猫の口が臭いのは病気のサイン?効果的な歯磨きの仕方を紹介!

飼い猫の口が臭い時、その原因は歯周病や歯肉炎といった口腔内の病気にあるかもしれません。今回は、飼い猫の口が臭い場合の原因や、効果的な歯磨き等のケアの方法をご紹介していきます。猫の歯磨きは、歯周病等の病気を防ぐために有効ですので、習慣づけるとよいでしょう。

猫の口が臭いのは病気のサイン?効果的な歯磨きの仕方を紹介!

目次

  1. 猫の口が臭い…と思った時の対処法を伝授
  2. 猫の口が臭い時にあり得る原因
  3. 猫の口が臭い時に取るべき対処法
  4. 猫の口が臭い時の歯磨きはこう!
  5. 猫の口が臭い時に効く食品・サプリ
  6. 猫の口が臭いと気づいたらすぐにケアを

猫の口が臭い…と思った時の対処法を伝授

飼い猫が顔を近づけて来た時や、目の前で大きなあくびをした時等、口臭が気になることはありませんか?飼い猫の口臭は、主にフードからくる臭いがメインになりますので、魚っぽい臭いであることが多いかもしれません。いつもよりも飼い猫の口が臭い…と感じた時は、どのような対処を取るべきでしょうか。

病気が原因の可能性あり

上述のように、猫の口臭の原因の多くはフードからくる臭いと言われています。ところが、いつもよりも臭いがきつく感じたり、普段とは違う臭いがする場合もあります。病気が原因ではない口臭と、病気が原因で発生する口臭には違いがあるのです。いつもよりも臭い、異臭、と感じた時は病気を疑い、病院で診てもらうようにしましょう。

適切なケアで猫の健康を守ろう!

飼い猫が歯周病にかかってしまうと、口腔内はもちろんですが吐息や唾液からも異臭がすると言われています。飼い猫はほとんど虫歯にはならないそうですが、歯肉炎や歯周病といった口腔内のトラブルで病院にかかる猫は多いのです。飼い猫の口臭の原因が歯周病等の病気にある場合は、適切なケアをしてあげる事が大切です。

歯周病を防ぐためには歯磨きが有効なのですが、年齢を重ねてからの歯磨きケアは、猫にとってもきついものがあります。子猫の間から歯磨きを習慣づけてあげる事で口臭を防ぎ、歯周病や歯肉炎を防ぐことができるのです。飼い主さんの責任において、飼い猫の口の中の状態や臭いをチェックしてあげるようにしましょう。

Thumb猫の歯磨きって毎日するの?嫌がる子でも簡単にできちゃうグッズも紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫の口が臭い時にあり得る原因

猫の唾液は基本的には無臭です。けれど、歯周病にかかった猫の唾液からは異臭がします。また、飼い猫の吐息も、フードからくる臭いとは別の臭いがする場合があります。飼い猫の口から匂いがした場合、上述のように病気に原因がある臭いと病気に原因がない臭いがあります。ここでは、飼い猫の口の臭いの原因となりうる病気についてご紹介していきましょう。

歯周病

飼い猫に多く見られる歯周病は、歯に付着した細菌が原因となる病気です。最近から出る毒素が、歯肉や葉の周囲にある靭帯や骨にも炎症が広がることがあります。歯周病にかかると歯が抜けてしまったり、重症になると顔の皮膚に穴が開いてしまったり歯根に膿が溜まる場合もあるそうです。歯周病が進むと、口から腐敗臭のようなきつい臭いがするのです。

アンモニア臭のような口臭を発生させる歯周病の原因は、歯に付着した歯石や歯垢(プラーク)だけではありません。最近分かってきたのは、糖尿病等の慢性疾患も、歯周病の原因になります。また、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症や猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症といった病気で、飼い猫の免疫力が低下している場合も、歯周病にかかりやすいと言われています。

内臓疾患

猫に限らず人間にも言える事ですが、口が臭い場合は口腔内ではなく内臓に原因がある場合もあります。いわゆる内臓疾患が原因で口臭がひどくなる場合、考えられる病気としては急性腎臓病や慢性腎臓病等の腎機能不全が挙げられるでしょう。尿として排泄されるべき毒素が体内にたまってしまうことが原因となり口が臭くなります。重度の便秘も原因になるでしょう。

口が臭い原因には、肝臓で代謝されるべき毒素が体内にたまってしまう肝機能不全も挙げられます。また、腸が完全にふさがれる腸閉塞や麻痺性腸重積等の病気は、内容物が排泄されず体内にたまってしまうので、口が臭くなる原因となるでしょう。他に、尿毒症も猫の口が臭い原因になるので、いつもと違う臭いを感じた場合は病院に連れていくことをおすすめします。

