犬はピーマンを食べても大丈夫!与えてOKな栄養満点な野菜も紹介

犬にピーマンを与える時の注意点や適量、栄養についてまとめました。犬にピーマンを与えるのは大丈夫ですが、注意点を踏まえた上で与えるようにする事が大切です。犬の健康に役立つ栄養を取り入れられるように、適量のピーマンを与えていきましょう。

犬はピーマンを食べても大丈夫!与えてOKな栄養満点な野菜も紹介

目次

  1. 犬へのピーマンの与え方や注意点を解説
  2. 犬にピーマンを与えるメリット
  3. 犬にピーマンを与える時の注意点
  4. 犬も喜ぶピーマン入りレシピ
  5. 犬にあげても良い栄養満点野菜
  6. 犬にピーマンを与えても大丈夫!

犬へのピーマンの与え方や注意点を解説

犬に野菜を与える場合は、大丈夫か否かを確認する事が大切になります。様々な野菜がある中で、犬に与えても大丈夫と言われているのがピーマン。ピーマンと言えば栄養豊富な野菜として知られており、人間の食事でもよく使われます。そんなピーマンを犬に与える場合は、注意点を把握しておく事も大切。適切な与え方や注意点についてご紹介します。

与えてOKな他の野菜も紹介

ピーマン以外に犬に与えて大丈夫な野菜についてもご紹介します。犬に野菜を与える場合は、厳選する事が大切。人にとっては栄養豊富な野菜だったとしても、犬が食べるのはNGな事もあるので注意してください。犬に与えるのにぴったりな野菜を把握して、普段の食事に役立ててみてはいかがですか。様々な栄養を含んだ野菜は、犬の健康維持に役立ちます。

Thumb犬ににんじんを与える時の5つの注意点!おいしく食べれるレシピも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

犬にピーマンを与えるメリット

まずは、犬にピーマンを与えるメリットについてチェックしていきましょう。ピーマンには多くの栄養が含まれており、それが犬に良い効果をもたらしてくれます。ピーマンの栄養やメリットを知っておく事で、普段の食事に活用しやすくなるのではないでしょうか。ピーマンに含まれている主な栄養素とメリットをご紹介します。

ビタミン・クロロフィルで免疫力アップ

ピーマンにはクロロフィルという栄養素が含まれているのが特徴。クロロフィルには免疫力アップの効果があり、健康的な体作りに役立ちます。また、アンチエイジング効果もあるので、若々しい状態をキープするのにも最適な栄養素と言えるでしょう。また、豊富なビタミン類もピーマンの魅力。特にビタミンCが多く含まれ、免疫力アップ効果を期待できます。

ただし、ビタミンCは基本的に犬の体内せ生成する事が可能。若い犬であればビタミンCを食べ物から摂取する必要はありませんが、高齢化や病気によってビタミンCの生成率が落ちてしまう事があります。そういった場合は食べ物で摂取する事も大切になるので、状態に合わせて与えてみてください。

ルテイン・ピラジンで血流改善

ルテインやビラジンといった栄養素が含まれているのもピーマンの特徴です。ルテインやビラジンは、血流改善に役立つのが特徴。血流が良くなる事で新陳代謝が正常に行われ、古い細胞から新しい細胞への生まれ変わりをサポートします。また、血流が良くなると各栄養素が体に行き渡りやすくなるので、健康的な体作りに欠かせない栄養素と言えるでしょう。

ミネラルでがん予防

ピーマンには、カルシウムやカリウムといったミネラルも豊富に含まれています。カルシウムは、骨を強化するのに欠かせない栄養素。カリウムは体内のナトリウムと水分のバランスを整え、老廃物の排出を助けます。こうしたミネラル分は、がんを防ぐ効果もあると言われているのも魅力。食事にプラスする事で、犬の健康管理を行ってみましょう。

その他の栄養素

その他に、ピーマンにはベータカロテンが含まれています。ベータカロテンは、粘膜や皮膚を強化する働きがある栄養素。皮膚や粘膜が強くなる事で、細菌感染などを防ぎやすくなります。また、ベータカロテンにはアンチエイジング効果があるのも嬉しいポイント。同じくアンチエイジング効果のあるビタミンEも含み、ピーマンは総合的に栄養価が高い野菜と言えます。

犬にピーマンを与える時の注意点

犬にピーマンを与えても大丈夫ですが、注意点を踏まえた上でないと意味がありません。注意を怠り、適切ではない方法でピーマンを与える事で犬の健康に悪影響が出てしまう可能性があります。そうならないように、与え方の注意点をチェックしていきましょう。

細かく刻んで与える

ピーマンは、生でも加熱した状態でも犬に与えて大丈夫です。栄養の流出を防ぐために、生のまま与えるのがおすすめ。ただし、丸ごとピーマンを与えると消化不良や丸呑みの危険があります。ピーマンを与える場合は、細かく刻んでから与えるようにしましょう。そうする事で、消化不良を防ぎ、喉に詰まらせるリスクも減ります。

