「R-1ぐらんぷり2020」決勝の結果は?野田クリスタルが優勝!

今年も日本一面白いピン芸人を決める「R-1ぐらんぷり2020」が開催されました。決勝の結果、優勝したのは野田クリスタルです。今回はR-1ぐらんぷりで優勝した野田クリスタルのネタや、ファイナリスト、結果を残した野田クリスタルのコメントなどを詳しくご紹介します。

「R-1ぐらんぷり2020」決勝の結果は?野田クリスタルが優勝!

目次

  1. R-1ぐらんぷり2020で野田クリスタルが優勝!
  2. R-1ぐらんぷり決勝ファイナリストはこの12名!
  3. ファイナルステージを制したのは野田クリスタル
  4. R-1ぐらんぷり2020は無観客開催
  5. 野田クリスタルのR-1ぐらんぷり優勝コメント
  6. R-1ぐらんぷり2020のみんなの感想は?
  7. R-1ぐらんぷり2020で優勝した野田クリスタルの活躍に期待!

R-1ぐらんぷり2020で野田クリスタルが優勝!

2020年3月8日、毎年恒例のお笑いの祭典「R-1ぐらんぷり2020」が開催されました。R-1ぐらんぷりは日本一面白いピン芸人を決めるお笑いの大会で、優勝者には優勝賞金500万円と冠番組を与えられるというお笑い芸人にとってはブレイクのチャンスをつかめる番組です。今年は新型コロナウイルスの影響で、無観客大会となりました。

そんなR-1ぐらんぷり2020の結果、優勝を収めたのは野田クリスタルでした。野田クリスタルは、お笑いコンビマヂカルラブリーボケ担当として活躍しており、コンビではM-1グランプリやキングオブコントにも出場した経験があります。

マヂカルラブリー結成前はピン芸人として活動していた

野田クリスタルは15歳の時に「セールスコント」というコンビを組んでいたのをはじめ、2004年にはインターネットで知り合った相方と「役満」というコンビでM-1グランプリにも出場しました。しかし2005年に解散し、再度「アンビシャス」というコンビを組むものの、初舞台の日に相方に失踪されて解散するという過去を持っています。

アンビシャスの解散後、2007年に現在の相方である村上とマヂカルラブリーを結成するまでは、ピン芸人で活動しており、コントから漫才までさまざまなスタイルのお笑いを行っていました。

野田クリスタルのプロフィール

・愛称:のっくん
・本名:野田光(のだひかる)
・生年月日:1986年11月28日
・現在年齢:33歳
・出身地:神奈川県横浜市南区
・血液型:A型
・身長:179.7cm
・体重:???
・活動内容:お笑い芸人
・所属グループ:マヂカルラブリー、Adachilds
・事務所:吉本興業
・家族構成:???

ThumbR-1グランプリは粗品が優勝!M-1と2冠もつまらないとやらせの声も? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

R-1ぐらんぷり決勝ファイナリストはこの12名!

R-1ぐらんぷりでは事前にエントリーした芸人が予選を行い、決勝ファイナリストとして残った12名が日本一のピン芸人を目指して争います。今年の参加総数はなんと2532組だったそうです。昨年の優勝者は、霜降り明星の粗品でした。

R-1ぐらんぷりにエントリーして決勝ファイナリストに残れば全国放送でネタを披露できるため、優勝を逃してしまっても決勝進出したことでブレイクした芸人もたくさんいます。まずはどんな芸人がファイナリストに残ったのか、ご紹介します。

決勝ファーストステージは12名で争われる

R-1ぐらんぷり2020の決勝ファイナルステージでは、12名の芸人が3ブロックに分かれてネタを披露し、それぞれ1人ずつファイナルステージ進出者を決定します。この12名の内の1名は、敗者復活戦から勝ち上がった芸人です。決勝ファーストステージでは、審査員による投票と一般投票の結果でファイナルステージ進出者が決定されます。

Aブロック勝者はマヂカルラブリー野田クリスタル

12名の決勝ファーストステージ選出者は、ABCという3つのブロックに分けられます。Aブロックでは、メルヘン須長、守谷日和、SAKURAI、マヂカルラブリー野田クリスタルの4名がネタを披露しました。野田クリスタルは自作のゲームを使ったネタを披露した結果、他の3人に大差をつけこのブロックを制しました。

Bブロック勝者はすゑひろがりず南條

続いて行われたBブロックの決勝ファーストステージの結果、勝ち残ったのはすゑひろがりず南條でした。Bブロックでは、ルシファー吉岡、ななまがり森下、パーパーほしのディスコ、すゑひろがりず南條の4名がネタを披露しました。

投票の結果、ななまがり森下、パーパーほしのディスコ、すゑひろがりず南條の3名が同得点をマークしましたが、無観客開催によって導入されたお茶の間d投票とR-1Twitter投票の得票数が最も多かった、すゑひろがりず南條がファイナルステージ進出を決めました。