口内の汚れ

また、飼い猫の口内が汚れている場合も口が臭くなることがあります。フードやおやつの食べ残しが口腔内にあったり、何か異物が口腔内に刺さっていたりすると悪臭を発生することがあるのです。上述のように、歯肉炎や歯周病を引き起こす原因でもある歯垢(プラーク)や歯石が歯にたまっている場合も、口臭が悪化する場合があります。

野生の猫は、飼い猫に比べると硬いものを食べる機会が多いそうです。捕まえた獲物を全て食べるので、様々な部位を口にする事にもなります。その為、歯の間や表面をきれいにすることが出来るのです。飼い猫の場合、柔らかいフードの食べかすが口の中に残る事があります。そうした口内の汚れが、口臭の原因となるのです。

一部食品の過剰摂取

飼い猫の口が臭い原因として、ある種の食品の過剰摂取も考えられます。たとえば、添加物が多く含まれているフードを過剰に摂取すると口が臭くなる場合があるようです。また、人間の食べ物は飼い猫にとって味付けが濃いのですが、そうした人間向けの 食べ物を過剰に摂取すると口が臭くなることもあるので気を付けましょう。

Thumb猫に元気がない時の理由は何?それぞれの原因に対する対処法も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫の口が臭い時に取るべき対処法

飼い猫の口が臭くなる原因について解説しましたが、続いては対処法について考えていきましょう。飼い猫の口臭が臭いと感じた時、飼い主さんはどのような対象を取るべきなのでしょうか。口臭の原因はもちろんの事、解決するためは飼い猫の年齢や環境といった個体差がありますので、最も適していると思われる方法にトライしてみて下さい。

定期的に口内の健康をチェック

上述のように、飼い猫の口が臭い場合、その原因が病気にある場合とそうではない場合があります。原因を見極める為にも、定期的に飼い猫の口内の健康をチェックすることが大切です。毎日の歯磨きの際にチェックすることはもちろん、定期的に獣医師やペットシッターさんといったケアの専門家に診察してもらう方法もおすすめです。

歯磨きで悪化を防止

飼い猫の口が臭い場合の対処法として、最もおすすめしたい方法は歯磨きです。日常的なデンタルケアとしてだけでなく、歯肉炎や歯周病の疑いがある場合は歯磨きをすることで悪化を食い止める効果が期待出来るでしょう。飼い猫の口が臭い時の歯磨きの方法については後述しますので、是非チェックしてみて下さい。

愛猫に合うケアグッズを使用

飼い猫の口が臭い場合、歯磨きが有効なことは言うまでもないのですが、中には歯磨きが苦手な子もいるでしょう。できるだけ子猫のうちから歯磨きに慣れさせていく方法がおすすめですが、成猫になってから引き取った保護猫等には歯ブラシ以外のデンタルケアグッズを使用してあげても良いでしょう。歯磨きの代わりになるようなデンタルケア用のおもちゃもあります。

食べ物を見直す

飼い猫の口の臭いが気になる時は、毎日あげているフードを見直すことも大切です。例えば、柔らかなウエットフードばかりを食べていると歯石が溜まりやすくなるので、ドライフードを取り入れてあげると良いでしょう。ウエットとドライを半々にしてあげても効果があります。動物病院では、歯石が取れやすくなる処方食もあるそうなので、相談してみてはいかがでしょう。

人間にも言える事ですが、口の中が乾燥していると歯周病の原因となる菌が繁殖しやすいそうです。飼い猫の口の中が乾燥しないようにするためには、お水を飲ませお手上げる方法がおすすめです。飼い猫が飲みたいときに自由にきれいなお水が飲めるように、環境を整えてあげましょう。フードと一緒に与えるだけでなく、室内の複数の個所に用意してあげると効果的です。

動物病院で診断・治療

飼い猫の口臭が心配な場合は、動物病院での診断や治療を行うことも考えられます。特に、歯石は歯磨きでは取ることが出来ません。動物病院では、全身麻酔をかけて歯石を除去します。口内炎が原因の口臭に対しては、歯をクリーニングした後、細菌を抑える抗生物質を処方して炎症を抑える治療が行われます。口臭だけでなく下痢や嘔吐が続く場合は胃腸炎の疑いがあります。

上述のように、飼い猫の口臭の原因は口腔内のトラブルだけでなく内臓疾患が原因の場合もあります。例えば、口臭だけでなく下痢や嘔吐が続く場合は胃腸炎の疑いがあります。重症の場合は、入院して点滴治療を受けることになるかもしれません。糖尿病や腎不全、肝不全が原因の場合もあるので、飼い猫の口臭の異変に気づいた場合はまずは病院での診察を受ける方法がおすすめです。

Thumb【被毛別】猫のブラッシングのやり方!おすすめのブラシや選び方も解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫の口が臭い時の歯磨きはこう!

