猫の毛づくろいは健康のために欠かせない!人気のブラッシング用品も紹介

猫が毛づくろいしている姿はとても可愛いですよね。何気ない行動のようですが実はとても深い意味があるのです。そこで、猫が毛づくろいする理由やその効果について詳しく見て行きましょう。また、飼い主さんがブラッシングするメリットやおすすめ商品も併せてチェックしましょう。

猫の毛づくろいは健康のために欠かせない!人気のブラッシング用品も紹介

目次

  1. 猫の毛づくろい行動について徹底解説
  2. 猫が毛づくろいをする理由
  3. 猫の毛づくろいの秘密
  4. 飼い主がブラッシングする効果
  5. 猫のブラッシングアイテム
  6. 猫には毛づくろいが欠かせない!

猫の毛づくろい行動について徹底解説

猫といえば舌で毛づくろいをしている姿がとてもかわいく印象的です。動物の行動には色々な意味があるものですが、猫の毛づくろいも同様でちゃんとした意味があるのです。そこで、猫が毛づくろいする理由などを中心に詳しく見て行くことにしましょう。猫を飼う場合は特に知っておく必要があります。

毛づくろいには重要な意味があった

猫が毛づくろいをする姿は頻繁に見られますが、起きている時間の3割以上の時間、毛づくろいしているとも言われています。私たち人間から見ると何気ない行動に思えても、それだけの時間を毛づくろいに費やすということは、猫にとって毛づくろいはとても重要なことなのです。

毛づくろいは、猫の体のケアをするだけでなく、ストレス解消などの心のケアをするための大切な行動の1つです。ですから猫が毛づくろいをしないというのはあり得ないことで、仮に毛づくろいをしなかった場合は病気になってしまったり、ストレスを溜め込んでしまったりする可能性があるのです。

Thumb猫の抜け毛対策はブラッシングが鍵!便利な掃除方法やアイテムも必見! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

猫が毛づくろいをする理由

猫が毛づくろいのような行動をする具体的な理由は何なのでしょうか。上では「体と心のため」ということを書きましたが、理由をもう少し詳しく見て行きましょう。毛づくろいが猫にとっていかに重要なことかということが、より分かっていただけるはずです。

身だしなみ

猫が毛づくろいをする理由で一番多いのは、身だしなみを整えるためです。猫に舐められたことがある方はよく分かるかと思われますが、猫の下の表面はかなりザラザラとしています。その舌で毛づくろいをすることによって、毛並みを整えたりもつれた毛を直したりして、ノミなど害虫の付着を防止します。

猫の毛には感覚毛と呼ばれるものがあり、1センチ四方の中に1本は存在すると言われています。感覚毛は周囲の気配などを察知する役割を担っており、猫は毛づくろいをすることで、その感覚毛の働きをより敏感にさせているのです。また、毛づくろいをすることでにおいを消す効果もあります。

体温の調節

体温調節も猫が毛づくろいする理由の1つです。人間は汗をかくことで体温調節が出来ますが、汗腺がほとんどない猫にはそれが出来ません。そのため、夏の暑い時期の場合は毛づくろいをして唾液を気化させることによって体温調節しているのです。逆に寒い冬には舐めることで、保温効果を高めているのです。

ザラザラとしている猫の舌によって毛づくろいをすることで、体温調節に加えてマッサージ効果や血行促進効果も期待出来ます。血行が良くなることによって猫の毛並みがよりきれいになるので、見た目の美しさのためにも効果があります。

コミュニケーション

毛づくろいする理由、猫がコミュニケーション取るためでもあります。猫は、自分自身を毛づくろいする以外に他の猫の毛づくろいをしたり、飼い主さんの手指を舐めたりします。その行動は、実は相手とのコミュニケーションで、他の猫や飼い主さんを舐めることは相手を信頼している証でもあるのです。

ストレス対策

ストレスを解消させるのも毛づくろいをする理由です。不安・緊張・寂しさといった気持ちからストレスが溜まってしまった場合、自分の体をしっかりと毛づくろいすることによって心を落ち着かせます。猫も人間同様、ストレスが溜まってしまうと病気になることもありますから、ストレスを解消させるためにもとても大事な行動なのです。

猫の毛づくろいの秘密

次に、猫の毛づくろいの秘密に迫ってみましょう。毛づくろいは、ただ猫が自分の毛を舐めるだけの行動、と思っている人もいるかもしれません。しかしここまで述べてきたように、毛づくろいという行動をすることで、健康面や精神面において多くのメリットが期待出来ます。それは毛づくろいの法則や、猫が毛づくろいする時のテクニックが深く関係しているようです。

毛づくろいの法則

まず毛づくろいの法則についてです。実は猫が毛づくろいする際には順番があるということです。まずは顔付近を毛づくろいしたら、その後はお尻の方に向かって頭・耳・前脚・肩・お腹・腰・後ろ脚・尻尾という順番で毛づくろいしていきます。このような順番で行うことで、猫自身で自分の体に異常がないかどうかを確認しているのです。

