猫の食べ物はキャットフードが1番!与えてはいけない人間の食べ物を紹介!

人間の食べ物の中には猫も食べられるものも色々ありますが、猫の食べ物はキャットフードが1番です。人間の食べ物の中には、猫にとっては危険なものも多くキャットフード以外の食べ物を与える時には注意が必要です。今回は、猫に与えてはいけない人間の食べ物をご紹介します。

猫の食べ物はキャットフードが1番!与えてはいけない人間の食べ物を紹介!

目次

  1. 猫に与える食べ物は重要!
  2. 猫に与えると危険!注意したい食べ物
  3. 猫の理想的な食生活とは
  4. おすすめのキャットフードの選び方
  5. 猫の健康のためにも食べ物は慎重に!

猫に与える食べ物は重要!

普段、飼っている猫にはどんな食べ物を与えていますか?ほとんどの飼い主さんがキャットフードを与えていると思いますが、中には人間の食べ物も食べさせているという人もいるのではないでしょうか。実は人間の食べ物は、猫が中毒を起こしてしまい危険なものもあります。今回は猫に与えてはいけない食べ物や、猫に与える食べ物の重要性を解説します。

人間の食べ物は病気や食中毒の原因になりうる

なぜ、人間の食べ物が猫にとって危険を及ぼす可能性があるのでしょうか。その理由は、簡単に言うと人間の体の構造と猫の体の構造は異なっているからです。そのため人間にとって危険のない食べ物に含まれる成分でも、猫にとっては危険であったり病気の原因になるものもあります。また、人間は平気であっても体の小さい猫は食中毒を起こす危険もあります。

食べ物でアレルギーが出る可能性もある

猫は人間の食べ物を食べることで、アレルギーを発症する可能性がありますので注意が必要です。野菜や果物、肉や魚など猫のアレルギーとなる食べ物は沢山あります。アレルギーが起こると嘔吐や下痢、ぐったりするという症状が出るだけでなく、ひどい場合は命に危険も生じます。人間の食べ物を与える時には、アレルギーが出ないかにも注意する必要があります。

Thumbキャットフードおすすめ33選!コスパや食いつきがいい商品と選び方 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫に与えると危険!注意したい食べ物

人間の食べ物の中には、猫にとって危険で食べさせてはいけないものが沢山あります。人間が美味しく感じるものは猫にとっても美味しいだろうと思って与えると、食中毒や病気の原因となりとても危険です。そこでここでは猫を飼う人に覚えておいてほしい、猫に与えると危険な注意したい人間の食べ物をご紹介します。

またここでご紹介する猫に食べさせてはいけない食べ物を誤って猫が食べてしまった時は、何か猫の体調に異変があるかないかにかかわらず、すぐに動物病院へ行き獣医師の診断を受けるようにしましょう。

青魚・イカ・貝類などの海産物

猫には魚好きのイメージがありますが、実は海産物の中にも猫に与えてはいけないものがあります。それがサバやさんま、アジなどの青魚やイカ、貝類です。まず青魚には、不飽和脂肪酸が多く含まれています。この不飽和脂肪酸はビタミンE不足のときに摂取すると、体内の脂肪を酸化させてしまうという特徴があります。

猫がもしビタミンE不足の状態で青魚を食べると、下腹部が膨らむ黄色脂肪症という病気の原因になる危険性があります。また、イカにはビタミンB1を分解してしまう酵素が多いため、猫に与えると運動機能に障害をきたす場合があります。

さらにアワビやサザエなどの貝類を猫が食べると、皮膚炎の原因となることがあります。もし日光に当たった後に耳のふちに炎症があった場合には、誤って貝類を食べていないかを疑いましょう。

チョコレートやキシリトールなどのお菓子類

お菓子類にも、猫に与えてはいけないものがあります。甘いチョコレートには高濃度のカフェインが含まれており、このカフェインは過剰に猫の神経を刺激してしまいます。多量にカフェインを摂取するとカフェイン中毒となり命の危険もありますので、猫にチョコレートは与えないようにしてください。

また最近ガムによく含まれているキシリトールも、猫には危険な成分です。キシリトールは猫の血糖値を急激に下げ、命の危険があります。たった1粒でもとても危険ですので、絶対に食べさせないように注意してください。万が一誤飲してしまった場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

生の豚肉

猫は肉食動物ですので、生肉は基本的に食べても大丈夫です。しかし豚肉だけは、生で食べるのはNGです。生の豚肉にはトキソプラズマ症の感染源となるシストが多く、トキソプラズマ症になると嘔吐や下痢、血便、呼吸困難などの症状が発生します。人間にも感染する危険がありますので、猫に生の豚肉は絶対に与えないでください。

ネギ

野菜は健康的な食べ物なので猫にも安全と思うかもしれませんが、猫が食べてはいけない野菜は意外と多くあります。長ねぎや玉ねぎ、にらなどネギ属の野菜は、猫には絶対にNGです。ネギ類には猫の血液中の赤血球を壊してしまう成分があるため、猫がネギ類を摂取すると貧血や呼吸困難、血尿などの症状が出ます。加熱しても毒性は消えませんので、注意しましょう。

