ヘンリー王子夫妻が「高位」王族引退を発表!北米で過ごす時間を増やす予定!

英国王室のヘンリー王子夫妻が高位王族引退を発表し、イギリス国中が騒然としています。ヘンリー王子夫妻の高位王族引退の理由は何なのか、そして引退後はどのように生活する予定なのか、イギリス王室の反応はどうなのかなどについて詳しく調査しました。

ヘンリー王子夫妻が「高位」王族引退を発表!北米で過ごす時間を増やす予定!

目次

  1. ヘンリー王子夫妻が高位王族引退を発表!
  2. ヘンリー王子夫妻が高位王族引退する理由
  3. ヘンリー王子夫妻の高位王族引退に王室もびっくり!
  4. 高位王族とはどんな地位?
  5. 高位王族引退後のヘンリー王子夫妻の生活は?
  6. 今後もヘンリー王子夫妻と英国王室の動向に注目しよう!

ヘンリー王子夫妻が高位王族引退を発表!

2020年1月8日、英国王室のヘンリー王子夫妻はバッキンガム宮殿を通じて高位王族の地位から退いて、北米で過ごす時間を増やすという電撃発表を行いました。突然のヘンリー王子夫妻の高位王族引退発表に、イギリス国内は騒然としています。今回はヘンリー王子夫妻の高位王族引退報道について、詳しくご紹介します。

ヘンリー王子夫妻がバッキンガム宮殿を通じ声明を発表

ヘンリー王子夫妻は、2020年1月8日バッキンガム宮殿を通じて声明を発表しました。声明は、高位王族としての地位から身を引いて経済的独立に向けて取り組むこと、女王陛下を引き続き全面的に支援すること、そして英国と北米での時間のバランスを取る予定であることを述べました。

ヘンリー王子のプロフィール

・愛称:ヘンリー、ハリー王子
・本名:ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイビッド
・生年月日:1984年9月15日
・現在年齢:35歳
・出身地:イギリス
・血液型:???
・身長:186cm
・体重:???
・活動内容:イギリス王室成員、軍人
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:妻(メーガン)、子

メーガン妃のプロフィール

・愛称:メグ
・本名:レイチェル・メーガン・マークル
・生年月日:1981年8月4日
・現在年齢:38歳
・出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
・血液型:???
・身長:168cm
・体重:???
・活動内容:王子妃
・所属グループ:なし
・事務所:なし
・家族構成:夫(ヘンリー)、子

Thumbメーガン・マークルの美人画像集!母との関係がヤバい?ヘンリーの新恋人! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ヘンリー王子夫妻が高位王族引退する理由

突然英国バッキンガム宮殿を通じて高位王族引退を発表したヘンリー王子とメーガン妃ですが、そもそもなぜヘンリー王子夫妻は高位王族の地位を引退することになったのでしょうか。そこには、どんな理由があるのでしょうか。ここからは、ヘンリー王子夫妻が高位王族引退することになった理由について詳しく検証します。

メディア攻勢による圧力が原因?

ヘンリー王子夫妻はなぜ突然、バッキンガム宮殿を通じて高位王族引退を宣言したのでしょう。その理由としては、まずメディアによる圧力があるのではないかと言われています。ヘンリー王子とメーガン妃は結婚以来、その生活ぶりや家族との関係などについて英国メディアにしつこく報道され続けてきました。

そのためヘンリー王子夫妻は、メディア攻勢による圧力に悩んでいると告白したこともあります。また2018年にはクリスマス休暇をエリザベス女王ら英国王室メンバーとではなく、カナダにいるメーガン妃の母ドリアと共に過ごすと発表しました。2人はメディアによってプライベートを明るみに出されることに対し、疲弊してしまい高位王族引退を決意したのかもしれません。

メーガン妃へのバッシングも影響?

ヘンリー王子夫妻の高位王族引退の理由としては、メーガン妃への執拗なバッシングも原因の一つではないかとも言われています。イギリス王室に嫁いだ女性はほとんどが貴族や令嬢であったり、少なくともイギリス人であります。しかしメーガン妃は、アメリカ人の元女優です。しかも、メーガン妃には離婚歴もあります。

そのような理由で、メーガン妃はメディアや世間から非難を浴びることも少なくありませんでした。また、ロイヤルベビーを公開しない声明をバッキンガム宮殿を通じて出したり、王室で使われていた産院を変更したり、贅沢なベビーシャワーを行うなどこれまでの王室の女性ではありえないことを次々と行ってきたため、ヘンリー王子夫妻に否定的な意見は強く出ていました。

英国はヨーロッパの中でも保守的な国であり、さらに王室のこととなると古い伝統をきちんと守るべきと考える人が多いようです。そのため合理的で伝統を大切にしない決断を行うヘンリー王子夫妻に対して、世間の否定的な声が大きいようです。これも、ヘンリー王子夫妻が高位王族引退を決意した理由の一つでしょう。

ヘンリー王子夫妻の高位王族引退に王室もびっくり!