それではここから、飼い猫の口臭が気になる場合の歯磨きのやり方についてご紹介していきましょう。上述のように、飼い猫の口が臭い場合の原因の1つでもある取集病を防ぐ方法として、歯磨きが最も手軽にできるデンタルケアだからです。3歳以上の猫の80%が歯周病を患っていると言われる今、上手な歯磨きの方法を覚えてみませんか。

最低でも2〜3日に1回は歯磨きをする

飼い猫への歯磨きは毎日してあげる事が基本です。最低でも2,3日に1回は歯磨きをするようにしましょう。歯磨きが苦手な飼い猫には、まずは「歯に触られる」事に慣れさせるところから始めると効果的です。口元を触る、口の中に指を入れる、指にガーゼを巻いて歯を触る、綿棒で歯を触ると段階を踏んで慣れさせていきましょう。できたらおやつをあげる、というように訓練します。

基本は「優しく」「小刻みに」

飼い猫への歯磨きの基本は、「優しく」「小刻みに」動かす事です。猫用の歯ブラシを用意して、ゆっくりと動かすようにしましょう。猫の口腔内は狭いので、力を入れて磨くと歯肉が傷ついてしまう事もあるので注意が必要です。口を大きく開けることを嫌がる飼い猫の場合は、口を閉じたままでも大丈夫です。水で濡らしは歯ブラシを45度の角度で歯にあててブラッシングしましょう。

嫌がる場合は徐々に慣らそう

飼い猫が歯磨きを嫌がる場合は、上述のように徐々に慣らしていくようにしましょう。無理やり口をこじ開けようとしたり、歯ブラシを使おうとすると抵抗されてケガをする場合もあるので注意が必要です。歯ブラシを使った歯磨き以外にも、飼い猫用のデンタルケアアイテムが市販されています。デンタルケアガムやデンタルジェル、フードに振りかけて使うデンタルケアグッズ等があります。

猫の口が臭い時に効く食品・サプリ

最後に、飼い猫の口が臭い時に効く食品やサプリメントをご紹介していきましょう。上述のように、飼い猫の口臭には色々な原因が考えられます。病気が原因の口臭もあるので、普段の臭いとは異なる場合は病院に連れていき獣医師に診断してもらうようにしましょう。これからご紹介する食品やサプリも、獣医師とご相談の上取り入れるようにしてください。

歯の健康と口臭ケア

「コンボ(COMBO)」から登場している「コンボ プレゼント キャット おやつ 歯の健康と口臭ケア(42グラム/1986円)」は、その名の通り飼い猫の歯の健康と口臭ケアに効果があるとされているおやつです。カリカリタイプなので、歯垢の除去にも効果があるとされています。グロビゲンPGとメチオニンに加え、飼い猫のお腹の健康状態にも配慮したオリゴ糖も配合されています。

PlaqueOff

フランス原産のブランド「プロデン(ProDen)」の「プラークオフ(PlaqueOff)」は、世界40か国で特許を取得している犬猫用のデンタルケアアイテムです。アスコフィラムノドサムという海藻を主な原料としています。人口保存料や着色料は一切使われていないので、安心して飼い猫に与える事が出来るデンタルケアおやつです。

「プラークオフ(PlaqueOff)」は、60グラム入りで1,320円です。体重2キログラムまでの飼い猫には一日3粒与えて下さい。体重ペットの体重がキログラムまでの飼い猫には、一日4粒から6粒、体重10キログラムまでの飼い猫には、一日6粒から8粒を与えるようにします。おやつとしてあげる方法がおすすめです。

お口専門善玉菌を使った学術的サプリメント

「お口専門善玉菌を使った学術的サプリメント(14グラム/2,255円)」は、口腔専門のプロバイオティクスです。欧米諸国やオーストラリアでも人気の高いオーラルケア用のサプリメントで、フリーズドライした生菌が配合されている為効果が出るのが早いとされています。プロバイオデンタルが、飼い猫のデンタルケアアイテムとして人気が高い理由が、それだけではありません。

上述したように、飼い猫の中には歯磨きが苦手な子も多くいます。歯磨きが出来る飼い猫でも、奥歯など磨きにくい個所があります。その点、プロバイオデンタルを飲むと胃や腸で吸収され、その後唾液に混じって分泌されます。つまり、歯磨きでは届かない場所があったり歯磨きが十分に出来ない飼い猫に対するデンタルケアとしても効果が期待出来るのです。

猫の口が臭いと気づいたらすぐにケアを

飼い猫の口が臭いと感じた時、その原因がどこにあるのかを見極める事はとても大切な事です。多くの飼い猫が歯周病を患っていると言われていますが、症状が進むと歯磨きではケアしきれない状態になってしまう事もあります。また、口臭の原因が病気である場合も考えられるので気になる場合は病院で診察してもらいましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-21 時点

新着一覧