『麒麟がくる』帰蝶役の川口春奈が大反響!好発進生んだ女優としての成長!

大河ドラマ「麒麟がくる」で沢尻エリカの代役を務めている川口春奈が、女優として成長が見られると反響を呼んでいます。今回は「麒麟がくる」帰蝶役の川口春奈について、大河初回の登場の様子や世間からの反響の内容などについて、詳しく調査しました。

『麒麟がくる』帰蝶役の川口春奈が大反響!好発進生んだ女優としての成長!

目次

  1. 「麒麟がくる」の川口春奈が大反響!
  2. 「麒麟がくる」大河初回で川口春奈が帰蝶役で登場!
  3. 沢尻エリカの代役で川口春奈が帰蝶役に大抜擢
  4. 「麒麟がくる」好発進で低視聴率女王の汚名返上?
  5. 川口春奈演じる「麒麟がくる」帰蝶に注目しよう

「麒麟がくる」の川口春奈が大反響!

沢尻エリカの代役としてNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演している、川口春奈の演技が大反響のようです。短期間での代役決定や役作りに不安視する声もありましたが、今回の大河初回を見た視聴者からは、女優としての成長が見られると高評価だったようです。今回は、その演技力で大反響を呼んだ川口春奈について詳しくリサーチしました。

「麒麟がくる」大河初回が1月19日放送された

「麒麟がくる」の大河初回は、2020年1月19日に放送されました。沢尻エリカが麻薬取締法違反で逮捕されたことによって急遽川口春奈が代役となり撮り直しが行われたため、通常より2週遅れての放送でした。川口春奈が沢尻エリカの代役として演じるのは、本木雅弘演じる斎藤道三の娘の帰蝶役です。帰蝶はドラマの中では重要な役どころで、のちに織田信長の正妻となる人物です。

帰蝶役の川口春奈の演技がネットでも大反響

川口春奈が演じる帰蝶は織田信長の正室という重要な役どころであったため、急遽代役に抜擢された川口春奈では役不足なのではないかと放送前には不安の声も聞かれていました。しかし実際1月19日に放送されると、ツイッターを始めとするネット上では川口春奈の帰蝶役に高い評価をする人が多く見られました。

インターネット上では、川口春奈はもう沢尻エリカの代役じゃない、全く違和感がないなどの声が多く、一時「帰蝶」と言うワードがツイッターのトレンド入りするなど、大河ドラマ「麒麟がくる」は川口春奈の演技によって好発進し大きな反響を呼びました。

川口春奈のプロフィール

・愛称:ハルル
・本名:川口春奈(かわぐちはるな)
・生年月日:1995年2月10日
・現在年齢:24歳
・出身地:長崎県五島市
・血液型:O型
・身長:166cm
・体重:???
・活動内容:女優、ファッションモデル
・所属グループ:なし
・事務所:研音
・家族構成:母、姉2人

「麒麟がくる」大河初回で川口春奈が帰蝶役で登場!

「麒麟がくる」の大河初回で登場して反響の大きかった川口春奈ですが、初回の放送ではどのようなシーンに登場したのでしょうか。また、どんなシーンでの反響が大きかったのでしょうか。ここでは、大河初回で帰蝶役で川口春奈が登場して反響を呼んだとされるシーンについて、詳しくご紹介します。

大河初回で川口春奈が登場したシーン

川口春奈は「麒麟がくる」の大河初回で、後半部分に登場しました。本木雅弘演じる斎藤道三の娘帰蝶役として出演し、ほんの短時間ではありましたがその存在感を見せつけました。川口春奈は馬に乗ってさっそうと城に向かうシーンで登場し、父である道三に「父上が戦を始めると聞き、馬を飛ばして帰って参りました」と訴えました。

川口春奈の乗馬シーンは顔は映っていませんが本人の姿であり、姿勢の良さや凛々しい立ち振る舞い、きびきびとした男勝りな動きに注目が集まりました。また、可愛いの中に凛とした強さも見られると反響を呼んでいます。

大河初回視聴率は19%超えで好発進

2020年1月19日に初回放送のあった大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、視聴率はどうだったのでしょうか。ビデオリサーチ日報調べによると、「麒麟がくる」の初回視聴率は19.1%と好発進だったようです。大河初回の視聴率が19%を超えたのは、2016年に放送された「真田丸」以来ということで「麒麟がくる」への期待値が数字となって表れた結果と言えそうです。

沢尻エリカの代役で川口春奈が帰蝶役に大抜擢

4年ぶりに大河初回視聴率19%超えと好発進の「麒麟がくる」ですが、もともとこのドラマで帰蝶役を演じる予定であったのは、沢尻エリカでした。川口春奈はその沢尻エリカの代役として急遽選ばれており、放送前は川口春奈の代役を不安視する声もありました。ここでは、沢尻エリカの代役として、川口春奈が帰蝶役に抜擢されたことについて詳しくご紹介します。

もともと帰蝶役は沢尻エリカであった

2020年1月スタートの大河ドラマ「麒麟がくる」では、もともと帰蝶役として沢尻エリカが抜擢されていました。沢尻エリカは大河ドラマへの出演を以前から熱望しており、2019年3月に行われた出演者発表会見では、自分が持っているものをすべてささげたいと思っていると涙ながらに語り意欲を見せていました。