Cブロック勝者は敗者復活戦からあがってきた大谷健太

決勝ファーストステージ3ブロック目では、ヒューマン中村、おいでやす小田、キラキラ関係ワタリ119、大谷健太がネタを披露しました。大谷健太は一度予選落ちしてしまったものの、敗者復活戦にて勝ち上がりこの舞台をつかみ取っています。

R-1ぐらんぷりのようにトーナメント形式で優勝を争うM-1グランプリでは、敗者復活戦から優勝までこぎつけた強者もいることから、敗者復活戦から勝ち上がってきた芸人はとても注目を浴びています。大谷健太は早口言葉を使ったネタを披露し11ポイントを獲得して、ファイナルステージへコマを進めました。

R-1ぐらんぷりの敗者復活戦とは?

R-1ぐらんぷり2020の決勝ファーストステージでは、12の枠の内1つが敗者復活戦から勝ち上がった芸人に与えられました。敗者復活戦はR-1ぐらんぷり本戦が行われる前、3月8日午後14時半頃から行われ、LINE LIVEで生配信されていました。

R-1ぐらんぷり2020の敗者復活戦に出場したのは、アインシュタイン稲田、紺野ぶるま、大谷健太、サンシャイン池崎、カベポスター永見、オジンオズボーン篠宮、だーりんず松本りんすなど21名です。例年敗者復活戦は観客を入れて行うのですが、今大会は新型コロナウイルス感染拡大予防のため敗者復活戦も無観客で開催されました。

ファイナルステージを制したのは野田クリスタル

決勝ファーストステージ12名で争った結果、決勝ファイナルステージに残ったのはマヂカルラブリー野田クリスタル、すゑひろがりず南條、大谷健太の3名です。そして見事優勝を果たしたのは、マヂカルラブリー野田クリスタルでした。マヂカルラブリー野田クリスタルは、どのようなネタで優勝したのでしょうか?マヂカルラブリー野田クリスタルのネタをご紹介します。

得意のゲームネタで優勝

決勝ファイナルステージで野田クリスタルは、ファーストステージでも披露した自作のゲームネタで勝負しました。ネタの面白さはもちろんですが、このネタに使われているゲームを自分でプログラミングして作ったというのに、クリエイターとしての才能を感じた人も多かったようです。

優勝賞金は500万円!

R-1ぐらんぷり2020の優勝賞品は、賞金500万円と副賞として関西テレビ制作フジテレビ系列で放送される冠番組に出演する権利が与えられます。この冠番組を機に、それまでほとんど無名であった芸人が大ブレイクを果たしたこともありますので、野田クリスタルにとっては願ってもないチャンスとなるでしょう。

すゑひろがりず南條の決勝ファイナルステージでのネタ

ちなみに決勝ファイナルステージで野田クリスタルと闘った、他2組はどのようなネタを披露したのでしょうか。まずは、すゑひろがりず南條の決勝ファイナルステージでのネタをご紹介します。すゑひろがりず南條は、またぎ・ザ・ベストテンとしてJ-POPを歌うネタを披露しました。1回戦目よりもこちらのネタのほうが面白かったと好評でしたが、2位という結果でした。

大谷健太の決勝ファイナルステージでのネタ

惜しくも決勝ファイナルステージで3位だったのは、大谷健太です。大谷健太はフリップネタをメインに行っている芸人ですが、ファイナルステージでもフリップを使った2コマ漫画風のネタを披露しました。後半に向かって、前半に行ったネタを回収するというのが定番のスタイルで審査員投票では2位であったものの、残念ながら僅差ですゑひろがりず南條に敗れ3位となりました。

R-1ぐらんぷり2020は無観客開催

毎年人気のR-1ぐらんぷりですが、今年は例年とは異なる無観客での大会となりました。いつもと違う会場の雰囲気に、出場する芸人たちもとまどう部分もあったようですが、なぜR-1ぐらんぷり2020は無観客開催となってしまったのでしょうか?

新型コロナウイルス感染対策のため無観客試合となった

R-1ぐらんぷり2020が無観客開催となったのは、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点からでした。ライブハウスなど少人数の集団から新型コロナウイルス感染が拡大する事態が起こっているため、運営側が無観客での開催を決定したようです。ちなみに、当日午後に行われた敗者復活戦も、無観客で開催されました。

R-1ぐらんぷりは審査員投票と一般投票で優勝を決めるシステム

R-1ぐらんぷりの採点方法は、6人の審査員と一般観覧者の投票数によって優勝を決めるシステムです。6人の審査員は1人当たり3票持っており、面白いと思った芸人に配分していく方式となっています。R-1ぐらんぷりの採点方法には賛否あり、視聴者投票を取り入れた年もあれば審査員のみで投票する年もありました。

