平野美宇がネットニュースのバッシングに反応ツイート!詳細と世間の反応!

2020年の卓球種目でオリンピック選手でもある平野美宇にネット上でバッシングが起きており、それに対して平野美宇が反応ツイートをしたと話題になっています。高校生に敗退したことによるバッシングでしたが、その内容や平野美宇の反応ツイートについてまとめます。

平野美宇がネットニュースのバッシングに反応ツイート!詳細と世間の反応!

目次

  1. ネットニュースのバッシングに反応ツイートを出した平野美宇
  2. 卓球オリンピック代表選手・平野美宇の今までの活躍
  3. ネットニュースでバッシング!平野美宇が敗退した試合とは?
  4. 世間のバッシングに反応ツイートした平野美宇のコメントとは?
  5. 今後の平野美宇のツイートと活躍に注目しよう!

ネットニュースのバッシングに反応ツイートを出した平野美宇

卓球女子のオリンピック選手にもなっている平野美宇が、まさかの敗退となり、世間やネットニュースからのバッシングが巻き起こっていました。スポーツの世界ではその勝利や敗退は、試合が始まってみないと分かりませんし、実際どんな結果になるのかも、終わってみないと分からないものです。

卓球女子の中でもかなりの戦歴と勝利を持つ平野美宇ですが、2020年1月17日に行われた女子シングルス5回戦で、2年連続の5回戦敗退となり、ネットニュースや世間から多くのバッシングを受けています。そして、そのバッシングに平野美宇自らが反応ツイートをしてさらなる話題を呼んでいる現状です。なかなか選手がバッシングに反応ツイートすることはなく、大注目となりました。

また、その平野美宇の反応ツイートに平野美宇のファンやネットニュースもこぞって反応し、何故平野美宇がネットニュースのバッシングに反応したのか、その理由も取り上げられる始末となっています。SNS社会だからこそ起きるこうした一連の動きに、世間からも様々な反応が寄せられているので、その詳細や敗退の試合などについてまとめていきます。

卓球女子オリンピック選手・平野美宇のプロフィール

愛称:ハリケーン・ヒラノ
本名:平野美宇(ひらのみう)
生年月日:2000年4月14日
現在年齢:19歳
出身地:静岡県沼津市生まれ、山梨県中央市出身
血液型:O型
身長:158㎝
体重:45Kg
活動内容:女子卓球選手
所属グループ:日本生命(2018年4月~)
事務所:クロス・ビー(マネージメント)
家族構成:父、母、妹2人、村松雄斗(いとこ)

卓球オリンピック代表選手・平野美宇の今までの活躍

平野美宇に対してのネットニュースやバッシング、世間の声なども気になるところですが、まずは平野美宇がどんな人物なのか、ここまでの卓球での活躍やオリンピック代表選手までの道のりを少し振り返って行きましょう。

まず、平野美宇は2020年の開催される東京オリンピックの代表選手に選出されています。それまでもリオオリンピックの選手としては選出されず、かなり悔しい思いをしながらやっと手にできたオリンピック出場です。その経験を生かして、悔しい思いをしたからこそ、ここまで這いあがってこれたとも言えるでしょう。

平野美羽のITTF世界ランキング最高位は5位で、今現在は9位となっています。日本生命に所属し卓球選手としての活動をしていますが、大原学園高等学校を2019年に卒業した19歳です。2013年頃んは伊藤美誠(いとうみま)とともに「みうみま」コンビとして女子ダブルスで卓球の世界大会でも注目されました。その当時でまだ13歳でしたが、すでにそこから6年も経過しています。

4歳の時にすでに全日本選手権でバンビの部に出場した平野美宇は小学校2年生で勝利するなど、多くの最年少記録を樹立してきた人物でもあります。先ほどの中学時代の「みうみま」コンビ時代はダブルスで活躍していましたが、2016年頃からはシングルでもその頭角を現し、やはり最年少でワールドカップと全日本選手権で優勝しています。

近いところで2017年に平野美宇は、アジア選手権で日本人選手として21年ぶりに優勝を果たし、世界選手権でも日本人選手として48年ぶりにメダルを獲得するなど業績を残しました。そして、2020年1月には念願の2020年東京オリンピックの団体の代表選手に内定し、過去にリオオリンピックで出場できなかった悔しさをようやく晴らしたというところです。

アイドル並にかわいいと評判の平野美宇の活動

最近の卓球女子は、そのルックスも整っていて可愛いと人気を集めていますが、平野美宇もその一人で、スポーツビジネス総合企業のクロス・ビーがマネジメントを行い、様々なCMに出演したりと、スポーツビジネスにも積極的に関わっています。テレビへの出演も多く、他の選手と比べても、平野美宇は多く目にする機会が多い卓球選手とも言えます。

平野美宇のメインスポンサーは日本生命ですが、その他にもミズノや河合塾マナビスという学習塾や木下グループ、出身地である山梨の中央銀行やスティガ、2019年にはマッシュホールディングスとも契約をしています。また、CMは日本生命を中心にソニーなどにも出演しています。試合中のすっぴんとは違った可愛らしさが見えるので気になる人はチェックしてみてください。

ネットニュースでバッシング!平野美宇が敗退した試合とは?