しかし2019年11月16日、沢尻エリカはMDMA所持により麻薬取締法違反で逮捕されてしまいます。これによって大河ドラマ制作元であるNHKは沢尻エリカの降板を決定し、急遽代役を立てての撮り直しが余儀なくされました。

沢尻エリカの逮捕に伴い代役が急遽選ばれた

すでに撮影も始まっていた2019年11月、大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶役を務める予定であった沢尻エリカが麻薬取締法違反で逮捕されました。そのため、NHKは沢尻エリカの代役を探さなければならなくなりました。NHKは数人の候補を出しましたが、最終的に選ばれたのは川口春奈でした。川口春奈は沢尻エリカの代役に決定すると、2019年12月から撮影が開始されました。

時代劇出演実績のない川口春奈を不安視する声も

急遽逮捕された沢尻エリカの代役として帰蝶役を演じることになった川口春奈ですが、実は放送前までは代役としてふさわしくないのではないかと不安視する声も少なくありませんでした。その理由は、川口春奈はこれまで大河ドラマへの出演実績がないだけでなく、時代劇そのものも出演経験がなかったからです。

時代劇は現代劇やドラマなどと異なり、現代とは異なる所作や言葉遣いなどが難しいと言われています。そのため時代劇をこれまで経験したことのない川口春奈が、放送開始まで1ヶ月もない短期間でそれらを習得できるのかとキャスティングを不安視されていました。

しかしながら実際にはたった数週間で身に着けたとは思えないほど川口春奈の帰蝶ははまり役であるとして周囲の評価も高く、併せて初回の視聴率も高かったため好発進であったと言えそうです。

「麒麟がくる」好発進で低視聴率女王の汚名返上?

川口春奈は女優として10年以上のキャリアを持っていますが、川口春奈が過去に出演したドラマが低視聴率を連発していたために「低視聴率女王」というあまりうれしくない称号を持っていました。しかし今回、「麒麟がくる」は近年稀にみる高視聴率で好発進しており、低視聴率女王と言う汚名を返上したのではないかと話題になっています。

ここからは、川口春奈が過去に低視聴率女王と言われていた作品例やその時に叩き出した低視聴率、また川口春奈の演技力が再注目を集めた最近のテレビドラマなどについて、詳しくご紹介します。

川口春奈と言えば低視聴率の女王

川口春奈と言えば、主演するドラマが低視聴率で打ち切りになった過去もある「低視聴率の女王」と言われることで知られる女優です。川口春奈は数々のテレビドラマに出演していますが、2011年に川口春奈が主演したドラマ「桜蘭高校ホスト部」は、初回がなんと1.1%と前代未聞の低視聴率でした。一番視聴率の良かった9話でさえ4.0%とかなり低くなっています。

このドラマは平均視聴率が2.8%と、深夜番組以下の記録を叩き出しています。さらに翌年2012年に主演した「放課後はミステリーとともに」は、ほとんどの回で視聴率1%台、しかも第4話と第9話に至っては0.8%という低い視聴率でした。その後の主演ドラマ「天魔さんがゆく」も、平均視聴率1.5%となっています。

そして2014年ゴールデン枠の連ドラ「夫のカノジョ」で初主演を果たした川口春奈でしたが、なんと初回4.7%、平均視聴率3.7%であり、第8話で打ち切りされてしまうという事態に陥りました。そのため業界では、川口春奈のドラマはコケるというのが定説となっていたそうです。

低視聴率の女王川口春奈が再注目されたドラマ

低視聴率の女王という女優としては致命的な称号を得ていた川口春奈ですが、2020年1月4日、5日に放送された木村拓哉主演のフジテレビ系特別ドラマ「教場」で警察学校の生徒役を熱演し、視聴者から演技が素晴らしいとして高評価を得ています。

川口春奈自身も警察学校のリアルな訓練シーンは、これまでで最も厳しい経験だったとコメントしており、周囲と呼吸を合わせることの難しさを痛感したそうです。このドラマの制作現場でドラマ作品を作り上げるのに団結力やチームワークの大切さを学んだ川口春奈は、短期間での撮り直しが強いられた「麒麟がくる」の現場でも「教場」で培った団結力が活かされているのでしょう。

川口春奈演じる「麒麟がくる」帰蝶に注目しよう

今回は2020年1月19日に視聴率19%超えで好発進した大河ドラマ「麒麟がくる」に出演している川口春奈が、その演技力で大きな反響を呼んでいる件について調査しました。これまで時代劇の経験も全くなく、急遽代役に抜擢され役作りをする上でも十分な時間がなかった川口春奈ですが、沢尻エリカの代役だとは思えないほどの高い演技力で高評価を得ています。

「麒麟がくる」の放送はまだ1回しかありませんが、今後ますます川口春奈演じる帰蝶はドラマの中で重要な役どころとして活躍を見せてくれることでしょう。これからも「麒麟がくる」の帰蝶役川口春奈の活躍に注目しましょう。

そのほか川口春奈についての記事はこちら!

Thumb【ベラトール】恋人・川口春奈も号泣!矢地祐介の逆転KO勝利に嬉し泣き! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb沢尻エリカ逮捕でNHK大河の代役決定!「麒麟がくる」濃姫役は川口春奈に! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb体調管理は腸から! 川口春奈が説明してくれる「シンバイオティクス」って? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-02-29 時点

新着一覧