ヘンリー王子夫妻はバッキンガム宮殿を通じて高位王族引退を発表しましたが、実はこの声明は英国王室にとっては寝耳に水だったと言われています。この声明に驚いたエリザベス女王は、ヘンリー王子夫妻の高位王族の地位を引退すると言う表明にコメントをしています。ここでは、ヘンリー王子夫妻の高位王族引退についてイギリス王室の反応を見ていきましょう。

王室メンバーは高位王族引退を事前に知らなかった?

エリザベス女王を始めとする英国王室のメンバーは、ヘンリー王子夫妻の高位王族引退発表をどうやら知らなかったようです。エリザベス女王の報道官は、ヘンリー王子夫妻との協議はまだ初期段階であるとしています。さらに、報道官はこの件に関する声明も発表しました。

エリザベス女王の報道官による声明

エリザベス女王の報道官が発表した声明によると、英国王室はヘンリー王子夫妻が異なったやり方を望んでいることは理解してはいるが、これは時間を要する複雑な問題だとしています。ヘンリー王子夫妻とエリザベス女王を始めとする王室メンバーとの間には、確執もあると言われていますので対立は免れないかもしれません。

高位王族とはどんな地位?

そもそもヘンリー王子夫妻が退くと宣言した高位王族とは、どのような地位なのでしょうか。一般的な王族とはどう違うのでしょうか。ここでは、高位王族とはどんな地位なのかを詳しく調べてみました。

高位王族とは王位に近い存在である

英国王室における高位王族とは、はっきりとした条例や定義はないものの、国王が不在の時にその役割を担う王室のメンバーのことを指すようです。王位に近い存在であり、それ相当の権威があります。現在の王室メンバーでは、エリザベス女王とその夫フィリップ王配、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃、そしてヘンリー王子とメーガン妃と言われています。

高位王族引退で王位継承権は変わる?

ヘンリー王子夫妻は高位王族の地位を退くことを発表していますが、高位王族引退することで英国王室の王位継承権に変化はあるのでしょうか。現在の王位継承権は、1位チャールズ皇太子、2位ウィリアム王子、3位ジョージ王子、4位シャーロット姫、5位ルイ王子、6位ヘンリー王子となっています。ヘンリー王子は高位王族を引退することで、王位継承権を失います。

高位王族引退後のヘンリー王子夫妻の生活は?

ヘンリー王子夫妻は高位王族引退の声明をバッキンガム宮殿を通じて発表した際、今後の生活についても簡単に触れています。高位王族引退といっても王室から完全に離れるわけではなく、あくまで王族としての地位は保っておくようですが、具体的にどのような生活をしていくつもりなのでしょうか。ここからは、高位王族引退後のヘンリー王子夫妻の生活についてご紹介します。

イギリスと北米を往来する生活を送る予定

ヘンリー王子夫妻は高位王族引退声明の中で、私たちは英国と北米での時間のバランスを取る予定だとしています。この北米というのは、具体的にはカナダのことを指しているようです。カナダはメーガン妃にとって馴染み深い土地で、女優時代に拠点としており友人も多いのだそうです。また、カナダには2018年クリスマス休暇でも訪れています。

実はヘンリー王子夫妻は現在は高位王族引退としていますが、ゆくゆくは英王室の称号を放棄するかもしれないという声も出ています。プライバシーのない英王室での生活を嫌うメーガン妃のため、ヘンリー王子は一大決心したのかもしれません。

経済的独立に向けて取り組む

これまではヘンリー王子夫妻は高位王族であったため、相当額の活動費や報酬を得ています。しかし高位王族を引退するとなると、これまでのような収入はなくなってしまいます。そこでヘンリー王子夫妻は高位王族引退と同時に、経済的独立に向けて取り組むことも表明しています。

メーガン妃はすでに米国の友人らと共同プロジェクトを進めているとも言われており、水面下で経済的自立に向けて着実に動いているようです。今後北米の滞在が増えれば、よりその活動は活発となるでしょう。

今後もエリザベス女王陛下を支援する

またヘンリー王子夫妻は高位王族引退を発表した中で、引き続き今後もエリザベス女王陛下を支援し続けることを表明しています。何らかの形で王室とのつながりは残していく予定で、この声明の中でヘンリー王子夫妻はシニアメンバーという新たな王族の形をつくり、その地位に自分たちが座るという風に考えているようです。

今後もヘンリー王子夫妻と英国王室の動向に注目しよう!

今回は高位王族引退を発表したヘンリー王子夫妻について、声明の内容や引退の理由、王室の反応などをご紹介してきました。ヘンリー王子夫妻の高位王族の地位を引退して、北米と英国を半々で行き来して生活をしたいと言うのは、まだ完全に王室に受け入れられているというわけではないようです。

エリザベス女王もこの突然の声明には驚いているようで、夫妻との協議は難航しそうな雰囲気です。果たしてヘンリー王子夫妻の希望は果たされるのか、ヘンリー王子夫妻と英国王室の動向から目が離せません。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-08-12 時点

新着一覧