アボカド

猫が食べてはいけない野菜としては、アボカドもあります。アボカドの果肉にはペルシンという成分が含まれますが、このペルシンによって猫に中毒症状が起きてしまいます。ペルシン中毒の主な症状は、嘔吐や下痢、呼吸困難などです。どれくらいが致死量かはまだはっきりしていませんが、中毒症状はとても危険ですので避けるようにしてください。

ピーナッツ

ナッツ類は健康に良いイメージですが、猫にはNGです。特にピーナッツには塩分やマグネシウムが多く含まれており、食べ過ぎると猫にとって結石の原因となります。一口食べれば危険ということはありませんが、一粒が小さいので誤飲した時は大量に摂取してしまう可能性があります。猫の手の届くところに、ピーナッツを置かないようにしましょう。

猫の理想的な食生活とは

猫に与える時には注意が必要な食べ物や食べさせるべきではない食べ物をご紹介してきましたが、理想的な猫の食生活とはどのようなものなのでしょうか。ここでは猫の食生活の基本や、食事の時に大切なポイントなどを詳しく解説します。

猫は野菜を必要としない「肉食動物」

猫は元々完全肉食動物であり、人間のように野菜を必要としません。野菜は健康に良いからと猫にも良かれと思って与える飼い主さんもいますが、野菜の中には猫に危険なものもありますのであまり与えないようにしてください。また、猫の体は野菜の消化があまり得意ではありません。

野菜には食物繊維が豊富に含まれているため、猫が野菜をたくさん食べると消化不良を起こして下痢をしてしまうこともあります。また、野菜と同じく果物も猫には不要です。果物は糖分が多いため、栄養バランスが崩れたり過剰なカロリー摂取につながることもあります。野菜や果物は、あまり積極的に猫に与えないようにしましょう。

朝夜2回にわけて食事をとる

猫は本来餌を食べる時は、餌を捕獲しても一度に食べるのではなく少量ずつ回数を分けて食べる動物です。そのため猫に餌をあげる時は、朝と夜の2回に分けるのが良いでしょう。一度に大量に与えると空腹の時間が長く急いで食べてしまい、消化不良を起こすこともあります。また生活のリズムを付けるためにも、猫の餌は朝夜1日2回の時間を決めて与えましょう。

タンパク質を摂取するのが重要

猫の食事において最も大切なのは、タンパク質です。タンパク質は筋肉や骨、被毛、内臓など体の成長や維持に欠かせない栄養素です。猫は完全肉食動物であり、動物性のタンパク質をしっかりと摂取することが重要です。猫が必要とするタンパク質の量は、人間の5~6倍とも言われています。

おすすめのキャットフードの選び方

猫の理想的な食生活の中心となるのは、キャットフードです。キャットフードは猫の体のことや栄養バランスを考えて作られていますので、最も猫にとって理想的な食事です。キャットフードには色々な種類がありますが、愛猫にぴったりのキャットフードはどのような基準で選べば良いのでしょうか。ここでは、おすすめのキャットフードの選び方を解説します。

必要な栄養バランスがとれる

キャットフードの正しい選び方として最も大切にしてほしいのは、必要な栄養バランスがとれるキャットフードを選ぶということです。色々なキャットフードがありますが特に健康上問題がない猫であれば、パッケージに総合栄養食と記載のあるものを選びましょう。

これはペットフード公正取引協議会が定める基準を満たしているキャットフードで、このキャットフードと水だけで猫が生命維持できるというものです。総合栄養食の記載があるキャットフードには、タンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルがしっかり含まれているので安心して与えることが出来ます。

1ヵ月で食べきれるサイズを選ぶ

キャットフードには1kgサイズから10kg以上入っているものまで沢山のサイズがありますが、1か月で食べきれるサイズを選ぶのがポイントです。大きいサイズを購入すると開封から数ヶ月経っても食べきれない可能性があり、フードも傷んでしまいます。キャットフードは、1ヵ月分を目安に選ぶのがおすすめです。

猫の年齢に合ったフードを与える

キャットフードは、年齢別で種類が分かれているものが多いです。キャットフードを選ぶなら、愛猫の年齢別で選ぶようにしましょう。仔猫と成猫、老猫では必要な栄養素も異なりますし、柔らかさも異なります。猫の年齢に合わせてフードを選ぶことが、健康のためにも大切です。

猫の健康のためにも食べ物は慎重に!

今回は猫に食べさせてはいけない食べ物について、詳しくご紹介してきました。本来猫は肉食動物であり、あまり多くの種類の食べ物は必要としません。猫にとって理想的な食事は、自分の年齢や体質にあったキャットフードです。愛猫の健康のためにもあまり人間の食べ物は与えないようにして、どうしても与える時には安全なものかどうか吟味してから食べさせるようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