過剰摂取は消化器症状を引き起こす

ピーマンには食物繊維が豊富に含まれていますが、大量に摂取する事で下痢や消化不良の原因になるため注意が必要。消化器系の症状が起きやすくなるので、大量の摂取は控えましょう。また、ピーマンには関節炎を引き起こすアルカロイドが含まれているため、超小型犬・高齢犬は控えた方が良いと言われています。犬の状態に合わせて最適な食事にしてください。

小型犬で1日5グラム程度までが適量

ピーマンの摂取量は、小型犬で1日5gが目安となります。中型犬や大型犬の場合も少量ずつ与え、下痢や嘔吐などの症状が出ないか確認をしましょう。いきなり大量のピーマンを与えると、体調不良の原因になってしまいます。犬の様子を見て、問題がなければピーマンをおやつとして取り入れてみてはいかがですか。

Thumb犬もブルーベリーを食べると目が良くなる?与えるときの注意点は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

犬も喜ぶピーマン入りレシピ

犬にピーマンを与える場合は、ちょっとした工夫をプラスするのもおすすめ。犬がピーマンを美味しく食べる事ができるように、アレンジを加えてみてはいかがですか。ピーマンを使った犬用レシピをご紹介します。ピーマンを犬に与える時の参考にしてみてください。

細かく刻んでおやつ

ピーマンは、犬用のおやつとして役立ちます。細かくきざみ、少量をおやつとして与えてみましょう。犬がしつけで言う事を聞いた時など、ご褒美のおやつにするのもおすすめ。ご褒美のおやつを与える事で、しつけの訓練も犬にとって楽しい物になるはずです。

食事にちょい足し

食事にちょい足しをするのもピーマンの活用法として最適。ピーマンだけだと栄養が足りないですが、栄養バランスが整ったドッグフードにちょい足しをする事で、ピーマンの栄養素をプラスする事ができます。細かく刻んだ状態でフードにトッピングしてみてください。いつもの食事に変化がついて、食欲を刺激できるのではないでしょうか。

バナナがポイントのスムージー

バナナも栄養豊富で犬が食べても大丈夫な果物です。タネを取ったピーマンを5g、バナナを20gフードプロセッサーに入れて滑らかになるまで攪拌しましょう。犬用のバナナスムージーの出来上がりです。スムージーにする事で高齢犬も飲みやすくなるので、取り入れてみてはいかがですか。

犬が喜ぶケーキ

ヨーグルト大さじ4は水切りしておきましょう。卵を卵黄と卵白に分けて、卵黄には水切りヨーグルトから出た乳清と小麦粉大さじ4を加え、混ぜます。卵白はあわ立ててメレンゲにしましょう。メレンゲを卵黄のボウルに入れて、混ぜ合わせます。ホットプレートで3等分にした生地を焼き、積み重ねてください。

水切りヨーグルトをクリームに見立ててケーキに塗り、細かく刻んだピーマンをトッピングしたら完成です。ピーマンのトッピングによって彩り豊かになるのがポイント。お好みに合わせて、ピーマン以外の犬が食べても大丈夫な野菜を取り入れるのもおすすめです。

Thumb犬にほうれん草を与える時の4つの注意点!美味しく食べれるレシピも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

犬にあげても良い栄養満点野菜

ピーマン以外にも、犬にあげて大丈夫な野菜は色々あります。犬に野菜を食べさせたいと思ったら、食べても大丈夫な野菜を事前にチェックしておきましょう。ネギ類など、犬が食べては駄目な野菜もあるので事前の確認は必要不可欠。犬の健康管理に役立つ野菜をご紹介するので、普段の食事に役立ててみてください。

ゴーヤ

ゴーヤのモモルデシンと呼ばれる栄養素は、胃腸の調子を整え、消化不良を改善する働きがあると言われています。高血圧の改善も期待できるのが魅力。貧血予防に役立つ鉄分や、整腸作用がある食物繊維も含んでます。ゴーヤを与える場合は、消化不良を防ぐためにタネを取り除きましょう。茹でてから細かく刻んで与えるようにしてください。

オクラ

オクラに含まれるカリウムは、体内にある余計な塩分を排出し、高血圧を防ぐ効果があります。ベータカロテンも豊富なので、皮膚や粘膜を強化し、病気になりにくい体作りに役立つのもポイント。オクラの滑りはペクチンと呼ばれる栄養素で、整腸作用があります。オクラも茹でてから細かく刻んで与えるようにしてください。

犬にピーマンを与えても大丈夫!

ピーマンは犬に与えても大丈夫な野菜ですが、与える際には注意点を押さえておく事が大切になります。丸ごと与えず細かく刻んでから与えるのが重要なポイント。丸ごと与えるのは消化不良を起こす他、丸呑みをして呼吸困難になってしまう可能性もあります。また、大量に摂取する事で消化に悪影響を与える場合もあるので、少量ずつ与える事も大切です。

注意点を守っていれば、ピーマンは犬に様々なメリットをもたらしてくれる野菜と言えるでしょう。ビタミンやクロロフィル、ベータカロテンなど様々な栄養を含み、健康的な体作りに役立てる事ができます。犬が喜ぶピーマンレシピも取り入れて、普段の食事やおやつで与えてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-26 時点

新着一覧