それではここからは、本題となる平野美宇が敗退した試合についてと、そこから起きたバッシングに関してみて行きましょう。その敗退した試合は、1月17日に行われた全日本選手権で、女子シングルスの5回戦でした。この試合で平野美宇は、2019年の全日本選手権ジュニアの部で優勝した出澤杏佳に敗退し2年連続で5回戦敗退となったのです。

ゲームカウント1-4で敗退となりましたが、平野美宇の対戦相手だった出澤杏佳は高校生だったということもあり、その結果にネットニュースなどで大バッシングが起きた、というのがその詳細です。2年連続で5回戦敗退というのも大きなポイントだったとも言えます。

女子シングル5回戦敗退時の平野美宇のコメント動画

平野美宇の対戦相手だった出澤選手は、ラケットのフォア面に表ソフトラバー、バック面に粒高のラバーというなかなか珍しいタイプのものを使用していた事もあり、様々な変化球が起き対応が難しかったようです。事前に出澤選手に対する対策も練っていたということでしたが、実際の試合ではそれが上手くできなかったということも明かしていました。

本人も凡ミスが多かったことも認めており、そして相手のラケットから繰り出された変化球の軌道やタイミングなどもなかなかつかめなかったようです。ミスが起きた時点から、仲奈k自分を立て直せなかったとも話していましたが、すでに気持ちの立て直しなどはできているようで、半年を切ったオリンピックに向けて動き出しているようです。

世間のバッシングに反応ツイートした平野美宇のコメントとは?

黙っててもあれなんで、煽られるんで、煽った方がいいかなと思って。私のこと大好きなんだな、嬉しいなと。興味を持たれないよりは、どんな形でも注目された方が選手としては嬉しい。

さて、ここでは平野美宇がネットニュースなどでバッシングされたことに対して、反応ツイートをしました。それが上のTwitterになるのですが、それによってさらなる内容がネットニュースに取り上げられることとなりました。そして、それに対しては、上の引用のようにたとえ批判で会っても注目されるのは嬉しい、とコメントしています。

黙っていてもつまらないかなと思って。批判を書くなら名前を書いてほしい

現代のネット上の問題でもありますが、匿名でバッシングできてしまうため、投稿するのは自由だけれど、書くならば名前を書いて明かして発信してほしいとコメンントしていました。確かに平野美宇のように本名で戦っている側からすると、それは卑怯であり、逃げられることでもあります。IPアドレスで探すことはできますが、一おy的でなく正々堂々やろうということなのでしょう。

平野美宇のネットニュースのバッシングに世間の声は?

負けても何も言われないのは、期待されていない裏返し。 負けたらボロくそ言われるのは、期待されている裏返し。 本番で見返してやればいいって。

最後にまとめて行くのは、ネットニュースのバッシングに対して、そして平野美宇の反応ツイートに対しての世間の声やファンの声です。上の引用はTwitterのものですが、平野美宇の強気な発言に対して、味方であるという意思表示が見て取れます。バッシングなどネットニュースで書かれるのは、期待され注目されているからこそ、という意見に頷く人も多いかもしれません。

あの敗戦は平野美宇ちゃんを二倍も三倍も強くする と思うな😊 「失敗と書いて成長」頂点めざそう。 頑張れーっ。

この上のツイートも、応援するようなものです。中には、平野美宇がバッシングに対して反応ツイートしたようにあんまり強気な発言をすると逆に叩かれるから気をつけた方が良い、というようなものもありました。確かに無記名でアカウント名だけで投稿できるTwitterなどは、誰が書いているのかも一見分かりません。無記名だからこそ大口を叩けるの人もいるため改善も求められています。

今後の平野美宇のツイートと活躍に注目しよう!

ハリケーン・ヒラノこと、2020年東京オリンピック代表選手の平野美宇の敗退についてと、ネットニュースなどから大きくなって行ったバッシングへの反応ツイートについてまとめてきました。元々は1月17日に行われた試合で平野美宇が高校生選手に敗退したことがきっかけでしたが、すでに平野美宇は気持ちの切り替えはできていて、逆に強気な反応ツイートをしていました。

名前が分からないからこそ言いたい放題ネット世界で、平野美宇のように強気発言できる人は少ないですが、本名で活動しているからこそ言えることでもあります。すぐに拡散されてしまうネットニュースやSNSの怖さも注意しながら、今後の平野美宇のオリンピックでの活躍や、ネットのツイートなども注目して行きましょう。

その他の卓球や平野美宇に関する記事はこちら

Thumb平野美宇がシングルスの五輪を逃し号泣!「東京行きたかった」 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb平野美宇がアジア選手権で優勝!強さの秘密とかわいい画像を調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb卓球・福原愛(愛ちゃん)が引退表明!現役を辞める理由や今後は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb伊藤美誠の母・伊藤美乃りの卓球英才教育とは?やりすぎなトレーニング! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-26 時点

新着一覧