猫が使うテクニック

猫は毛づくろいしながら身体の様々な部分をケアしており、そこに猫のテクニックを見ることが出来ます。猫は毛づくろいをする流れで古くなった爪をはがしてケアをしたり、舌だけでなく歯も使って毛づくろいすることで、毛玉になりかけの毛を整えたりしています。

飼い主がブラッシングする効果

ここまでは猫自身で毛づくろいする際のことについて触れましたが、次に飼い主さんが猫の毛づくろい・ブラッシングすることで期待できる効果について見て行きましょう。飼い主さんが猫を毛づくろいしてあげることには様々なメリットがあるようです。

抜け毛対策になる

猫の毛には皮膚のすぐ上に生えるアンダーコートと、外部刺激から守るためのオーバーコートがあり、ほとんどの猫はこの二種類の毛が生えています。そして、アンダーコートがある猫は毛が長く抜けやすいと言われています。小まめにブラッシングすれば抜け毛を除去することが出来るので、身体から落ちる毛の量を少なく出来るのです。

毛球症対策になる

猫が自分自身で毛づくろいをすると、その時に口に入った毛玉をそのまま飲み込んでしまいます。飲み込んだ毛玉がうまく体の外に出せずに胃や腸に残ってしまうと、毛球症という病気になってしまう可能性があります。毛玉は食べ物と異なり消化されないので、上手に体から排出することが必要なのです。

毛球症になってしまうと、食欲が無くなったり嘔吐・下痢などの症状が出ます。どんどんお腹に毛玉が溜まって行ってしまうとますます排出が難しくなり、手術して取り出さなくてはいけない場合もあります。そのような事態を防ぐためにも、日頃から飼い主さんがブラッシングしてあげることがとても大事です。

スキンシップになる

飼い主さんが猫をブラッシングすることで期待出来る効果は、猫の体へのメリットだけではありません。上でも書きましたが、猫は毛づくろいをすることでストレスを発散させたり、心をリラックスさせたりしています。ブラッシングをして体を撫でられることはとても気持ちが良く、飼い主さんとのスキンシップにもなるので、より信頼関係を強めることも出来るでしょう。

手入れ漏れを防ぐ

猫は1日の大半の時間を毛づくろいに費やしているものですが、それだけ時間をかけて丁寧に毛づくろいをしても、体の構造上行き届かない場所もあります。そういった場所のブラッシングは飼い主さんがお手入れしてあげることが大切です。毛づくろいが出来ない場所にはどうしても汚れが溜まりやすくなってしまうので、気にかけてあげましょう。

猫のブラッシングアイテム

では、実際に飼い主さんが猫をブラッシングする時に使うと良いのはどのようなアイテムなのでしょうか。ブラッシングアイテムと猫との相性もあるので、しっかりと見極めてアイテムを購入するのが大事です。おすすめのアイテムを詳しく見て行きましょう。

ファーミネーター

まずおすすめなのはファーミネーターというブラシです。こちらは犬用・猫用、長毛用・短毛用などと動物の種類によって商品が異なるので、飼っている動物に合うものを選びましょう。自分の猫に合うものを買ったら、あとは猫の毛が乾いている状態で優しくブラッシングするだけです。

ファーミネーターを使って少しブラッシングするだけで沢山の毛が取れるので、初めて使う方はびっくりしてしまうでしょう。とにかくよく毛が取れるという口コミが寄せられるアイテムなので、ブラッシングのやりすぎには注意した方が良さそうです。種類にもよりますが、3500円~4900円ほどで購入することが出来ます。

ブラッシンググローブ

ブラッシンググローブも猫のブラッシングにおすすめのアイテムです。グローブ型になっており、手にはめて猫を撫でることで簡単にブラッシングが出来ます。グローブ型であれば、猫も飼い主さんに撫でられている感覚になるので、ブラッシングが苦手な猫でも大人しく飼い主さんに身をゆだねてくれるはずです。

ファーミネーターほどではないようですが、十分毛が取れるので抜け毛対策には効果抜群です。ブラッシンググローブは様々なメーカーから出ており、メーカーによっても値段が異なります。しかし比較的安価に購入することが出来、1000円以内の物が多いようです。

猫には毛づくろいが欠かせない!

身体面だけでなく精神面においても、毛づくろいやブラッシングは猫にとってはとても重要なものです。普段何気なく見ている猫の毛づくろい姿にも実は深い意味があるので、猫を飼う際には毛づくろいの理由や効果をしっかり把握しておくことが大事なのです。

Thumb【被毛別】猫のブラッシングのやり方!おすすめのブラシや選び方も解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-21 時点

新着一覧