ピーナッツでダイエット成功!ストレスフリーに痩せるやり方とは?

ピーナッツを使ったダイエットのやり方や栄養についてまとめました。ピーナッツダイエットをする場合は、カロリーや糖質をチェックし、正しいやり方を取り入れう事が大切です。おやつで食べなど、ストレスフリーなやり方でピーナッツダイエットをしましょう。

ピーナッツでダイエット成功!ストレスフリーに痩せるやり方とは?

目次

  1. ピーナッツダイエットを簡単に言うと?
  2. ピーナッツに含まれる栄養と効果
  3. ピーナッツのカロリーと糖質
  4. 正しいピーナッツダイエットのやり方
  5. ピーナッツダイエットにおすすめなレシピ
  6. ピーナッツダイエットを成功させよう

ピーナッツダイエットを簡単に言うと?

ダイエットをしたい時に注目すべき食材は色々ありますが、中でもおすすめしたいのがピーナッツです。お酒のおつまみのイメージが強いピーナッツですが、上手に取り入れる事でダイエットの役に立つと言われています。ピーナッツをどのように活用すればダイエットできるのかチェックして、理想の体型を目指してみませんか?

本記事では、ピーナッツダイエットのやり方や、ピーナッツに含まれる栄養・カロリー・糖質などについてまとめました。糖質やカロリー量も把握した上でピーナッツを活用すれば、ダイエットに成功できるかもしれません。ダイエットの詳しいやり方をチェックして、理想体型を目指してみてください。

ピーナッツを一日25〜30粒食べるダイエット

ピーナッツダイエットのやり方はとてもシンプルです。1日あたり25〜30粒のピーナッツを食べるのが基本的なダイエットのやり方。おやつなど、好みのタイミングでピーナッツを食べる事でダイエットに繋げる事ができると言われています。ピーナッツを食べる簡単なやり方なので、気軽にダイエットを始めたい方にも最適な方法と言えるのではないでしょうか。

ピーナッツで空腹感を満たす事ができれば、ストレスを感じる事なくダイエットを続けやすくなります。ダイエットの大敵は空腹感。空腹が強くなる事でストレスを感じ、暴飲暴食に繋がってしまうかもしれません。おやつなどでピーナッツを食べていけば、満足感を得ながらダイエットができるのではないでしょうか。

ピーナッツダイエットを成功させるためには、やり方のコツを把握しておく事も大切。ただ単にピーナッツを食べるのではなく、コツを取り入れていく事でダイエットに成功しやすくなります。ピーナッツを使って、ストレスフリーなダイエットにしていきませんか。

Thumbピーナッツは食べ過ぎ注意!気になるカロリーと女性に嬉しい美容効果とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ピーナッツに含まれる栄養と効果

まずは、ピーナッツに含まれる栄養についてチェックしていきましょう。ピーナッツは豊富な栄養を含んだ健康に良い食材として知られています。ダイエット中はカロリーを気にして栄養が偏りがちなので、ピーナッツのような高い栄養の食材を取り入れる事も大切。体に良いだけでなく、ダイエットのサポートになる栄養も含まれているので、ぜひ活用していきましょう。

ビタミンB群

ピーナッツに含まれている栄養として挙げられるのが、ビタミンB群です。ビタミンB群は、代謝を促進する働きがあるのが特徴。代謝が促進される事によって脂肪の燃焼率が上がり、痩せやすい体に近づけるのが嬉しいポイントです。効率的なダイエットにするためには、痩せやすい体を作る事が重要。ピーナッツに含まれるビタミンB群はそれを叶えてくれる可能性があります。

「ダイエットをしているのに、なかなか痩せる事ができない」という方は、代謝が落ちているのかもしれません。代謝が落ちた状態だと、運動やカロリー制限をしても痩せる度合いが低くなってしまいます。ピーナッツのようにビタミンB群を豊富に含んだ食材も取り入れて、代謝を上げる努力をしてみてはいかがですか。食生活を変える事で、代謝を上げる事ができるかもしれません。

ビタミンE

続いて挙げられるのが、ビタミンEです。ピーナッツに含まれているビタミンEは、血流を促進する働きがあると言われている栄養素。血流が促進される事で体の回りが良くなり、代謝も上がりやすくなります。ビタミンB群の効果と合間って、痩せやすい体に近づきやすくなるのではないでしょうか。また、ビタミンEにはアンチエイジング効果があるのも嬉しいポイントです。

老化の原因となるのが、体内に増えていく活性酸素です。通常であれば、体の働きにより活性酸素を排出する事ができますが、加齢によりその働きが鈍くなります。ビタミンEは活性酸素を排出する働きがあるため、若々しい状態を保ちたい時に最適。ピーナッツはダイエットをすると共に、美肌を目指したい場合にも役立つ食材と言えるでしょう。

