田村淳が余った給食持ち帰った教諭の懲戒処分に疑問!「悪い事かな?」

ロンドンブーツ1号2号田村淳が余った給食持ち帰った教諭について疑問を投げかけています。すでに教諭は懲戒処分を受けていますが、田村淳の疑問は世間ではどう考えられているのでしょう?気になる疑問についていろいろと探っていくことにしましょう。

田村淳が余った給食持ち帰った教諭の懲戒処分に疑問!「悪い事かな?」

目次

  1. ロンドンブーツ1号2号田村淳プロフィール
  2. 余った給食持ち帰った教諭が懲戒処分というニュースが話題になっている
  3. ロンドンブーツ1号2号田村淳が疑問を投げかける
  4. 給食問題は深刻化し始めている
  5. まとめ:疑問にはしっかりとツイッターに言葉を残す田村淳

ロンドンブーツ1号2号田村淳プロフィール

・愛称:たむたむ、あつあつ、haderu、あっちゃん、社長
・本名:田村淳
・生年月日:1973年12月4日
・現在年齢:46歳
・出身地:山口県
・血液型:O型
・身長:167cm
・体重:???
・活動内容:タレント
・所属グループ:ロンドンブーツ1号2号、 jealkb
・事務所:吉本興業
・家族構成:香那(妻)、娘

余った給食持ち帰った教諭が懲戒処分というニュースが話題になっている

余った給食持ち帰った教諭について、懲戒処分で減給3カ月になってしまったことについて疑問を持っている人が多いようです。なぜ余った給食持ち帰った教諭がこれだけ注目されているのでしょうか?気になる疑問について調べてみることにしましょう。

余った給食持ち帰った教諭が懲戒処分を受けた

ニュースで余った給食持ち帰った教諭は、減給3カ月の懲戒処分を受けてしまっています。全国でも小学校、中学校、高校と給食が余ってしまう問題が持ち上がっていますが、その給食を持ち帰ることで話題になり、全国ニュースとして報道されました。

減給3カ月になってしまった余った給食持ち帰った教諭

処分としては減給3カ月と、けして軽くはない処分を受けてしまいました。今回、なぜこの教諭が懲戒処分を受けてしまったのか?という疑問は弁護士の見解によると、地方公務員法に抵触しているということで懲戒処分がくだされてしまったようです。

衛生上の問題ではなく、法令や職務上上司に従う義務や、信頼を失ってしまう行動をしてしまったということで懲戒処分がくだされてしまったそうです。減給3カ月分ということですが、10%前後ほど減給3カ月になってしまったそうです。

現在教諭は退職されている

減給3カ月と懲戒処分になってしまった教諭ですが、現在教諭はすでに退職されてしまっているそうです。調べてみると特に学校側から退職してほしいと言われていたわけではなく、依願退職で辞表を出されたそうです。減給3カ月になるくらいなら辞めてしまったほうがいいと思ったのかもしれません。

なぜ給食を持ち帰ってしまったのか?

なぜ教諭は給食を持ち帰ってしまったのでしょう?調べによると、教諭が給食を持ち帰りし始めたのは4年前からで理由はやはり「もったいない」という気持ちから給食を持ち帰ってしまっていたそうです。教諭が住んでいた堺市では、96年7月に学校給食で食中毒事件が起こってしまいました。

当時、子供が3人亡くなり9523人がO-157になってしまったのです。その経験から、持ち帰りなどを禁止する方向になりました。教諭だけじゃなく、子どもたちが食べ残したパンや牛乳などを持ち帰ることを禁止されたそうです。

横領に抵触する可能性があり!相当金額を返還している教諭

今回の事件で着眼点となっているのは、持ち帰ったことに対してどう思うのか?というところに当てられているようです。実際の処分理由としては、公務員として印象を下げるからといった理由になりました。状況としては、教諭も給食費を支払っているとはいえ、他の人間が当たる分だったはずのパンや牛乳を持ち帰っていることにあります。

給食調理員をされている方も、どうやら窃盗罪という罪になってしまうそうです。だからこそ、食品ロスが問題になっていたとしても、破棄するしかないようです。最近ではかなり多くの食材が残ってしまうことも問題になっていますが、解決するのは中々難しいようです。

教諭は4年間でパンを1000個牛乳を4200本を持ち帰っていたとして、金額にすると約31万円ほどになるそうです。こちらの金額はすでに市教委に返還されているそうです。

ロンドンブーツ1号2号田村淳が疑問を投げかける

ここまで教諭の問題が大きくなってしまったのは、ロンドンブーツ1号2号田村淳がツイッターで発言されたことでかなり多くの人が共感されたり、意見されたりと様々なコメントが飛び交っています。どんな疑問を投げかけたのか気になるツイッターについて調べてみましょう。

ロンドンブーツ1号2号田村淳がツイッターでニュースを拡散した

ロンドンブーツ1号2号田村淳がツイッターでニュースについてツイッターを投稿されたことが話題になっています。こちらが田村淳が発言されたツイッターですが、やはりどうやってロスを無くしていくのか?ということを考えられているようです。

