猫が去勢をしないのは危険?必要性や気になる手術内容をチェック

猫を家族として迎えたら、愛猫に去勢手術を行うか悩む飼い主さんもいるかもしれません。こちらでは、猫の去勢手術のメリットとデメリット、手術内容についてご紹介していきます。去勢手術後に注意すべきことについてもチェックしていきましょう。

猫が去勢をしないのは危険?必要性や気になる手術内容をチェック

目次

  1. 猫の去勢を徹底解説!
  2. 猫の去勢の必要性とメリット
  3. 猫の去勢手術の方法と内容
  4. 猫の去勢手術後に注意すべきこと
  5. 猫の去勢手術に関するQ&A
  6. 猫の去勢は計画的に行おう!

猫の去勢を徹底解説!

猫を飼い始めたら、愛猫に去勢手術をするのかどうかを考えましょう。愛猫に去勢手術をするのは飼い主の勝手のように感じるかもしれませんが、去勢手術には猫の心身への負担を軽減するメリットがあります。繁殖予定がない場合は、去勢手術をする方が猫のためになるかもしれません。

手術内容や必要性もチェック

猫の去勢手術の必要性、メリットやデメリットを知っておくと、愛猫に去勢手術をするかどうか判断しやすくなります。こちらでは、猫の去勢手術の必要性や手術内容、手術後の注意点をご紹介していきます。

猫の去勢の必要性とメリット

猫の去勢手術は発情期までに受けることが推奨されています。猫の発情期は大体生後7ヶ月前後に始まります。発情中の猫には去勢手術を行わないという獣医もいるので、愛猫に去勢手術を行うかどうかは早めに検討することが大切です。

かかりつけの動物病院がどういった方針なのかを確認しておくといいでしょう。こちらでは、猫の去勢手術の必要性とメリットをご紹介します。去勢手術のメリットを知ることで、飼い主さんが愛猫に去勢手術を行うかどうかを決断しやすくなるはずです。

望まない妊娠を避けられる

猫に去勢手術をしておけば、望まない妊娠を避けることが出来ます。多頭飼育をしている家庭では、避妊去勢手術をしていない猫同士で繁殖が始まって妊娠してしまう可能性があります。繁殖の予定がないのなら、愛猫には去勢手術をした方がいいでしょう。ただし、手術後に繁殖させたいと思っても取り返しがつかないので、よく考えてから決断するようにしましょう。

発情期のストレスを軽減できる

猫が性成熟を迎えるのは、大体生後6~10か月と言われています。メス猫は生後7か月前後に初めての発情期がやってきます。オス猫には決まった発情期はありませんが、発情したメス猫に刺激されれば発情して交尾に至ります。オス猫が発情すると大きな鳴き声をあげたり、立ったままの姿勢でマーキングするようになります。

室内飼いの猫は発情しても交尾ができるメス猫がいないため欲求を満たすことができずストレスになります。猫に去勢手術をすれば猫が発情期のストレスから解放されるので、猫にとってもマーキングの処理をする飼い主さんにとっても大きなメリットがあると言えるでしょう。

問題行動を抑えられる

個体差がありますが、猫に去勢手術を行うことで問題行動が抑えられる場合があります。発情期の猫は尿をあちこちにまき散らしてマーキングしますが、去勢手術を行えばこういった行動が抑えられます。

また、攻撃性の高い猫、怒りっぽい性格の猫も去勢手術をすることで落ち着いた性格になり、他の猫との喧嘩が減ることもあります。多頭飼いの家庭では、大きなメリットと言えるでしょう。ただし、去勢手術を行う時期が遅れると性格の変化が見られないこともあるようです。

病気のリスクを下げられる

猫の去勢手術は病気のリスクを下げるメリットがあります。去勢手術を行うと攻撃性が抑えられて猫同士の喧嘩が減るため、猫エイズと呼ばれる猫免疫不全ウィルス感染症へのリスクを低下させることが出来ます。前立腺の病気の発生や精巣腫瘍などの予防も期待できるので、愛猫の病気にかかる確率を少しでも下げたいのなら去勢手術を行う方がいいかもしれません。

デメリットはほとんどなし

猫の去勢手術は太りやすくなったり、全身麻酔のリスクはあるものの、基本的にはデメリットはありません。ただし、全身麻酔で行う去勢手術は猫の身体に負担がかかるため、手術前は体調管理や術前検査をしっかりと行う必要があります。

去勢手術後はホルモンの影響で食欲が増える、筋肉が付きづらくなる、発情行動がなくなって運動量が減るなどの症状によって太りやすくなるようです。去勢手術後は食事量やカロリーを少し抑えて、体重管理をするようにしましょう。

猫の去勢手術の方法と内容

猫の去勢手術の必要性が分かったところで、次は猫の去勢手術の内容についてご紹介していきます。猫の去勢手術には精巣摘出とパイプカットの2種類の方法があります。あらかじめそれぞれの去勢手術の内容を知っておくと、愛猫の去勢手術をすると決めた時にスムーズに事を進められるはずです。