カリウム

ピーナッツには、カリウムという栄養素も含まれています。カリウムは、体内の塩分と水分のバランスを取る効果があるのが特徴。体内に不要な塩分が溜まると、高血圧の原因となってしまいます。カリウムを摂取する事で不要な塩分を尿と共に排出し、バランスとを整えるのがカリウムの働き。高血圧を防ぎ、生活習慣病の予防にも役立てる事ができます。

体内の塩分・水分バランスを整えるカリウムは、むくみ解消の効果もあるとされています。むくみの多くは、体内の塩分と水分のバランスが乱れているのが原因。カリウムによってバランスを取る事で、むくみを解消しやすくなります。脚などがむくんでいると、いくら痩せても太って見えてしまうのが問題。ダイエットと同時にむくみも解消して、スッキリした状態になりましょう。

食物繊維

食物繊維も、ピーナッツで注目しておきたい栄養素の1つです。食物繊維は、腸内環境を改善する効果があると言われています。腸のぜん動運動を促進する事で老廃物が排出しやすくなり、便秘解消に繋がるのが嬉しいポイント。食物繊維が足りていないと便秘になる可能性が高くなるので、積極的に摂っていきましょう。おやつにピーナッツを食べれば気軽に食物繊維が摂れます。

便秘の状態が続くと、ダイエットの妨げにもなってしまいます。老廃物が体内に溜まる事で体の回りが悪くなり、代謝も落ちてしまうのが便秘の悪い所。ダイエットをしていても、代謝が落ちていてはなかなか体重を落とす事ができません。ピーナッツを食べて食物繊維を摂取し、老廃物の排出をスムーズにすればダイエットの効率も上がるのではないでしょうか。

老廃物の排出は、肌の調子にも大きく関わります。老廃物が溜まり、代謝が落ちる事で肌のターンオーバーに乱れが起き、肌荒れの原因になってしまうかもしれません。ダイエットだけでなく、美肌を保つためにも便秘解消はキーポイントになるため、ピーナツを役立てていきましょう。

不飽和脂肪酸

ピーナッツの栄養素には、不飽和脂肪酸も含まれています。ピーナッツの大部分は不飽和脂肪酸で構成されていると言われているのが特徴。脂肪酸と言うとダイエットに悪影響を与えるイメージがありますが、不飽和脂肪酸は太りにくい脂肪酸です。リノール酸やオレイン酸といった体に良い脂肪酸を含み、中性脂肪を抑える働きがあると言われています。

ピーナッツを適量食べる事で血中の中性脂肪を軽減し、ダイエットに繋げる事ができます。また、悪玉コレステロールを下げる働きもあるとされ、生活習慣病を予防したい方にもおすすめの栄養素です。ダイエットをすると共に健康を保ちたい場合にも、ピーナッツは最適な食材ではないでしょうか。健康的に痩せるためにも、ピーナッツをダイエットに役立ててみましょう。

アミノ酸

アミノ酸は、タンパク質の一種の栄養素です。ダイエット中はカロリーを気にして、タンパク質の摂取が少なくなる事もあるのではないでしょうか。しかし、タンパク質が不足すると、筋力が落ちてしまいます。筋肉は体の中で最もエネルギーを消費する部分なので、筋力をつける事で脂肪燃焼率をアップできるのがポイント。ピーナッツのアミノ酸で筋力アップを狙いましょう。

ピーナッツを食べてアミノ酸を摂取するのと同時に筋トレもすれば、痩せやすい体を作れるのではないでしょうか。しっかりと筋肉をつけておけば、ダイエット終了後も同じ体型を維持しやすくなります。このように、ピーナッツには様々な栄養が含まれている事がわかりました。ピーナッツの栄養を有効活用できるやり方で、ダイエットをしていきましょう。

ピーナッツのカロリーと糖質

ダイエット中に気になるのが、食材のカロリーや糖質です。カロリーや糖質が高い食べ物を日常的に食べてると、太る原因になってしまいます。ピーナッツダイエットをする際も、カロリーや糖質をチェックしておきましょう。許容範囲内のカロリーや糖質であればピーナッツを食べても大丈夫なので、その点も意識してダイエットをするようにしてみてください。

ピーナッツのカロリー

ピーナッツのカロリーは、1粒あたり約4kcalです。ピーナッツダイエットでは25粒〜30粒を目安に食べますが、この場合のカロリーは100kcal〜120kcalになります。このくらいのカロリー量であれば、ピーナッツをおやつとしても問題ありません。ただし、食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので、気をつけてください。

