長渕剛が急性腎盂腎炎で緊急入院!絶対安静の状態が続く

歌手の長渕剛が12月20日に急性腎盂腎炎のため救急搬送され、都内の病院に緊急入院したことが明らかになりました。23日の主演映画の舞台挨拶も欠席した長渕剛ですが、緊急入院中の様子はどうなのでしょうか。長渕剛の現在の容態や、発表したコメントについて調査しました。

長渕剛が急性腎盂腎炎で緊急入院!絶対安静の状態が続く

目次

  1. 長渕剛のプロフィール
  2. 長渕剛が急性腎盂腎炎で緊急入院!
  3. 主演映画「太陽の家」の舞台挨拶と上映会を欠席
  4. 長渕剛本人から寄せられたコメント
  5. 長渕剛の現在の容態は?
  6. 長渕剛の回復を祈りましょう

長渕剛のプロフィール

・愛称:つよし、ぶっちゃん
・本名:長渕剛(ながぶちつよし)
・生年月日:1956年9月7日
・現在年齢:63歳
・出身地:鹿児島県鹿児島市
・血液型:A型
・身長:170cm
・体重:57kg
・活動内容:歌手
・所属グループ:なし
・事務所:Office REN
・家族構成:妻(志穂美悦子・元女優)、長女(文音・女優)、長男(WATARU・ミュージシャン)、次男(蓮・ミュージシャン)

Thumb長渕剛のおすすめ曲ランキングTOP30!ライブで人気の曲は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

長渕剛が急性腎盂腎炎で緊急入院!

歌手の長渕剛が12月20日に急性腎盂腎炎のため救急搬送され、都内の大学病院へ緊急入院していたことが明らかになりました。絶対安静との噂もあり容態が心配される長渕剛ですが、どのような状況だったのでしょうか。長渕剛の緊急入院の時の様子について、調べました。

12月17日から体調不良を訴える

長渕剛は10月から10都市17公演の「シネマ&ライブツアー」を展開していました。このシネマ&ライブツアーは、コンサート会場で映画を先行上映するというもので自身初のツアーでした。コンサート会場で映画を先行上映するという内容で、12月17日に千葉の幕張で千秋楽を迎えています。この千葉での最終公演後、長渕剛は腹部への激痛を訴えており、さらに発熱も始まりました。

12月20日に救急搬送された

その後も体調は回復せず、12月20日には腹部の極度の痛みと高熱が発生したため、救急車で都内の病院へ搬送されました。検査の結果長渕剛の病名は急性腎盂腎炎であり、そのまま大学病院へ緊急入院となっています。

急性腎盂腎炎とは

長渕剛が診断を受けた急性腎盂腎炎とは、どのような病気なのでしょうか。まず腎盂腎炎とは、腎臓内にある尿がたまる腎盂の中に細菌が繁殖し、腎臓にまで炎症が及んだものです。そしてこの症状が急性的に発症したものを、急性腎盂腎炎と呼んでいます。本来膀胱から尿管、腎盂に細菌が存在することはありませんが、何らかの原因でここに細菌が侵入し炎症を起こすことがあります。

ほとんどは尿道から細菌の侵入が起こるようです。細菌は大腸菌や緑膿菌などで、大腸菌による感染が全体の約9割とされています。この病気は、男性より女性に多く見られる傾向にあります。また、人によっては繰り返す人もいるようです。

急性腎盂腎炎では、高熱や吐き気、寒気、倦怠感が起こります。まれに脱水による意識障害が起こることもあるようです。重症化すると細菌が腎臓から血流に乗って全身へ広がってしまい、命に関わる場合もある非常に危険な病気です。

緊急入院時の長渕剛の容態

場合によっては命にかかわることもある危険な急性腎盂腎炎という病気ですが、20日に救急搬送されて緊急入院した時の長渕剛の容態は当時どのような様子だったのでしょうか。医師の診断によると、救急搬送された時の長渕剛はとても危険な状態であり、絶対安静との診断となりました。

緊急入院中である長渕剛本人は、12月23日の主演映画の舞台挨拶を予定しておりイベントに出席を強く望みましたが、朝の容態を受け舞台挨拶への出席は難しいとしてドクターストップがかかったようです。

主演映画「太陽の家」の舞台挨拶と上映会を欠席

12月20日に急性腎盂腎炎のため救急搬送され緊急入院した長渕剛ですが、緊急入院から3日後の23日に予定されていた主演映画の舞台挨拶と上映会を欠席しています。その場で長渕剛が緊急入院したことが告げられたため、会場は騒然となりました。ここでは、長渕剛委が欠席した舞台挨拶と上映会での様子を詳しくお伝えします。

主演映画「太陽の家」とは

まずは長渕剛主演の映画「太陽の家」とは、どのような作品なのかをご紹介します。この映画は、1999年以来20年ぶりとなる長渕剛主演映画です。長渕剛の役どころは、人情に厚く神技的な大工の腕をもつ棟梁、川崎信吾役です。偶然保険会社の営業ウーマン池田芽衣と出会い、芽衣の1人息子である龍生が父親の顔を知らないことを気にかけ龍生と交流を深めます。