一般視聴者投票は2014年から2016年まで行われていたものの、2017年と2018年には廃止されていました。しかし2020年は、審査員と視聴者の投票で審査するシステムを再度採用しています。これは新型コロナウイルス感染拡大防止対策による、無観客開催をフォローするためであると考えられます。

お茶の間d投票

R-1ぐらんぷり2020で採用された一般投票システムは、2つあります。1つは、データ放送を利用した「お茶の間d投票」です。お茶の間d投票ではテレビのリモコンdボタンから、ファーストステージのブロックおよびファイナルステージで一番面白かった芸人に投票するというものです。これは以前もR-1ぐらんぷりで行われていた、投票方法です。

R-1Twitter投票

そして今回新しく採用された一般投票システムが、「R-1Twitter投票」です。こちらはR-1ぐらんぷり公式Twitterにて、投票を受け付けるシステムです。ファーストステージのブロックおよびファイナルステージごとに、Twitterのアンケート機能を使った投票を実施しました。こちらも一番面白かった人に投票するようになっています。

野田クリスタルのR-1ぐらんぷり優勝コメント

異例の無観客ステージでR-1ぐらんぷり優勝を勝ち取った、マヂカルラブリー野田クリスタルですが、番組終了後に優勝インタビューを受けています。ここでは、野田クリスタルのR-1ぐらんぷり優勝コメントをご紹介します。

無観客のほうがやりやすかった

野田クリスタルは記者に無観客でのネタ披露について感想を問われると、僕は無観客のほうがやりやすいのかなと思ったとコメントしました。今回はスタッフがいたものの、あらびき団などは完全なる無観客の中でやるネタ番組なのでメンタルが鍛えられていたとしました。また、観客がいないので審査員だけを笑わせることに集中できた、ともしています。

500万円で上沼恵美子に何か献上する?

野田クリスタルは優勝賞金500万円の使い道について聞かれると、上沼恵美子の冠番組である「快傑えみちゃんねる」に出演させてもらうために何か献上しようかなと答え、笑いを誘いました。これは野田クリスタルがM-1グランプリ2017に出場した際、マヂカルラブリーのネタを酷評されたことを受けての発言だと思われます。

実際は優勝の結果手にした賞金500万円は、旅行やゲームの課金など雑に使おうかなと思っているとして、相方の村上に分けるのかという質問には、死んでも分けませんとキッパリ答えました。

自分のゲームをYoutuberにやってもらいたい

記者から今後の希望を問われた野田クリスタルは、全YouTuberに自分の作ったゲームをやってもらいたいとしました。今回ネタで披露した2つのゲームは、実際にダウンロードして遊べるようで、自由にダウンロードしてやってくださいとコメントしました。

R-1ぐらんぷり2020のみんなの感想は?

無観客で開催されたR-1ぐらんぷり2020でしたが、視聴者はどのように感じたのでしょうか。またマヂカルラブリー野田クリスタル優勝に、どのような感想を持ったのでしょうか。ここでは、Twitterに寄せられたR-1ぐらんぷり2020のみんなの感想を集めました。

無観客開催に賛否両論

R-1ぐらんぷり2020は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、無観客で開催されましたが、いつもと違う環境に視聴者も少なからず違和感を覚えていた人が多いようでした。ただ無観客であることをプラスにとらえている人とマイナスにとらえる人とどちらもおり、賛否が分かれていました。

無観客開催はマイナス面が大きいと感じた人の中には、芸人がやりにくそうと感じた人もいたようです。反対に、無観客であるが故、自分がどこで面白いと感じたかをしっかり理解できたという人もいました。また観客の余計な声が聞こえないので、ネタに集中できたと感じた人もいたようです。

無観客でなければ結果が変わっていたのでは?という声も

視聴者の中には、もし無観客での開催でなければ今回のR-1ぐらんぷり優勝者は違う人だったのではないかと分析している人もいました。やはり会場の空気は、審査員の評価にも影響を及ぼすのでしょうか?

野田クリスタルのために鼓を叩く南條にぐっと来たという人も

R-1ぐらんぷりを見ていた人の中には、野田クリスタルの優勝が決まった時に持っていた鼓を叩いてお祝いをしていた姿に、悔しい思いをしているはずなのに優しさを感じると感動した人もいたようです。

R-1ぐらんぷり2020で優勝した野田クリスタルの活躍に期待!

今回は3月8日に開催されたR-1ぐらんぷりで見事優勝した、マヂカルラブリー野田クリスタルについて詳しくご紹介しました。自作のゲームを使ったネタという前代未聞のチャレンジで、ピン芸人の頂点に立った野田クリスタルですが、最近は新型コロナウイルスの影響で仕事も減っているそうです。

春になって新型コロナウイルスが収束したころには、さまざまなメディアで野田クリスタルを見られるかもしれません。R-1ぐらんぷり2020で優勝した、野田クリスタルの活躍に期待しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-09-27 時点

新着一覧