睾丸を取り出す「精巣摘出」

一般的な猫の去勢手術は精巣摘出です。睾丸を切開して精巣を摘出することによって、繁殖出来ないようにします。切開した傷口は縫わない病院が多く、手術後1週間ほどは睾丸が黒く腫れ上がった状態になります。病院によっては縫合したり、生体用接着剤で切開部を閉じることもあるようです。手術後数年で袋が小さくしぼむので、睾丸が目立たなくなります。

精巣を摘出しない「パイプカット」

精巣を摘出しない去勢手術もあります。精子の通り道を切断するパイプカットです。パイプカットは繁殖を防ぐことが出来ますが、精巣を残すことによってオスのホルモンが分泌されるので姿や行動が去勢手術前と変わりません。繁殖を防ぐ目的であればパイプカットでもいいかもしれませんが、ホルモンの分泌が関係する前立腺の病気や精巣の主要などの病気を防ぐことは出来ません。

猫の去勢手術後に注意すべきこと

猫の去勢手術後は傷口が痛々しく、いつもの猫の様子と違うので飼い主さんは心配になるかもしれません。こちらでは、猫の去勢手術後に飼い主さんが注意すべきことをご紹介します。適切な行動をとって、愛猫の回復を待ちましょう。

傷口を舐めないようにする

去勢手術後の傷口の回復には1種間ほどかかります。傷口の回復をスムーズにするためにも、猫が傷口を噛んだりいじったりしないように見守るようしましょう。猫が傷口を舐めたり噛んだりしてしまうと、傷口が化膿して回復に時間がかかるので注意しましょう。

エリザベスカラーを首に巻いて、猫が傷口に触れられないようにするのも1つの手です。ただし、エリザベスカラーがストレスになってしまう猫もいるため、猫の様子を観察したり、飼い主さんがそばにいる時はエリザベスカラーなしで過ごさせたりと工夫するようにしましょう。

カロリー管理を徹底する

去勢手術後はホルモンバランスの変化によって猫の食欲が増加することがあります。発情期が無くなることによって運動量が減少、筋肉も付きにくくなるので、手術後に太ってしまう猫も多いです。去勢手術後はフードの量やカロリーに注意しましょう。避妊や去勢手術後のための低カロリーフードもあるので、食欲が落ち着くまでフードを切り替えるのもいいでしょう。

猫の様子をよく観察する

去勢手術後は猫の様子をよく観察するようにしましょう。精神的なストレスがかかることもあり、帰宅後に落ち着きがない行動をしたり、隠れて出てこなくなったりすることもあります。こういった行動は徐々に落ち着いては来ますが、ストレスによって食事や排泄などに影響がないかをチェックしましょう。

手術前の絶食によって空腹な状態が続くため、食事をした時に胃が食べ物を受け付けずに嘔吐や下痢をする猫もいます。嘔吐や下痢の頻度が高い、様子がおかしいようなら動物病院に相談するといいでしょう。

猫の去勢手術に関するQ&A

猫の去勢手術を行うことを決めたら、手術費用やペット保険が適用されるかどうかを知っておきましょう。去勢手術にどれくらいの費用がかかるかを知っておくと準備や手術がスムーズに進むはずです。

費用はどのくらい?

猫の去勢手術の費用は動物病院によって異なりますが、10000円~20000円くらいかかると考えておくといいでしょう。ちなみにメス猫の避妊手術は20000円~40000円と去勢手術よりも少し割高になります。

猫の避妊や去勢手術費用を負担してくれる自治体もあります。飼い主のいない地域猫などを対象にする自治体が多いですが、地域によっては飼い猫でも助成金を出す場合があるようです。獣医師会に所属する動物病院であれば、助成金が出る場合もあります。手術前に確認してみるといいでしょう。

ペット保険は適用される?

一般的にペット保険では、病気を予防するためのワクチン接種、繁殖を防ぐ目的や病気予防のための避妊や去勢手術の費用は補償の対象となりません。ただし、他の病気の治療の一環として避妊や去勢手術の処置を行う場合は補償対象となります。加入しているペット保険の補償内容を事前に確認しておくといいでしょう。

猫の去勢は計画的に行おう!

猫の去勢手術の必要性や手術内容についてご紹介しました。猫の去勢手術は病気予防、発情期のストレスからの解放などのメリットがあるため、繁殖の予定がないのなら手術を行った方が猫のためになるかもしれません。愛猫の去勢手術を行う場合は、手術をする時期や手術後のケアなどに注意しましょう。

猫に関する記事はこちら

Thumb愛猫の健康診断は年に何回必要?検査内容から費用まで徹底解説! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb猫が吐く原因は様々!形状を観察して病院に連れて行くか判断しよう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb猫がいびきをかく原因は様々!様子がおかしいときは早めに対処しよう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2022-08-08 時点

新着一覧