川崎と龍生は次第に男同士の距離を縮めていき、川崎は芽衣と龍生のために家を作ろうと決意します。そんな中、ある日突然龍生の父親と名乗る男が現れます。そして龍生の父親の登場により、川崎や龍生、芽衣の心に変化が訪れるといったヒューマンドラマとなっています。

長渕剛の妻役には飯島直子、池田芽衣役には広末涼子、長渕剛の弟子役には瑛太がキャスティングされており、キャストの豪華さでも話題になりました。監督は、相棒シリーズでも名を知られる権野元です。太陽の家は来年1月17日、全国で公開予定となっています。

12月23日には舞台挨拶と上映会を予定していた

太陽の家は2020年1月公開予定の映画ですが、12月23日には完成披露の舞台挨拶が行われました。舞台挨拶には、もちろん主演である長渕剛も出席する予定になっていました。しかし長渕剛は20日から急性腎盂腎炎で緊急入院中であったため、この舞台挨拶と上映会を欠席しています。長渕剛は当日の朝まで強くイベントへの出席を希望していましたが、叶いませんでした。

女性スタッフが長渕剛の欠席を伝える

太陽の家の舞台あいさつでは長渕剛の関係者である女性スタッフが登壇し、長渕剛の欠席を伝えました。女性スタッフは、17日の公演終了後から腹部の激痛と発熱があり、20日に極度の痛みと高熱となったため、救急搬送されたことを観客へ伝えました。

さらに現在は都内の大学病院に緊急入院中であり、病名は急性腎盂腎炎であること、そして現在も絶対安静となっていることをコメントすると、会場にはざわめきが起こりました。会場では長渕剛の体調を心配する声も多数聞かれ、会場に集まったファンからは闘病中の長渕剛に向けた寄せ書きも集まったそうです。

また長渕剛が急性腎盂腎炎によって緊急入院していることを各メディアが伝えると、長渕剛の体調を心配するファンや関係者のコメントがtwitterをはじめとする様々なSNSでも多数寄せられているようです。

舞台挨拶と上映会には他のキャストが登場

主演の長渕剛は欠席となった太陽の家の舞台挨拶ですが、長渕剛以外の主要キャストは登場しています。上映会に登場したのは監督である権野元のほかに、妻役の飯島直子や娘役の山口まゆ、シングルマザー役の広末涼子とその息子役の潤浩です。

飯島直子は長渕剛に対して、本当に無理をせず元気になって来年1月の舞台挨拶でお会いしたいとコメントしました。さらに権野監督も今日一番悔しい思いをしているのは長渕剛であるとし、回復に向けてのエールを送りました。

長渕剛本人から寄せられたコメント

主演映画の舞台挨拶と上映会を急性腎盂腎炎のため欠席した長渕剛ですが、当日は出席できない代わりにコメントを寄せています。主演映画のイベントに寄せられた長渕剛のコメントとは、どのような内容であったのでしょうか。さっそくご紹介します。

舞台挨拶の場で長渕剛のコメントが発表された

12月23日に行われた映画太陽の家の舞台挨拶には、当日欠席となった長渕剛からコメントが寄せられました。そのコメントとはどのような内容だったのでしょうか。長渕剛からのコメントには、会場へ行けなくて残念で仕方ないという思いがとても熱く綴られていました。

長渕剛のコメントの内容

ここでもう少し、長渕剛が会場に来た人たちへ向けたコメントについて詳しくご紹介します。コメントでは、会場へとても行きたかったが体が許さなかったこと、会場には行けなかったけれど心はみんなと同じ場所にあると思っていることを伝え、映画館まで来てくれたファンや映画スタッフ、キャストへ謝罪と感謝の気持ちを伝えました。

そしてその上で、初のシネマ&ライブ公演を完走したことを直接伝えられなくてとても悔しいが、今は体を第一に考えてしっかり治して、2020年1月に行われる映画公開初日の舞台挨拶には元気な姿で登場することを約束しました。

長渕剛の現在の容態は?

12月20日に急性腎盂腎炎のため緊急入院となった長渕剛ですが、入院当初は絶対安静を医師から告げられるほどの危険な状態でありました。では、現在の長渕剛の容態はどうなっているのでしょうか。いつくらいに退院できるのでしょうか。長渕剛の現在の様子について、調査しました。

現在も絶対安静の状態

急性腎盂腎炎のための緊急入院から3日ほど経った現在の長渕剛の様子ですが、残念ながら現在も絶対安静の状態が続いているようです。ただし意識ははっきりとしており、治療は順調なようです。

退院は2週間後の予定

急性腎盂腎炎のため緊急入院中の長渕剛ですが、退院のめどは立っているのでしょうか。長渕剛の入院は2週間程度とされており、年明け早々には退院できる見込みのようです。そのため、2020年1月17日に予定されている太陽の家の公開舞台挨拶には出席できる見込みです。

長渕剛の回復を祈りましょう

今回は12月20日に急性腎盂腎炎のため緊急入院となった長渕剛について、入院の経緯や主演映画の舞台挨拶を欠席となったこと、現在の容態などをご紹介しました。まだまだ絶対安静のようですが、本人からもしっかりとしたコメントが発表されており、経過は順調のようです。年明けの舞台挨拶では長渕剛の元気な姿が見られるよう、回復を祈りましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-26 時点

新着一覧