ピーナッツの糖質

ピーナッツの糖質量は、100gあたり14gです。30粒のピーナッツは約20gなので、1日あたり30粒食べたら糖質量は2.8g程になります。ご飯の場合、100gあたりの糖質量が37gなため、ピーナッツは比較的糖質が少ないと言っても良いでしょう。

糖質は体のエネルギーになりますが、摂取し過ぎると脂肪として残りやすくなります。カロリーだけでなく糖質にも注意するのがダイエットの重要なポイントです。ダイエットをする際には糖質量も意識して、ピーナッツを食べるようにしてください。

正しいピーナッツダイエットのやり方

続いて、ピーナッツダイエットのやり方について具体的に見ていきましょう。ピーナッツを食べ過ぎたり、間違ったやり方だとダイエット失敗の原因になります。正しいやり方を取り入れる事でピーナッツをダイエットに役立てられるので、注意点も踏まえた上でダイエットしてみてはいかがですか。

朝食・夕食の時間に食べる

ピーナッツダイエットのやり方としておすすめしたいのが、朝食・夕食前に食べる方法です。食前に食べる事で、満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐのがポイント。朝の時間帯はピーナッツを食べて代謝を上げ、脂肪燃焼率を上げる事でダイエットに役立ちます。

夜の時間帯は代謝が落ちやすくなるので、夕飯は少なめにするのがおすすめ。夕飯前にピーナッツを食べておけば満腹感が得られ、全体の食事量が少なくても満足しやすくなります。無駄なカロリーや糖質を摂取しないように、ピーナッツをよく噛んで満腹感を得ましょう。朝食前に15粒、夕飯前に10粒〜15粒が目安です。

おやつとして食べる

ピーナッツはおやつとして食べる方法もおすすめです。ダイエット中はカロリー制限のために空腹を感じる場合も多いのではないでしょうか。おやつでピーナッツを食べれば、空腹感を紛らわす事ができます。ピーナッツは噛みごたえがあるので、よく噛む事で満腹中枢を刺激できるのがポイント。25粒〜30粒のピーナッツをおやつとして食べてみましょう。

運動を並行してダイエット効果アップ

おやつや食事前にピーナッツを食べる場合は、運動も行うようにしてください。ピーナッツには代謝を上げるビタミンB群や筋力アップに繋がるアミノ酸が含まれています。これらの栄養を摂取した上で運動をする事で、ダイエット効果が上がると言われています。

運動は、無理なく続けられる範囲で行うようにしましょう。ウォーキングや筋トレなどを継続的に行う事で、ダイエットに繋げる事ができます。短期間やっても効果は現れないので、長期間続けられる運動でダイエットに励んでみてはいかがですか。

ピーナッツダイエットにおすすめなレシピ

ピーナッツダイエット中は、色々なレシピでピーナッツを活用すると続けやすくなります。ピーナッツは、色々なレシピで活用できるのが魅力。お好みに合わせて調理して、美味しくピーナッツを食べてみてはどうでしょうか。おすすめレシピをご紹介します。

ピーナッツサラダ

野菜をたっぷり食べられるピーナッツサラダは、ダイエット中におすすめのレシピ。トマトやレタスなど、お好みの野菜をカットしておきましょう。ピーナッツはフライパンで乾煎りし、香りを出します。オリーブオイル・塩胡椒・酢を混ぜたドレッシングで野菜を和えて、ピーナッツをトッピングしたら完成。ボリュームを出したい時はサラダチキンを乗せてください。

酢ピーナッツ

おやつにも最適なのが、酢ピーナッツ。ピーナッツを酢に1時間程漬けるだけのシンプルなレシピです。酢にはアミノ酸など様々な栄養が含まれているので、ダイエット中に取り入れるのに最適。酢漬けにすれば、日持ちするのも嬉しいポイントです。

おからピーナッツバー

食べ応えのあるおやつなら、おからバーがおすすめです。生おから・きな粉・ダイエット甘味料・片栗粉を混ぜ合わせましょう。刻んだピーナッツやドライフルーツ、水を加えて混ぜ合わせ、生地をまとめます。生地を伸ばし、房状にカットしたら600Wの電子レンジで3分加熱して完成です。

Thumbおからパウダーダイエットとは?経験者の口コミや成功の秘訣を伝授! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

ピーナッツダイエットを成功させよう

ピーナッツはダイエットに最適な栄養を豊富に含んだ便利な食材です。おやつや朝食・夕飯前など、食べるタイミングを工夫してピーナッツを活用してみましょう。ゆっくりよく噛む事で満腹感を得られ、ストレスを感じる事なくダイエットが続けられます。栄養を活かすために、運動をする事も大切。美味しいピーナッツレシピも取り入れて、ダイエットをしてみませんか?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-22 時点

新着一覧