昭和の時代だと出された料理はすべて食べなさい、という教育を受けてきた人が多い世代です。しかし、時代は昭和から平成、そして令和時代に突入しましたが、食べ物アレルギーなどの問題も深刻化してきており、食べれないなら残しても良いという教育に変わってきています。

田村淳の疑問に沢山の人が同調している

田村淳の意見に様々な人が反応しています。ツイッターの中ではやはり田村淳に同調される方も多く、更にこうしたほうがいいといった意見もたくさんありました。とくに食材が余っているのにすべて破棄しなければならないというのは、田村淳だけじゃなく、誰が見てももったいないという気持ちになってしまうのではないでしょうか。

小学校だと病気などで欠席した分の給食をじゃんけんして勝った子供が持って帰ったりもされていました。とくにプリンなどはとても人気で、だれもがほしいと思われていたのではないでしょうか。持ち帰りをしないでその場で食べる分には、今回のような処分を受けることはないでしょう。

やはり多くの人が田村淳のツイッターに反応されているのが、食品を無駄にしないことが一番であると結論を出している人が多いです。しかし、足りなくなっても困るということで少し多めに用意してしまうものです。

田村淳はツイッターで疑問に思ったことはなんでもつぶやく

田村淳は基本的に自分が思ったことは素直にツイッターでつぶやくことが多いです。闇営業問題で相方はまだテレビ出演ができない状態ですが、田村淳と司会をしていたロンドンハーツでなんとか世間から忘れられないようにしている工夫がわかります。

給食問題もありますが、田村淳の興味は様々な方向に向いています。今特に関心あるのが給食の持ち帰りで減給処分を受けてしまった教諭についてともいえます。一番は相方が復帰できることを願っていますが、YouTubeチャンネルを開設されたりもしているので、来年には復帰に向けて動いていることでしょう。

田村淳最新の疑問ツイッターは?

田村淳のツイッターは題名をつけてつぶやくことが多いですが、最新のツイッターではHSPについて触れています。田村淳は昔から感受性が高く、普通の人よりも様々なことを感じやすいので、不安に思うこともあったそうです。このHSPというのは、ハイリー・センシティブ・パーソンと呼ばれているもので、病気ではありませんが、普通の人よりも五感が優れているそうです。

このHSPは生まれ持ったものであり、生涯変わることはないんだそうです。田村淳は些細な刺激に対する感受性が高いため、きっと今回のニュースに対しても色々と思うところがあったからこそツイッターでつぶやいたのでしょう。

給食問題は深刻化し始めている

最近では給食問題はかなり深刻化されており、問題が浮き彫りになってきています。昔では考えられなかったことがたくさん現代には問題になってきてしまっているのです。何が問題になってきているのか調査してみました。

昔は子供が家庭に給食を持ち帰っていた

現在は食中毒の問題などがあり、学校で出された給食を持ち帰ることはほとんど禁止されている学校が多いそうです。しかし、パンなどはあまり問題になりにくいことから持ち帰りOKとされているところもあるそうです。しかし、惣菜系に関しては持ち帰りが禁止となっています。

親から食事を残し手はいけないという教育を受けてきたため、持ち帰って食べたり、お昼休みを使って食べる子供も多かったようですが、やはり現代では食べれないなら食べなくていいという教育に変わっていっているため、残飯が多すぎる問題も出てきています。

給食だけじゃない!コンビニ弁当も持ち帰り禁止!

田村淳のツイッターは今回の給食に関してのツイートでしたが、給食だけじゃなく、コンビニ弁当なども食中毒などの関係から従業員も持ち帰りなどは禁止されています。一時期、店の外のゴミ箱に生ゴミを捨てていると、ホームレスなどがそれを持っていって食中毒になった、などのニュースもあり問題になりました。

毎日廃棄が出るコンビニ弁当も、恵方巻きが売られている時期には大量に余ってしまい社会問題として夕方のニュースで全国放送されることもありました。

現代は食中毒の可能性があるとして持ち帰りは原則禁止

給食だけじゃなく、食事を提供する側は基本的に食材の持ち帰りが禁止になっています。食べ放題などを提供されているお店でももちろん禁止となっています。たまにもったいないから、という理由で食べ放題の食事を持ち帰ろうとしていた人もいましたが、お店側できつく注意をされているそうです。

給食費を支払わない親にも問題が…

学校給食の場合食中毒以外にも問題があり、給食費を支払わない保護者が急激に増えてきているそうです。生活保護を受けていたり、働きたくても働けない人が急増しているのも関係がありますが、支払える能力があるのに支払わない保護者がいらっしゃるそうです。

まとめ:疑問にはしっかりとツイッターに言葉を残す田村淳

ロンドンブーツ1号2号田村淳は自分が疑問に思ったことをツイッターに残しているので、社会問題になっていることをツイートすることも数が多いです。特に田村淳も人の親になったということもあって、給食問題などに関心があるのでしょう。

これからも田村淳は様々なことについてツイッターで発信されていくことでしょう。次に田村淳が思うことはどういった事柄なのか、田村淳のツイッターを注目していきましょう!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-19 時点

新着一覧