと取ってから車線変更をするべきでしょう。

警告ツイートでもGLAY・HISASHIはツッコミをいれている

今回の警告ツイートで様々な会社がネットニュースとして話題にされています。そんな警告ツイートでさらなる警告をGLAY・HISASHIがツイートされています。どんなツイートをされているのか、見ていくことにしましょう。

警告したGLAY・HISASHIがツッコミ警告ツイートをあげている

今回のネットニュースに対して皮肉とも言えるツイートをされています。最近のネットニュースでは、テレビなどで放送された発言などをそのままニュースにされていることが多いです。一昔だと、しっかりとネタ元となっている本人に直撃取材をしてから記事にされていることが多いものでした。

時代の風潮もありますが、今はほとんどネットで調べると情報が集まってくる時代です。自分の足で動かなくても情報が集まる状況にGLAY・HISASHIはあまり良く思われていないというのがよくわかります。

まとめ:警告ツイートで交通違反が減ることを祈るGLAY・HISASHI

ギタリスト・HISASHIは今回のことで交通違反や交通事故が減ることを祈っているのではないでしょうか?最近では車の方で交通事故を起こさないように様々なアシスト機能もつくようになりましたが、やはり、事故を起こしてしまうのは運転者自身です。

GLAY・HISASHIも車を運転する身として、危ないことをツイートされているのでこれがきっかけで自分の運転はどのようにしているのか考えてみたほうがいいかもしれません。これからのGLAY・HISASHIのツイートに注目していきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-25 時点

新着一覧